Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |TNRの現実 (アメリカ合衆国鳥類保護協会)
FC2ブログ

Entries

TNRの現実 (アメリカ合衆国鳥類保護協会)

En:(grammar)


https://abcbirds.org/program/cats-indoors/trap-neuter-release/
アメリカ合衆国鳥類保護協会(American Bird Conservancy)

Trap、Neuter、Release(TNR)は、野良猫の数を減らすためのツールとして宣伝されています。
Trap, Neuter, Release (TNR) is advertised as a tool to reduce feral cat numbers.

残念ながら、TNRプログラムでは、野良猫の数を減らすと同時に、野生動物や公衆衛生上のリスクに寄与する野良猫を景観上に維持することができないことが示されています。
Unfortunately, TNR programs have been shown to fail to reduce feral cat populations while simultaneously maintaining feral cats on the landscape, where they contribute to wildlife and public health risks.



TNRの現実
The Reality of Trap, Neuter, Release











Trap、Neuter、Release(TNR)は、野良猫を捕獲、去勢、または去勢した後、環境に放出するプログラムです。
Trap, Neuter, Release (TNR) is a program by which feral cats are trapped, spayed or neutered, and then released into the environment.

TNRの実践者は、除去によってすぐに数を減らすのではなく、時間をかけてゆっくりと野良猫の数を減らすことを望んでいます。
Rather than immediately reducing numbers through removal, TNR practitioners hope to slowly reduce populations over time.


TNRに関する科学的証拠は、TNRプログラムが野良猫の個体数を減らすための効果的なツールではないことを明確に示しています。
The scientific evidence regarding TNR clearly indicates that TNR programs are not an effective tool to reduce feral cat populations.

研究によると、ゆっくりと消えるのではなく、野良猫のコロニーが存続し、実際にサイズが大きくなる可能性があります。
Rather than slowly disappearing, studies have shown that feral cat colonies persist and may actually increase in size.



TNRプログラムが失敗する理由
Why TNR Programs Fail

TNRプログラムは、閉鎖されたシステムで動作せず、人口レベルで野良猫の数に影響を与えるのに十分な数の猫を去勢または去勢できないため、失敗します。
TNR programs fail because they do not operate in an enclosed system and cannot spay or neuter a sufficient number of cats to affect feral cat numbers at the population level.

TNRプログラムに関係する多くの人々の善意にもかかわらず、TNRは時間、お金、およびリソースの浪費であることがわかっています。
Despite the good intentions of many involved in TNR programs, TNR has been found to be a waste of time, money, and resources.


たとえば、カリフォルニアとフロリダでの2つの長期TNRプログラムのある評価では、「野良猫総数レベルの影響は最小限でした」ことが示されました。
For example, one evaluation of two long-term TNR programs in California and Florida indicated that “any population-level effects were minimal.”

研究者チームは、「[条件]のもっともらしい組み合わせがないため、TNRが野良猫総数規模の縮小に成功する可能性は低い」と結論付けました。
The team of researchers concluded that “no plausible combination of [conditions] would likely allow for TNR to succeed in reducing population size.”


野良猫が去勢されると、野良猫は環境に捨てられ、野良猫の存在を継続します。
Once feral cats are spayed or neutered, they are then abandoned back into the environment to continue a feral existence.

この体系的な放棄は猫にとって非人道的であるだけでなく、野生生物の捕食、病気の伝染、財産の破壊などの多くの問題を永続させます。
Not only is this systematic abandonment inhumane to the cats, it perpetuates numerous problems such as wildlife predation, transmission of disease, and property destruction.




https://abcbirds.org/wp-content/uploads/2015/05/Feral-Cats-Consequences-for-Humans-and-Wildlife.pdf

TNRに対する証拠
The Evidence Against Trap, Neuter, Release

圧倒的に、科学文献は、トラップ、ニューター、リリース(TNR)プログラムが野良猫の個体数を減らすことができず、人々や野生生物に悪影響を与えることを示しています。
Overwhelmingly, the scientific literature indicates that Trap, Neuter, Release (TNR) programs fail to reduce feral cat populations and negatively impact people and wildlife.

以下の研究は、TNRプログラムの失敗の多くを概説しています。
The following studies outline many of the failings of TNR programs.


公有地の飼い猫の「コロニー」を制御するのに効果のないTNR方法–Castillo and Clarke(2003)
Trap/Neuter/Release methods ineffective in controlling domestic cat “colonies” on public lands –Castillo and Clarke (2003)

データは、「管理された猫のコロニーのサイズが時間とともに減少するという主張と矛盾し」、「TNRプログラムは、不要な野生の猫や自由に歩き回る猫の個体数を制御するのに役立つ効果的な方法ではないことを示唆しました」。
Data “contradict[ed] the assertion that managed cat colonies decline in size over time” and “suggest[ed] that trap, neuter, and release programs are not an effective method to help control the population of unwanted feral and free-roaming cats.”


TNRの専門的、倫理的、および法的ジレンマ–バロウズ(2004)
Professional, ethical, and legal dilemmas of trap-neuter-return – Barrows (2004)

「意味はありますが、TNRの支持者の多くは、生物科学、生態学、野生生物科学の専門的なトレーニングを欠いています。
“Although well meaning, many advocates of TNR lack professional training in the biological, ecologic, and wildlife sciences.

その結果、彼らは、TNRプログラムの猫を含む、野良猫の生態学的、家畜および公衆衛生、法的、人道的、社会的迷惑の影響に関する文書化された懸念を誤解、最小化、または無視することを選択する可能性があります。」
Consequently, they may misunderstand, minimize, or choose to ignore the documented concerns regarding the ecologic, domestic animal and public health, legal, humane, and social nuisance impacts of feral cats, including those in TNR programs.”




自由に歩き回る猫の管理のための安楽死対TNRの有効性を推定するためのマトリックス集団モデルの使用– Andersen etal。(2004)
Use of matrix population models to estimate the efficacy of euthanasia versus trap-neuter-return for management of free-roaming cats – Andersen et al. (2004)

結果は、50%の人道的安楽死率は野良猫の個体数を年間10%減少させるが、75%の避妊去勢手術/去勢手術率でも野良猫の個体数を増加させることを示した。
Results indicated that a 50% humane euthanasia rate would yield a reduction in the feral cat population by 10% per year, but even a 75% spay/neuter rate would still yield an increasing feral cat population.


単に個体数の増加を安定させるには、野良猫の個体数の88%もの避妊去勢手術/去勢手術が必要です。
A spay/neuter rate as high as 88% of the feral cat population would be needed to merely stabilize population growth.




The welfare of feral cats and wildlife – Jessup (2004)

「猫をコロニーで飼育しようとすると、在来の野生生物を大量に殺し、壊滅させ、生物多様性を危険にさらし、伝統的な動物管理を弱体化させ、無責任な人々が猫を捨てることができるようになることで、問題が悪化するだけです。
“Attempting to maintain cats in colonies only compounds the problem by causing massive killing and crippling of native wildlife, jeopardizing biodiversity, undermining traditional animal control, enabling irresponsible people to abandon cats,

猫や野生生物を含むすべての種の福祉に奉仕するというコミットメントについて、さまざまなメッセージを送ります。」
and sending mixed messages about the…commitment to serve the welfare of all species, including cats and wildlife.”

さらに、「[TNR]の失敗は、一部、いくつかの誤った仮定に基づいていることに起因しています。」
Furthermore, “[TNR]’s failures are, in part, attributable to its being based on several false assumptions.”




野良猫の個体数に対するトラップニューターリターンプログラムの影響の分析– Foley etal。 (2005)
Analysis of the impact of trap-neuter-return programs on populations of feral cats – Foley et al. (2005)


研究者は、カリフォルニアとフロリダで2つの長期TNRプログラムを評価しました。
Researchers evaluated two long-term TNR programs in California and Florida.

分析は、「集団レベルの影響が最小限であることを示し」、「生活史変数(生存、繁殖力など)のもっともらしい組み合わせがないため、TNRが集団サイズの縮小に成功する可能性が高い」と述べています。
Analyses “indicated that any population-level effects were minimal” and that “no plausible combination of life history variables [e.g., survival, fecundity] would likely allow for TNR to succeed in reducing population size.”





ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2109-a4f0085c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
17位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる