Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |レジ袋を禁止しても、地球は救われません。The Globe and Mail 2019/6/17
fc2ブログ

Entries

レジ袋を禁止しても、地球は救われません。The Globe and Mail 2019/6/17

En:(grammar)


レジ袋を禁止しても、地球は救われません。
Sorry, banning plastic bags won’t save our planet
https://www.theglobeandmail.com/opinion/article-sorry-banning-plastic-bags-wont-save-our-planet/?cmpid=rss&utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

The Globe and Mail 2019/6/17








先週、ジャスティン・トルドー首相は、早ければ2021年に使い捨てプラスチックの使用を禁止することを含む、プラスチック汚染削減計画を発表しました。これは賞賛に値することです。プラスチックは排水溝を詰まらせて洪水の原因となり、自然を汚染し、動物や鳥を殺します。
Last week, Prime Minister Justin Trudeau announced a plan to reduce plastic pollution, which will include a ban on single-use plastics as early as 2021. This is laudable: plastics clog drains and cause floods, litter nature and kill animals and birds.

もちろん、プラスチックは無数の方法で私たちの生活をより良いものにしてくれます。わずか40年の間に、プラスチック包装は、シリアルからジュースまであらゆるものをより新鮮に保ち、輸送ロスを減らすため、どこにでもあるものになりました。また、医療分野では使い捨てのプラスチックが注射器、薬瓶、診断装置をより安全なものにしました。
Of course, plastic also makes our lives better in a myriad of ways. In just four decades, plastic packaging has become ubiquitous because it keeps everything from cereals to juice fresher and reduces transportation losses, while one-use plastics in the medical sector have made syringes, pill bottles and diagnostic equipment safer.

使い捨てプラスチックを完全になくすことは、私たちの生活を悪化させるので、すべての利点を失うことなく、問題に取り組む必要があります。
Going without disposable plastic entirely would leave us worse off, so we need to tackle the problems without losing all of the benefits.

しかし、消費者がどれだけのことを達成できるのか、正直に話す必要があります。他の環境問題と同様に、海洋に流れ込むプラスチックの量を減らすために大局的な問題に取り組むのではなく、消費者が関わる比較的小さな変化に焦点を当て、その端緒に手を付けるだけになってしまっているのです...。
But we need to be honest about how much consumers can achieve. As with other environmental issues, instead of tackling the big-picture problems to actually reduce the plastic load going into oceans, we focus on relatively minor changes involving consumers, meaning we only ever tinker at the margins...

しかし、すべての国がレジ袋を禁止したとしても、現在世界の海に漂うプラスチックの質量の0.8%以下であるため、大きな違いはない。
But even if every country banned plastic bags it would not make much of a difference, since plastic bags make up less than 0.8 per cent of the mass of plastic currently afloat on the world’s oceans.

豊かな国での禁止措置で海を救おうとするのではなく、発展途上地域での劣悪な廃棄物管理や環境政策に取り組むことに焦点を当てる必要があるのです。
Rather than trying to save the oceans with such bans in rich countries, we need to focus on tackling the inferior waste management and poor environmental policies in developing regions.

2015年の調査によると、海に流れ込む陸上のプラスチックごみのうち、OECD加盟国からのものは5%未満で、半分はわずか4カ国からのものだそうです。中国、インドネシア、フィリピン、ベトナムの4カ国です。
Research from 2015 shows that less than 5 per cent of land-based plastic waste going into the ocean comes from OECD countries, with half coming from just four countries: China, Indonesia, Philippines and Vietnam.

中国はすでに2008年に薄いレジ袋を禁止し、厚いレジ袋に税金をかけていますが、陸地に由来する海洋プラスチック汚染の27%以上を担っていると推定されます。
While China already in 2008 banned thin plastic bags and put a tax on thicker ones, it is estimated to contribute more than 27 per cent of all marine plastic pollution originating from land.

さらに、レジ袋を禁止することは、思いがけない不便な結果をもたらすこともあります。新しい研究によると、カリフォルニア州の禁止令によって、年間4,000万ポンドのプラスチックが削減されたそうです。
Moreover, banning plastic bags can have unexpected, inconvenient results. A new study shows California’s ban eliminates 40 million pounds of plastic annually.

しかし、禁止された袋の多くはゴミとして再利用されるため、ゴミ袋の消費量は1200万ポンド増加し、その効果は減少しています。また、紙袋の消費量は、削減されたプラスチックの2倍、8300万ポンド増加しました。これは、より大きなCO2排出量につながります...
However, many banned bags would have been reused for trash, so consumption of trash bags went up by 12 million pounds, reducing the benefit. It also increased consumption of paper bags by twice the saved amount of plastic – 83 million pounds. This will lead to much larger emissions of CO₂...

また、私たちのバッグ選びが環境に与える幅広い影響も考慮する必要があります。デンマークの環境・食糧省による2018年の研究では、プラスチック廃棄物だけでなく、気候変動被害、オゾン層破壊、人体への毒性などの指標も調査されました。
We also need to consider the wider environmental impact of our bag choices. A 2018 study by the Danish Ministry of Environment and Food looked not just at plastic waste, but also at climate-change damage, ozone depletion, human toxicity and other indicators.

それによると、オーガニックコットンの買い物袋がプラスチックバッグよりも環境破壊が少なくなるには、2万回再利用する必要があることがわかりました。
It found you must reuse an organic cotton shopping bag 20,000 times before it will have less environmental damage than a plastic bag.

もし私たちが毎週2回、同じ買い物袋を使うとしても、コットンバッグを使った場合の環境負荷が、プラスチックだけを使った場合よりも少なくなるには、まだ191年かかるのです。
If we use the same shopping bag every single time we go to the store, twice every week, it will still take 191 years before the overall environmental effect of using the cotton bag is less than if we had just used plastic.

紙袋ひとつとっても、環境に配慮するためには43回もの再利用が必要であり、袋の用途をはるかに超えています。
Even a simple paper bag requires 43 reuses to be better for the environment – far beyond the point at which the bag will be fit for the purpose.

この調査では、ゴミ袋として再利用されるシンプルなビニール袋が、どの選択肢よりも環境負荷が最も小さいことが明確に示されています。
The study clearly shows that a simple plastic bag, reused as a trash bag, has the smallest environmental impact of any of the choices.


スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2421-74c19fac

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>