Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |猫を殺さずに(キーラーゴ)ウッドラットを救えるのか?Scientific American 2020/4/1
fc2ブログ

Entries

猫を殺さずに(キーラーゴ)ウッドラットを救えるのか?Scientific American 2020/4/1

En:(grammar)


猫を殺さずに(キーラーゴ)ウッドラットを救えるのか?
Can We Save the Woodrat without Slaughtering Cats?
https://www.scientificamerican.com/article/can-we-save-the-woodrat-without-slaughtering-cats/
Scientific American 2020/4/1
















ラルフ・デゲイナーは、彼が連続殺人犯の仕事を見ていることを知っていました。
Ralph DeGayner knew he was seeing the work of a serial killer.

犠牲者の多くは待ち伏せされ、喉を切り裂かれていた。
All of the victims had been ambushed and mutilated; many had their throats ripped out.

クロコダイル・レイク国立野生生物保護区を通るキーラーゴの県道905号線沿いで、大柄な八十代のデゲイナーは数週間にわたり毎朝、落ち葉の下に埋められた遺体を発見した。
Every morning for several weeks DeGayner, a lanky octogenarian, found the bodies buried under leaf litter along Key Largo’s route 905, a county road that runs through the Crocodile Lake National Wildlife Refuge.

デゲイナーは、自分の体が切り落とされたウッドラットに出会えば出会うほど、失望から怒りへと変わっていった。
The more disemboweled woodrats DeGayner encountered, the more his disappointment turned to rage.


「それは猫でした」と彼は言います、彼の青い目はフロリダの太陽の下で点滅しています。
“It was the cats,” he says, his blue eyes flashing in the Florida sun.

「まさに、それこそが猫が殺す方法です。 それ以上の証拠は必要ありませんでした。」
“That’s exactly how they kill. I didn’t need more proof than that.”

虐殺の現場に戻ると、8年後でも、デゲイナーは怒りに満ちていた。
Returning to the site of the massacre, even eight years later, filled DeGayner with ire.

大富豪だけでなく、何百匹もの野良猫が暮らすゲーテッド・コミュニティであるオーシャン・リーフ・クラブに目をやりながら、彼は北に向かった。
He turned north, glaring toward the abutting Ocean Reef Club, a gated community home not just to millionaires but also to hundreds of feral cats.

絶滅危惧種のキーラーゴ・ウッドラットの窮状は、晩年にデゲイナーの個人的な十字軍になりました。
The plight of the endangered Key Largo woodrat became DeGayner’s personal crusade late in life.

ホットタブのセールスマンだった彼は、釣りに適した環境ではないとき、1990年代後半に開設された野生生物保護区でボランティア活動を始めた。
To occupy his time when the conditions were not right for fishing, the retired hot-tub salesman began volunteering at the wildlife refuge, which opened in the late 1990s.

シナモン色のネズミは、大きな巣を正確に作るので、彼はすぐに魅了されました。
He was quickly taken by the cinnamon-colored rodents, which build large, meticulous nests with a precision he found endearing.

ウッドラットは、キーラーゴの半熱帯林の青々とした樹冠の下で、ワニやヘビ、猛禽類と共存しながら生きてきた。
Woodrats had long eked out an existence under a thin stretch of the lush canopies of Key Largo’s semitropical forests, where they shared their neighborhood with crocodiles, snakes and raptors.

パイナップル農園、ミサイルサイロ、石油掘削機、高級マンションなどの建設のために生息地の多くが壊されたにもかかわらず、(ウッドラットの)総数は何とか持ちこたえていました。
The population had managed to hang on even as much of its habitat was razed to make room for pineapple plantations, a missile silo, oil derricks and luxury condos.

しかし、猫は別の意味での脅威だった。
But the cats were a different kind of menace.

一つは、猫が脅威であるという意見が皆無であったこと。
For one thing, not everyone agreed that cats were a menace at all.


15年前、ウッドラットを絶滅から救うための最後の試みとして、保護区の保護活動家たちは、フロリダに拠点を置き、ネズミのマスコットを持つディズニーと協力して、オーランドのアニマル・キングダムで繁殖プログラムを開始した。
Fifteen years ago, in a last-ditch attempt to save the woodrat from extinction, conservationists at the refuge teamed up with Disney (with its Florida presence and rodent mascot) to begin a breeding program at the Animal Kingdom in Orlando.

野生生物学者は、数年かけてウッドラットの飼育数を増やすことに成功しました。
Over several years wildlife biologists successfully bolstered the woodrats’ numbers in captivity.

しかし、本当の試練は、キーラーゴでの生き残る事だ。
The real test, though, would be surviving back in Key Largo.

デゲイナーは、野良猫を避難所から遠ざけることができれば、ウッドラットが成功すると確信していました。
DeGayner was sure the woodrats would make it if he could keep the feral cats out of the refuge.

彼は一人ではありませんでした。
He was not alone.

地元の保護活動家は、ORCATと呼ばれるプログラムを通じて猫に餌をやったり世話をしたりしているオーシャンリーフクラブに、猫を閉じ込めておく方法を見つけるよう繰り返し頼んでいました。
Local conservationists had repeatedly asked the Ocean Reef Club, which fed and cared for the cats through a program called ORCAT, to figure out how to keep them contained.

しかし、ORCATは、猫が多くの問題のスケープゴートにされていること、2,500エーカーの敷地内にすべての猫を制限することは不可能であることを理由に、反対した。
But ORCAT demurred: the cats were being scapegoated for a long list of problems, and anyway it would be impossible to restrict them all to the 2,500-acre property.

2010年と2011年の数週間にわたって、生物学者は27匹のタグ付きウッドラットを避難所に放しました。
Over several weeks in 2010 and 2011, biologists released 27 tagged woodrats into the refuge.

数週間以内に猫はそれらのすべてを殺しました。
Within weeks cats killed every one of them.

「彼らは猫がネズミを食べることを示すために数百万ドルを費やしました」とデゲイナーは言います。
“They spent millions of dollars to show that cats eat rats,” DeGayner says.

繁殖プログラムは廃止されました。
The breeding program was scrapped.

そして、猫の擁護者と保護主義者の間の対立は激化した。
And the antagonism between the cat advocates and the conservationists intensified.


代替案
An Alternative Solution

人間は犬ほど積極的に猫を飼いならしませんでした。
Humans did not domesticate cats as actively as they did dogs.

その結果、飼い猫と山猫の間の遺伝的差異は、犬とオオカミの間よりもはるかに少なくなっています。
As a result, there are far fewer genetic differences between house cats and wildcats than between dogs and wolves.

しかし、猫は1万年以上もの間人間と一緒に暮らしてきました。
But cats have lived alongside humans for more than 10,000 years.

初期の農家が貯蔵した穀物はネズミを呼び寄せ、ネズミは猫を呼び寄せ、猫は私たちの食べかすを求めて滞在しました(そして、耳の後ろを1、2回引っ掻くかもしれません)。
Grain stored by early farmers attracted rodents, and the rodents lured cats, which then stayed for our food scraps (and maybe a scratch or two behind the ears).

人間がどこへ行っても、猫は人間について行き、そして増殖しました。
Wherever humans went, cats followed—and multiplied.

メス猫は生後1年未満で繁殖を開始し、その後の人生で毎年5匹以上の子猫を3回も産むことがあります。
A female cat can start reproducing at less than a year old and can have as many as three litters of five or more kittens each year for the rest of her life.

だからこそ、何十年も前から猫の過剰繁殖について人々が訴えてきたことは驚くべきことではありません。
It is not surprising, then, that people have been complaining about cat overpopulation for decades.


過去10年間、科学は飼い猫が世界中の自然保護の悪夢であることを明らかにしました。
Over the past 10 years the science has made it clear that domestic cats are a conservation nightmare around the world.

猫は同じサイズの捕食者よりも10倍から100倍高い個体数密度で見られるため、その影響は猛禽類、アライグマ、ヘビなどの自然発生の捕食者よりもはるかに深刻です。
Because cats are found at population densities 10 to 100 times higher than those of similarly sized predators, their impact is far more profound than that of naturally occurring predators such as raptors, raccoons and snakes.

島に生息する鳥類、哺乳類、爬虫類の14%の種が絶滅する大きな要因になっていると言われています。
They have been implicated as a major force in the extinction of 14 percent of bird, mammal and reptile species on islands.

2013年、ジョージタウン大学の自然保護生物学者ピーター・P・マラと、スミソニアン渡り鳥センターおよび米国魚類野生生物局の同僚たちは、野良猫や外猫によって毎年約24億羽の鳥類が殺されていると推定しました。これに加えて、ネズミなどの哺乳類も猫によって殺されていると推定されます。
In 2013 Georgetown University conservation biologist Peter P. Marra and his colleagues at the Smithsonian’s Migratory Bird Center and the U.S. Fish and Wildlife Service estimated that feral and outdoor cats kill about 2.4 billion birds every year—and that is on top of the estimated 12.3 billion rodents and other mammals also killed by cats.

放し飼いにされた猫が絶滅の危機に瀕した野生動物を殺したという記録が増えてきたため、キーラーゴのような論争が世界各地で起きているのだ。
As free-ranging cats have been increasingly documented killing endangered wildlife, disputes such as the one in Key Largo have popped up around the world.

ただし、問題に取り組む方法はそれほど明確ではありません。
Much less clear, however, is how to tackle the problem.


歴史的には、「猫の管理」とは、野良猫を集めて殺すことであり、手に負えなくなったときの反動的な措置であることが多かった。
Historically, “cat control” meant rounding up and killing strays every now and then, often as a reactionary measure when things got out of hand.

