Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |スチーフンイワサザイの死亡記事 The Cornell Lab 2017/1/11
FC2ブログ

Entries

スチーフンイワサザイの死亡記事 The Cornell Lab 2017/1/11

En:(grammar)


スチーフンイワサザイの死亡記事
The Obituary of the Stephens Island Wren
https://www.allaboutbirds.org/news/the-obituary-of-the-stephens-island-wren/

The Cornell Lab 2017/1/11












この記事は、CatWarsの最初の章からの抜粋です。
This article is an excerpt from the first chapter of Cat Wars:

スミソニアン渡り鳥センターの所長であるピーター・マラとクリス・サンテラによって書かれ、プリンストン大学出版局から出版された、かわいい殺し屋の壊滅的な結果。
The Devastating Consequences of a Cuddly Killer, written by Peter Marra, director of the Smithsonian Migratory Bird Center, and Chris Santella, and published by Princeton University Press.



マールボロサウンドからニュージーランドの南島沖のマオリの空に向かって高くそびえるのがスティーブンズ島です。
Rising high from the Marlborough Sound into the Maori sky off the South Island of New Zealand is Stephens Island.

島は本土から2マイル、ウェリントンから55マイルに位置し、4分の1平方マイル以下で、幅よりも高く、ピークは約1,000フィートに達します。
The island lies two miles from the mainland and 55 miles from Wellington, is no bigger than a quarter of a square mile, is taller than it is wide, and has peaks reaching al­most 1,000 feet.


この地域のすべての島々と同様に、スティーブンズ島の植生は短く、ゴツゴツしていて、ほとんど侵入できません。これは、南極大陸から吹き込む強くて持続的な南東の風を止めようとしたためと思われます。
Like all of the islands of the region, Stephens Island has short, craggy, and almost impenetrable vege­tation, likely because the land is guilty of trying to stop the strong and persistent southeasterly winds sweeping in from the Antarctic Continent.

歴史的な記録によると、島への着陸は非常に危険であったため、海岸に足を踏み入れた人はほとんどいなかったため、ほとんど手付かずの状態でした。
According to historical accounts, landing on the is­land was so treacherous that few peo­ple had ever stepped foot on its shores, which left it largely pristine.

実際、島は人為的な影響なしに何百万年もの間その場所に立っていた可能性があります。
In fact, the island had likely stood in place for mil­lions of years without human impact;

マオリの人々は これまで訪れても、痕跡を残しませんでした。
if the Maori people had ever visited, they left no trace.


島のアングロ探検は1870年代に始まり、近くの水路を安全に通過するために灯台の設置が必要であると判断したニュージーランドの海事当局が主導しました。
Anglo explorations of the island began in the 1870s, led by New Zealand maritime officials who had determined that a lighthouse installa­tion was needed to ensure safe passage through nearby channels.


1800年代半ばにニュージーランドで発生した3つの大きな難破船で数百人が命を落としたため、灯台の建設が優先事項になりました。
Several hun­dred people had lost their lives in three major shipwrecks in the mid-1800s in New Zealand, so lighthouse construc­tion had become a priority.

1890年代初頭までに、3人の灯台守とその家族が共有できるように、灯台といくつかのささやかな家がスティーブンズ島に建てられました。
By the early 1890s a lighthouse and several modest homes had been erected on Stephens Island for three lighthouse keepers and their families to share.

人間との交際がほとんどないため、灯台守は猫を島の前哨基地に連れて行くことがよくありました。
With little hu­man companionship, lighthouse keep­ers would often bring cats with them to their island outposts.

ある話が進むと、おそらくTibblesという名前の猫がスティーブンズ島に到着し、自由に歩き回ることができました。
As one story goes, a cat, possibly named Tibbles, made it to Stephens Island and was allowed to roam free.




デビッド・ライオールは彼の孤独が好きだった。
David Lyall liked his solitude.

彼は読み書きができ、体にフィットし、整然としていましたが、最も重要なことは、パラフィン・ランタンをきれいに燃やし続けることができたことです。
He was literate, fit, and orderly, but, most im­portant, he could keep a paraffin lantern burning cleanly.

ライオールは、ニュージーランド海事の灯台守補佐としての彼の新しい役職に慎重に興奮していました。
Lyall was cautiously ex­cited about his new position as an assis­tant lighthouse keeper for New Zealand Maritime.

それは1894年1月で、彼はこの新しい前哨基地の17人のうちの1人になるでしょう。
It was January 1894, and he would be one of 17 people at this new outpost.

1800年代後半に灯台守になるのは簡単な仕事ではありませんでしたが、主な任務は、光を明るく清潔に保つことであり、炎を最大化して煙を減らすために芯を絶えずトリミングする必要がありました。
Being a lighthouse keeper in the late 1800s was not an easy job, al­though the primary duty—keeping the light burning bright and clean—was straightforward, requiring a constant trimming of the wick to maximize the flame and reduce the smoke.

多くの命が飼育員の手に渡っていました。
Many lives were in the keeper’s hands:

真っ黒な夜の島の近くの岩は、船の木製の腹をほんの数秒で破ることができました。これは、船員にとってほぼ確実な死を意味します。
A rock near an island on a coal-black night could tear through the wooden belly of a ship in a matter of seconds, meaning an al­most certain death for sailors.

当時の多くの船員は泳ぐことができず、皮肉なことに、水、特にニュージーランドの南の島々を包む極寒の亜南極海を嫌っていました。
Many sailors at the time could not swim and, ironically, hated water—especially the frigid subantarctic waters enveloping the southern islands of New Zealand.




灯台守になるという課題は、荒天、好奇心をそそる小さなコミュニティ、生鮮食品の不足、そして何よりも孤立に耐えるという忍耐力の1つでした。
The challenge of being a lighthouse keeper was one of endurance—endur­ing rough weather, the claustrophobically small community, the lack of fresh food, and most of all the isolation.

灯台守は、月に2回だけ本土から新しい食料を受け取りました。
Lighthouse keepers received new provisions from the mainland only twice a month.

彼らの食料貯蔵庫を強化するために、彼らは新鮮な牛乳のために牛、羊毛のために羊、卵のために鶏を飼うかもしれません。
To bolster their larder, they might keep cows for fresh milk, sheep for wool, chickens for eggs.

土壌と天候が許せば、彼らは少し庭を作るかもしれません。
They might garden a bit if the soil and weather per­mitted.

ライオールは、これらの課題に悩まされることはありませんでした。
Lyall was not daunted by these challenges. He had a wife and at least one son, so he needed to make a fair wage.

彼はまた、たとえそうすることが孤立した島での生活を意味したとしても、彼の情熱を追求することに熱心でした。
He was also eager to pursue his passions, even if doing so meant life on an isolated island.

ライオールは動物を愛し、博物学、特にバードウォッチングに飽くなき好奇心を持っていました。
Lyall loved animals and had an insatiable curiosity for nat­ural history and especially for watch­ing birds.

アマチュアの鳥類学者である彼は、島の鳥類相を研究することに特に熱心であり、おそらく博物館のためにいくつかの鳥の標本を準備することさえ想像していました。
An amateur ornithologist, he was especially eager to study the avi­fauna of the island and envisioned per­haps even preparing some bird speci­mens for museums.



ライオールは幼い頃から秩序の必要性に夢中になっていた可能性があり、これは彼が自然界で見たすべてのものに名前を付けて分類する必要性に貢献したでしょう。
Lyall likely was preoccupied at an early age with a need for order, and this would have contributed to a need to name and classify everything he saw in nature.

動物とその命名法に対する彼の情熱の中で、ライオールはおそらく自然がどのように機能するかについての快適さと説明を見つけました。
In his passion for animals and their nomenclature, Lyall probably found comfort and an explanation for how nature worked.

それは、パズルを解き、これまで知られていなかった何かを明らかにし、混乱しているように見える自然の風景に秩序を与えるようなものでした。
It was like solving a puzzle, revealing something previous­ly unknown, and providing order to a natural landscape that appeared to be in disorder.

ライオールは独学の自然主義者であり、ニュージーランドの博物学について入手可能な数冊の本から彼の理解のほとんどを引き出しました(フィールドガイドはまだ発明されていませんでした)。
Lyall was a self-taught natural­ist, drawing most of his understanding from the few books that were available on the natural history of New Zealand (field guides had yet to be invented).

彼は、鳥とその行動を観察し、既存の種の名前を特定して帰属させることにより、自然の中に内なる平和を見出したのかもしれません。
He may have found inner peace in na­ture, through watching birds and their behaviors, and identifying and ascrib­ing names to existing species.

ライオールはまた、おそらく自然界に内在的価値を見出し、それを定量化、正当化、または明確化することさえできませんでした。
Lyall also probably found an inherent value in nature that he could not quantify, jus­tify, or even articulate.

