Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |トランプの投票をバイデンに反転させたドミニオン投票システムは「壊れやすくエラーが発生しやすい」として、2019年に使用を却下されていました  The National Pulse 2020/11/10
FC2ブログ

Entries

トランプの投票をバイデンに反転させたドミニオン投票システムは「壊れやすくエラーが発生しやすい」として、2019年に使用を却下されていました  The National Pulse 2020/11/10

En:(grammar)


トランプの投票をバイデンに反転させたドミニオン投票システムは「壊れやすくエラーが発生しやすい」として、2019年に使用を却下されていました
Dominion Vote System That Flipped Trump Votes To Biden Was Flagged As ‘Fragile And Error Prone’ In 2019

https://thenationalpulse.com/news/dominion-voting-system-flag/
The National Pulse 2020/11/10










ドミニオン- ジョー・バイデン候補に有利ないくつかの技術的不具合を経験した投票システム–は、信頼性とACCの基本的なテストに失敗することを導いた大量の問題をめぐって、2013年と2019年の選挙で使用するためにテキサス州務長官によって却下されました。
DOMINION – THE VOTING SYSTEM WHICH EXPERIENCED SEVERAL TECHNICAL GLITCHES FAVORABLE TO CANDIDATE JOE BIDEN – WAS REJECTED BY THE TEXAS SECRETARY OF STATE FOR USE IN ELECTIONS IN 2013 AND 2019 OVER A PLETHORA OF ISSUES WHICH LED IT TO FAIL BASIC TESTS FOR RELIABILITY AND ACCURACY.


投票システムは、ミシガン州アントリム郡で誤ったバイデンの勝利につながる投票を不適切にカウントし、投票時間の延長と結果の遅延を余儀なくされたいくつかの不具合の原因でした。
The voting system improperly counted ballots leading to a false Biden win in Antrim County, Michigan and was responsible for several glitches that forced extended voting hours and delayed results.


したがって、テキサス州務長官が2013年と2019年の2回の投票システムの採用を拒否した理由を理解するのは難しくありません。
Therefore, it’s not difficult to understand why the Texas Secretary of State refused to adopt the voting system twice – in 2013 and 2019.

2019年からのドミニオン投票システムに関する包括的な5ページのレポートによると、司法長官の被指名人は「認証を拒否すべきである」と推奨しました。
Per a comprehensive, five-page report on Dominion Voting Systems from 2019, the Designee of the Attorney General recommended that “certification should be denied.”



READ:

「コンピュータシステムは、可能な限り人的エラーを防止または検出し、人的ミスと機器の故障の両方の結果を最小限に抑えるように設計する必要があります。
“Computer systems should be designed to prevent or detect human error whenever possible and minimize the consequences of both human mistakes and equipment failure.

代わりに、Democracy Suite 5.5-Aは壊れやすく、エラーが発生しやすくなっています。 私の意見では、テキサスでの使用が認定されるべきではありません」と彼は述べました。
Instead the Democracy Suite 5.5-A is fragile and error prone. In my opinion it should not be certified for use in Texas,” he noted.


「複雑で、エラーが発生しやすく、面倒な」インストールプロセス(184ステップ)に加えて、レポートは、調査員がシステムをテストしたときに発生した多数の危険信号を記録しました。
In addition to a “complex, error prone, and tedious” installation process – with 184 steps – the report chronicled a host of red flags that arose when investigators tested the system.

「投票テスト中に、一部の政党名と提案テキストが表示されておらず、1台のスキャナーが一部の投票を受け付けていないことがわかりました」と報告書は述べています。
“During our voting test, we discovered that some party names and proposition text were not displayed, and one scanner was not accepting some ballots,” the report noted.

国務長官の事務所はまた、ドミニオンのソフトウェアを潜在的に混乱させる有権者としてフラグを立てました。
The Secretary of State’s office also flagged Dominion’s software as potentially confusing voters:

投票用紙をスキャンしているときに、ディスプレイに何かが点滅したため、一時的にそれを読み取ることができませんでした。
At one point while scanning ballots, something flashed on the display so briefly we could not read it.

投票用紙の再スキャンを数回試みた後、
After several attempts to re-scan the ballot,

1秒以内に表示されたのは「あいまいなマーク」というメッセージであることがわかりました。
we were able to discern that it was a message reading “Ambiguous Marks” that was displayed for a second or less.

その後、「システム準備完了」メッセージに戻ります。
It then reverts to the “System Ready” message.

エラーメッセージがそれを読むのに十分長く持続しないので、投票者は、もしあれば、何が間違っているかを知る方法がありません。
The voter has no way of knowing what, if anything, is wrong since the error message does not persist long enough to read it.



報告書は続けています。「投票用紙マーキング装置は、実際には投票用紙を印刷しているだけなのに、投票用紙を投じていることを投票者に誤って通知していました。 投票用紙は、別のデバイスでスキャンされるまでカウントされません。」
The report continues, “The ballot-marking devices incorrectly informed voters that they were casting their ballots, when in fact they were only printing them. The ballots are not be counted until they were scanned on a different device.”






ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2065-bac39c99

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
17位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる