Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |放し飼いの飼い猫が米国の野生生物に与える影響 NATURE 2013/1/29
FC2ブログ

Entries

放し飼いの飼い猫が米国の野生生物に与える影響 NATURE 2013/1/29

En:(grammar)




米国のネコ、数十億羽の鳥を毎年殺害
https://www.afpbb.com/articles/-/2924432

【1月30日 AFP】米国内のネコが毎年、最高37億羽の鳥と207億匹のネズミなどの小動物を殺しているとの研究が、29日の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に掲載された。

 論文によると、鳥や小動物が死ぬ人為的な要因として、生息地の喪失や農薬、狩猟などを上回り、ネコがおそらく最大の要因だという。

 研究を行ったのは、米スミソニアン保全生物学研究所(Smithsonian Conservation Biology Institute)のスコット・ロス(Scott Loss)氏率いるチーム。研究チームはネコの捕食行為についての既存の研究を分析した。



放し飼いの飼い猫が米国の野生生物に与える影響
The impact of free-ranging domestic cats on wildlife of the United States


https://www.nature.com/articles/ncomms2380
2013/1/29 Scott R. Loss, Tom Will & Peter P. Marra







概要
Abstract

人工構造物との衝突、車両、中毒、飼いならされたペットによる捕食などの人為的脅威が組み合わさって、毎年何十億もの野生生物が殺されています。
Anthropogenic threats, such as collisions with man-made structures, vehicles, poisoning and predation by domestic pets, combine to kill billions of wildlife annually.

放し飼いの飼い猫は世界的に導入されており、島々で複数の野生生物の絶滅に貢献しています。
Free-ranging domestic cats have been introduced globally and have contributed to multiple wildlife extinctions on islands.

彼らが本土地域で引き起こす死亡率の大きさは推測的なままであり、非体系的な分析に基づく大規模な推定と科学的データのほとんど考慮がありません。
The magnitude of mortality they cause in mainland areas remains speculative, with large-scale estimates based on non-systematic analyses and little consideration of scientific data.

ここでは、系統的レビューを実施し、米国の猫による死亡率を定量的に推定します。
Here we conduct a systematic review and quantitatively estimate mortality caused by cats in the United States.

放し飼いの飼い猫は、年間13〜40億羽の鳥と、63〜223億羽の哺乳類を殺していると推定されています。
We estimate that free-ranging domestic cats kill 1.3–4.0 billion birds and 6.3–22.3 billion mammals annually.

飼い猫とは対照的に、飼い猫はこの死亡率の大部分を引き起こします。
Un-owned cats, as opposed to owned pets, cause the majority of this mortality.

私たちの調査結果は、放し飼いの猫が以前に考えられていたよりも実質的に大きな野生生物の死亡率を引き起こし、米国の鳥や哺乳類の人為的死亡率の最大の原因である可能性が高いことを示唆しています。
Our findings suggest that free-ranging cats cause substantially greater wildlife mortality than previously thought and are likely the single greatest source of anthropogenic mortality for US birds and mammals.

この影響を減らすには、科学的に健全な保全と政策介入が必要です。
Scientifically sound conservation and policy intervention is needed to reduce this impact.


導入
Introduction

飼い猫(Felis catus)は、人間が世界的に持ち込んだ捕食者であり、世界で最悪の100の非在来侵入種にリストされています。
Domestic cats (Felis catus) are predators that humans have introduced globally and that have been listed among the 100 worst non-native invasive species in the world.


島の放し飼いの猫は、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストによって記録された現代の鳥、哺乳類、爬虫類の33種(14%)の絶滅を引き起こしたか、その一因となっています。
Free-ranging cats on islands have caused or contributed to 33 (14%) of the modern bird, mammal and reptile extinctions recorded by the International Union for Conservation of Nature (IUCN) Red List.

3つの大陸からの証拠が増えていることは、猫が本土の鳥や哺乳類の個体数を局所的に減らし、野生生物の総死亡率のかなりの割合を引き起こす可能性があることを示しています。
Mounting evidence from three continents indicates that cats can also locally reduce mainland bird and mammal populations and cause a substantial proportion of total wildlife mortality.

これらの有害な影響にもかかわらず、放し飼いの猫の個体数の管理とペットの飼い主の行動の規制に関する方針は、生態学的な影響ではなく、動物福祉の問題によって決定されます。
Despite these harmful effects, policies for management of free-ranging cat populations and regulation of pet ownership behaviours are dictated by animal welfare issues rather than ecological impacts11.


Trap-Neuter-Return(TNR)コロニーなど、放し飼いの猫を管理するプロジェクトは、野生生物の個体数に害を及ぼす可能性があります。
Projects to manage free-ranging cats, such as Trap-Neuter-Return (TNR) colonies, are potentially harmful to wildlife populations,

しかし、広範な公的知識、科学的証拠の考慮、または有害な環境への影響を伴う行動に通常必要とされる環境レビュープロセスなしに、米国全体で実施されています。
but are implemented across the United States without widespread public knowledge, consideration of scientific evidence or the environmental review processes typically required for actions with harmful environmental consequences.


放し飼いの猫の管理に対する現在の非科学的アプローチの主な理由は、猫の捕食による総死亡率は、人工構造物との衝突や生息地の破壊などの他の人為的脅威と比較して無視できると主張されることが多いためです。
A major reason for the current non-scientific approach to management of free-ranging cats is that total mortality from cat predation is often argued to be negligible compared with other anthropogenic threats, such as collisions with man-made structures and habitat destruction.

ただし、死亡源の保全の重要性を評価するには、死亡者の総数の推定に加えて、殺されている種(たとえば、在来種と非在来種、希少種と一般種)を特定する必要があります。
However, assessing the conservation importance of a mortality source requires identification of which species are being killed (for example, native versus non-native invasive species and rare versus common species) in addition to estimation of total numbers of fatalities.

飼い猫と飼い猫の両方を含むすべての猫による捕食による米国の鳥の年間死亡率の推定値は、数億匹にのぼります。
Estimates of annual US bird mortality from predation by all cats, including both owned and un-owned cats, are in the hundreds of millions

(私たちは、所有されていない猫を、農場/納屋の猫、人間が飼育しているが生息地へのアクセスが許可されていない野良猫、助成を受けたコロニーの猫、完全に野生の猫を含むと定義しています)。
(we define un-owned cats to include farm/barn cats, strays that are fed by humans but not granted access to habitations, cats in subsidized colonies and cats that are completely feral).

この規模は、人為的な鳥の死亡率の上位の原因の1つに猫を配置します。
This magnitude would place cats among the top sources of anthropogenic bird mortality;

しかし、窓と建物の衝突はさらに大きな死亡率を引き起こすことが示唆されています。
however, window and building collisions have been suggested to cause even greater mortality.

猫の捕食による死亡率の既存の推定値は推測であり、科学的データに基づくものではなく、せいぜい単一の研究からの結果の外挿に基づいています。
Existing estimates of mortality from cat predation are speculative and not based on scientific data or, at best, are based on extrapolation of results from a single study18.

さらに、猫の食餌の実質的な構成要素を形成する哺乳類の大規模な死亡率の推定値は存在しません。
In addition, no large-scale mortality estimates exist for mammals, which form a substantial component of cat diets.


飼い猫と飼い猫の捕食率を推定する研究のデータ駆動型系統的レビューを実施し、米国本土全体(アラスカとハワイを除くすべての州)のすべての猫によって引き起こされる鳥と哺乳類の死亡率の大きさを推定しました。
We conducted a data-driven systematic review of studies that estimate predation rates of owned and un-owned cats, and estimated the magnitude of bird and mammal mortality caused by all cats across the contiguous United States (all states excluding Alaska and Hawaii).

放し飼いの飼い猫は年間13〜40億羽の鳥と63〜223億羽の哺乳類を殺し、飼い猫がこの死亡率の大部分を引き起こしていると推定しています。
We estimate that free-ranging domestic cats kill 1.3–4.0 billion birds and 6.3–22.3 billion mammals annually, and that un-owned cats cause the majority of this mortality.

この死亡率の大きさは、野生生物に対する猫の捕食の以前の推定よりもはるかに大きく、米国の鳥や哺乳類の他のすべての人為的死亡率を超える可能性があります。
This magnitude of mortality is far greater than previous estimates of cat predation on wildlife and may exceed all other sources of anthropogenic mortality of US birds and mammals.



結果
Results

猫の捕食によって引き起こされる鳥の死亡率の大きさ
The magnitude of bird mortality caused by cat predation

分析の精度を高めるために設計された先験的な包含基準を満たさなかった研究を除外した後、鳥と哺乳類の捕食率の確率分布を作成しました。
After excluding studies that did not meet a priori inclusion criteria designed to increase the accuracy of our analysis, we developed probability distributions of predation rates on birds and mammals.


米国の猫の個体数サイズについて、捕食率の分布と文献から得られた確率分布を組み合わせ、屋外で許可されている飼い猫の割合も考慮しました。
We combined predation rate distributions with literature-derived probability distributions for US cat population sizes, and we also accounted for the proportion of owned cats allowed outdoors,

狩りをする飼い猫と飼い猫の割合、および飼い猫の獲物の不完全な検出。
the proportion of owned and un-owned cats that hunt, and imperfect detection of owned cats’ prey items.


上記の分布(所有猫と非所有猫の別々の捕食率分布を含む)を組み込み、10,000回の計算を繰り返すことにより、猫の捕食によって引き起こされる鳥と哺乳類の死亡率の推定範囲を生成しました。
We generated an estimated range of bird and mammal mortality caused by cat predation by incorporating the above distributions—including separate predation rate distributions for owned and un-owned cats—and running 10,000 calculation iterations.

他の温帯地域からの捕食率の推定値を組み込むことにより、米国の捕食データを補強しました(補足表S1)。
We augmented US predation data by incorporating predation rate estimates from other temperate regions (Supplementary Table S1).

鳥については、以下の研究からの捕食データに基づいて、3つの米国の死亡率の推定値を生成しました。
For birds, we generated three US mortality estimates based on predation data from studies in:

(1)米国、(2)米国とヨーロッパ、および(3)米国、ヨーロッパ、およびその他の温帯地域(主にオーストラリアとニュージーランド)。
(1)the United States, (2) the United States and Europe and (3) the United States, Europe, and other temperate regions (primarily Australia and New Zealand).

哺乳類に対する所有されていない猫の捕食に関する米国の研究が不足しているため、データグループ2および3を使用して哺乳類の死亡率を推定しました。
Owing to a lack of US studies of un-owned cat predation on mammals, we estimated mammal mortality using data groupings 2 and 3.

他のすべての確率分布は、米国の研究に基づいています(分布の詳細は表1、データは補足表S2)。
We based all other probability distributions on US studies (distribution details in Table 1; data in Supplementary Table S2).





ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/2036-cc2169eb

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
82位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
16位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>