Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |女性におけるトキソプラズマ感染症と自発的暴力 JAMA Psychiatry 2012
FC2ブログ

Entries

女性におけるトキソプラズマ感染症と自発的暴力 JAMA Psychiatry 2012

En:(grammar)



女性におけるトキソプラズマ感染症と自発的暴力
Toxoplasma gondii Infection and Self-directed Violence in Mothers

JAMA Psychiatry 2012
https://jamanetwork.com/journals/jamapsychiatry/fullarticle/1206779










概要
Abstract

コンテキスト臨床サンプルに基づく2つの研究により、トキソプラズマ感染と自殺未遂の病歴との間に関連性が見出されました。 私たちの知る限り、これらの発見は前向き[コホート研究]で再現されたことはありません。
[コホート研究:疾病の要因と発症の関連を調べるための観察的研究の手法の一つ。要因対照研究、前向き研究とも言われる
。]
Context Two studies based on clinical samples have found an association between Toxoplasma gondii infection and history of suicide attempt. To our knowledge, these findings have never been replicated in a prospective cohort study.


目的:トキソプラズマに感染した母親が自殺未遂、自殺未遂、自殺のリスクが高いかどうか、およびリスクがトキソプラズマIgG抗体のレベルに依存するかどうかを調べること。
Objective To examine whether T gondii– infected mothers have an increased risk of self-directed violence, violent suicide attempts, and suicide and whether the risk depends on the level of T gondii IgG antibodies.

デザインレジスターベースの前向きコホート研究。
Design Register-based prospective cohort study.

女性は、1992年から1995年までの出産日から2006年まで追跡された。
Women were followed up from the date of delivery, 1992 to 1995 until 2006.


デンマークにて
Setting Denmark.

参加者はデンマークで生まれた45,788人の女性のコホートで、1992年から1995年の出産に関連してトキソプラズマ特異的IgG抗体のレベルが測定されました。
Participants A cohort of 45 788 women born in Denmark whose level of Toxoplasma -specific IgG antibodies was measured in connection with child birth between 1992 and 1995.

主な結果の測定トキソプラズマの血清陽性および血清強度に関連した、自殺未遂、暴力的な自殺未遂、および自殺の発生率。
Main Outcome Measures Incidence rates of self-directed violence, violent suicide attempts, and suicide in relation to T gondii seropositivity and serointensity.

結果トキソプラズマに感染した母親は、感染していない母親と比較して、1.53(95%CI、1.27-1.85)の自発的暴力の相対リスクがあり、IgG抗体レベルの増加とともにリスクが増加するようでした。
Results T gondii– infected mothers had a relative risk of self-directed violence of 1.53 (95% CI, 1.27-1.85) compared with noninfected mothers, and the risk seemed to increase with increasing IgG antibody level.

暴力的な自殺未遂の場合、相対リスクは1.81(95%CI、1.13-2.84)であり、自殺の場合、2.05(95%CI、0.78-5.20)でした。
For violent suicide attempts, the relative risk was 1.81 (95% CI, 1.13-2.84) and for suicide, 2.05 (95% CI, 0.78-5.20).

自主的な暴力の繰り返しについても同様の関連性が見られ、相対リスクは1.54(95%CI、0.98-2.39)でした。
A similar association was found for repetition of self-directed violence, with a relative risk of 1.54 (95% CI, 0.98-2.39).

結論トキソプラズマ感染症の女性は、自主的な暴力のリスクが高くなります。
Conclusion Women with a T gondii infection have an increased risk of self-directed violence.



自殺は精神疾患の悲劇的な多因子的結果であり、複雑な生物心理社会的基盤があり、毎年世界中で約100万人の早死に至り、10万人あたりの平均年間死亡率は14.5人です。
Suicide is a tragic multifactorial outcome of mental illness, with complex biopsychosocial underpinning, leading to premature death of about 1 million individuals around the world each year, with an average annual mortality of 14.5 per 100 000 people,

事実上、40秒ごとに1人の死亡、全死亡の1.5%。1,2自殺未遂ごとに、10〜20人が自殺を試み、世界中で約1,000万人が自殺を試みていると推定されています。
in effect 1 death every 40 seconds and 1.5% of all death.1,2 For every suicide death, 10 to 20 persons are estimated to attempt suicide, with approximately 10 million people attempting suicide worldwide.

トキソプラズマは、世界中の約3分の1の人々に影響を与える広範な神経向性原虫寄生虫であり、免疫抗寄生虫反応の妥当性に応じて、症状はゼロから最小、まれに重度までさまざまです。
Toxoplasma gondii is a widespread neurotropic protozoan parasite affecting approximately one-third of people worldwide, with symptoms ranging from none to minimal in the most common cases, to severe in rare cases, depending on the adequacy of the immune antiparasitic response.

