Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |中国の収容所、ウイグル族のモデルが内部を撮影 BBC 2020/8/4
FC2ブログ

Entries

中国の収容所、ウイグル族のモデルが内部を撮影 BBC 2020/8/4

En:(grammar)



中国ウイグル人:モデルのビデオは、収容所の中で珍しい一面を与えます
China Uighurs: A model's video gives a rare glimpse inside internment
https://www.bbc.com/news/world-asia-china-53650246

By John Sudworth
BBC News
4 August 2020


















マーダン・ギャパーはカメラのポーズに慣れていました。
Merdan Ghappar was used to posing for the camera.

中国の大規模なオンライン小売業者である淘宝網のモデルとして、31歳の彼は、衣料品ブランドの滑らかなプロモーションビデオで彼の格好を誇示した。
As a model for the massive Chinese online retailer Taobao, the 31-year-old was well paid to flaunt his good looks in slick promotional videos for clothing brands.

しかし、ギャパー氏の1つのビデオは異なります。 派手なスタジオやファッショナブルな街並みの代わりに、背景は素朴な部屋で、窓には汚れた壁と金属網があります。
But one video of Mr Ghappar is different. Instead of a glitzy studio or fashionable city street, the backdrop is a bare room with grubby walls and steel mesh on the window.

そして、ポーズの代わりに、気になる表情でギャパー氏は静かに座っている。
And in place of the posing, Mr Ghappar sits silently with an anxious expression on his face.

右手でカメラを握ると、汚れた服、腫れた足首、左手首をベッドの金属フレームに固定している手錠のセットが現れます。これは部屋で唯一の家具です。
Holding the camera with his right hand, he reveals his dirty clothes, his swollen ankles, and a set of handcuffs fixing his left wrist to the metal frame of the bed - the only piece of furniture in the room.

ギャパー氏のビデオは、多数の付随するテキストメッセージとともにBBCにも渡され、内部から直接送信される、中国の非常に安全で秘密の拘留システムの身も凍るような非常にまれな直接の説明を提供します。
The video of Mr Ghappar, along with a number of accompanying text messages also passed to the BBC, together provide a chilling and extremely rare first-hand account of China's highly secure and secretive detention system - sent directly from the inside.


この資料は、中国の新疆の極西地域における分離主義、テロ、および過激主義の「3悪の勢力」と呼ばれるものに対する中国の戦いの影響を文書化した一連の証拠に追加されています。
The material adds to the body of evidence documenting the impact of China's fight against what it calls the "three evil forces" of separatism, terrorism, and extremism in the country's far western region of Xinjiang.

過去数年にわたって、信頼できる推定によれば、100万人以上のウイグル人やその他の少数民族が、中国が抗過激主義の訓練のための自主的な学校であると主張している新疆の非常に安全なキャンプのネットワークに強制されています。
Over the past few years, credible estimates suggest, more than one million Uighurs and other minorities have been forced into a network of highly secure camps in Xinjiang that China has insisted are voluntary schools for anti-extremism training.

数千人の子供たちが両親から離れており、最近の研究によると、女性は強制的に避妊法にさらされています。
Thousands of children have been separated from their parents and, recent research shows, women have been forcibly subjected to methods of birth control.

拷問と虐待の明白な主張に加えて、ギャパー氏の報告は、ほとんどの再教育キャンプが閉鎖されたという中国の主張にもかかわらず、ウイグル人が依然としてかなりの数で拘留され、起訴されずに拘禁されている証拠を提供しているようです。
In addition to the clear allegations of torture and abuse, Mr Ghappar's account appears to provide evidence that, despite China's insistence that most re-education camps have been closed, Uighurs are still being detained in significant numbers and held without charge.

また、ウイグル人コミュニティに課せられた大きな心理的圧力についての新しい詳細情報も含まれています。彼が撮影した13歳の子供たちに「悔い改めて降伏する」ことを求める文書など、彼が撮影した文書も含まれています。
It also contains new details about the huge psychological pressure placed on Uighur communities, including a document he photographed which calls on children as young as 13 to "repent and surrender".

また、新疆ウイグル自治区では現在、コロナウイルス感染の数が急増しているため、汚いと混雑した状態は、世界的なパンデミックの際のこの種の大量拘留による感染の深刻なリスクを際立たせています。
And with Xinjiang currently experiencing a spike in the number of coronavirus infections, the dirty and crowded conditions he describes highlight the serious risk of contagion posed by this kind of mass detention during a global pandemic.

BBCは中国外務省と新疆当局に詳細なコメントを求めましたが、どちらも応答しませんでした。
The BBC sent detailed requests for comment to the Chinese Foreign Ministry and Xinjiang authorities but neither responded.

5か月前にメッセージが止まって以来、彼から連絡がないギャパー氏の家族は、彼の独房での4分38秒の彼のビデオの公開が、彼が直面する圧力と罰を増大させる可能性があることを認識しています。
Mr Ghappar's family, who have not heard from him since the messages stopped five months ago, are aware that the release of the four minute, thirty-eight second video of him in his cell might increase the pressure and punishment he faces.

しかし、彼らは彼の事件と一般的なウイグル人の窮状を強調することが彼らの最後の望みであると言います。
But they say it is their last hope, both to highlight his case and the plight of the Uighurs in general.

彼の叔父である現在はオランダに住んでいるアブダルハキム・ギャパーは、ジョージ・フロイドの警察による処遇の映像が米国における人種差別の強力な象徴となったのと同じように、この動画が世論を活性化できると信じています。
His uncle, Abdulhakim Ghappar, who now lives in the Netherlands, believes the video could galvanise public opinion in the same way that footage of the police treatment of George Floyd became a powerful symbol of racial discrimination in the US.

