Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |栄養の付加:猫とネズミの都市環境における相互作用 PLOS ONE 2009/6/3
FC2ブログ

Entries

栄養の付加:猫とネズミの都市環境における相互作用 PLOS ONE 2009/6/3

En:(grammar)


栄養の付加:猫とネズミの都市環境における相互作用
Trophic Garnishes: Cat–Rat Interactions in an Urban Environment

PLOS ONE 2009/6/3
https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0005794

「野良猫や放し飼猫は、ネズミ駆除には効果がない」という学術論文
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-316.html

「野良猫や放し飼猫は、ネズミ駆除には効果がない」~深まる京子アルシャー獣医師の経歴に対する疑惑
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-317.html










概要
Abstract

背景
Background

コミュニティの相互作用は、直感に反する応答を伴う複雑なダイナミクスを生み出す可能性があります。
Community interactions can produce complex dynamics with counterintuitive responses.

シナントロープコミュニティのメンバーは、生物多様性と公衆衛生への影響について、実際的な関心が高まっています。
Synanthropic community members are of increasing practical interest for their effects on biodiversity and public health.

外来種を組み込んだほとんどの研究は、それらが在来の動物相にリスクをもたらす可能性のある島で行われています。
Most studies incorporating introduced species have been performed on islands where they may pose a risk to the native fauna.

それらが種の大部分を代表する都市環境でのそれらの相互作用を調べたものはほとんどありません。
Few have examined their interactions in urban environments where they represent the majority of species.

野生のドブネズミ(Rattus norvegicus)に対する飼い猫(Felis catus)の捕食と、モデルシステムとしての都市部におけるその個体群の影響を特徴づけました。
We characterized house cat (Felis catus) predation on wild Norway rats (Rattus norvegicus), and its population effects in an urban area as a model system.

個体群動態に影響を与える可能性のある捕食の3つの側面を調べた。捕食者によって殺された被食者集団の層、捕食の強さ、および捕食者集団のサイズ。
Three aspects of predation likely to influence population dynamics were examined; the stratum of the prey population killed by predators, the intensity of the predation, and the size of the predator population.



方法論/主な調査結果
Methodology/Principal Findings

捕食圧は、ネズミとネコの個体数の大きさ、および20の路地で殺されたネズミの特徴から推定されました。
[捕食圧:ある生物群に対する、捕食者による捕食がおよぼす作用。 個体数の増減に関わるほか、ある形質をもつ生物個体に対する選択圧の一としてはたらく。]
Predation pressure was estimated from the sizes of the rat and cat populations, and the characteristics of rats killed in 20 alleys.

摂動に対するラット集団の短期および長期の応答を、除去トラッピングによって調べた。
Short and long term responses of rat population to perturbations were examined by removal trapping.

摂動はラット/路地の平均56%を除去したが、ラット集団のサイズに長期的な悪影響はなかった(2年間で49.6±12.5ラット/路地および123.8±42.2ラット/路地)。
Perturbations removed an average of 56% of the rats/alley but had no negative long-term impact on the size of the rat population (49.6±12.5 rats/alley and 123.8±42.2 rats/alley over two years).

2年間の猫の個体数(3.5匹/路地および2.7匹/路地)のサイズも、ラットの個体数の摂動の影響を受けませんでした。
The sizes of the cat population during two years (3.5 animals/alley and 2.7 animals/alley) also were unaffected by rat population perturbations.

猫による捕食は9/20の路地で発生しました。
Predation by cats occurred in 9/20 alleys.

捕食されたラットは主に幼体であり、捕獲されたラット(385.0g±135.6g)よりも有意に小さかった(144.6g±17.8g)。
Predated rats were predominantly juveniles and significantly smaller (144.6 g±17.8 g) than the trapped rats (385.0 g±135.6 g).

猫がラットの個体数のより大きく、より古い部分を捕食することはめったにありません。
Cats rarely preyed on the larger, older portion of the rat population.


結論/重要性
Conclusions/Significance


ラットの個体数は、対象を絞った除去を使用した大幅な個体数の減少でさえ、摂動に対して回復力があるように見えます。
The rat population appears resilient to perturbation from even substantial population reduction using targeted removal.

この地域では、猫の個体数密度は比較的低く、ネズミの個体数をたまにしか捕食しません。
In this area there is a relatively low population density of cats and they only occasionally prey on the rat population.

この時折の捕食は、主にラット個体群の幼若な割合を取り除きます。
This occasional predation primarily removes the juvenile proportion of the rat population.

この都市生態系の頂点捕食者は、獲物の個体数のサイズにほとんど影響を与えないようであり、同様に、ラットの個体数の減少は猫の個体数のサイズに影響を与えません。
The top predator in this urban ecosystem appears to have little impact on the size of the prey population, and similarly, reduction in rat populations doesn't impact the size of the cat population.

ただし、小型ラットの選択されたターゲティングは、病原体の伝播パターンに影響を与える可能性のある集団のサイズ構造に局所的に影響を与える可能性があります。
However, the selected targeting of small rats may locally influence the size structure of the population which may have consequences for patterns of pathogen transmission.


前書き
Introduction


生態系における種間の間接的な相互作用の影響は、しばらくの間活発に研究されてきました。
The impacts of indirect interactions among species in ecosystems have been actively studied for some time e.g.

そして、捕食者がコミュニティの相互作用において果たす役割は、近年ますます注目を集めています。
and the role that predators play in community interactions has received increasing focus in recent year.

保全生物学における関心が高まっている一般的な問題は、生態系における頂点捕食者の間引きです。
A general problem of increasing concern in conservation biology is the decimation of apex predators in ecosystems.

捕食の歴史的レベルの減少または消失は、多くの生態学的プロセスに実質的なノックオン効果をもたらす可能性があります。
The reduction or disappearance of historical levels of predation could have substantial knock-on effects on many ecological processes.

これには、捕食者が、獲物集団を循環する直接感染病原体と媒介動物媒介病原体の両方の波及感染の影響を受ける可能性のあるヒト集団の健康を維持または改善する役割を果たす感染症のダイナミクスが含まれます。
This includes the dynamics of infectious disease in which predators play a role in maintaining or improving the health of human populations that can suffer the effects of spillover transmission of both directly transmitted and vector borne pathogens circulating in the prey populations.


大部分、この関心は、捕食者と被食者の相互作用が、相互作用する個体群間で空間的に不均一で直感に反する応答を生み出す可能性があるという観察によって正当化されます。
In large part this interest is justified by observations that predator-prey interactions can produce spatially heterogeneous and counter-intuitive responses among interacting populations.

たとえば、島に導入された飼い猫(Felis catus)による捕食は、在来の地上の営巣鳥や導入されたげっ歯類種に対する実質的な捕食を示し(Bonnaud et al 2007)、在来種を保護するために対象を絞った削減を実施する必要があるという提案につながります。
For example, predation by house cats (Felis catus) introduced onto islands indicate substantial predation on native ground nesting birds, as well as introduced rodent species (Bonnaud et al 2007), leading to proposals that targeted reductions should be implemented to protect native species.

しかし、マティアスとキャトリーは、鳥の個体数に対するF. catusの直接的な影響は、クマネズミなど、在来の鳥類相も捕食する他の種に対する捕食によって相殺される可能性があることを示唆しました。
However, Mathias and Catry suggested that the direct impacts of F. catus on bird populations may be offset by their predation on other species, such as Rattus rattus that also prey on the native avifauna.

島の個体群の実験的操作において、レイナーと同僚は、その効果が時間と場所に依存するまさにそのような結果を観察しました。
In experimental manipulations of island populations Raynor and colleagues observed just such an outcome whose effect depended on time and place.



捕食者-被食者-寄生虫システムでは、介入について同様の議論が提案されています。
In predator-prey-parasite systems similar arguments have been suggested for interventions.

初期の分析では、捕食の増加は感染した個体の寿命を縮め、さらなる感染を生み出す能力を低下させるため、捕食者は一般に獲物(および間接的に人間)の集団の健康を改善すると結論付けました。
Early analyses concluded that predators generally improved the health of prey (and indirectly human) populations because increased predation shortens the lifetime of infected individuals and shrinks their capacity to spawn further infections.

しかし、最近の研究では、捕食が感染の有病率を高める状況が特定されています。
However, more recent studies have identified circumstances where predation increases the prevalence of infection.

これは、獲物が感染に対する免疫反応に成功し、繁殖力の密度に依存した調節があり、捕食がない場合、獲物の個体数は免疫のある高齢者によって支配される可能性がある場合に発生します。
This occurs when prey have a successful immune response to the infection, there is density-dependent regulation of fecundity and, in the absence of predation, the prey population may be dominated by older individuals who are immune.

捕食は繁殖力に対する密度依存の制約を緩和し、新しい感受性の高い宿主の供給を増やします。
Predation relaxes density-dependent constraints on fecundity, increasing the supply of new, susceptible hosts.



増加する都市環境は、人口が経験する生態系の重要な部分を表しています。
Urban settings increasing represent as significant portion of the ecosystem experienced by human populations.

ただし、シナスロピック脊椎動物集団の集団相互作用は著しく十分に研究されていないままです。
However, the population interactions of synathropic vertebrate populations remain strikingly under-studied.

人間が構造化した都市環境における衰弱した脊椎動物のコミュニティは、捕食者-被食者および捕食者-宿主-寄生虫システムを含む個体群の相互作用を研究するための多くの利点があります。
The depauperate vertebrate communities in human-structured urban environments have many advantages for studying population interactions including predator-prey as well as predator-host-parasite systems.

種の数が限られていること、および種の多くが実験室での研究に適応していることを含む実際的な要因により、幅広い研究で扱いやすくなっています。
The limited number of species, as well as practical factors, including that many of the species have been adapted to laboratory study makes them tractable for a wide range of studies.

特に寄生虫関連システムの場合、これらの脊椎動物によって運ばれる微生物の多くは、人間の集団への波及の主要な候補と見なされているため、これらのシステムは医学的および公衆衛生上の懸念事項です。
Particularly for parasite-associated systems, many of the microorganisms carried by these vertebrates are considered primary candidates for spillover into human populations so these systems are of medical and public health concern.



都市の哺乳類集団の相互作用を評価する最初のステップとして、米国メリーランド州ボルチモアの住宅街で野生のドブネズミ(Rattus norvegicus)を捕食する家猫(F. catus)の特性を調べました。
As an initial step in evaluating urban mammalian population interactions we characterized house cat (F. catus) predation on wild Norway rats (Rattus norvegicus) in residential neighborhoods in Baltimore, Maryland, USA.

私たちの目標は、各種の個体群特性に対する捕食者と被食者の相互作用の影響を判断することでした。
Our goal was to determine the impacts of predator and prey interactions on the population characteristics of each species.

ドブネズミのシナントロープ個体群とそれに関連する寄生虫の研究は、ボルチモアで60年以上にわたって行われてきました。
Studies of synanthropic populations of Norway rats as well as their associated parasites have been conducted in Baltimore for more than 60 year.

さまざまな摂動を伴う初期の野外実験は、食物資源の量と空間分布がラットの個体数に強く影響することを示しました。
Early field experiments involving various perturbations indicated that the quantity and spatial distribution of food resource strongly influenced the abundance of rat population.


飼い猫(F. catus)は、この設定で主な放し飼いの哺乳類の頂点捕食者です。
House cats (F. catus) are the predominant free-ranging mammalian top-predator in this setting.

ボルチモアでの飼い猫の捕食行動の研究は、猫がネズミをたまに殺すだけで、その構造に質的に影響を与える可能性はあるものの、獲物の個体数に数値的な影響を与えることはめったにないことを示唆する他の多くの報告を支持しています。
Studies of house cat predatory behavior in Baltimore have supported numerous other reports, that suggested cats only occasionally killed rats and rarely have a numerical impact on the prey population, though they can qualitatively affect its structure.

ジャクソンは、ドブネズミが野良猫の糞のわずか6.7%で食料品であることを発見しました。
Jackson found that Norway rats were food items in only 6.7% of feral cat feces.

彼はまた、猫の捕食の頻度と路地でのネズミまたは猫の数との間に明白な関係はなかったと報告しました。
He also reported that there was no demonstrable relationship between the frequency of cat predation and the abundance of either rats or cats in the alleys.

Childs, J. Eはまた、ドブネズミに対する猫の捕食はまれであり、900時間以上の観察で5回の攻撃しか目撃しなかったことを観察しました。
Childs also observed that cat predation on Norway rats was rare — only witnessing five attacks in more than 900 hours of observation.

さらに、猫は捕まえたネズミのサイズが非常に選択的でした。200g以下のネズミ(86%は25〜100 g)を殺し、より大きなネズミ(600 g以上)は避けました。
In addition, cats were highly selective in the size of rats they caught — killing rats that were no more than 200 g (86% were 25–100 g), while avoiding larger (up to >600 g) rats.


私たちは、これらの観察結果を確認し、この都市環境における主要なげっ歯類の個体数に対するF.catusの影響を特徴づけることを目指しました。
We sought to confirm these observations and to characterize the impacts of F. catus on the primary rodent population in this urban setting.

長期的な目標は、最近の理論によれば、飼い猫による捕食のパターンが、獲物の個体数における寄生虫の蔓延のレベルを大幅に変える可能性があるかどうかを判断することでした。
The long-term goal was to determine whether the pattern of predation by house cats might substantially alter the levels of parasite prevalence in their prey populations according to recent theory.



結果
Results

2006年11月から2008年5月までの36泊の間に、サンプリングと観測が行われました。
Sampling and observations were performed during 36 nights from November 2006 through May 2008.

合計543匹のラットが20の路地システムから除去され、最初の1年間に276匹、2年目に267匹が除去されました。
A total of 543 rats were removed from 20 alley systems, with 276 removed during the first year and 267 removed during the second.

推定ラット個体数は、路地あたり2〜584個体の範囲でした(図1)。
Estimated rat populations ranged from 2 to 584 individuals per alley (Fig. 1).

したがって、選択された地域は一般的にネズミがはびこっていると考えられていたが、ネズミが豊富な近くの路地の間でさえかなりの不均一性があった。
Thus, although the regions selected were considered to be generally infested with rats, there was substantial heterogeneity among even nearby alleys in rat abundance.

どの路地にも、ネズミを捕まえるトラップの空間的クラスター化の証拠はなく、路地システムの全領域が使用されたことを示しています。
In none of the alleys was there evidence of spatial clustering for traps catching rats, indicating that the entire area of the alley system was used.

これは、直接観察と住民からの事例報告の両方によって裏付けられました。
This was supported by both direct observation and anecdotal reports from residents.

20の路地での除去トラッピングによって引き起こされた推定ラット個体数の平均減少は、サンプリングの1年目で56.1%(範囲1.2〜92%)、2年目で52.0%(範囲1.1〜96%)でした(図2)。
The mean reduction in the estimated rat populations caused by removal trapping in the 20 alleys was 56.1% (range 1.2–92%) during year 1 and 52.0% (range 1.1–96%) during year 2 of sampling (Fig 2).

路地のほぼ2/3(65%)で、毎年、捕獲可能なネズミの推定20%以上が除去されました。
Nearly 2/3 (65%) of alleys had an estimated 20% or more of the trappable rats removed during each year.






ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2120-43601e6b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
82位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
16位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>