母親が妊娠中に一次感染し、その感染を胎児に感染させた場合、比較的まれですが壊滅的な先天性感染が発生します。 ネコ科動物はトキソプラズマの決定的な宿主として特定されており、寄生虫は猫の腸内で性的に増殖し、オーシストを広げます。
A relatively rare but devastating congenital infection occurs if the mother has a primary infection during pregnancy and passes the infection to the fetus. Felids have been identified as definitive hosts of T gondii, with the parasite multiplying sexually in the cats' gut and spreading oocysts.

人間は、感染した猫の糞便から広がる卵嚢胞の摂取(例えば、汚染された砂場や未洗浄の野菜の摂取)、トキソプラズマ原虫嚢胞がはびこっている加熱が不十分な肉を食べることや、感染した肉を切るために使用されるナイフを使用して野菜をさらに切る事、そして時々、汚染された水源から水を飲む事により感染する。
Humans are infected by ingestion of oocysts spread from feces of infected cats (eg, contaminated sandbox and ingestion of unwashed vegetables), eating undercooked meat infested with T gondii cysts, using knives used to cut infested meat to further cut vegetables, and, occasionally, drinking water from a contaminated water source.

人間を含むさまざまな中間宿主による寄生虫の摂取は、腸から臓器、主に筋肉や脳への生物の拡散につながります。
The ingestion of the parasite by various intermediate hosts, including humans, leads to the spread of the organism from the intestine to organs, predominantly muscles and the brain.

そこでは、免疫系からの圧力の下で、寄生虫はニューロンとグリア細胞内の嚢胞構造に隠れ、免疫系の媒介物への曝露は最小限に抑えられますが、それを封じ込めることはできますが、根絶することはできません。
There, under pressure from the immune system, the parasite hides within neurons and glial cells, in cystic structures, with minimal exposure to mediators of the immune system that succeed to contain but cannot eradicate it.

構造的に、げっ歯類に関する以前の報告は、トキソプラズマが扁桃体や前頭前野、感情的および行動的調節において主導的な役割を果たす領域を含む複数の脳構造に局在することを示しています。
Structurally, previous reports on rodents have demonstrated that T gondii localizes in multiple brain structures, including the amygdala and the prefrontal cortex, areas that take a leading role in emotional and behavioral regulation.

トキソプラズマは、人間の行動、感情、および認知の異常に関係しており、統合失調症と一貫して関連していることがわかっています。
T gondii has been implicated in behavioral, affective, and cognitive abnormalities in humans and has been found consistently associated with schizophrenia.

現在の研究コホートでは、IgG抗体のレベルが高い女性は、統合失調症スペクトラム障害を発症するリスクが大幅に高いことを以前に発見しました。
In the current study cohort, we previously found that women with a high level of IgG antibodies had a significantly elevated risk of developing schizophrenia spectrum disorders.

トキソプラズマ原虫が優先的に占めるこれらの領域は、自殺の犠牲者に顕著な組織病理学的変化を示す領域の1つであるため、トキソプラズマ原虫感染が感情的および行動的変調を混乱させ、自殺のリスクを高める可能性があります。
Because these areas, occupied preferentially by T gondii, are among areas that show prominent histopathological changes in suicide victims, it is plausible that T gondii infection disrupts affective and behavioral modulation and thus elevates risk of suicide.



トキソプラズマ原虫感染と自殺的暴力との関係は、私たちの1人(TTP)が率いるグループによって最初に報告されました。このグループは、自殺未遂の気分障害の患者で、 自殺未遂と健康管理を試みなかった気分障害。
A relationship between T gondii infection and suicidal self-directed violence was first reported by the group led by one of us (T.T.P.), who found greater titers of T gondii IgG antibodies in patients with mood disorders who attempted suicide as compared with both patients with mood disorders who did not attempt suicide and healthy controls.

同じグループの最近の研究では、今回は統合失調症患者のより多くのサンプルで、若い患者(統合失調症の自殺の相対リスクが特に高い年齢層)におけるトキソプラズマ原虫感染と自殺的暴力との間に有意な関係があることが確認されました。 症状の重症度や抗精神病薬の投与量とは無関係です。
A recent study of the same group, this time in a larger sample of schizophrenic patients, confirmed a significant relationship between T gondii infection and suicidal self-directed violence in younger patients (age groups with a particularly increased relative risk for suicide in schizophrenia), independent of symptom severity or antipsychotic dosage.

これらの研究の限界は、自殺未遂がトキソプラズマ抗体の検査に先行することでした。
A limitation of these studies was that suicide attempts preceded testing for T gondii antibodies.

我々は今、トキソプラズマ原虫感染の新生児スクリーニングの人口ベースのデンマークの研究に含まれる女性における出産時のトキソプラズマ原虫IgG抗体レベルによるその後の自主的暴力と繰り返される自主的暴力の予測を調査した。
We now investigated the prediction of subsequent self-directed violence and repeated self-directed violence by T gondii IgG antibody level at the time of delivery in women included in a population-based Danish study of neonatal screening for T gondii infection.

また、暴力的な自殺未遂と自殺を別々の結果として分析しました。
We also analyzed violent suicide attempts and suicides as separate outcomes.






ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2169-c9a83238

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
17位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>