Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |彼は新進のジャズピアニストでした。 彼のニューヨークでの夢は粉々になった。 NY times 2020/10/22
FC2ブログ

Entries

彼は新進のジャズピアニストでした。 彼のニューヨークでの夢は粉々になった。 NY times 2020/10/22

En:(grammar)



彼は新進のジャズピアニストでした。 彼のニューヨークでの夢は粉々になった。
He was a rising jazz pianist. then his N.Y.C. dreames were shattered

NY times 2020/10/22 
https://www.nytimes.com/2020/10/22/nyregion/jazz-pianist-attack-racism.html
















ピアニストの海野雅威(ウンノ・タダタカ)、海野爽夏(ウンノ・サヤカ)による画像。
An image provided by Sayaka Unno, pianist Tadataka Unno.

警察は、海野への攻撃はヘイトクライムではないと述べたが、ソーシャルメディアは同意しなかった。
The police said an attack on Unno was not a hate crime, but social media disagreed.

現在、彼は日本への帰国を検討しています。 (ニューヨークタイムズ経由の海野爽夏)
Now he’s considering a return to Japan. (Sayaka Unno via The New York Times)


彼はジャズミュージシャンとして東京からニューヨークにやって来て、いくつかのツアー・バンドでギグを上陸させ、彼自身のトリオを率いました。
He came to New York from Tokyo to make it as a jazz musician, and he did, landing gigs in several touring bands and leading a trio of his own.

彼はエレガントでしたが、ピアノで派手になることはなく、常に準備が整っていて時間通りでした。
He was elegant but never flashy on the piano, always well prepared and on time.


それは簡単な道ではありませんでした。 9月27日の夕方7時20分頃、その道はさらに難しくなりました。
It was not an easy path. On Sept 27, at around 7:20 in the evening, that path got a lot harder.

ビデオ撮影の後、ウェスト135thストリートで地下鉄を降りたところ、新しい父親である海野雅威(40)は、ターンタイルへの道を塞いだ約8人の若者のグループに遭遇しました。
Coming off the subway at West 135th Street after a video shoot, Tadataka Unno, 40, a new father, encountered a group of about eight young people who blocked his way to the turnstiles.

彼が通り抜けようとしたとき、彼らの一人が彼を後ろから押し込んだ。 別の人は彼が彼女を押したと言いました、そして彼女の近くの若い男は「私の女の子は妊娠しています」と言いました。
When he tried to pass through, one of them shoved him from behind. Another said he had pushed her, and a young man near her said, “My girl is pregnant.”


それが殴打が始まったときです。最初は地下鉄の駅で、次に通りで、人々が彼を助けてくれるように叫んだが、役に立たなかった。
That’s when the beating started — first in the subway station and then up on the street, where he yelled for people to help him, to no avail.


「これが私が死ぬつもりだった方法だと思った」と彼は2週間後に思い出し、それについて話すのはまだ苦痛だったので、書面で攻撃について説明した。
“I thought that this was how I was going to die,” he recalled two weeks later, describing the attack in a written note because it was still painful to talk about it.

彼はグループの何人が彼を殴ったのか知りませんでした。
He did not know how many in the group had hit him.

彼らは彼の右鎖骨を骨折し、彼の腕を負傷させ、彼をいたるところに傷つけました。
They fractured his right collarbone, injured his arm and bruised him all over.

骨折の手術後、彼は再びピアノを弾けるかどうか確信が持てなかった。
After surgery for the broken bones, he was not sure whether he would ever be able to play the piano again.

彼は右手をまったく使うことができず、左手ですべてを行うことを学んでいると言いました。
He has been unable to use his right hand at all and said he is learning to do everything with his left hand.



警察は逮捕をしなかったが、海野氏は暴行が地下鉄駅のカメラで捕らえられたと言った。
The police have made no arrests, although Unno said the assault was captured on camera in the subway station.

彼は、攻撃者の少なくとも1人が、冒涜(ボウトク)的な表現とともに、彼を「アジア人」および「中国人」と呼んでいたことを思い出しました。
He remembered at least one of the attackers calling him “Asian” and “Chinese,” along with a profanity.


「私は文化を知る必要がありました。」
‘I needed to know the culture.’

人生はどれくらい早くコースを変えますか?
How quickly does a life change course?

海野雅威はニューヨークに到着する運命にあった。
Tadataka Unno was fated to arrive in New York.

彼は9歳でジャズピアノを始め、18歳で日本でプロとして演奏し始めました。
He started playing jazz piano at age 9, and playing professionally in Japan at 18.

仕事は着実で満足のいくもので、ほぼ毎晩レコーディングの機会とギグがありました。
The work was steady and gratifying, with recording opportunities and gigs almost every night.

しかし、10年後、彼は何かが足りないと感じた、と彼は電話インタビューで言った。
But, after a decade, he felt there was something missing, he said in a telephone interview.

彼は日本のレコードを聴くことができましたが、ジャズはレコーディング以上のものでした。
He could listen to records in Japan, but jazz was more than recordings.

「私は文化を知る必要がありました」と彼は言いました。
“I needed to know the culture,” he said.


2008年、彼が27歳のとき、彼がニューヨークに引っ越すと言ったとき、彼の母親は泣きました。 彼女はニューヨークは危険だと思った。
In 2008, when he was 27, his mother cried when he said he was moving to New York. She thought New York was dangerous.

「私は自分のヒーローに会い、彼らと遊んだり、話したり、たむろしたりしたかった」と彼は言った。
“I wanted to meet my heroes, to play with them, to talk, to hang out,” he said.

「私が日本にいるなら、それは決して起こりません。」
“If I stay in Japan, it’ll never happen.”

彼と彼の妻、爽夏(サヤカ)は、2008年6月19日にハーレムに到着しました。
He and his wife, Sayaka, arrived in Harlem on June 19, 2008.

ハーレムはジャズの歴史があった場所でした。 「私は誰も知りませんでした」と彼は言いました。
Harlem was where jazz history lived. “I didn’t know anybody,” he said.

「私には仕事がありませんでした。
“I didn’t have any job.

しかし、私はそれについて心配しませんでした。 ニューヨークに来られて本当に嬉しかったです。」
But I didn’t worry about it. I was just happy to be in New York.”


ニューヨークはそれらの夢を頻繁に破ります。 しかし、海野氏はそれらを機能させました。
New York breaks those dreams more often than not. But Unno made them work.

「彼はニューヨークのシーンで活躍するジャズピアノ奏者の一人です」と、ダウンタウンの2つのクラブであるSmalls andMezzrowを所有および運営しているピアニストのSpikeWilnerは述べています。
“He’s one of the workman jazz piano players on the New York scene,” said Spike Wilner, a pianist who owns and runs Smalls and Mezzrow, two clubs downtown.

「彼は一生懸命働き、一生懸命練習しますが、必ずしも知名度が高いとは限りません。
“He works hard, practices hard, but he’s not necessarily high profile.

しかし、彼は素晴らしいピアニストで、エレガントです。 そして個性的で、とても優しい。
But he’s a tasty pianist, elegant. And a sweetheart of a guy, very gentle.

彼は私をスパイクさんと呼び、私は彼を多田さんと呼んでいます。 誰もが彼を愛しています。」
He calls me Spike-san, and I call him Tada-san. Everybody loves him.”


彼は、マイルス・デイビスのアルバム「カインド・オブ・ブルー」でドラムを演奏したジミー・コブと一緒に仕事をしました。これは、ラシュモア山で最後から2番目のようです。
He got work playing with Jimmy Cobb, who played drums on Miles Davis’ album “Kind of Blue,” which is like being second from the end at Mount Rushmore.

これは、トランペット奏者のロイ・ハーグローヴとの2年間の任務につながりました。これは、海野氏の世代に近い現象です。
This led to a two-year stint with trumpeter Roy Hargrove, a phenom closer to Unno’s generation.


「ロイが私の前にアジア人を雇ったことは一度もないので、それは歴史的な瞬間でした」と海野氏は明らかに誇りを持って言った。
“That was a historical moment because Roy never hired an Asian guy before me,” Unno said with obvious pride.

ハーグローブは2年前に腎臓病によって引き起こされた心停止で49歳で亡くなりました。海野氏は彼の最後の定期的なピアニストでした。
Hargrove died of cardiac arrest brought on by kidney disease two years ago, at age 49. Unno was his last regular pianist.

「彼は私にたくさんの愛と文化、歴史を与えてくれました」と海野氏は言いました。
“He gave me so much love and culture, history,” Unno said.


「私は彼から学んだことに責任があると感じています。 私は自分の音楽を通して、それを自分のやり方にする必要があります。」
“I feel I have a responsibility for what I learned from him. I need to make it my own way, through my music.”


海野氏は、アフリカ系アメリカ人が開発した音楽ジャンルで活動していることを常にジャズの人種的ダイナミクスに強く認識していたと、日本で彼に会ったドラマー兼ジャズ教育者の友人、ジェローム・ジェニングスは語った。
Unno was always keenly aware of the racial dynamic of jazz, that he was working in a music genre developed by African Americans, said his friend Jerome Jennings, a drummer and jazz educator who met him back in Japan.


「彼は常に文化をよりよく理解するために質問をしていました」とジェニングスは言いました。
“He was always asking questions to get a better understanding of the culture,” Jennings said.

「「ディキシーをキープできます/ハーレムに降ろしてください」という歌詞があります。多田は「ディキシーとはどういう意味ですか?」と尋ねました。
“There’s a song lyric, ‘You can keep your Dixie / Drop me off in Harlem.’ Tada asked me, ‘What does Dixie mean?’

彼は文化を摂取し、それを理解することに完全にオープンでした。 彼はただそれを吸収した。
He was totally open to ingesting the culture and understanding it by any means. He just soaked it up.

ハーレムに住むこともその一部でした。 彼はそれがそれらすべての偉大なミュージシャンが住んでいた場所であることを理解しました。 彼はその重要性を知っていました。」
Living in Harlem was part of that. He understood it was where all those great musicians lived. He knew the importance.”


2020年までに、彼が東京を離れてニューヨークに向かったときに彼が想像していたことのほとんどが彼の道を進んだ。 彼には仲間、認識、そして音楽がありました。 6月に彼と彼の妻は彼らの最初の子供、息子をもうけました。
By 2020, most of what he had envisioned when he left Tokyo for New York had come his way. He had peers, recognition and music. In June he and his wife had their first child, a son.

「彼はとても幸せだった」とウィルナーは言った。 「もちろん、仕事を続け、物事を取り入れ続けることは彼に大きなプレッシャーをかけます。しかし、彼は非常に興奮しています。」
“He was so happy,” Wilner said. “Of course, it puts a lot of pressure on him to keep working, keep things coming in. But he’s very excited.”



人種的な形容詞
The racial epithet


攻撃が進むにつれ、彼は救急車を呼んだ女性に救われ、ハーレム病院センターに連れて行かれたと海野氏は語った。
As the attack went on, Unno said, he was saved by a woman who called for an ambulance, which took him to Harlem Hospital Center.

彼は殴打と傍観者の介入への不本意からショックを受けました。このようなことは彼に起こったことがありませんでした。
He was in shock from the beating and from the unwillingness of bystanders to step in. Nothing like this had ever happened to him.

彼は腕を動かすことができず、手術のために戻る必要がありました。
He could not move his arm and would have to return for surgery.

自宅では、妻には「世話をする赤ちゃんが2人いる」ように感じたと彼は語った。
At home, he said, he felt like his wife had “two babies to take care of.”


10月3日、ジェニングスは医療費やその他の費用を集めるためにGoFundMeキャンペーンを作成しました。
On Oct 3, Jennings created a GoFundMe campaign to raise money for medical bills and other expenses.

3月のパンデミックの開始以来、海野氏は他のミュージシャンと同様に演奏によってお金を稼ぐことができませんでした。
Since the start of the pandemic in March, Unno, like other musicians, had been unable to earn money by performing.

現在、彼のダウンタイムは無期限で、家に赤ちゃんがいて、請求書が山積みになっています。
Now his downtime was indefinite, with a baby at home and bills piling up.


攻撃者による人種的な発言に言及しなかったGoFundMeキャンペーンは、初日に25,000ドルという控えめな目標を上回りました。
The GoFundMe campaign, which made no mention of any racial remarks made by the attackers, surpassed its modest goal of $25,000 on the first day.

ソーシャルメディアへの投稿が広まり、海野氏が完全に回復することを願って、お金は入り続けました。
The money kept coming in, with posts on social media spreading the word and wishing Unno a full recovery.

その後、10月6日、日本の報道機関である朝日新聞は、攻撃者の1人が攻撃中に「中国語」という単語を使用したと海野氏を引用しました。
Then on Oct 6, Japanese news outlet Asahi Shimbun quoted Unno saying that one of the attackers had used the word “Chinese” during the attack.


アジアと米国の他のアウトレットは、スラーを強調して、話を取り上げました。
Other outlets in Asia and the United States picked up the story, emphasising the slur.

「日本のミュージシャンが「中国人」であるためにニューヨークで殴打された」は、ジャパントゥデイのヘッドラインを飾りました。
“Japanese Musician Beaten Up in New York for Being ‘Chinese,’” ran the headline in Japan Today.

ドナルド・トランプ大統領が繰り返し中国を非難しているパンデミックの開始以来、アジア系アメリカ人に対する犯罪が増加していると多くの人が指摘した。
Many noted that crimes against Asian Americans have risen since the start of the pandemic, which President Donald Trump has repeatedly blamed on China.



海野氏は、人種差別に関する自分たちの経験を語った日系アメリカ人から大量のメッセージを受け取りました。 彼は彼らの数に驚いた。
Unno received an outpouring of messages from Japanese Americans who recounted their own experiences with racism. He was astonished by their number.

メッセージを読んでいると、「私の痛みは彼らの痛みだった」と彼は言った。
As he read the messages, he said, “My pain was their pain.”


しかし、一見無意味な犯罪の背後にある動機を確実に知ることは難しい場合があります。
But the motives behind a seemingly senseless crime can be hard to know with certainty.

警察は、グループが彼の人種のために海野氏を攻撃したという兆候を発見しておらず、攻撃を偏見犯罪として分類していません。
The police have found no indication that the group attacked Unno because of his race and have not classified the attack as a bias crime.


海野氏は、攻撃は「ぼやけた」ものだったが、彼はその人種的中傷を聞いたことがあると確信していると述べた。
Unno said that the attack was a “blur” but that he was sure he had heard the slur.

トランプの影響が攻撃に関与したという証拠はありませんでした。
There was no evidence that Trump’s influence had a role in the attack.



海野氏は、一日を乗り切るにはまだ「非常に強力な鎮痛剤」が必要だと語った。
Unno said he still needed “very strong painkillers” to get through the day.

彼はピアノを弾いたり息子を抱いたりすることができず、どれだけの機能を取り戻すことができるかわかりません。
He is unable to play piano or hold his son, and does not know how much function he will regain.

身体の回復を心配しているときでさえ、彼は感情的なトラウマからの回復がさらに難しいかもしれないことを恐れています。
Even as he worries about his physical recovery, he fears that recovering from the emotional trauma may be even more difficult.

襲撃以来、彼は恐れているため、治療を除いてアパートを出ていません。
Since the attack he has not left the apartment except for medical treatments because he is afraid.

彼は最初の一撃で眼鏡を失ったので、攻撃者を認識できなかったと思います。
He does not think he could recognise the attackers, because he lost his glasses with the first blows.




攻撃されるまで、彼はニューヨークで人種差別を経験したことがなかったと彼は言った、そしてそれは彼を震撼させた。
Until the attack, he had never experienced racism in New York, he said, and it shook him.

彼は彼のようではない人々と混ざり合うために街に来ていました、そして今彼はこの違いのために苦しんでいました。
He had come to the city to mix with people not like him, and now he was suffering for this difference.


彼はかつて彼を太陽のように引き寄せた街を去り、おそらく日本に戻ることを考えていると言った。
He said he was considering leaving the city that once drew him like the sun, possibly returning to Japan.

「妻と私は、特にこれが起こった後、ここで子供を育てることを心配しています」と彼は言いました。
“My wife and I worry about raising kids here, especially after this happened,” he said.


自分たちの試練について話している他のアジア系アメリカ人からのメッセージは、「アジア人がこれらの問題について話すためのスペースを作るブラック・ライヴズ・マターのような大きな運動はない」と彼は言った。
The messages from other Asian Americans talking about their own ordeals, he said, brought home that “there isn’t a major movement like Black Lives Matter that creates a space for Asians to talk about these issues.”


それを変える必要があると彼は言った。
That needed to change, he said.


「アジアのコミュニティはそれほど緊密ではありません。
“The Asian community is not so tight.

アジアの人々は立ち上がって行動を起こす必要があります。」
Asian people need to stand up and take action.”


© 2020 The New York Times Company




ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2040-ad98c081

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
17位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる