Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |猫好きの皆さん、ごめんなさい。TNRは効果がありません。takepart 2014/4/1
fc2ブログ

Entries

猫好きの皆さん、ごめんなさい。TNRは効果がありません。takepart 2014/4/1

En:(grammar)


猫好きの皆さん、ごめんなさい。TNRは効果がありません。
Sorry, Cat Lovers: Trap-Neuter-Return Simply Doesn't Work
http://www.takepart.com/article/2014/03/31/sorry-cat-lovers-trap-neuter-release-flat-out-doesnt-work

takepart 2014/4/1









動物福祉の擁護者が動物を殺すことに真に反対している場合、そして彼らが公衆衛生を保護することを信じている場合、彼らはTNRに反対する必要があります。
If animal welfare advocates are genuinely against killing animals—and if they believe in protecting public health—they need to be against TNR.

さまざまな推定によると、2000万から1億匹の野良猫が米国を歩き回っています。
Various estimates say that anywhere from 20 million to 100 million feral cats roam the United States.

自由に歩き回ることができるペットの猫と一緒に、彼らは毎年何十億もの鳥、哺乳類、および他の動物を殺します。
Together with pet cats that are allowed to wander free, they kill billions of birds, mammals, and other animals every year.

この急速に悪化する問題に対処する必要性について書くたびに、特定の読者は、「トラップ・ニューター・リターン」または「トラップ・ニューター・リリース」を表すTNRと呼ばれる方法について議論します。
Every time I write about the need to deal with this rapidly worsening problem, certain readers argue for a method called TNR, which stands for “trap-neuter-return,” or sometimes “trap-neuter-release.”

では、どのような仕組みになっているのかを見てみましょう。
So let’s take a look at how it might work.

TNRは、猫の避難所が不要な猫を安楽死させる必要がなくなったことを意味するため、多くの動物福祉団体にとって非常に魅力的なアイデアです。
TNR is an idea with enormous appeal for many animal welfare organizations, because it means cat shelters no longer have to euthanize unwanted cats:

彼らはただ猫たちを去勢手術と予防接種をして、世界に送り出すのです。
They just neuter and immunize them, then ship them back out into the world.

養子縁組が決まるまでの間、動物に餌を与えたり、世話をしたりする費用がかかるのはもちろんのこと、動物を安楽死させるという憂き目に遭わないようにするための方法です。
It’s a way to avoid the deeply dispiriting business of putting animals down, not to mention the expense of feeding and caring for the animals during the usual waiting period for a possible adoption.

また、アニマル・シェルターは、寄付者に対してより幸せな顔をすることができます。
And it enables animal shelters to put on a happier face for donors:

"私たちはシェルターであって、屠殺場ではない"
“We’re a shelter, not a slaughterhouse.”

TNRを支持する人たちは、この方法が有効であることを示す証拠として、いくつかの研究を挙げています。
TNR advocates generally cite a handful of studies as evidence that this method works.

その中でも、2003年に行われた研究では、セントラルフロリダ大学がTNRによってオーランド・キャンパス内の野良猫の数を66%減らすことができたと支持者が述べています。
The pick of the litter is a 2003 study that supporters say shows TNR enabled the University of Central Florida to reduce the feral cat population on its Orlando campus by 66 percent.

しかし、よくよく調べてみると、集中的な養子縁組プログラムによって猫の47%が取り除かれ、さらに11%が安楽死させられ、少なくともさらに6%が自動車に轢かれたり、キャンパス外の近くの森に移動させられたりしていた。
On closer examination, though, what that study showed was that 47 percent of the cat population was removed through an intensive adoption program, another 11 percent was euthanized, and at least another 6 percent was killed by automobiles or moved off campus to nearby woods.

TNR自体は、11年間かけてほとんど何も成し遂げていないように見える。
TNR itself appears to have accomplished almost nothing—and it took 11 years to do it.


この研究の筆頭著者であるジュリー・K・レヴィーは、メールで、養子縁組はTNRプログラムの一般的な要素であると教えてくれました。
By email, the lead author of that study, Julie K. Levy, told me that adoption is a common component of TNR programs.

彼女は加えて、「猫の駆除がなかったらどうなっていたのか、数えきれないほどの変数を導入することになるので、私は推測したくない」とも述べています。
She added, “I’d hate to speculate about what the outcome would have been without some cat removal, as that introduces a lot of uncountable variables.”

しかし、TNRの提唱者であるレヴィーは、その後、カリフォルニア州サンディエゴ郡とフロリダ州アラチュア郡の2つの大規模なTNRプログラムで、まさにこの疑問を検証したチームの一員でした。
But Levy, who remains a TNR advocate, was part of a team that subsequently examined just that question in two large-scale TNR programs in San Diego County, Calif., and Alachua County, Fla.

彼女と共著者は、TNRのみによる「野良猫全体数の影響」は「最小限」であるとしています。
She and her coauthors found that “any population-level effects” from TNR alone “were minimal.”


共同執筆者らは、野良猫の71〜94%を去勢していればプログラムは効果的だったかもしれないが、その割合は「実際に達成されたものよりもはるかに大きい」と指摘している。
The programs might have been effective, the coauthors suggested, if they had neutered 71 to 94 percent of all feral cats, but that rate is “far greater than what was actually achieved.”

実際には、ほとんどのTNRプログラムが達成するよりもはるかに大きな効果があります。
It is, in fact, far greater than almost any TNR program ever achieves,

というのも、レヴィーが最近書いたように、「放し飼いにされている猫を捕獲し、不妊手術のために中央の施設に運び、捕獲場所に戻すというのは、資源集約的な活動」であり、「継続するのは難しい」からだ。
because, as Levy has written more recently, “capturing free-roaming cats, transporting them to a central facility for sterilization, and returning them to the trapping site are resource-intensive activities” and “challenging to sustain.”


TNRの提唱者は、ローマの103の猫コロニーに対する大規模なプログラムをよく引用します。
TNR advocates also frequently cite a large-scale program on 103 cat colonies in Rome.

捕獲や去勢手術によって、55の猫コロニーの個体数が減少したのに対し、他の48のコロニーは個体数が増加したか、または変わらなかった。
Trapping and neutering decreased the populations of 55 cat colonies there, while the other 48 colonies either gained population or stayed the same.

その研究の著者は、猫を捨てるのを止めるための公共教育キャンペーンがない場合、「これらの努力はすべて」「お金、時間、エネルギーの無駄」であると結論づけています。
The authors of that study concluded that, in the absence of a public education campaign to stop people from abandoning cats, “all these efforts” are “a waste of money, time and energy.”


しかし、TNRの支持者は、ほとんど宗教的な信念を裏付けることができるという魔法のような信念を持って、同じ証拠を宣伝し続ける。
Yet TNR proponents just go on touting the same evidence, with an almost magical faith that it will somehow turn out to support their almost religious beliefs.

これは、ペットの死を目の当たりにしたことのある人であれば、それがどれほど精神的に大きな負担になるかを知っているからだと思います。
They do this, I think, because anyone who has seen a pet die knows how emotionally devastating it can be.

私はこれまでに2回、ペットを動物病院に連れて行って、俗に言う「安楽死」をしたことがあります。
Twice in my life, I’ve been the person who delivered a pet to the veterinarian to be, as the euphemism has it, “put to sleep.”

それらは私の人生で最悪の日にランクされています。
They rank among the worst days of my life.

しかし、どちらの死も、私の膝の上で寝てしまっただけの、痛みのない素早い死でしたし、どちらの場合も、病気や障害を抱えたまま生き続けるよりも、動物にとっては限りなく良いことでした。
But both deaths were quick and painless, a matter of falling asleep on my lap, and in both those cases it was infinitely better for the animal than to go on living with disease and impairment.


それが、TNRの支持者が拒否する選択です。
That’s the choice TNR advocates refuse to make.

彼らは、安楽死から救われた個々の猫だけを見て、その猫自身や他の人々が被る結果を故意に無視しているのです。
They see only the individual cat saved from euthanasia and willfully blind themselves to the consequences for the cat itself and for everyone else.

例えば、ローマでの研究を成功例として挙げているが、イタリアには狂犬病がないことを忘れている。
When they cite the Rome study as a success story, for instance, they neglect to note that Italy doesn’t have rabies.

一方、この国(アメリカ)では、狂犬病予防のために年間3億ドルの費用がかかり、4万人が噛まれたり引っかかれたりして治療を受けなければなりません。
In this country, on the other hand, rabies prevention efforts cost $300 million a year, and 40,000 people must receive treatment after being bitten or scratched.

猫は犬に比べて狂犬病にかかる確率が3〜4倍高いのですが、TNRプログラムではどうしてもかなりの割合の野良猫が何年も治療されずに路上に放置され、狂犬病の問題や猫と人間の両方の数多くの病気を悪化させることになります。
Cats are three to four times more likely than dogs to have rabies, and yet TNR programs inevitably leave a significant percentage of feral cats on the street, untreated, for years at a time, aggravating the rabies problem and numerous other diseases of both cats and humans.

公衆衛生への脅威から、ほとんどの地域では、個人が家の中でも動物を溜め込むことを禁止する法律が制定されています。
Because of the threat to public health, most communities have laws preventing individuals from hoarding animals even in the privacy of their homes.

しかし、猫が媒介する病気に関する最近のある論文の著者が言うように、TNRは「基本的に壁のないアニマル(猫)ホーダーである」である。
But as the authors of one recent article on cat-borne diseases put it, TNR “is essentially cat hoarding without walls.”

TNRプログラムの猫たちも殺戮を繰り返している。
The cats in TNR programs also go on killing.

1匹の猫が1年に30羽の鳥を殺し、地域のTNRプログラムでは100匹の猫が生息しているとします。
Let’s say each cat kills 30 birds a year, and the local TNR program has a population of 100 cats.

このプログラムは、10年間で3万もの不必要な死を招いたのです。
Over a 10-year period, that program has made itself an accessory to 30,000 unnecessary deaths.

(はい、野良猫の総数が変わらないことを前提にしています。
(Yes, I’m assuming that the population stays the same.

TNRプログラムの多くは、「猫の個体数を安定させること」を明確に目的としているからです。
That’s because a lot of TNR programs explicitly aim “to maintain stable cat populations.”)

TNRの支持者は、猫の死を個々の悲劇と見なしています。
TNR advocates see the cat deaths as individual tragedies.

しかし、鳥はどういうわけか、個体群または種として死ぬだけです。
But birds somehow just die as populations, or species.

猫は私たちの目の届かないところで、私たちが直接介入することなく殺しを行うので、人々は他の死が同じように個々の死であり、猫は楽しいことが好きなので、はるかに残酷な死であることに気づかない。
Because the cats do their killing out of our sight, and without our direct intervention, people fail to see that those other deaths are equally individual, and—because cats like to have their fun—far more cruel.


そんな中でも、TNRは人気を集め続けています。
Despite all this, TNR continues to gain popularity.

次は貴方の地域社会に現れるかもしれません。
It could well show up next in your community.

政治家は殺処分に反対しているように聞こえるので、「動物福祉」の定義を極端に狭くしているTNR支持者にとっては格好のターゲットになります。
Politicians like how it sounds to be against killing, so they are easy targets for TNR advocates driven by an extremely narrow definition of “animal welfare.”

動物を殺すことに純粋に反対し、公衆衛生を守ることを信じるならば、TNRに反対する必要があることを、地域のリーダーたちに伝えるために立ち上がる準備をしてください。
Be prepared to stand up and remind community leaders that if they are genuinely against killing animals—and if they believe in protecting public health—they need to be against TNR.


スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2202-e7374aa5

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
15位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>