Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |リベラルな都市がレジ袋禁止を撤回し、再利用可能な袋を禁止、プラスチック産業はさらにロビー活動を展開 DailyWire 2020/4/4
fc2ブログ

Entries

リベラルな都市がレジ袋禁止を撤回し、再利用可能な袋を禁止、プラスチック産業はさらにロビー活動を展開 DailyWire 2020/4/4

En:(grammar)



リベラルな都市がビニール袋禁止を撤回し、再利用可能な袋を禁止、プラスチック産業はさらにロビー活動を展開
Liberal Cities Reverse Plastic Bag Bans, Ban Reusable Bags; Plastic Industry Lobbies For More
https://www.dailywire.com/news/liberal-cities-reverse-plastic-bag-bans-ban-reusable-bags-plastic-industry-warned-about-health-risks-for-years

DailyWire 2020/4/4









コロナウイルスによる経済封鎖があらゆる産業に大打撃を与えている中、プラスチック産業は少なくとも一時的に、一つの「勝利」を手にしつつある。使い捨てのレジ袋の使用禁止や使用料を課してきた自由主義的な都市や州の中には、再利用可能な袋がもたらす健康へのリスクを懸念して、その政策を撤回するところが増えているのです。
While the economy-crushing coronavirus shutdowns are wreaking havoc in just about every industry, the plastic industry is seeing, at least temporarily, one “win”: A growing number of liberal cities and states that have imposed bans or fees on single-use plastic bags are reversing their policies amid concerns about the health risks posed by reusable bags.

「コロナウイルスの大流行が社会の風景を劇的に変えている最新の兆候として、リベラルなサンフランシスコのベイエリアでさえ、今週、衛生対策として再利用可能な食料品袋を禁止し、丈夫な袋はまだ店舗で許可されるべきとするリサイクル支持者を落胆させている」と今週初めにポリティコが報じている。
“In the latest sign of how dramatically the coronavirus pandemic is altering the social landscape, even the liberal San Francisco Bay Area this week banned reusable grocery bags as a sanitary measure, dismaying recycling advocates who say durable sacks should still be allowed at stores,” Politico reported earlier this week.

急進左派で有名な同市の公衆衛生局は火曜日、コロナウイルスの「自宅待機」命令の更新の一環として、2007年のレジ袋禁止令を一時的に撤回することを発表した。この新条例は、客が自分で作ったバッグやマグカップなどの再利用可能な物品を店に持ち込むことを制限している。
The famously radical-left city’s Department of Public Health announced the temporary reversal of its 2007 plastic bag ban on Tuesday as part of an update to its coronavirus “stay-at-home” order. The new ordinance restricts customers from bringing into stores their own reusable items, like bags and mugs.

例によって、サンフランシスコはその禁止措置の厳しさの点で先頭を走っており、PoliticoのDebra Kahnは「カリフォルニア州で再利用可能な袋に付けられたコロナウイルス関連の最も厳しい制限」と表現している。
As usual, San Francisco is leading the way in terms of severity of its ban effort, imposing what Politico’s Debra Kahn describes as “the most stringent coronavirus-related restriction placed on reusable bags in California.”

「コロナウイルスの現実に直面し、市の指導者たちは、過剰な環境保護主義が必ずしも今日の世界の現実に適合していないことに気づいた」とHot AirのJazz Shaw氏は書いている。「そのため、禁止令は解除されただけでなく、撤回されたのです。再利用可能なバッグは、シティ・バイ・ザ・ベイで禁止されることになったのです。
“[F]aced with the realities of the coronavirus, the city’s leaders have realized that excessive environmentalism isn’t always compatible with the realities of the world we live in today,” Hot Air’s Jazz Shaw writes. “As such, the ban has been not only lifted but reversed. Reusable bags are now banned in the City by the Bay.”

つまり、かつてリユースバッグの取締りで全米をリードしていた都市が、今では公式に禁止する最初の都市のひとつとなったのです。
In other words, the city that once led the nation in reusable bag enforcement is now one of the first to officially ban them.

メイン州、ニューヨーク州、マサチューセッツ州は、レジ袋の禁止を一時停止するか、規制の実施を停止している。
And, as Shaw notes, San Francisco isn’t the only progressive city reversing course on the plastic bag ban — “Maine, New York and Massachusetts have all either suspended their plastic bag bans or halted enforcement of the regulations,” he writes.

一方、Politicoが報じたように、プラスチック産業は、連邦レベルだけでなく、ニューヨークやニュージャージーなどいくつかの重要な州でロビー活動を行い、国中でその原因を強く推進している。「しばしば洗われない再利用可能なバッグは、コロナウイルスの温床になると主張し、初期の研究では、表面に残ることが示唆されている」のだ。
Meanwhile, as reported by Politico, the plastic industry is pushing hard for their cause across the country, lobbying on the federal level as well as some key states, including New York and New Jersey, “asserting that often-unwashed reusable bags are hotbeds for the coronavirus, which early research suggests can remain on surfaces.”

サンフランシスコでのプラスチック禁止令の撤回とともに、他の「環境にやさしい」取り組みも一般庶民から見放され、人々は地元のスーパーに駆けつけてペットボトルの水を買い占め、スターバックスやコーヒービーンなどの企業は再利用できるアイテムに独自の禁止令を課しているのである。
Along with the plastic ban reversal in San Francisco, other “environmentally-friendly” efforts have been abandoned by the general populace, with people rushing out to their local grocery stores to buy up all of the bottled water, while companies impose their own bans on reusable items, including Starbucks and Coffee Bean.

環境保護団体は反撃を試みているが、今のところ効果はない。Kahnは、Californians Against WasteのMark Murray事務局長が「見当違い」の反リユーザブルバッグ運動を非難しつつも、若干の共感を示していることを引用しています。「再利用可能なバッグを店に持ち込むことを恐れるのは見当違いですが、店員が他人のものを扱いたくないという気持ちは確かに理解できます」と、マレー氏は言います。"私なら、誰かが家から持ってきた私のバッグに食料品を入れてくれるなんて、期待しないね。"
Environmentalists are trying to push back, but so far to no avail. Kahn cites Californians Against Waste Executive Director Mark Murray chiding the “misguided” anti-reusable bag movement, but also expressing some sympathy. “This fear of bringing reusable bags into the stores is misguided, but I certainly understand why store employees don’t want to handle somebody else’s things,” said Murray. “I wouldn’t have any expectation that somebody is going to put my groceries into my bag that I brought from home.”

スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2420-d47328ab

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>