彼は、ほとんど未踏の無人島にある彼の新しいポストにたどり着くことに盲目的に集中しました。そこでは、彼は最終的に彼の情熱を追求することができました。
He was blindly focused on getting to his new post on the largely unexplored and uninhabit­ed island, a place where he could final­ly pursue his passions.

彼は、家族を支えながら、長い夜を深く考え、植物、昆虫、鳥の標本を特定し、大量のパラフィン油を燃やして過ごすことを想像していました。
He envisioned spending long nights deep in thought, identifying specimens of plants, in­sects, and birds, burning through large amounts of paraffin oil—all while sup­porting his family.



ライオールは、スチーフンイワサザイで鳥類の興味を引くのに最適な研究種を見つけましたが、その後は説明されていませんでしたが、最終的にはXenicus(Traversia)lyalliと名付けられました。
Lyall would find the perfect study species for his avian interests in the Ste­phens Island Wren, then undescribed but eventually to be named Xenicus (Traversia) lyalli.

羽と卵を除いて、スチーフンイワサザイは鳥よりもネズミに似ていました。
Except for feathers and eggs, the Stephens Island Wren bore more resemblance to a mouse than a bird.

それはホビットのような存在であり、丸太や地下の巣穴や岩の山でさえも採餌していました。
It lived a hobbit-like exis­tence, foraging in logs and even in un­derground burrows and boulder piles.

いくつかの報告は、スチーフンイワサザイが半夜行性であったことさえ示唆しています。
Some accounts even suggest the wren was semi-nocturnal.

大きな足と短い尾を備えて、それは海岸線の岩の間で地面に低く走ったか、節のある低木の厚いもつれを通って枝から枝へとジャンプしました。
Equipped with large feet and a short tail, it ran low to the ground among the shoreline rocks or jumped from branch to branch through thick tangles of knotty shrubs.

それは時折走り幅跳びを助けるためにその痕跡の翼を羽ばたきました—おそらく飛行に最も近い近似。
It flapped its vestigial wings to help on the occasional long jump—perhaps its closest approximation to flight.

この種のほぼすべてがミソサザイのようになりましたが、実際にはミソサザイ科のメンバーではありませんでしたが(これからもミソサザイと呼びます)、代わりにニュージーランド固有のミソサザイ科の一員ーでした。
Nearly everything about this species made it wren-like, though it was not actually a member of the wren family (we will continue to refer to it as a wren), but instead was a member of the endemic New Zealand family Acanthisittidae.

これは、世界で飛べない鳥の3種のうちの1つでした。
It was one of only three flightless species of songbirds in the world.

飛ぶ必要はありませんでした。
It did not need to fly.

島や地面を長く離れる必要はありませんでした。食べ物は一年中利用でき、種は島で繁殖することができました。
There was no need to leave the island or the ground for long—food was available throughout the year, and the species could breed on the island.



さらに重要なのは、捕食者がいなかったことです。
More important, there were no pred­ators.

飛行には他の費用のかかる適応とのトレードオフが必要であり、逃げたり移動したりする必要がなかったため、この小さなミソサザイは大きなコインより少し重く、飛行能力を失いました。
Flying requires trade-offs with other costly adaptations, and because there was no need to escape or migrate, this small wren, weighing little more than a large coin, lost its ability to fly.


スチーフンイワサザイは何百万年もかけて作られました。
The Stephens Island Wren was mil­lions of years in the making.

博物学と生物学の大きな進化的変化は、それをユニークにするために、世代を超えて、時間とともに発生しました。
Enormous evolutionary changes in natural history and biology had occurred over time, generation after generation, to make it unique.

毎年、ミソサザイは巣を作り、産卵し、若く育ちます。配偶者の質、入手可能な餌の量、気候、またはこれらすべての複雑な組み合わせに応じて、時にはそれ以上、時には少なくなります。
Each year wrens nested, laid eggs, raised young—sometimes more, sometimes less, depending on the qual­ity of the mate, the amount of food available, the climate, or some complex mix of all these things.

種のサイズ、色、形は、時間の経過とともにさまざまな速度で、時には氷河のペースで、時にはより急速に変化しました。
The species’ size, color, and shape changed at varying speeds over time, sometimes at a gla­cial pace, sometimes more rapidly.

しかし、この種は、すべての種の動植物と同様に、自然淘汰の過程を通じて、景観(生物学的、気候的、地質学的景観)に合うペースで変化しました。
But this species, like all species of plants and animals, changed at a pace to fit the landscape—the biological, climatic, and geological landscape—all through the process of natural selection.

何千年、何十万年、何億年もの間、世界中で何度も何度も語られた物語。
A story told over and over again, all over the planet, for thousands, hundreds of thousands, even hundreds of millions of years.

種分化のプロセスが進むことができる遅いペースとは対照的に、種の絶滅の逆のプロセスは驚くべき速度で発生する可能性があります。
In contrast with the slow pace with which the process of speciation can proceed, the reverse process of species extinction can occur with astonishing speed.





ニュージーランド自体は島国であり、南島と北島の2つの大きな陸地からなる群島であり、小さな島々に囲まれ、8000万年以上にわたって世界の他の地域から隔離されています。
New Zealand itself is a nation of is­lands, an archipelago made up of two large landmasses, the South Island and the North Island, surrounded by an array of smaller islands and all isolated from the rest of the world for over 80 million years.

ガラパゴス諸島、ハワイ諸島、カリブ海の島の群島など、さまざまな時間枠で出現した水に囲まれた他の小さな陸塊のように
Like other small land-masses surrounded by water that have emerged over different time frames—such as the Galápagos, Hawaiian, and Caribbean island archipelagos—

ニュージーランドは、種が発散し、その地域の環境に適応する時間的プロセスを場所から場所へとどのように見ることができるかについての劇的な例を提供します。
New Zealand provides a dramatic example of how the temporal process of species diverging and adapting to their local environment can be seen from place to place.

ニュージーランドは最も古い島のチェーンの1つです。 ニュージーランドでは、鳥類相の87%を占める、目まぐるしい数の固有種の鳥が出現しています。
New Zealand is one of the oldest island chains. A dizzying number of en­demic species of birds, making up 87 percent of the avifauna, have emerged on New Zealand.

飛べない鳥32種のうち、16種が絶滅しています。
Of the 32 species of flightless birds, 16 are now extinct.

小さな飛べないミソサザイに加えて、列島はタカヘ(飛べないレール)、カカポ(飛べないオウム)、そしてもちろんキウイなどの種で知られています。
In addition to the small flightless wrens, the island chain is known for species such as the takahes (flightless rails), the Ka­kapo (a flightless parrot), and of course the kiwis.

ある時点で、モアと呼ばれる少なくとも9種の大きな、翼のないダチョウのような鳥もこれらの島に生息していました。
At one point, at least nine species of large, wingless ostrich-like birds called moas also inhabited these islands.

しかし、最初の人間がニュージーランド(マオリ)に到着してからわずか250年後の西暦1400年までに、乱獲と生息地の破壊の組み合わせにより、9種すべてのモアが絶滅しました。
But by AD 1400, just 250 years after the arrival of the first humans to New Zealand (the Maori), all nine spe­cies of moa had gone extinct, due to a combination of overhunting and habitat destruction.


ライオールがスティーブンズ島の海岸に足を踏み入れるまでに、ニュージーランドのユニークな種のほぼ3分の1は、マオリとヨーロッパの定住、彼らが破壊した生息地、そして彼らが連れてきた哺乳類の捕食者のためにすでに絶滅していました。
By the time Lyall set foot on the shores of Stephens Island, almost a third of New Zealand’s unique species were already extinct due to Maori and European settlement, the habitats they destroyed, and the mammalian preda­tors they brought with them.




Tibblesが到着する前は、スティーブンズ島に猫がいなかった。
Before Tibbles’s arrival, there had never been a cat on Stephens Island.

実際、島には哺乳類の捕食者はいませんでした。
In fact, there had never been any mammalian predators on the island.

Tibblesは、子宮内の子猫と一緒に、1894年の初めに最初に上陸しました。
Tibbles, along with her litter in utero, was the first to come ashore, early in 1894.

メスの猫は8匹、時にはそれ以上の子猫を産むことができ、オスがいる場合は、出産後数日以内に再び妊娠することができます。
A female cat can produce a litter of as many as eight kittens, sometimes more, and if a male is around, she can be im­pregnated again within days after giving birth.

無関係の成人男性がいない場合、兄弟は最終的に互いに交尾するか、子孫は母親と交尾します。
If an unrelated adult male is not around, siblings will eventually mate with one another, or offspring will mate with their mother.

発情期になると、猫は急速かつ頻繁に繁殖し、放っておくとその個体数は指数関数的に増加します。
Once in estrus, cats will breed rapidly and often, and their populations will grow exponentially if left alone.

猫は孤立した島の住民にとって完璧なペットになります。その理由の1つは、周囲から自分の食べ物のほとんどを手に入れることができるからです。
Cats make the perfect pet for an isolated island inhabitant, in part because they can obtain most of their own food from their surroundings.

トカゲ、鳥、または小さな哺乳類は十分な食事を提供します。
Liz­ards, birds, or small mammals provide a sufficient diet.

猫は肉食動物であり、健康を維持するために主にタンパク質と脂肪を消費する必要があります。
Cats are carnivores and need to consume primarily pro­tein and some fat to stay healthy.

彼らは待ち伏せ捕食者であり、長時間座って、動かず、静かで、襲う適切な時期を待っています。
They are ambush predators, sitting for long periods, motionless and quiet, waiting for the right time to pounce.

彼らは迅速かつ効率的であり、彼らが行うことに優れています-そうでなければ彼らは死にます。
They are quick and efficient and excel at what they do—otherwise they die.

猫には引き込み式のかみそりのような鋭い爪があり、強い足から伸びて獲物を固定します。
Cats have retractable, razor-sharp claws that ex­tend from their strong paws to pin down prey.

獲物が動けなくなると、猫は通常は首に2匹の鋭い犬歯で殺し傷を負わせ、すぐに鱗、毛皮、または羽を引き裂き始めます。
Once the prey is immobi­lized, cats inflict the kill bite with two sharp canines, usually to the neck, and quickly begin tearing into scales, fur, or feathers.


猫はウサギやリスと同じくらいの大きさの動物を殺すことができますが、その主な獲物は、ネズミやハタネズミなどの小さな齧歯動物と、スズメやミソサザイと同じサイズの鳥で構成されています。
Cats can kill animals as large as rabbits and squirrels, but their pri­mary prey consists of smaller rodents like mice and voles as well as birds the size of (and including) sparrows and wrens.

猫はいつも空腹で殺すわけではありません。
Cats do not always kill out of hunger.

彼らは追跡によって刺激されているようで、空腹でなければまだ殺します。 猫が自由に歩き回ることを許可する猫の飼い主は、ペットの略奪能力の証である鳥やネズミの「プレゼント」を受け取った可能性があります。
They seem to be stimulated by the chase and if not hungry will still kill; cat owners who allow their cat to roam freely may have received a “present” of a bird or mouse, a testament to their pet’s predatory competence.

一部の科学者は、獲物を返す行動は、経験豊富な猫が別の猫やおそらく人間にさえ狩りを教えようとする方法として役立つと仮定しています。
Some scientists have postulated that the prey-return behavior serves as a way for an experi­enced cat to try to teach another cat or perhaps even a human to hunt.

他の人は、それが食べ物を貯蔵することによって行われるか、あるいは一度遊び心のあるおもちゃを別の時間に使用するために安全な場所に持っていく試みであると推測します。
Others presume it is done by way of caching food or is perhaps an attempt to bring a once-playful toy to a safe place for use another time.


とにかく、1匹の飼い猫または飼い猫が飼い主に膨大な数の毛皮で覆われた羽毛のようなプレゼントを持ち帰ることができます。
Regardless, a single fed or unfed cat can bring home enormous numbers of furry and feathery presents to its owners.

かつて島にいて歩き回ることを許されたTibblesは、彼女の本能が彼女に指示したことだけを行い、すぐに興奮して好奇心旺盛なライオールの小鳥を連れてきました。
Tibbles, once on the is­land and allowed to roam, doing only what her instinct told her to do, soon began bringing an excited and curious Lyall small birds—probably sometimes whole and sometimes half-eaten.



Tibblesが実際に仲間としてどのようなものであったか、または彼女が実際に誰に属していたかは誰にもわかりません。
No one knows what Tibbles was actually like as a companion, or whom she really belonged to.

ほとんどの猫のように、彼女は恐らく激しい独立した筋を持っていて、灯台の番人が彼女の楽しみと交際のためにそこにいるという印象を受けました。
Like most cats, she probably had a fierce independent streak and was under the impression that the lighthouse keepers were there for her enjoyment and companionship rather than the reverse.

Tibblesは、ひざに寄り添ったり、頭の周りで寝たりする人ではなかったでしょう。
Tibbles proba­bly was not one to cuddle up on a lap or sleep around a head.

子猫として、彼女は今日の毛糸球を追いかける子猫と同じくらい愚かで面白い存在でした。
As a kitten she was likely as silly and entertaining as any yarn ball–chasing kitten today.

島に着いて歩き回ることを許可されると、Tibblesはおそらく自由に行き来しました。
Once on the island and allowed to roam, Tib­bles likely came and went at will.

一日の暑さの中で長時間眠っていないとき、彼女は島を探索し、動くものすべてを見て、すべての鳥の追跡を考えました。
When not sleeping away long periods of time in the heat of the day, she explored the island, watching everything that moved, contemplating the chase of every twitch.

時間の経過とともに、Tibblesはおそらくますます野性的になりました。
Over time Tibbles probably became more and more wild.

確かに彼女の子孫はすべて野生でした。 猫は一世代以内に「野生化」することができます。
Certainly all her progeny were feral. Cats can “go wild” within a generation.




科学者たちは、スチーフンイワサザイがかつてニュージーランド中にもっと広く分布していたかどうかを知りません。
Scientists do not know whether the Stephens Island Wren was at one time more widely distributed throughout New Zealand.

生息地の破壊と猫やネズミの蔓延により、この飛べない鳥の個体数は減少し、孤立した住みにくいスティーブンズ島は、唯一の残された個体群の最後の避難所となった可能性があります。
It may be that through the destruction of habitats, combined with the spread of cats and rats, populations of this flightless bird had shriveled, and the isolated inhospitable Stephens Island served as a last refuge for the only rem­nant population.

化石の証拠はこの考えを示していますが、スチーフンイワサザイを他の種と区別した可能性のある遺伝的または他の違いを捉えていないため、そのような証拠は決定的な答えを提供しません。
Fossil evidence points to this idea, but such evidence does not provide a definitive answer because it does not capture genetic or other dif­ferences that may have distinguished the Stephens Island Wren from oth­er species.

同様にもっともらしいのは、ニュージーランドの他の島で見つかった、スチーフンイワサザイと同様の物理的特徴を持つ化石ミソサザイは実際には異なる種であったという考えです。
Equally plausible is the idea that fossil wrens found on other islands of New Zealand with physical features similar to the Stephens Island Wren were actually different species.

ニュージーランドの生物地理学の歴史を考えると、スチーフンイワサザイの一部の個体群は、おそらく何百万年もの間他の個体群から隔離されていたため、このシナリオは非常に妥当なものになっています。
Given the biogeographic history of New Zea­land, some populations of the Stephens Island Wren likely were isolated from other populations for millions of years, making this scenario quite plausible.




通常、異なる種を描写するために使用されるのは、形態学的および/または遺伝的差異の組み合わせです。
Typically, it is the combination of morphological and/or genetic differ­ences that are used to delineate differ­ent species.

進化生物学者のエルンスト・マイヤーによって造られた「生物種の概念」という用語は、種を、自然界で潜在的に交配できる個体のグループとして定義しています。
The term Biological Species Concept, coined by evolutionary biolo­gist Ernst Mayr, defines a species as a group of individuals that can potential­ly interbreed in nature.

生物学分野の塹壕では、これが生物の個体群が新種または別個の種であるかどうかを決定するための唯一の基準として使用されることはめったにありません。
In the trenches of the biology field, this is seldom used as the only criterion for deciding when a population of organisms is a new or separate species.

分類学者と分類学者は、色、パターン、サイズ、そして今では遺伝子自体を調べて、動物が実際に科学に新しい種であるかどうかを判断します。
Taxonomists and sys­tematists look at the color, patterns, size, and now the genes themselves to decide whether an animal might actual­ly be a species new to science.

これらは、主に遺伝的変異および/または島や山脈や川の反対側で発生する可能性のある長期間の生殖隔離によって発達する形質です。
These are the traits that develop largely through genetic mutations and/or long periods of reproductive isolation, such as might occur on islands or on the opposite sides of mountain ranges or rivers.

ニュージーランドの他の地域からの同様のミソサザイの標本全体がコレクションに存在しないため、これらの他の個体群が実際にスティーブンズ島から保存されたものと同じ種であったかどうかを知る方法はありません。
Because whole specimens of similar wrens from other regions of New Zealand do not exist in collections, there is no way to know whether these other populations were actually the same species as those preserved from Stephens Island.

この情報がなければ、ミソサザイの本当の分布、および他のニュージーランド地域でのミソサザイの死の考えられるすべての原因は、広く分布していれば、決してわかりません。
Without this information, the true distribution of the wren, and all the pos­sible causes of its demise in other New Zealand regions, if it was widely distributed, will never be known.





それにもかかわらず、基本的なポイントは明らかです。
Nevertheless, a fundamental point is clear:

1894年までに、ニュージーランドで最も有名な生物学者を含め、誰もこの種を見たことを記録していませんでした。ライオールは、スティーブンズ島でこのミソサザイを手にしたことで、今まで見たことのないものを見ていることに気づきました。
By 1894 no one, including any of New Zealand’s most renowned biologists, had recorded seeing the species, and Lyall perceived having this wren in his hand on Stephens Island that he was seeing something he had never seen before.

ある晩、パラフィン・ランタンから放射される光の隣に座って、興奮したライオールは、Tibblesが持ち帰った最新の鳥の山を調べ始めました。
Sitting down one evening next to the light that radiated off his par­affin lantern, an excited Lyall started to examine the most recent piles of birds brought home by Tibbles.

ほとんどが半分食べられましたが、他はほとんど完全に無傷でした。
Most were half-eaten, while others were almost completely intact.

ライオールは島に短期間しか滞在していなかったので、これまでのところほとんどの標本に名前を付けることができました。
Lyall had been on the island only a short time, and thus far he could put a name to most of the spec­imens.

それから彼は一羽の独特の鳥の死骸を拾いました。
Then he picked up the carcass of one peculiar bird.


それは小さく、背中はオリーブ色で、胸は青白く、羽にはスカラップの茶色のフリンジがありました。
It was small, olive on the back, pale on the breast, with a scalloped brown fringe to the feathers.

それは目の上に狭い白い縞、短い翼、そしてかなり長く、曲がった茶色のくちばしを持っていました。
It had a narrow white streak above the eye, short wings, and a rather long, de­curved brown bill.

それは、ニュージーランドで一般的な小さな「ミソサザイ」の類似種であり、彼が非常によく知っていたライフルマン(ミドリイワサザイ)をライオールに思い出させました。
It reminded Lyall of the Rifleman (Acanthisitta chloris), a similar species of small “wren” common in New Zealand and one he knew quite well.


ライオールは、標本の準備を数回しか見たことがなく、自分で研究用皮膚を数回準備しただけでした。
Lyall had likely seen specimen preparation on only a few occasions and had prepared a study skin himself only a couple of times.

それにもかかわらず、彼はメスを取り、小鳥の縮小した胸骨に沿って腹の上部までまっすぐに切開を行いました。
Nonetheless, he took his scalpel and made an incision along the small bird’s reduced breastbone straight down to the top of the belly.

彼は指を皮膚の下で動かし、ゆっくりと皮膚を筋肉から引き離しました。
He worked his fingers under the skin, slowly pulling skin away from muscle.

最終的に、彼は指が出会うまで、どちらかの側から指を入れました。
Eventually he worked his fingers in from either side until his fingers could meet.

彼ははさみを使って、死骸の後端が尾に付いている場所のすぐ上の骨を切り取り、翼に着くまで体から皮膚を剥がしました。
Using scissors, he snipped the bone just above where the rear end of the carcass attached to the tail and peeled the skin back from the body until he got to the wings.

彼は、Tibblesが犬歯で腹部を突き刺し、おそらく最初の足のスワイプで翼の1つを壊したのを見ることができました。
He could see that Tibbles had pierced the abdomen with her canines and had broken one of the wings, per­haps with the first swipe of her paw.

彼は両方の翼の骨を切り取って筋肉を切りました。
He snipped both wing bones and cut the muscle.

彼は死骸を皮膚から引き離し続け、首を露出させ、彼はそれも素早く切り取って死骸を皮膚から取り除いた。
He continued to pull the carcass away from the skin, exposing the neck, and he quickly snipped that as well and removed the carcass from the skin.

慎重に、ライオールは目の穴の端が見えるようになるまで頭蓋骨の皮膚をはがしました。
Carefully, Lyall peeled the skin over the skull until he could just see the edges of the eye sockets.

彼は頭蓋骨の後ろからきちんとした四角い骨を切り取り、それから注意深く脳をすくい取った。
He snipped a neat square of bone away from the back of the skull and then carefully scooped out the brain.

ライオールは、標本からできるだけ多くの組織を取り除く必要があることを知っていました。そうすれば、標本はすぐに乾き、ウジの蔓延を防ぐことができます。
Lyall knew he needed to remove as much tissue as possible from the specimen so it would dry quickly and to avoid a maggot infestation.

彼は目の作業に戻り、瞳孔を取り巻く組織の薄い層を注意深く切り取り、頭蓋骨から目を引き出しました。
He went back to work on the eyes and care­fully snipped the thin layer of tissue surrounding the pupil, and pulled the eyes out of the skull.

彼は、目があった両側に小さな穴が開いていた皮膚を頭蓋骨の上に戻し、残りの皮膚に羊毛を詰めて、目、首、体を再現しました。
He reinverted the skin, which now had a small hole on each side where the eyes had been, back over the skull, and packed the rest of the skin with sheep’s wool, recreating the eyes, neck, and body.

それから彼は切開を縫い合わせ、標本を窓に置いて太陽の下で乾かした。
He then stitched up the incision and placed the specimen in the window to dry in the sun.

ライオールはこのプロセスを次の数か月にわたって数回繰り返し、少なくとも15の標本のシリーズを作成し、最終的にはウォルターロスチャイルド、ウォルターブラー、H。H。トラバーズなどの地域と時間の著名な鳥類学者に渡りました。
Lyall repeated this process several times over the next few months, creating a series of at least 15 specimens that eventually made their way to prominent ornithologists of the region and time, including Walter Roth­schild, Walter Buller, and H. H. Travers.




1年余りで、Tibblesとその子孫、その子孫、およびそれに続くすべての子孫が野生になり、ライオールによれば、「すべての鳥の間で悲しい大混乱を引き起こしていました」。
In just over a year, Tibbles and her offspring, their offspring, and all those that followed became wild and, according to Lyall, were “making sad havoc among all the birds.”

すぐにミソサザイはなくなり、他の種もほとんど見られなくなりました。
Soon there were no wrens and few of the other species to be seen.

このミソサザイがいつ地球から永久に瞬きしたのかは正確にはわかりません。
It is not known exactly when this wren blinked off the earth for good.

1年以内だったかもしれませんが、レンが消えたのは、ライオールと他の灯台守が最初にスティーブンズ島に向かった後、確かに数年以内でした。
It could have been within a single year, but it was certainly not much more than a few years after Lyall and the other lighthouse keepers first made their way to Stephens Island that the wren disappeared.

ライオール、彼の息子、そしておそらく他の数人は、おそらく鳥が生きているのを見る唯一の人間でした。
Lyall, his son, and perhaps a few others were like­ly the only humans to see the bird alive.

1895年3月16日、クライストチャーチの新聞The Pressの社説は、次のように報じています。「鳥が島で発見されなくなったと信じるのには非常に正当な理由があります。 どうやらかなり絶滅しました。
On March 16, 1895, an edito­rial in the Christchurch newspaper The Press reported, “There is very good reason to believe that the bird is no longer to be found on the is­land, and, as it is not known to exist anywhere else, it has apparently be­come quite extinct.

これはおそらく、根絶という点で記録的なパフォーマンスです。」
This is probably a record performance in the way of extermination.”





今日でも記録的なパフォーマンス:おそらく1年で絶滅し、皮肉なことに、ほぼ同時に種の正体が最初に世界に明らかにされました。
A record performance that still stands today: extinct in perhaps a year and, ironically, at roughly the same time the identity of the spe­cies was first revealed to the world.

ユニークな曲、失われた言語は決して録音されず、今では永久に沈黙しています。
A unique song, a lost language never recorded, and one now per­manently silent.

この種に残っているのは15の標本だけで、世界中の9つの異なる博物館に存在しています。
Fifteen specimens are all that is left of this species, and they exist in nine different mu­seums around the world.

ライオールが鳥を発見した直後、彼の標本は現在の時価総額で1,000ドルから2,000ドルもの高額で売買され、取引されていました。
Shortly after Lyall discovered the bird, his specimens had been bought, sold, and traded for amounts as high as $1,000 to $2,000 in current market valuation.

猫は増殖し続け、スティーブンズ島の鳥の運命は明らかでした。
The cats kept proliferat­ing, and the fate of the birds of Ste­phens Island was clear.

1899年、新しい灯台守は、島を猫以前の状態に戻そうとして、10か月間に100匹以上の野良猫を撃ったと報告されました。
In 1899 the new lighthouse keeper was report­ed to have shot more than 100 feral cats in a period of ten months in an attempt to return the island to its pre-feline state.

26年かかりましたが、1925年までに島はついに猫がいないと宣言されました。
It took 26 years, but by 1925 the island was declared finally free of cats.





ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2075-e5f57ed3

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
116位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
22位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる