Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |反ウイグル残虐行為を否定する偽りの反帝国主義 Aljazeera 2021/5/14
fc2ブログ

Entries

反ウイグル残虐行為を否定する偽りの反帝国主義 Aljazeera 2021/5/14

En:(grammar)



反ウイグル残虐行為を否定する偽りの反帝国主義
The faux anti-imperialism of denying anti-Uighur atrocities
https://www.aljazeera.com/opinions/2021/5/14/the-faux-anti-imperialism-of-denying-anti-uighur

Aljazeera 2021/5/14








なぜ欧米の一部の「反帝国主義者」は、中国のウイグル人に対する文書で十分に立証された犯罪をごまかそうととするのだろうか。
Why are some Western ‘anti-imperialists’ determined to whitewash China’s well-documented crimes against the Uighurs?

強制収容所の衛星写真、大量搾取と収容のための国家設計図のリーク、失踪、拷問、性的虐待の生存者の証言など、中国政府によるウイグル人やその他のトルコ系イスラム教徒に対する残虐行為の証拠が増え続けるにつれ、国際的対応における政治的矛盾もまた増えてきている。
As evidence of the Chinese government’s atrocities against Uighur and other Turkic Muslims continues to mount – satellite images of concentration camps; leaked state blueprints for mass exploitation and internment; survivor testimony of disappearances, torture, and sexual abuse – so too do the political contradictions in the international response.

米国とその同盟国が中国の人権侵害を非難し、中国とその同盟国がそれを否定し、欧米に自らの人権侵害を思い起こさせるだけでなく、今や欧米の「反帝国主義者」たちが、米国の言うことは何でも疑わしい、したがって中国の主張はそうではない、と考えるだけで中国側に立っているのである。
Not only do we have the United States and its allies decrying China’s human rights violations, and China and its allies denying such violations, and reminding the West of its own abuses of human rights, we now have a group of Western “anti-imperialists” siding with China simply because they feel whatever the US says is suspect, and therefore what China claims is not.

パキスタンのイムラン・カーン首相のように、抑圧されたイスラム教徒の強力な擁護者とみなされる世界の指導者たちも、中国政府の機嫌を損ね、彼らが依存する開発資金を危険にさらさないために、「ウィグル特例」とでもいうべき措置に署名しているのだ。
World leaders usually regarded as strong advocates for oppressed Muslims, such as Pakistan’s Prime Minister Imran Khan, have also signed on to what might be called the “Uighur Exception,” in order to avoid offending the Chinese government and jeopardising the development dollars on which they depend.

中国の圧政、アメリカの帝国主義的懐柔、左翼の否定論、イスラム教指導者の怠慢によって、ウイグル人は4度にわたって不当な扱いを受けているのである。
And so, the Uighurs are wronged four times over: by China’s oppression, by American imperialist cooptation, by left-wing denialism, and by Muslim leaders’ dereliction.


For the Trump administration, the Uighur’s plight was yet another card to play in its China-bashing, along with Hong Kong and COVID-19.

In a remarkable reversal, Trump went from lauding mass Uighur internment as the “right thing to do” to labelling it as genocide – all while implementing a Muslim ban and incarcerating thousands of migrants in a vast “concentration camp” system of the US’s own.

トランプ政権にとって、ウイグルの窮状は、香港やCOVID-19と並んで、中国叩きのための新たなカードとなったのだ。
Behind the facade of Trump’s transparently Sinophobic theatrics, US companies continued to deploy Chinese surveillance technology developed in the laboratory of Uighur repression.

バイデン現米大統領は、中国を大量虐殺と非難する超党派のコンセンサスを維持している。バイデン氏は以前オバマ政権の副大統領を務め、過激派対策の名の下にイスラム社会を先制的に集団犯罪化したパイオニアである。
Current US President Joe Biden has maintained the bipartisan consensus in accusing China of genocide – having previously served as vice president in the Obama administration, a pioneer in the preemptive collective criminalisation of Muslim communities in the name of counter-radicalisation.


Even one-time anti-Uighur agitators like former House Speaker Newt Gingrich have joined the bandwagon of performative allyship with the Uighurs against China’s “modern genocide.”

What a change in tune from 2009, when Gingrich denigrated the Uighurs as misogynists, “trained mass killers,” and “terrorists,” cheering their wrongful capture and torture by the US at Guantanamo Bay.

元下院議長のニュート・ギングリッチ氏のような反ウィグル派の扇動家でさえ、中国の「現代の大虐殺」に対してウィグル人と演技的な同盟を結ぶというバンドワゴンに加わっているのだ。
In contrast to this fickle and self-serving “solidarity” from American political leaders, scholars and human rights organisations have long been consistent in exposing and opposing China’s persecutory policies against the Uighurs, even when conflicting with the American empire’s realpolitik.

アムネスティ・インターナショナルのウイグル人に対する残虐行為に関する最初の報告書(PDF)は1992年のもので、秘密拘禁、超法規的処刑、宗教表現の弾圧など「1989年から新疆で出現したと思われる人権侵害のパターン」を記録したものである。
Amnesty International’s first report (PDF) on atrocities against the Uighurs is from 1992, documenting a “pattern of human rights violations [that] appears to have emerged in Xinjiang since 1989,” including secret detentions, extrajudicial executions, and suppression of religious expression.

ヒューマン・ライツ・ウォッチは1998年以来、米国政府に対し、中国によるウイグル人の扱いについて圧力をかけるよう求めてきたが、当時のビル・クリントン大統領は米中貿易の増強のためにこれを拒否していたのである。
Human Rights Watch has been calling on the US government to press China on its treatment of the Uighurs since 1998, in the face of then-President Bill Clinton’s reticence for the sake of augmenting US-China trade.

そして、2004年の「テロとの戦い」マニアの真っ只中、ジョージタウン大学の新疆専門家ジェームズ・ミルウォードは、中国のセンセーショナルで根拠のないウイグル人の「テロ」脅威の予測を権威あるものにした。これは、アメリカが2002年にウイグル人のグループ「東トルキスタン・イスラム運動(ETIM)をテロ組織に指定し、中国政府の違法なイラク侵攻への支持を取りつけた根拠であった。
And in the midst of the “war on terror” mania in 2004, Georgetown University Xinjiang specialist James Millward authoritatively deconstructed China’s sensationalist and unsubstantiated projections of the Uighur “terrorist” threat – the basis of the US’s designation of the Uighur group East Turkestan Islamic Movement (ETIM) as a terrorist organisation in 2002 to woo the Chinese government’s support for the illegal invasion of Iraq.

しかし、左翼の一部には、中国の残虐行為をアメリカ帝国主義の策略と見なし、「反帝国」の頭を埋めるための砂山をでっち上げるような報道を続ける者もいる。
Yet some sections of the left continue to dismiss reports of China’s atrocities as an American imperialist ploy, concocting mountains of sand in which to bury their “anti-imperial” heads.

最も強固な否定論の砦は、「政治と帝国に関する独自の調査報道と分析を行う独立系ニュースサイト」を自称するGrayzoneである。
The most steadfast bastion of denialism has been the Grayzone, which describes itself as “an independent news website dedicated to original investigative journalism and analysis on politics and empire.”

彼らの手口は、ウイグル人の迫害に注意を喚起する一部の著名なメッセンジャーの信用を落とすことに主眼を置き、メッセージの背後にある膨大な証拠はほとんど手つかずのままにしておくというものだ。
Their modus operandi is to focus primarily on discrediting some prominent messengers calling attention to the Uighur’s persecution while leaving the vast body of evidence behind the message largely untouched.

この証拠の多くは、中国の国家機構の内部から発せられたものである。これには以下が含まれる。
Much of this evidence emanates from within the Chinese state apparatus itself. This includes:

国勢調査によると、先住民族であるウイグル族は、政府の奨励する漢民族の移住・定住によって、長期的に支配的な人口集団に置き換えられている。
・Census data showing the long-term demographic replacement of Indigenous Uighurs with the dominant Han ethnic group – encouraged by government incentives for Han migration and settlement.


2017年から2018年にかけて、新疆の出生率が33%(15.88%から10.69%)、人口増加率が46%(11.40%から6.13%)、急激に低下したことを示す統計-グレーゾーンではわずか5%の減少として誤報し、その一方でイデオロギー的反対者を「統計不正」と「データの乱用」と言い訳しているのです。
・Statistics revealing a precipitate decline in Xinjiang birth rates by 33 percent (from 15.88 percent to 10.69 percent), and population growth rates by 46 percent (from 11.40 percent to 6.13 percent), between 2017 and 2018 – misrepresented in the Grayzone as a decrease of only 5 percent, even as it excoriates its ideological opponents for “statistical malpractice” and “data abuse”.

ベール着用やひげを生やすなどの宗教的慣習を対象としたテロ対策法や「脱過激化」規制。
・Counterterrorism laws and “de-extremification” regulations targeting religious practices such as wearing a veil and growing a beard.

アクスやカラカックスなどの被拘束者リストが流出し、コーランの研究、海外旅行、「一般的に信用できない」といった「犯罪」のためにウイグル人やその他のトルコ系ムスリムが超法規的に拘束されていることが詳細に報告されていること。
・Leaked lists of detainees, such as the Aksu and Karakax lists, detailing the extrajudicial detention of Uighurs and other Turkic Muslims for such “offences” as studying the Quran, travelling abroad, or being “generally untrustworthy”.

「職業訓練」施設として公的に擁護されながら、電気牛追い棒、暴動用具、催涙ガス、スタンガン、特殊な尋問用椅子、スパイク付き棒などを備えた抑留所の刑務所的安全性と武器化を証明する調達と予算に関する文書。
・Procurement and budget documents testifying to the prison-like securitisation and weaponisation of internment centres, publicly defended as “vocational training” facilities yet equipped with electric cattle prods, riot gear, tear gas, stun guns, specialised interrogation chairs, and spiked clubs.

収容所の運営と拡大の手順、政治的・心理的教化の方法、「厳重な秘密」の維持と「脱走防止」の指示などを明記した政府発行の「電報」 ・収容所の運営と拡大の手順、政治的・心理的教化の方法、「厳重な秘密」の維持と「脱走防止」の指示などを明記した政府発行の「電報」。
・A government-issued “telegram” specifying procedures for the operation and expansion of these internment centres, methods of political and psychological indoctrination, and instructions for maintaining “strict secrecy” and “preventing escapes”.

拘束の規模を示す国の「速報」 ・2017年だけでも1週間で4県から15,683人が収容所に集められると報じられた。
・State “bulletins” indicating the scale of detention – with 15,683 people reportedly rounded up into camps from four prefectures over the course of one week in 2017 alone.

大量の生体情報・DNA収集を義務付ける「Physicals for All」や、政府職員がウイグル人と同居して監視する「Becoming Family」などの公的な政策がある。
・Official policies such as Physicals for All, mandating mass biometric and DNA collection, and Becoming Family, planting government officials to live with and monitor Uighurs in their homes.

ウイグル人の子供を収容学校に大量に収容する計画や、ウイグル人女性の大量不妊手術(中国国家公文書では「子作りマシン」と呼ばれている)の計画を記した政策文書がある。
・Policy documents laying out plans for the mass institutionalisation of Uighur children in residential schools, and the mass sterilisation of Uighur women – otherwise known in Chinese state officialese as “baby-making machines”.

ウイグル人の民族性、先住民性、アイデンティティを消し去り、労働プログラムのためにウイグル人を先住民の領土から大規模に移送することを記述した、政府発行の公式白書およびその他の宣伝資料。
・Official government-issued White Papers and other propaganda materials erasing Uighur peoplehood, indigeneity, and identity, and describing the large-scale transfer of Uighurs out of their indigenous territory for labour programs.

ウイグル人の根を絶ち、血統を絶ち、つながりを絶ち、起源を絶つ」と命じる公職者の発言、イスラム教を「悪性の腫瘍」「ウイルス」「雑草」と呼ぶことなどは、国際法上大量虐殺と定義されるウイグル人を民族として破壊する意図があることの証拠である。
・Statements by public officials ordering to “break [the Uighurs’] roots, break their lineage, break their connections, and break their origins,” and referring to Islam as a “malignant tumour,” a “virus,” and a “weed” – evidence of an intent to destroy the Uighur people as a people, defined as genocidal under international law.

中国の国営放送はこうした慣行を否定するどころか、正当化しようとしている。グレーゾーンのジャーナリストによる分析では、「正当化」が無批判に再生されている。大規模な強制収容は「テロと過激派への対抗」として宣伝されている。
Rather than disavowing these practices, Chinese state outlets have attempted to justify them – “justifications” uncritically reproduced in analyses by Grayzone journalists. Mass internment is pitched as “countering terrorism and extremism.”

投獄されたウイグル人学者は、「分離主義」と「暴力的武装」の推進者とされるが、証拠はない。強制労働プログラムは、「貧困削減」として説明されている。
Imprisoned Uighur academics are cast as alleged promoters of “separatism” and “violent militancy” – no proof provided. Forced labour programmes are explained away as “poverty reduction”.

強制的な不妊手術の証拠は、「家族計画」や「無料医療」としてパッケージ化されている。子離れは、「無責任な親」による「放棄」のせいにされる。
Evidence of coercive sterilisation is packaged as “family planning” and “free healthcare.” Child separation is chalked up to “abandonment” by “irresponsible parents”.

ウイグル族を中傷する場合、時間的な支離滅裂さは障害にならない。例えば、東トルキスタン・イスラム運動は、グレイゾーン誌上で1990年に始まった「テロ」攻撃で非難されている。新疆ウイグル自治区の専門家の中には、東トルキスタン・イスラム運動が組織として存在したのかどうか、いまだに疑っている人もいる。
When it comes to smearing Uighurs, temporal incoherence is no obstacle: For instance, the East Turkestan Islamic Movement is blamed in the Grayzone for “terrorist” attacks starting in 1990 – eight years before the group’s alleged founding. Some Xinjiang experts continue to doubt whether it ever existed as a cogent organisation at all.

政治的支離滅裂も同様である。最近、ウイグル人に対する迫害が国際的なジェノサイドの定義に合致すると主張する報告書を発表したニューライン研究所は、CIA、イスラエルロビー、ムスリム同胞団というありえない3団体と同時にベッドインしていると『グレイゾーン』紙に非難されている。
Political incoherence is likewise no bar: The Newlines Institute – which recently published a report arguing that the persecution of the Uighurs meets the international definition of genocide – is accused by the Grayzone of being in bed simultaneously with the unlikely threesome of the CIA, the Israel lobby, and the Muslim Brotherhood.

ニューラインズのジェノサイドレポートは、国際法曹協会人権研究所ヘレナケネディ所長、人権研究教育センタージョンパッカー所長、国際刑事裁判所弁護士会チャールズ・タク元会長など著名な法律の専門家との協議を経て作成されたものです。
The Newlines genocide report was produced in consultation with eminent legal experts including Director of the International Bar Association’s Human Rights Institute Helena Kennedy, Director of the Human Rights Research and Education Centre John Packer, and past President of the International Criminal Court Bar Association Charles Taku.

「グレーゾーン」は、批判する人々をアメリカ帝国主義の手先だと非難する一方で、アメリカ帝国の腹の中で生まれた情報源を、ウイグルの脅威の物語を支えるのに役立つ限り、簡単に利用している。
While indicting those they criticise as American imperialist stooges, the Grayzone itself readily uses sources generated from within the very belly of the American empire, as long as they serve to prop up the story of the Uighur menace.

例えば、歴史的にCIAと親密なタイ国家警察や、パレスチナ解放運動の犯罪者としても悪名高い米国政府のテロ組織リストが、ウイグル人のテロ脅威の権威ある証拠として引用されています。
The historically CIA-friendly Thai national police, for instance, and US government terrorist entity listings – infamous for also criminalising Palestine liberation movements – are cited as authoritative proof of the Uighur terrorist threat.

一方、アメリカのテロ対策の犠牲者を支えるウイグル人、例えばルシャン・アバスは、ウイグル人のギトモ捕虜の通訳として「『テロとの戦い』の残酷な影響を緩和した」(批判的な調査ジャーナリスト、アンディ・ワーシントンの言葉)とされているが、これは非難されるべきものだ。
Meanwhile, Uighurs supporting the victims of American counterterrorism – such as Rushan Abbas, whose work as an interpreter for Uighur Gitmo captives helped “mitigate the brutal effects of the ‘war on terror’,” in the words of critical investigative journalist Andy Worthington – are impugned.

2009年当時、ウイグル族についてNewt Gingrichの言葉を借りれば、昨日の帝国主義が今日の「反帝国主義」であるらしい。
Channelling Newt Gingrich on the Uighurs circa 2009, yesterday’s imperialism is apparently today’s “anti-imperialism.”

グレーゾーンが選択的に引用している情報源の中には、グレーゾーンが望む物語を著しく損なうものもある。
Even some of the Grayzone’s own selectively quoted sources seriously undermine its desired narrative.

例えば、グレイゾーンがウイグル人の武装化の危険性を示すために引用したAP通信の記事は、実際、そうした武装化を「中国の圧政」の「自己実現的予言」と表現している。
For example, an Associated Press story cited by the Grayzone to demonstrate the danger of Uighur militancy in fact describes such militancy as the “self-fulfilling prophecy” of “Chinese oppression”.

この作品は、中国の警察によるウイグル人男性の拷問についての記述から始まります
The piece begins with an account of the torture of a Uighur man by Chinese police.

同様に、歴史家のリンダ・ベンソンが1944年から1949年にかけてのウイグル族のイリの反乱について書いた本-グレーゾーンがウイグル族を女性差別主義者と描いた逸話を抜粋-は、その序文ではっきりとこう説明している。
Similarly, historian Linda Benson’s book on the Uighur Ili Rebellion of 1944-1949 – from which the Grayzone extracted an anecdote depicting Uighurs as misogynists – clearly explicates in its introduction:

「中国の新疆ウイグル自治区における政策は、漢民族に対するイスラム教徒の反感を高め、不注意にも(ウイグル)民族主義を助長することになった...中国の政策の核心は、引き続き少数漢民族による軍事・政治支配にあった」。
“Chinese policies in Xinjiang served to increase local antipathy among Muslims towards the Han Chinese and, inadvertently, to foster [Uighur] nationalism … The core of Chinese policy continued to be military and political domination by the Han Chinese minority.”

ウイグル人に対する現在の猛攻撃は、入植者による植民地化、政治的支配、資源採掘、地政学的搾取の長い歴史の延長線上にあり、9・11以降、「人民の対テロ戦争」の庇護の下に行われている。
The current onslaught against the Uighurs is the continuation of a long history of settler colonisation, political domination, resource extraction, and geopolitical exploitation – now conducted, since 9/11, under the aegis of a “people’s war on terror.”

グレーゾーン誌やその他の否定論者が言うように、ウイグル人の中国国家支配に対する反発は、アメリカの操作によって最近作られたものではなく、中国国家支配の強要と同じくらい古いものである。1865年、1933年、1944年にウイグル人の独立国家が宣言された。
Far from being a recently-manufactured artefact of American manipulation, as the Grayzone and other denialists suggest, Uighur opposition to Chinese state rule is as old as the imposition of this rule itself. Independent Uighur states were declared in 1865, 1933, and 1944.

ウイグル人を大国の手先に過ぎず、彼ら自身の自律的な政治や解放の願望を持たないものと見なすことで、一部の「反帝国主義者」は、彼らが非難する帝国ヘゲモニーを再生産しているのである。
By reducing the Uighurs to little more than Great Power pawns, with no autonomous politics or liberation aspirations of their own, some “anti-imperialists” reproduce the imperial hegemony they rail against.

「新疆における激動は、より大きな政治的実体の中に収められた他の植民地あるいは「臣民」の激動と似ていた。中国のウイグル人居住地の名称である新疆は、文字通り "新しい辺境 "を意味する。
“The upheaval in Xinjiang,” Benson writes, “was similar to that of other colonial or ‘subject’ people who were contained within larger political entities … what are today referred to as national liberation struggles.” China’s very name for the Uighur homeland, Xinjiang, literally means “new frontier.”

ウイグル人の闘争を非合法化するために展開された物語は、南北アメリカからパレスチナ、カシミールまで、他の開拓者植民地政権の物語と同じです。先住民の歴史を否定します。 先住民族を「未発達」、「未開拓」、「テロリスト」として非人間化する。 入植者の主権を慈悲深いものとして偽装し、先住民族の抵抗を対応ではなく暴力の源として示しています。
The narratives deployed to delegitimise the Uighurs’ struggle echo those of other settler-colonial regimes, from the Americas to Palestine to Kashmir: denying Indigenous history; dehumanising Indigenous peoples as “underdeveloped,” “uncivilised,” and “terrorists;” disguising settler sovereignty as benevolent, and demonising Indigenous resistance as the source of violence rather than the response.

ウイグル族の故郷を征服し同化する中国の政策は、西洋の植民地主義に対するアンチテーゼではなく、その鏡像である。中国自身の外相は、ウイグル人に対する「テロとの戦い」のやり方は、"イギリス、フランス、アメリカのそれと何ら変わらない "と発言している。
In its subjugation and assimilation of the Uighur homeland, China’s policies aren’t the antithesis of Western coloniality, but its mirror image. China’s own Foreign Minister has stated that its “war on terror” practices against the Uighurs “are no different from those in the UK, France and the US.”

ハリバートン、エクソン、マッキンゼー、マイクロソフト、アマゾン、ブラックウォーターの創設者エリック・プリンスなど、アメリカ帝国主義から利益を得ている企業の多くは、新疆で中国版から利益を得ているのである。
Many of the same corporate profiteers reaping the spoils of American imperialism – such as Haliburton, Exxon, McKinsey, Microsoft, Amazon, and Blackwater founder Erik Prince – have also profited from the Chinese version in Xinjiang.

中国の乱暴な同化主義、アメリカの政治的日和見主義、左翼の否定主義の間に追い込まれ、苦しんでいるのはウイグル人である。彼らを見捨てることは、反帝国主義ではなく、別の名を持つ使い捨ての帝国政治である。
Trapped between China’s abusive assimilationism, American political opportunism, and left-wing denialism, it is the Uighurs who are suffering. Abandoning them is not anti-imperialism, but the imperial politics of disposability by another name.

この記事で述べられている見解は、著者自身のものであり、必ずしもアルジャジーラの編集姿勢を反映したものではありません。
The views expressed in this article are the authors’ own and do not necessarily reflect Al Jazeera’s editorial stance.









スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2439-c7f6a4ed

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
35位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>