Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |偽りの告白、「TNRは壁のない劣悪多頭飼育である」Vox Felina 2020/8/12
fc2ブログ

Entries

偽りの告白、「TNRは壁のない劣悪多頭飼育である」Vox Felina 2020/8/12

En:(grammar)



偽りの告白
False Confessions

http://www.voxfelina.com/2010/08/false-confessions/
Vox Felina 2020/8/12

「TNRは壁のない猫の劣悪多頭飼育である」という、アメリカの論文
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-1692.html
「Trap-neuter-return is essentially cat hoardingwithout walls.」











リアリティ番組の最新版であるアニマルプラネットの「告白:劣悪多頭飼育」は、教育、娯楽、搾取のどれにあたるかは議論の分かれるところである。
Whether the latest iteration of reality TV— Animal Planet’s Confessions: Animal Hoarding—is more education, entertainment, or exploitation is a matter of debate.

しかし、「人や動物に影響を与える人間の状態を淡々と正直に見つめる」ことで、日本中のリビングルームに配信され、あまりにも認識されていない(真剣に受け止められていない)問題が、今までにないほど注目されていることは間違いありません。
But it’s a safe bet that by streaming “an unflinchingly honest look at a human condition that affects people and animals” into living rooms across the country, a problem too rarely acknowledged (not to mention taken seriously) is now receiving unprecedented attention.


たとえ私がケーブルテレビに加入していても、視聴することはないだろう。
Even if I were a cable subscriber, though, I don’t think I’d be tuning in.

私は「素晴らしい子猫の救出」の最前線にはいませんでしたが、劣悪多頭飼育に関してはたくさんのことを見聞きしてきました。
Although I was nowhere near the “front lines” of the Great Kitty Rescue, I’ve seen and heard plenty where animal hoarding is concerned.

しかし、「告白」を読んでいて、今年の初めに『保全生態学』誌に掲載されたコメントに含まれていた言葉を思い出しました。
But in reading about Confessions, I was reminded of some remarks included in a comment published earlier this year in Conservation Biology.

そこでは、クリストファー・レプツィク、ニコ・ドーフィネ、デビッド・M・バード、シーラ・コナン、ロバート・J・クーパー、デビッド・C・ダフィー、パメラ・ジョー・ハトリー、ピーター・P・マラ、エリザベス・ストーン、スタンリー・A・テンプルがTNRをアニマル・ホーディングと比較しています。
There, Christopher Lepczyk, Nico Dauphiné, David M. Bird, Sheila Conant, Robert J. Cooper, David C. Duffy, Pamela Jo Hatley, Peter P. Marra, Elizabeth Stone, and Stanley A. Temple compared TNR to animal hoarding:


"動物愛護団体は、非人道的な行為として、自分の扶養能力以上のペットを飼う『猫の多頭飼育』に反対しています。
“The animal welfare community opposes ‘cat hoarding,’ whereby people care for more pets than they can adequately support, because it is considered inhumane.

TNRは、本質的に壁のない猫の劣悪多頭飼育のようなものです。
Trap-neuter-return is essentially cat hoarding without walls.

ほとんどの地域で動物の飼育を禁止する法律が制定されていることを考えると、外にいる猫にも人の家にいる猫と同じ基準を検討すべきだと思います。"
Considering that most communities have laws banning animal hoarding, we should consider the same standard for outdoor cats as those that are in a person’s home.”

これは、「TNR」に反対する人たちの「台所の流し台」や「みんなのための何か」というアプローチの最新の攻撃であり、ほとんど絶望的だと思います。
This strikes me as almost desperate—the latest volley in the kitchen-sink/something-for-everybody approach taken by some TNR opponents.

しかし、この例えがどんなに不自然であっても、新しいものではありません。
Nevertheless, the analogy—however incongruous—is not new.


2004年、デビッド・ジェサップは、ほぼ同じ比較をしています。
In 2004, David Jessup made essentially the same comparison:

"過剰な数の猫を飼い、世話をしなければならない人がいる。
“Some people are compelled to own and care for excessive numbers of cats.

この心理的な病気は「コレクター精神病」と呼ばれています。
This psychological illness is referred to as ‘collectors psychosis.’

家の中で 25 ~ 30 匹の猫を救わなければならない人と、公園にいる 25 ~ 30 匹の猫の救世主として自分自身を考える人と、どう違うのでしょうか?
How is the person who must save 25 to 30 cats in their home different from the person who sees themselves [sic] as the savior of 25 to 30 cats in a park?

「猫好き」の中には「収集家」もいるでしょうし、TNRが心理的なカウンセリングや援助を必要とする人たちの(猫の世話を)可能にし、支えている可能性もあります。"
Some ‘cat people’ may be ‘collectors,’ and it is possible that TNR is enabling and supporting some people who need psychologic counseling and assistance.”

ジェサップは、自分の主張の裏付けを自分にも観客にも少しも負担をかけない。
Jessup doesn’t burden himself or his audience with even the slightest support for his assertions;

彼の主張は他のものと同様に推測であり、彼の質問はほとんど修辞的なものです。
his claims are as much conjecture as anything else, his question largely rhetorical.

その5年後、ドーフィネとクーパーはジェサップの問いかけを再検討したが、いくつかの参考文献があるものの、解決には至っていない。
Five years later, Dauphiné and Cooper revisited Jessup’s query, but—despite a handful of references—do no better in terms of its resolution:

"多くの場合、TNRに関わる人々の特徴や行動は、問題となっている動物の劣悪多頭飼育に記載されている精神疾患を示唆しています。
“In many cases, the characteristics and behavior of people involved in TNR are suggestive of the psychiatric disorders described in problematic animal hoarding.

囲いのある聖域、殺処分しないシェルター、伝統的な動物管理など、TNRに代わる方法を提示されると、そのような人々の多くは「激しく保護し、報復し、非協力的」になり、TNRに反対する公務員や他の市民に嫌がらせや脅しをかけることになります。
When presented with alternatives to TNR, such as enclosed sanctuaries, no-kill shelters, and traditional animal control, many such people can be “fiercely protective, retaliatory, and uncooperative,” and will subject public officials and other citizens opposing TNR to harassment and threats.”



劣悪多頭飼育
Animal Hoarding

ドーフィネとクーパーの議論は、「TNRに関わる人々」と「問題のある劣悪多頭飼育に見られる精神障害」の両方について、有効な比較ができるだけの十分な知識があることを前提としています。
Dauphiné and Cooper’s argument presupposes that enough is known both about “people involved in TNR” and “the psychiatric disorders described in problematic animal hoarding” for a valid comparison to be made.

実は、どちらもほとんど知られていません。
In fact, very little is known about either one.

著者が2000年に発表した論文を引用したランディー・フロストは、まず「このトピックに関する精神医学的な文献はほとんど存在しない」と指摘しています。
Randy Frost, whose 2000 article the authors cite, begins by noting, “almost no psychiatric literature exists on this topic.”

その1年前には、ゲイリー・パトロネック(フロストの共同研究者で、フロストが論文の中で彼の研究を引用している)が観察していた。
A year earlier, Gary Patronek (a collaborator of Frost’s, whose work Frost cites throughout his paper) observed:

"さまざまな精神疾患と関連する可能性のある無生物の貯ため込みとは異なり、動物の貯め込みはまだ特定の疾患とは関連していません。"
“Unlike the hoarding of inanimate objects, which may be linked with a variety of psychiatric conditions, animal hoarding has not yet been linked with any specific disorder.”





しかし、パトロネックとフロストの両氏は、この問題に関する初期の研究に基づいて、劣悪多頭飼育の共通の特徴と説明モデルを説明しています。
Nevertheless, both Patronek and Frost describe—based on some of the earliest research on the subject—some common characteristics of, and explanatory models for animal hoarding.

そして、この定義を提供する。
And provide this definition:

"多数の動物を集め、最低限の栄養、衛生、獣医学的ケアを提供せず、動物の状態の悪化(病気、飢餓、死を含む)や環境の悪化(深刻な過密状態、極めて不衛生な状態)、または収集が自分自身や他の世帯員の健康や幸福に及ぼす悪影響に対処しない人。"
“someone who accumulates a large number of animals; fails to provide minimal standards of nutrition, sanitation and veterinary care; and fails to act on the deteriorating condition of the animals (including disease, starvation and even death) or the environment (severe overcrowding, extremely unsanitary conditions), or the negative effect of the collection on their own health and well-being and on that of other household members.”


これは、PatronekとFrostが参加したアニマル・ホーディング研究評議会(HARC)が採用した定義の枠組みであり、「否認」と「蓄積と支配」という2つの重要な要素に重点が置かれているようです。
This seems to have been the framework for the definition adopted by the Hoarding of Animals Research Consortium (with which Patronek and Frost were involved), which places greater emphasis on two key elements: denial, and accumulation and control:

・コンパニオン・アニマルの典型的な飼育数よりも多く飼っていること。
•Having more than the typical number of companion animals;

・飢餓、感染症の蔓延、怪我や病状の未治療による病気や死亡など、最低限の栄養、衛生、シェルター、獣医学的ケアが提供されていないこと。
•Failing to provide even minimal standards of nutrition, sanitation, shelter, and veterinary care, with this neglect often resulting in illness and death from starvation, spread of infectious disease, and untreated injury or medical condition;

・この最低限のケアを提供することができないことと、そのことが住居の動物、家庭、人間の居住者に与える影響を否定すること。
•Denial of the inability to provide this minimum care and the impact of that failure on the animals, the household, and human occupants of the dwelling;

-失敗しても、動物を蓄積し、コントロールすることに固執すること。
•Persistence, despite this failure, in accumulating and controlling animals.

"25匹も30匹もの猫を救うことは、自宅であろうと公園であろうと、アニマウ・ホーディングにはならない。
“Saving” 25 or 30 cats, then—whether in one’s home or in the park—does not constitute animal hoarding.

NPRのラジオ・タイムズでのインタビューでパトロネックが指摘したように、「数字だけでは劣悪多頭飼育の定義にはならない。
As Patronek pointed out during a recent interview on NPR’s Radio Times, “numbers alone don’t define hoarding… you’ve got to have these functional deficits and denial, in combination with the numbers.”


TNR(および一般的な放し飼いの猫)に反対する人たちは、この2つ目の点に注目して、野良猫のコロニーは定義上、十分なケアがなされていないと主張するだろう。Opponents of TNR (and of free-roaming cats in general) will likely seize upon that second point, arguing that feral cat colonies—by definition—lack adequate care.

しかし、これらの猫がTNRプログラムの一部であるということは、獣医の専門家による評価を受けているということであり、関係する捕獲者や介護者には、時には英雄的ともいえる努力が必要である。
But the very fact that these cats are part of a TNR program means they’ve been evaluated by veterinary professionals, requiring a concerted effort—sometimes bordering on the heroic—on the part of the trappers and caregivers involved.

ワクチン接種を行うプログラムもある(これが標準的なやり方ではないというのは、確かに議論の余地がある)。最低限、病気で戻せないと判断された猫は安楽死させられる。
Some programs perform vaccinations (that this is not standard practice, is, admittedly, a controversial issue); at a minimum, cats deemed too sick to be returned are euthanized.

1999年に「フロリダ州北中央部で132コロニーの放し飼い猫の世話をしている個人または夫婦101人」を対象に行われた調査では、介護者が健康を重視していることが示されている。
A 1999 survey of survey of “101 individuals or couples who cared for 132 colonies of free-roaming cats in north central Florida” illustrates the importance caregivers place on health:


"3分の1以上の猫の世話人が、過去に猫のために何らかの動物病院での治療(TNRクリニックでの去勢手術は含まない)を行ったことがある、あるいは今後必要になったら動物病院での治療を行うと回答しました。
“More than a third of the caretakers reported that they had provided some kind of veterinary care (not including being neutered at the TNR clinic) for the cats in the past or would provide veterinary care if it was necessary in the future.

このようなケアには、予防接種、寄生虫駆除、抗生物質治療、耳の薬、動物病院での診察、緊急時の治療などが含まれます。"
This type of care included booster vaccinations, parasite control, antibiotic treatment, ear medication, veterinary examinations, and emergency treatment.”


また、96%が食料を、75%がシェルターを提供しました。
In addition, 96% provided food, and 75% provided shelter.

また、(1)複数の猫を担当している介護者がいること、(2)アンケートの回答者が必ずしも餌や寝床などを提供している人ではないことなどから、この数字は猫が受けているケアに対して控えめなものとなっていることにも注意が必要です。
It’s important to note, too, that these numbers are conservative relative to the care received by the cats, in that (1) some caregivers were responsible for multiple cats, and (2) respondents to the survey were not necessarily the individuals who provided food, shelter, and so forth.

このような結果は、私自身の経験と一致しています。
Such findings are certainly consistent with my own experience.

私が参加しているTNRネットワーク(主に電子メールやオンライン掲示板)は、野良猫のコロニーの健康状態を維持・改善するために尽力している介護者からの依頼や、介護者への推薦で賑わっている。
The TNR networks I’m tapped into (mostly by way of e-mail or online bulletin boards) are typically buzzing with requests from, and recommendations to, caregivers committed to maintaining and improving the health of feral cat colonies.

一方、ドーフィネとクーパーの論文からは、彼らが動物をため込むことに言及したことが、その行動の特徴と全く関係がないことは明らかではありません。
On the other hand, it’s not clear from Dauphiné and Cooper’s paper that their reference to animal hoarding has anything to do with the behavior’s defining characteristics at all.

何よりも著者は、TNRの「代替手段」への抵抗が何らかの精神疾患を構成していると示唆しているように思えます。これは、アニマルホーダーが「適切な家があっても、どんな動物も排除したがらない」ことに言及している可能性があります。
More than anything else, the authors seem to be suggesting that resistance to TNR “alternatives” constitutes some psychiatric disorder—a possible reference to animal hoarders’ “reluctance to remove any animals, even when adequate homes were available.”

TNRの代替手段
Alternatives to TNR

尊敬すべき聖域は、すでに述べたように、数も少なく、通常は定員いっぱいで運営されています。
Respectable sanctuaries, as I’ve already discussed, are few and far between, and typically at operating at capacity.

いずれにしても、そのような環境は社会性のない猫にとっては得策ではありません。い
In any case, such environments are not in the best interest of unsocialized cats.

殺処分のないシェルターも希少であり、ドーフィネとクーパー(そして彼らが手紙を引用した獣医師クリスティン・ストーツ)が見落としたり無視したりしている現実を認識した上で、一般的には野良猫の管理方法としてTNRを推奨しているのである。
No-kill shelters, too, are scarce, and—recognizing realities Dauphiné and Cooper (and veterinarian Christine Storts, whose letter they cite) overlook or ignore—generally endorse TNR as their feral cat management approach.

また、「伝統的な動物管理」とは、罠を仕掛けて殺すことを婉曲的に表現した卑怯な言葉でしかありません。
And as for “traditional animal control,” that’s nothing more than a rather cowardly euphemism for trap-and-kill.

嫌がらせや脅しについては?
What about the harassment and threats?

ここで、ドーフィネとクーパーは、ポール・バローズの2004年の論文「トラップ・ニューター・リリースの専門的・倫理的・法的ジレンマ」とパメラ・ジョー・ハトリーの2004年の論文「野良猫はあなたの街の”沈黙の春”になりますか?」
Here, Dauphiné and Cooper cite Paul Barrows’ 2004 article “Professional, Ethical, and Legal Dilemmas of Trap-Neuter-Release,” and Pamela Jo Hatley’s 2004 paper, “Will Feral Cats Silence Spring in Your Town?”

"ここ数年の間に"とバローズは書いている。
“During the past several years,” writes Barrows:

"捨て猫や野良猫に関する議論が活発になるにつれ、活動家が自分の目的を達成するためにどれだけのことをするのかという懸念が出てきました。
“as debate regarding abandoned and feral cats has become more heated, concerns have emerged regarding the extent to which some activists will go to promote their cause.

TNRではなく、捨て猫や野良猫の捕獲・除去を支持している人たちからは、言葉の暴力、個人的な脅迫、公開討論会の妨害、ビジネスの妨害などが報告されています。"
Those supporting trap and removal of abandoned and feral cats, rather than TNR, have reported verbal abuse, personal threats, disruption of public forums, and interference with the conduction of their businesses.”

ドーフィネとクーパーは、バローズの情報源を確認することなく、彼の説明を鵜呑みにしている(実際、この2人は論文中にそのようなショートカットをする恥ずかしい習慣があり、その結果、彼らの数々の主張、さらに問題なのは、研究者としての能力と誠実さに疑問を投げかけている)。
Dauphiné and Cooper buy into Barrows’ account without bothering to check out his source (actually, these two make a shameful habit of such shortcuts throughout their paper, thereby raising questions about their numerous assertions, and, more problematically, their capabilities and integrity as researchers).

実際、バローズ氏は2002年のウォール・ストリート・ジャーナル紙に掲載された記事を引用しているが、この記事では「トラップと除去を支持する人々」の一人であるGarden State Pest Management社のFrank Spiecker氏がインタビューに答えている。I
In fact, Barrows cites a 2002 Wall Street Journal story in which exactly one of “those supporting trap and removal”—Frank Spiecker, of Garden State Pest Management—was interviewed:

“健康面での苦情や訴訟を恐れた不動産管理会社が、野良猫の捕獲・駆除をスピッカー氏に依頼している...。
“…property managers, fearing health complaints or lawsuits, hire Mr. Spiecker to trap and remove stray cats…

猫の仕事では、怒鳴られたり、脅されたり、殴られたりすることもあります。
Cat jobs have gotten him screamed at, threatened and jostled.

彼のトラックは飛び乗って叩かれ、罠はひっくり返り、閉じ込められた猫は解放されました…
His truck has been jumped on and pounded, his traps run over, and his trapped cats freed…

猫好きにとっては、彼は猫の大量殺人を幇助していることになる。
To cat lovers, he abets feline mass murder, since most of the cats he traps end up dead.”

これらのことは、ドーフィネやクーパーのように、「そのような人たちの多く」の行動を説明し、非難するには、著しく薄っぺらなものである。
All of which seems remarkably flimsy for describing and condemning—as Dauphiné and Cooper do—the behaviors of “many such people.”

ハトリーが提出したもっと薄っぺらい「証拠」と比較するまでは。
Until it’s compared to the even flimsier “evidence” provided by Hatley:

"野生の猫を大量にため込むことによる公衆衛生上の問題や野生動物の問題については、多くの市民や公的機関から懸念の声が上がっています。
“Many citizens and public officials have voiced concerns about the public health issues and wildlife issues involved in hoarding large numbers of cats in the wild.

TNRや猫コロニーの推進派による極端な努力に抵抗した人たちは、言葉の暴力や脅迫を受けています。"
Some who have resisted the extreme efforts by proponents of TNR and cat colonies have been subjected to verbal abuse and threats.”

不正な調査方法はさておき、「閉鎖された聖域、殺処分の無いシェルター、伝統的な動物管理」ではなくTNRを好むことが、何らかの精神疾患を示しているという考え方は、非常に難しいものです。
Dodgy research practices aside, the notion that one’s preference for TNR over “enclosed sanctuaries, no-kill shelters, and traditional animal control” is indicative of some psychiatric disorder remains a mighty hard sell.

ドーフィネとクーパーのいわゆる代替案は、文字通りの意味で、実行可能な選択肢ではありません。
Dauphiné and Cooper’s so-called alternatives are simply not—in a very literal sense—viable options.

* * *

TNRと劣悪多頭飼育を比較するのは、どちらかの知識が著しく欠如しているか、後者と関連づけて前者を汚そうと必死になっているかのどちらかです。
To compare TNR to animal hoarding betrays either a profound lack of knowledge about either one, or a desperate attempt to taint the former by association with the latter.

ジェサップ、ドーフィネ、クーパー、そしてレプツィクらは、最も卑劣な政治戦略家のように、定着するかどうかを確かめるためにこの言葉を投げかけたのではないかと思います。。
I suspect that, like the most despicable political strategists, Jessup, Dauphiné and Cooper, and Lepczyk et al., threw it out there just to see if it would stick—the connection they’re attempting to make certainly has nothing to do with science.

最近、野良猫が非難されない唯一の原因は気候変動だと冗談を言う友人がいる。まあ、とにかく、まだね。
I’ve a friend who jokes that the only thing feral cats aren’t being blamed for these days is climate change. Well, not yet, anyhow.




スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2211-b0df28d1

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>