Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |強制臓器摘出との闘いと防止に関する世界人権宣言 BITTER WINTER 2021/10/7
fc2ブログ

Entries

強制臓器摘出との闘いと防止に関する世界人権宣言 BITTER WINTER 2021/10/7

En:(grammar)


強制臓器摘出との闘いと防止に関する世界人権宣言
A Universal Declaration on Combating and Preventing Forced Organ Harvesting
https://bitterwinter.org/a-universal-declaration-on-combating-and-preventing-forced-organ-harvesting/

BITTER WINTER 2021/10/7




臓器狩りは全人類に対する犯罪であり、中国共産党政権には全責任がある。





DAFOHと他の4つのNGOは、「強制臓器摘出との闘いと防止に関する世界サミット」の最後に上訴を開始します。
DAFOH and four other NGOs launch an appeal at the end of the “World Summit on Combating and Preventing Forced Organ Harvesting.”


[Doctors Against Forced Organ Harvesting (DAFOH): 強制的な臓器摘出に反対する医師たち ]


臓器狩りは人類に対する犯罪であり、中国共産党政権に全責任があります。全世界は、法的に可能なことは何でもして、今すぐこれを阻止し、北京に公的な責任を取らせるべきである。これは、「強制的な臓器摘出との闘いと防止に関する世界宣言」が求めていることである。
Organ harvesting is a crime against humanity, and the Chinese Communist regime is totally responsible for it. The entire world should do whatever is legally possible to stop it now, and hold Beijing publicly accountable for it. This is what the Universal Declaration on Combating and Preventing Forced Organ Harvesting calls for.


さまざまな言語で書かれた世界宣言には、個人でも団体でも誰でも署名することができます。一人でも多くの署名を集めることが大切です。「悪の勝利に必要な唯一のことは、善人が何もしないことである」というアイルランドの哲学者・政治家エドモンド・バーク(1729-1797)の有名な言葉があるが、プロパガンダや何よりも沈黙が悪人の強力な味方であることは周知の事実である。個人的には、一人の人間として、プロのジャーナリストとして、そしてBitter Winterの責任者として、世界宣言を支持します。
Everybody can sign the Universal Declaration, which comes in different languages, both individuals and organizations. It is important to gather as many signatures as possible. “The only thing necessary for the triumph of evil is for good men to do nothing,” goes a famous sentence attributed to Irish philosopher and statesman Edmund Burke (1729–1797), but we all know that propaganda and above all silence are strong allies of evil-doers. Personally, I publicly support the Universal Declaration as a human being, as a professional journalist and in my capacity as Director-in-Charge of Bitter Winter.


この重要な呼びかけは、重要なオンラインシンポジウムである「強制的な臓器摘出との闘いと防止に関する世界サミット」の最後に行われたものです。Bitter Winterが取り上げた "China Tribunal "と合わせて、この恐ろしいトピックに関する最も重要な公開イベントになるかもしれません。
This important call for action comes at the end of an important online symposium, the “World Summit on Combating and Preventing Forced Organ Harvesting.” Together with the “China Tribunal,” which Bitter Winter covered, it may well be the most important public event ever on this horrific topic.


この世界サミットは、この分野で活動する主要な団体のひとつであるDAFOH(Doctors Against Forced Organ Harvesting)が主導したものです。ワシントンD.C.を拠点とし、各国に多くの支部を持っています。DAFOHは、米国の医師であるトーステン・トレイ博士が設立し、事務局長を務めています。他の4つのNGOが共催しました。CAP Freedom of Conscience(フランス)、Taiwan Association for International Care of Organ Transplants(台湾)、Korea Association for Ethical Organ Transplants(ソウル)、Transplant Tourism Research Association(日本)の4つのNGOが共催しました。
The World Summit was an initiative of DAFOH (Doctors Against Forced Organ Harvesting), one of the main organizations active in the field. Based in Washington, D.C., it has many branches in different countries. DAFOH was founded and is led by Dr. Torsten Trey, a US medical doctor, who serves as its Executive Director. Four other NGOs co-hosted the event: CAP Freedom of Conscience, France; the Taiwan Association for International Care of Organ Transplants, Taiwan; Korea Association for Ethical Organ Transplants in Seoul; and the Transplant Tourism Research Association, Japan.


9月24日、私は「Silence and self-censorship by media related to forced organ harvesting crimes」というセッションを開き、私のスピーチをこの記事の下に掲載しました。
On September 24, I opened the session Silence and self-censorship by the media regarding forced organ harvesting crimes, and my speech can be read at the bottom of this article.


2021年9月17日から26日まで、いくつかのセッションで、医師から政治家、ジャーナリストから目撃者まで、19カ国から合計35名のパネリストが参加しました。資料や証拠の量があまりにも多いため、今では誰も国家による大量殺人の実態を疑うことができず、それは全体主義体制の世紀である19世紀の最も恐ろしい政府命令による虐殺や犯罪的な医学実験と比較することができます。法輪功は、歴史的に臓器狩りの対象として好まれ、その運動を壊滅させた残酷な政策であるが、チベット仏教徒、家の教会のキリスト教徒、全能の神の教会のメンバー、イスラム教徒のウイグル人やカザフ民族など、他の民族や宗教グループも同様にやられている。
From September 17 to 26, 2021, several sessions featured a total of 35 panelists from 19 different countries, ranging from medical doctors to politicians, from journalists to witnesses. The amount of documentation and evidence is so large that nobody can now doubt the reality of a state mass murder, which can be compared to the most horrific government-ordered slaughters and criminal medical experiments of the 19th century, the century of totalitarian regimes. Falun Gong has historically been the favored target of organ harvesting, a cruel policy that has decimated that movement, but other ethnic and religious groups have been hit as well, including Tibetan Buddhists, House Church Christians, members of The Church of Almighty God, and Muslim Uyghurs and ethnic Kazakhs.


この悲劇的な状況の最も信じられない点の一つは、環境問題から女性のセクハラ問題まで、各国政府や国際機関が主催する様々な目的のための大衆的で支持されたキャンペーンに寛大な私たちのような世界が、罪のない何千人もの人々を殺したこのような規模と大きさの重罪には、むしろ無関心であるように見えることです。率直に言って、「中国裁判」とDAFOHの「世界サミット」以上に、中国の臓器狩りの被害者のために真実を語ることができた人はいないでしょう。世界の権力者たちはこの事実を認めるのか、それとも中国の新旧国家共産主義はこの重大な犯罪を平然と続けるのか。
One of the most incredible aspects of this tragic situation is that a world such as ours, so generous in popular and well-supported campaigns for a variety of causes, frequently sponsored also by national governments and internationals organizations, from the environment to sexual harassment of women, seems to be rather indifferent to a felony of such scale and magnitude, which has killed thousands of innocents. Frankly, no one could have done more than the “China Tribunal” and DAFOH’s “World Summit” to speak out the truth in favor of the victims of China’s organ harvesting. Will the powers of the world acknowledge, it or will Chinese neo-post-national-communism continue to perform this grave offense undisturbed?


臓器狩りという国家の不正行為には、最も恐ろしい構造的な側面があり、それは、何千万人もの死をもたらし、欧州議会が2019年9月19日の決議でナチズムと重要かつ公式に同一視している共産主義のシニックでサディスティックで犯罪的な性質と関係しています。中国の臓器狩りは、実際には例外ではなく、キューバの先例が示すように、規則の確認とシステムの実証である。
There is a structural dimension of the state malfeasance of organ harvesting that frightens the most, and it has to do with the cynic, sadistic, and criminal nature of Communism, which has caused tens of millions of deaths, and has been importantly and officially equated to Nazism by the European Parliament in it resolution of September 19, 2019. Chinese organ harvesting is not in fact an exception, but the confirmation of a rule and the demonstration of a system, as the Cuban precedent shows.


9月24日に開催された「Silence and self-censorship by the media related forced organ harvesting crimes(強制臓器摘出犯罪に関するメディアの沈黙と自己検閲)」のセッションで登壇したキューバ人のゾエ・バルデスさんは、いまだに共産主義のキューバ政権による迫害から身を守るために亡命生活を送っていることを明らかにしました。バルデスさんは、ジャーナリスト、作家、撮影監督、ビジュアル・アーティストであり、パリのソルボンヌ大学、ハーバード大学、マイアミのフロリダ国際大学、ロンドンのクイーン・メアリー大学などのアイビーリーグの大学で教授や客員講師を務めました。
Taking the floor during the Silence and self-censorship by the media regarding forced organ harvesting crimes session on September 24, Ms. Zoé Valdés, a Cuban who lives in exile to defend herself from the persecution of the still Communist Cuban regime, made it clear. Ms. Valdés is a journalist, author, cinematographer, and visual artist, and was a professor and guest lecturer in several Ivy League universities and colleges including La Sorbonne in Paris, Harvard University, Florida International University in Miami, and Queen Mary University in London, UK.

強制的な臓器摘出との闘いと防止に関する世界サミット」で行われたすべてのスピーチを要約し、すべての著名な参加者の名前を挙げることは不可能であるが、少なくともバルデス女史の言葉のいくつかは明らかに特筆すべきものである。「キューバでは、このような行為が行われていました」と、バルデスさんは臓器摘出について語りました。「カストロ政権下で共産主義が台頭した60年代から、政治犯の血を採取することが一般的になりました。彼らを銃殺刑にする前に、最後の一撃を与える前に、7パイントもの血液を採取し、貧血と精神的な消耗をさせたのです。"
It is quite impossible to summarize all the relevant speeches given at the “World Summit on Combating and Preventing Forced Organ Harvesting” and name all the distinguished participants, but at least a few of Ms. Valdés’ words deserve to be singled out for an evident reason. “In Cuba, this kind of practice existed,” she said referring to organ harvesting. “The extraction of blood from political prisoners was very common beginning in the sixties when Communism triumphed under Fidel Castro. Before taking them to the firing squad, before giving them the final shot, they extracted their blood, seven pints of blood, and left them anemic and mentally depleted.”


さらにバルデスさんは、「何年も前から情報が提供されていたにもかかわらず、それは無視されました。いくつかの出版物が作られましたが、それ以上は何もありませんでした。迫害されている人々が、前にも言ったように、最後の一撃を与えられた場所にほとんど死んだように到着するまで、繰り返し行われたのですから、これは記憶にとどめておくべきです。世界は、共産主義に関する他のほとんどすべてのことを無視しているように、カストロの専制政治によって行われたこれらの血なまぐさい行為を無視していた。フィデル・カストロはその血を売ることを自慢していたほどで、これらの囚人たちは健康だから血を売ることができたのだ。"
Ms. Valdés further added: “Despite the information that was provided for years, it was ignored. Some publications were produced, but nothing further. This should be remembered because it was done repeatedly, until the persecuted, and this is little known, arrived almost dead at the place where, as I said before, they were given the last shot. The world ignored those bloody acts perpetrated by Castro’s tyranny, like the world ignores almost everything else about Communism. Fidel Castro even bragged about selling that blood, and that these prisoners were in good health so he could sell their blood.”


本当に何も追加することはありません。
There is really nothing to be added.


スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2376-deeaa314

0件のトラックバック

1件のコメント

[C98]

翻訳、お疲れ様です。
  • 2021-12-05
  • politician evil
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
88位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
22位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>