しかし、猫の異常な出生率を考えると、猫の個体数が元の場所に戻るのにそれほど時間はかかりませんでした。
But given a cat’s extraordinary fertility rate, it did not take long for the feline population to get right back to where it started.

過去数十年にわたって、政府は、毒ソーセージ、射殺、致命的なウイルス、猫の毛皮に噴霧された有毒なゲルなど、より慎重な戦略の武器を試してきました。
Over the past few decades governments have tried an arsenal of more deliberate strategies, including poison sausages, sharpshooters, deadly viruses and a toxic gel sprayed on cats’ fur.

これらの戦術のうち、十分な期間にわたって一貫して実践されたものはほとんどありませんでした。
Few of these tactics were practiced consistently over a long-enough period.

そのほとんどが失敗に終わり、動物福祉に携わる人々は、単に猫を殺すことは残酷なだけでなく、効果がないと主張するようになった。
Nearly all of them have failed, emboldening people who work in animal welfare to insist that simply killing cats is not just cruel but ineffective:

現在、アメリカだけでも7千万から1億の野良猫、飼い主のいない猫がいると言われています。
today there are anywhere from 70 million to 100 million feral or unowned cats in the U.S. alone.


その代わりに、猫を人道的に捕獲して不妊手術を施し、野生のコロニー(社会集団)に戻すことを提唱しています。これは「Trap-neuter-Return」(TNR)と呼ばれるプロセスです。
Instead cat supporters advocate for humanely trapping cats, sterilizing them and returning them to their colonies, or social groups, in the wild—a process known as trap-neuter-return, or TNR.

放し飼いの猫の繁殖が妨げられると、野良猫のコロニーは、猫が死ぬにつれて自然にサイズが小さくなります。
If free-ranging cats are prevented from reproducing, feral cat colonies will naturally decrease in size over time as cats die.

1980年代半ば、当時カリフォルニア大学デービス校の獣医学科に在籍していたジュリー・レヴィーは、アメリカで最初のTNR活動を主導しました。
In the mid-1980s Julie Levy, who was then a veterinary student at the University of California, Davis, led one of the country’s first TNR efforts.

数年後には、キャンパス内のほとんどすべての野良猫が捕獲され、不妊手術が施され、レヴィーが卒業する頃には、獣医学部周辺にはほとんど猫がいなくなっていました。
Within a few years almost all the campus’s feral cats had been trapped and sterilized, and by the time Levy graduated the area around the veterinary school was nearly cat-free.

「人々は代替策を持っていることにとても興奮していました」と彼女は回想します。
“People were so excited to have an alternative solution,” she recalls.


1993年、レヴィーのカリフォルニアTNRプロジェクトの言葉が、多作の発明家であり、オーシャン・リーフ・クラブの居住者であるアラン・リットマンに届きました。
In 1993 word of Levy’s California TNR project reached Alan Litman, a prolific inventor and a resident of the Ocean Reef Club.

当時、何千匹もの野良猫がこの土地を歩き回り、キーラーゴの3分の1を占めていました。
At the time thousands of feral cats roamed the property, which takes up one third of Key Largo.

時折行われる安楽死を目的とした一斉検挙は、多くの地元民には受け入れられず、効果はありませんでした。
The occasional roundups for euthanasia, which did not sit well with many locals, were not working.

猫の糞はいたるところにあり、オーナーは猫の喧嘩の音と領土のマーキングの匂いについて終わりのない苦情を申し立てました。
Cat feces were everywhere, and owners filed a never-ending stream of complaints about the noise of cat fights and the smell of territory markings.

リットマンはオーシャン・リーフにTNRを試すよう働きかけ、クラブは同意し、住宅所有者協会からの資金と個人の寄付でORCATを立ち上げるための長期資金を提供しました。
Litman lobbied Ocean Reef to try TNR, and the club agreed, providing long-term funding to launch ORCAT with money from the homeowners’ association and private donations.

リットマンは、地元の動物病院で技師をしていたスーザン・ハーシーをプログラムの責任者として採用しました。
Litman hired Susan Hershey, a technician at a local veterinary hospital, to head up the program.

彼女が1995年に到着したとき、ハーシーは通りで食べ物の缶を開けて、「70匹か80匹の猫に簡単に」遭遇したと彼女は思い出します。
When she arrived in 1995, Hershey popped open a can of food on the street and encountered “70 or 80 cats, easily,” she recalls.

「それは極端な問題でした。」
“It was an extreme problem.”

ハーシーは日中のほとんどの時間をフリスキーの缶で罠にかけ、無防備な猫が中に入るのを待っていました。
Hershey spent most of the daylight hours baiting traps with cans of Friskies and waiting for unsuspecting cats to step inside.

猫たちがハーシーのやり方を覚え、罠を避けるようになると、ハーシーはその方法を常に進化させていった。
As the cats learned her routine and began to avoid the traps, Hershey constantly evolved her methods.

彼女が捕まえた猫の多くは病気で、人道的に安楽死させなければなりませんでした。
Many of the cats she trapped were sick and had to be humanely euthanized;

他の猫たちは友好的で、家庭に迎え入れることができました。
others were friendly and could be adopted into homes.

しかし、何百匹もの猫たちは、避妊・去勢手術を受けられるほど健康でありながら、人間を恐れて室内での生活ができなかった。
Hundreds of cats, however, were healthy enough to be spayed or neutered but too fearful of humans for a life indoors.

これらの猫は、避妊手術を受けたことを示すために左耳の上部を取り除いてコロニーに戻しました。
These cats were returned to their colonies with the top of their left ear removed to indicate that they were fixed.

5年間、ハーシーと成長中のチームは、実質的に24時間体制で避妊去勢手術を行いました。
For five years Hershey and a growing team trapped and neutered practically around the clock.

ゆっくりと、しかし確実に、オーシャンリーフの猫の数は減少し始めました。
Slowly but surely, the number of cats at Ocean Reef began to drop.



交渉者
The Negotiator

ORCATの成功のニュースは、動物福祉コミュニティ全体に広がり始めました。
News of ORCAT’s success began to spread throughout the animal welfare community.

ハーシーはTNRの有名人になり、キーラーゴ・プログラムを再現する方法を学びたいと考えていた世界中からの訪問者を擁護しました。
Hershey became something of a TNR celebrity, fielding visitors from around the world who wanted to learn how to replicate the Key Largo program.

この地域の野良猫は、2012年にクロコダイルレイク国立野生生物保護区に到着したノースカロライナ州立大学の若い博士課程の学生であった生物学者のマイケル・コーヴも魅了しました。
The area’s feral cats also attracted biologist Michael Cove, then a young doctoral student at North Carolina State University, who arrived at the Crocodile Lake National Wildlife Refuge in 2012.

オーシャンリーフの猫の数は確かに減少しましたが、ウッドラットは依然として深刻な問題を抱えており、コーヴはそれらをよりよく保護する方法を見つけたいと考えていました。
Although the number of cats at Ocean Reef had indeed declined, the woodrats were still in serious trouble, and Cove wanted to figure out how to better protect them.

ウッドラットの活動に誘われて、野良猫が避難所に迷い込むことも多い。
Feral cats often wandered into the refuge, lured by the industrious activities of the woodrats.

コーヴは、ネコがウッドラットの個体数に与える影響を記録し、ネコがウッドラットの回復を妨げている要因を理解したいと考えました。
Cove wanted to document the effects of cats on the woodrat population and understand how the cats—among other factors—limited woodrat recovery.

保全主義者にとって、ORCATの存在は勝利ではありませんでした。
To conservationists, the presence of ORCAT was anything but a victory.

ローマからリオデジャネイロまでのいくつかの研究では、TNRによって持続的に個体数が減少していることが示されているが、着実に個体数が減少する傾向を作り出すために十分な数の猫を不妊手術することは容易ではないと、American Bird Conservancy(ABC)の保護生物学者グラント・サイズモアは説明する。。
Although a handful of studies from Rome to Rio de Janeiro have indeed shown persistent population reductions from TNR, it is not easy to sterilize enough cats to create a steady downward population trend, explains conservation biologist Grant Sizemore of the American Bird Conservancy.

モデル研究によると、安定した人口減少をもたらすためには、90%以上の猫を治療する必要があり、それだけの数の猫を捕獲することはほぼ不可能だという。
Modeling studies have shown that upward of 90 percent of the cats need to be fixed to create a steady population decline, and trapping that many cats is nearly impossible.

飼い猫は非常に効率的に繁殖するため、猫のコロニーの維持にわずかなギャップがあるだけでも、数が復活する可能性があります。これは、ORCAT独自のデータが示しています。
Domestic cats reproduce so efficiently that even small gaps in cat colony maintenance can lead to a resurgence in numbers—something ORCAT’s own data show.

さらに、世話をされている野良猫がいると、不要になった猫を同じ地域に捨てるようになることがわかっており、これが戦略の失敗の理由になることが多い。
Additionally, the presence of cared-for feral cats has been found to encourage people to dump their unwanted cats in the same area—which is often a reason the strategy fails.

(また、小さな島のゲートコミュニティにあるORCATの成功を説明するのにも役立ちます。)
(It also helps to explain the success of ORCAT, which is located in a gated community on a small island.)

「TNRは傷口を塞ぐバンドエイドのようなものです。」とサイズモアは言います。
“TNR is a Band-Aid solution for a gaping wound,” Sizemore says.

TNRの支持者は、この方法が不完全であることを認めています。
TNR supporters acknowledge that the method is imperfect.

しかし、レヴィーとハーシーは、TNRはその欠点があったとしても、長期的に猫の個体数を減らすことができることが今のところ確認されている唯一の手法であると主張しています。
But Levy and Hershey argue that even with all its flaws, TNR is the only technique that has so far been shown to reduce cat populations over time.

レヴィーによれば、人間は何世紀にもわたって猫を殺してきたが、現在アメリカには何百万匹もの野良猫が生息しているという。
Humans have been killing cats for centuries, Levy says, yet millions of feral cats are currently living in the U.S.

マラはこの論理に異議を唱え、問題のある猫を時折一網打尽にすることと、戦略的に猫を生態系から排除しようとする新しい試みとは異なると主張している。
Marra disputes this logic, arguing that there is a difference between the occasional roundups of problem cats and newer efforts to strategically wipe cats out of an ecosystem.

オーバーン大学の生態学者Christopher Lepczykらによるモデル研究は、マラの指摘を支持しているようだ。
Modeling studies by Auburn University ecologist Christopher Lepczyk and others seem to support Marra’s point:

ほとんどの状況下では、TNRは、一度捕獲した猫を安楽死させるよりも、猫の個体数を減らす効果が低いのである。
under most circumstances, TNR is less effective at reducing cat populations than euthanizing the cats once they are trapped.


双方ともに、データを抜粋して主張していると非難しています。
Both sides have accused the other of cherry-picking data to support its points.

2018年、マラと他の自然保護活動家は、TNRの推進者を「疑惑の商人」と呼ぶ記事を書きました。これは、個人的な利益のためにタバコ製品を擁護したり、気候変動を否定したりする人たちに使われる言葉と同じです。
In 2018 Marra and other conservationists wrote an article calling TNR promoters “merchants of doubt,” the same term used for those who defend tobacco products and deny climate change for personal gain.

しかし、根本的な問題は、問題の範囲(野良猫は正確に数えるのが難しい)と、野生生物を強化するという観点から猫の数を減らすための最適な方法の両方について、最初のデータが少ないことです。
But the underlying issue is that there are few data to start with, both on the scope of the problem (feral cats are difficult to count accurately, for instance) and on the best methods to reduce cat numbers in the context of bolstering wildlife.

その意味では、保護猫の戦いは、根拠のある科学よりも意見に基づいて行われてきた。
In that sense, the conservation cat fight has rested more on opinions than on evidence-based science.

2019年5月に『保全生物学』に掲載された「猫に対するモラルパニック」と題された論文では、倫理学者、人類学者、保全生物学者が、グレーゾーンを見ることを主張した。
In a May 2019 article entitled “A Moral Panic over Cats” in Conservation Biology, ethicists, anthropologists and conservation biologists argued for seeing the gray areas.


沼地に足を踏み入れたコーヴは、猫を避難所から追い出すにはORCATからの賛同が必要であることを知っていました。
Stepping into the morass, Cove knew that expelling cats from the refuge would require buy-in from ORCAT.

彼は、ハーシーに彼女の猫が有罪であるという証拠を見せる必要があった。
He needed to show Hershey evidence that her cats were guilty as charged.

猫が絶滅危惧種のげっ歯類にどのように影響したかを正確に示す詳細な研究を行った人は誰もいなかったので、彼はそこから始めました。
No one had done fine-grained studies showing precisely how cats affected any species of endangered rodent, so that was where he started.

後に博士論文として発表されたコーヴの最初の結果は、非難されるべきものだった。
Cove’s first results, later published as his Ph.D. dissertation, were damning:

ウッドラットの生息密度は、風景の中の野良猫の数に反比例していました。
woodrat population density was inversely proportional to the number of feral cats on the landscape.

猫が居た場合、ウッドラットは一般的には居ない、居たとしても通常とは異なる行動をとっていた。
If cats were around, woodrats generally were not, and any that were behaved differently than is typical.


その結果を見て、ハーシーは、自分が問題の一端を担っているのではないかと憤慨した。
On reviewing the results, Hershey bristled at the implication that she was part of the problem.

結局のところ、クロコダイルレイクの誰も助けを提供しなかった間、彼女は猫の数を減らすためにたゆまぬ努力をして20年を過ごしました。
After all, she had spent two decades working tirelessly to reduce cat numbers while no one at Crocodile Lake offered help.

「正直なところ、これ以上何ができるかわかりませんでした」と彼女は言います。
“I honestly didn’t know what more we could do,” she says.

コーヴは戦術を切り替えました。
Cove switched tactics.


彼は、TNRに伴う個体数の減少は、ウッドラットのような脆弱な種を救うにはまだ遅すぎるということを示したかったのです。
He wanted to show that the population decline that comes with TNR is still too slow to save vulnerable species such as the woodrat.

マラが説明するように、「猫を環境に戻すと、殺し続けるでしょう。」
As Marra explains, “If you put a cat back in the environment, it’s going to keep killing.”

コーヴが野生生物保護区で発見された猫の毛皮を分析したところ、猫はほとんどが市販のペットフードや生ゴミなど、人間が提供した餌を食べており、野生生物を食べているのはごく一部であることがわかりました。
When Cove analyzed cat fur found in the wildlife refuge, he learned that the cats almost exclusively ate food provided by humans, including commercial pet food and garbage scraps—only a small percentage consumed wildlife.

しかし、それは彼らがウッドラットを狩ったり殺したりするのを止めませんでした。
But that did not stop them from hunting and killing woodrats.


コーヴの発見は、2014年と2015年にジョージア州のジキル島で地元の猫の狩猟習慣を追跡したジョージア大学の生態学者ソニアヘルナンデスの研究によって裏付けられました。
Cove’s finding was supported by the work of University of Georgia ecologist Sonia Hernandez, who tracked the hunting habits of local cats on Georgia’s Jekyll Island in 2014 and 2015.

ヘルナンデスは、ORCATのように、毎日餌を与えられている31匹の野良猫に首輪に取り付けられたKittyCamsを配置しました。
Hernandez placed collar-mounted KittyCams on 31 feral cats that, like ORCAT’s, were fed daily.

KittyCamsからの証拠は、18匹の猫が成功したハンターであり、1日平均6.15匹の殺害をしたことを示しました。
Evidence from the KittyCams showed that 18 of the cats were successful hunters, with an average of 6.15 kills a day.

しかし、猫は獲物のすべてを食べたわけではありません。
The cats, however, did not eat all of their prey.

猫は残酷で血に飢えているからではなく、単に猫であるという理由で狩りをします。
Cats hunt not because they are cruel or bloodthirsty, Marra explains, but simply because they are cats.


最終的にコーヴは感情に訴えました。
Ultimately Cove appealed to emotions.

研究中、彼は猫の行動を監視するために、ウッドラットの巣の近くにモーショントリガーカメラを設置することがよくありました。
During his research, he had often set up motion-triggered cameras near woodrat nests to monitor cats in action.

コーヴは、巣に登っている猫のいくつかの例を捕らえました。これは、ORCATの動物が避難所で活動していたことの証拠です。
Cove captured several instances of cats climbing on the nests, proof that ORCAT’s animals were active in the refuge.

2014年に、彼はマネーショットを取得しました。口の中に足を引きずるウッドラットを持った猫の写真です。
In 2014 he got his money shot: a photograph of a cat with a limp woodrat in its mouth.



協力的な取り組み
A cooperative effort

ハーシーの拒絶反応を打ち破ったのは、コーヴの映像だった。
Cove’s footage helped to break through Hershey’s denial.

たとえ自然保護団体が彼女の仕事に価値を見いだせなくても、彼女はその画像が憂慮すべきものであることを認めざるを得なかった。
Even if conservationists did not consider her work worthwhile, she had to admit the image was alarming.

多くの愛猫家が同じような反応を示すと、オーストラリアのアデレード大学で社会生態学の博士課程に在籍するブルック・ディークは説明します。
Many cat lovers have a similar response, explains Brooke Deak, a socioecology Ph.D. student at the University of Adelaide in Australia.

彼女は、オーデュボン協会のメンバーが屋外の猫を侵略的な殺人者と見なす傾向があるのに対し、TNRの実践者は、家を共有するふわふわの友人と同じ動物を見ていることを示す2013年の研究を指摘しています。
She points to a 2013 study showing that Audubon Society members tend to view outdoor cats as invasive killers, whereas TNR practitioners see the same animals as the fluffy friends that share their homes.


ハーシーには、万能薬とされているTNRを見直す動機が他にもあった。
Hershey had other incentives to rethink TNR as a panacea.

ウッドラット繁殖プログラムが失敗した直後、クロコダイルレイクの当局者は、避難所で見つかった猫を捕獲して駆除する権限を初めて与える侵入種管理計画を発表しました。
Shortly after the failure of the woodrat-breeding program, officials at Crocodile Lake announced an invasive-species management plan that would, for the first time, empower them to trap and remove any cats found on the refuge.

一部はオーシャン・リーフに戻され、その他は動物管理に送られ、そこで飼い主と再会したり、養子縁組したり、人道的に安楽死させたりすることができます。
Some would be returned to Ocean Reef, and others would be delivered to animal control, where they could be reunited with owners, adopted, or humanely euthanized.

このプログラムは猫だけを対象としたものではなく、エバーグレーズを占領してウッドラットや猫を捕食する外来種のビルマニシキヘビの管理も目的としていた。
The program was not just aimed at cats: it was also intended to manage invasive Burmese pythons, which had taken over the Everglades and prey on woodrats and cats alike.

当然のことながら、猫愛好家の長年にわたる保護活動家への不信感から、猫を無差別に殺す計画が青信号になるのではないかと心配するようになりました。
Reasonable as it might sound, cat lovers’ long-standing distrust of conservationists led them to worry that the plan amounted to a green light for indiscriminate killing of cats.

猫の安全を恐れて、オーシャン・リーフの住人は15,000ドルを寄付しました。これは、ORCATが500平方フィートの屋内と屋外の囲いを構築して、高齢者、病気、その他の脆弱な野生動物を保護できるようにするためです。
Fearing for the cats’ safety, an Ocean Reef resident donated $15,000 so that ORCAT could build a 500-square-foot indoor-outdoor enclosure to protect elderly, sick and otherwise vulnerable ferals.

2016年、ORCATチームは、オーシャンリーフで猫を殺菌するだけでなく、猫を閉じ込めておくための罠の設置を開始しました。
In 2016 the ORCAT team began setting traps not just to sterilize cats at Ocean Reef but also to keep them contained.

批判的に言えば、ハーシーは、野生動物保護区で発見された彼らの猫を敷地内に戻すのではなく、戻ってきたら新しい囲いの中で永久に飼うというコーヴの嘆願を受け入れたのである。
Critically, Hershey acquiesced to Cove’s pleas that any of their cats found in the wildlife refuge be kept permanently in the new enclosure on return rather than being released back onto the property.

現在、ノースカロライナ自然科学博物館の学芸員であるコーヴは、オーシャンリーフではいまだにTNRが行われており、約220匹の猫が放し飼いにされていることを嫌っている。
Cove, who is now a curator at the North Carolina Museum of Natural Science, dislikes that TNR is still used at Ocean Reef: about 220 cats there roam free.

「野良猫は、自然地域から3マイル以内に立ち入ることはできません」と彼は言います。
“Feral cats should not be allowed within three miles of any natural area,” he says.

しかし、ハーシーの最近の取り組みは、野良猫をなくすことはできなくても、その数を減らすことはできたと、コーヴはやんわりと認めている。
But Cove grudgingly admits that Hershey’s recent efforts did reduce the number of feral cats even if they did not eliminate them.

2019年に『保全生態学』誌に掲載された研究で、コーヴは、多方面からのアプローチによってクロコダイル・レイクから猫が永久的に除去されると、ウッドラットの分布が増加したことを報告した。
In work published in 2019 in Biological Conservation, Cove reported that as cats were permanently removed from Crocodile Lake through a multipronged approach, the woodrats’ distribution increased.

避難所に活発な居住者がいるウッドラットの巣の割合は、わずか2年で37%から54%に増加しました。
The percentage of woodrat nest sites with active occupants in the refuge increased from 37 to 54 percent in just two years.


コーヴの研究は小規模なものでしたが、絶滅危惧種のために野良猫の個体数をコントロールするという、科学的に厳密な試みが初めて文書化されたものでした。
Cove’s study was small, but it was the first documented, scientifically rigorous attempt to control a feral cat population in the service of an endangered species.

それは猫を永久に取り除く必要があるという証拠を提供しますが、コミュニティの協力により、猫を大量に虐殺することなくそれを達成することができます。
It provides evidence that it is necessary to remove cats permanently but that with community collaboration, it can be accomplished without the wholesale slaughter of cats.

現在、他のグループはデータ中心のアプローチを取っています。
Now other groups are taking a data-centric approach.

ワシントンD.C.とオレゴン州ポートランドのプロジェクトでは、屋外にいる猫の数を正確に数えようとしています。また、ポートランド・オーデュボンとオレゴン州のFeral Cat Coalitionのコラボレーションでは、ヘイデン島での猫対策の効果を追跡しています。
Projects in Washington, D.C., and in Portland, Ore., are seeking to provide an accurate count of outdoor cats, and a collaboration between Portland Audubon and the Feral Cat Coalition of Oregon is tracking the efficacy of cat-control methods on Hayden Island.

ディークによると、猫対策の正確な方法は常に各地域に合わせてカスタマイズされるとのことですが、キーラーゴでのコーヴの活動はその青写真を提供してくれます。
The exact method of cat control will always be customized to each area, Deak says, but Cove’s work in Key Largo provides a blueprint.


家の修繕
Home Improvement

クロコダイルレイク国立野生生物保護区での野良猫の侵入を減らすことは重要な第一歩でしたが、ウッドラットの個体数はまだ安全とは言えません。
Although reducing feral cats’ incursions at Crocodile Lake National Wildlife Refuge was an important first step, the woodrat population is still far from secure.

昨年11月、コーヴはノースカロライナ州から駆けつけ、新しいシリーズの研究の準備を始めました。
Last November, Cove flew down from North Carolina to start prepping for a new series of studies.

どのような方法をとったとしても、放し飼いにされている猫をすべて駆除することはできないため、コーヴは、猫やその他の外来種からネズミを守るために、人間が介入する別の方法がないかどうかを調査しています。
With no way to remove all free-roaming cats, regardless of the approach taken, Cove is investigating whether additional methods of human intervention could help protect the beleaguered rodent from cats and other invasive species.


ウッドラットは、密集した下草の庭を横切って何千もの棒を引きずることによって巨大な巣を作ります。
Woodrats build giant nests by dragging thousands of sticks across yards of dense undergrowth.

これらの構造物は、高さ4フィート、幅8フィート以上にもなり、子供部屋、トイレ、食料貯蔵室、サンクチュアリの役割を果たします。
These structures—which can stand up to four feet high and stretch to more than eight feet across—serve as nursery, toilet, pantry and sanctuary.

しかし、工事中にウッドラットが発する音は、近くにいる猫にとっては発信装置のような役割を果たします。
But the racket the woodrats create during construction can act as a homing beacon for nearby cats.

2000年代半ば、デゲイナーと彼の兄弟は、ウッドラットに人工の巣を提供することでこの問題を解決しようとしました。
In the mid-2000s DeGayner and his brother tried to solve this problem by providing the woodrats with artificial nests.

兄弟が猫の脅威を排除できなかった場合、少なくともその影響の一部を軽減するのに役立つ可能性があります。
If the brothers could not eliminate the cat threat, they could at least help mitigate some of its impact.

彼らは廃棄されたジェットスキーの内部を取り除き、船体を既製の生息地として再利用しました。
They removed the innards of a discarded Jet Ski, repurposing the hull as a ready-made habitat.

ウッドラットはほとんどすぐに移動し、時間の経過とともに棒で構造を補強しました。
Woodrats moved in almost immediately, augmenting the structure with sticks over time.

兄弟たちは熱心にもっと多くの船を集めました。
The brothers eagerly collected more watercraft.


絶滅危惧種への人間の援助は、保護において一般的です。
Human assistance to endangered species is common in conservation.

コーヴは、これらの城を模した建物が、ウッドラットが猫の餌になる可能性にどのような影響を与えるかを知りたいのです。
Cove wants to see how these faux châteaus affect woodrats’ chances of becoming a cat’s dinner.

この研究は、野良猫から脆弱な動物集団を保護することを目的とする他の保護活動家に貴重な情報を提供する可能性があります。
The study could provide valuable information to other conservationists who aim to protect vulnerable animal populations from feral cats.

11月の寒い朝、コーヴとデゲイナーは、クロコダイル湖を二分する2車線の高速道路を巡航し、チェックする巣の場所のリストを用意しました。
On a cold November morning Cove and DeGayner cruised the two-lane highway that bisects Crocodile Lake, armed with a list of nest sites to check.


最初の巣は427個でした
First up was nest 427.

多世代のウッドラットの家は、交通量の多い道路からわずか数百メートルのところにありますが、敷地はほとんど侵入できない緑の壁に隠れていて、交通量の多い道路の音を飲み込んでいます。
The multigeneration woodrat home is just a few hundred yards from a busy road, but the site is hidden in a nearly impenetrable wall of green that swallows any traffic sounds.

このウッドラットの家族は、デゲイナー兄弟が10年以上前に引きずっていた遺棄されたSea-Dooの船体の周りに家を建てました。
This family of woodrats built its home around the hull of a derelict Sea-Doo that the DeGayner brothers had dragged in more than a decade earlier.

ウッドラットはカタツムリの殻、シャーピーの帽子、バンジーコードでそれを飾りました。
The woodrats decorated it with snail shells, Sharpie caps and bungee cords.

コーヴは、427個の巣の入り口が葉や蜘蛛の巣から一掃されたことを知ったとき(中にウッドラットがいたことの明らかな兆候)、デゲイナーに親指を立てました。
When Cove saw that the entrance to nest 427 had been swept clear of leaves and cobwebs—a clear sign that there were woodrats inside—he gave DeGayner a thumbs-up.

「これはいいね」と彼は言った。
“This one’s good,” he said.

次の数時間にわたって、デュオはこのプロセスを20回以上繰り返し、時には生命の兆候を祝い、時には空の船体を嘆きました。
Over the next several hours the duo repeated this process upward of 20 times, sometimes celebrating signs of life, sometimes lamenting empty hulls.

コーヴは、高速道路を急いで通り過ぎる交通からわずか数フィートの日陰に身をかがめ、ごちゃ混ぜにされた棒の山を指さしました。これは、彼が以前に見たことのない新しい巣です。
Crouching down in the shade just a few feet from the traffic rushing past on the highway, Cove pointed to a jumbled heap of sticks—a new nest he had not seen before.

「それほど多くはありません」と彼は言いました。「しかし、それはそこにあります。」
“It’s not much,” he said, “but it’s there.




スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2203-a9f4c0a6

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>