「彼らは彼らの競争のために残虐行為に直面しました」と彼は言います。
"They have both faced brutality for their race," he says.

「しかし、アメリカでは人々が声を上げている間、私たちの場合、沈黙があります。」
"But while in America people are raising their voices, in our case there is silence."

2009年、当時の多くのウイグル人と同じように、マーダン・ギャパーは新疆を離れ、東部の中国の裕福な都市での機会を模索しました。
In 2009, Merdan Ghappar - like many Uighurs at that time - left Xinjiang to seek opportunity in China's wealthier cities in the east.

新疆芸術大学でダンスを学んだ後、彼は最初にダンサーとして働き、それから数年後、中国南部の都市である仏山でモデルとしての仕事を見つけました。
Having studied dance at Xinjiang Arts University, he found work first as a dancer and then, a few years later, as a model in the southern Chinese city of Foshan.

友人によると、ギャパー氏は1日あたり最大10,000 Rmb(£1,000)を稼ぐことができます。
Friends say Mr Ghappar could earn up to 10,000 Rmb (£1,000) per day.

彼の話は、国のダイナミックで活況を呈する経済と習近平国家主席の「チャイナドリーム」の宣伝のように読めます。
His story reads like an advert for the country's dynamic, booming economy and President Xi Jinping's "China Dream".

しかし、ウイグル人は、チュルク語、イスラム教への信仰、中央アジアの人々や文化への民族的つながりを備えており、中国の支配者による疑惑の対象と見なされ、より広い社会で差別に直面してきました。
But the Uighurs, with their Turkic language, Islamic faith and ethnic ties to the peoples and cultures of central Asia, have long been viewed as an object of suspicion by Chinese rulers and faced discrimination in wider society.


ギャパー氏の親類は、ギャパー氏は彼のモデリングのキャリアにとって彼のウイグルのアイデンティティを軽視し、彼の顔の特徴を「半ヨーロッパ人」と呼ぶことが最善であると言われたと言います。
Mr Ghappar's relatives say that Mr Ghappar was told it would be best for his modelling career to downplay his Uighur identity and refer to his facial features as "half-European".


そして、彼はかなり大きなアパートを買うのに十分なお金を稼いでいましたが、彼らは自分の名前でそれを登録することができず、代わりに漢族の友人の名前を使わなければならなかったと言います。
And although he had earned enough money to buy a sizeable apartment, they say he was unable to register it in his own name, instead having to use the name of a Han Chinese friend.

しかし、これらの不正は今やこれから起こることと比較して穏やかなように見えます。
But those injustices now seem mild by comparison with what was to come.

2013年に北京で歩行者と通勤者を狙った2つの残忍な攻撃と2014年に昆明の都市が中国でウイグル人分離主義者を非難したことから、州はウイグル文化を疑わしいだけでなく、陰謀だと見なし始めました。
Ever since two brutal attacks targeting pedestrians and commuters in Beijing in 2013 and the city of Kunming in 2014 - blamed by China on Uighur separatists - the state has begun to view Uighur culture as not only suspicious but seditious.

2018年までに、国家がその答えを出したとき-キャンプと刑務所の広大なシステムは新疆を越えて急速かつ広範囲に構築されました-ギャパー氏はまだ仏山に住んでいました。
By 2018, when the state had come up with its answer - the sprawling system of camps and jails built rapidly and extensively across Xinjiang - Mr Ghappar was still living in Foshan, where his life was about to take an abrupt turn for the worse.


その年の8月に彼は逮捕され、大麻を売ったとして16か月の懲役を言い渡された、彼の友人が主張した告発は踏みにじられた。
In August that year, he was arrested and sentenced to 16 months in prison for selling cannabis, a charge his friends insist was trumped up.


本当に有罪かどうかにかかわらず、無罪の可能性はほとんどなく、統計によると、中国の刑事裁判所に提起された被告の99%以上が有罪判決を受けています。
Whether truly guilty or not, there was little chance of an acquittal, with statistics showing that more than 99% of defendants brought before Chinese criminal courts are convicted.


しかし、2019年11月に彼が釈放されたとき、彼が勤務していたと感じた安心は短命でした。
But, upon his release in November 2019, any relief he felt at having served his time was short lived.

1か月ほど後、警察はドアをノックし、定期的な登録手続きを完了するために新疆に戻る必要があると彼に告げました。
Little more than a month later, police knocked on his door, telling him he needed to return to Xinjiang to complete a routine registration procedure.


BBCは、彼がこれ以上の犯罪の疑いがないことを示すように見える証拠を見た、当局は単に「彼は地元のコミュニティで数日間の教育を行う必要があるかもしれない」と述べた-キャンプの冒涜。
The BBC has seen evidence that appears to show he was not suspected of any further offence, with authorities simply stating that "he may need to do a few days of education at his local community" - a euphemism for the camps.


今年1月15日、彼の友人や家族は暖かい服と電話を空港に持ち込むことが許可され、その後、仏山から飛行機で出発し、2人の警官が故郷の新疆ウイグル自治区クチャに戻りました。
On 15 January this year, his friends and family were allowed to bring warm clothes and his phone to the airport, before he was put on a flight from Foshan and escorted by two officers back to his home city of Kucha in Xinjiang.


他のウイグル人が中国の他の場所または海外から強制的に帰国させられている証拠があり、ギャパー氏の家族は彼が再教育キャンプに姿を消したと確信していた。
There is evidence of other Uighurs being forced to return home, either from elsewhere in China or from abroad, and Mr Ghappar's family were convinced that he had disappeared into the re-education camps.

しかし、1か月以上後、彼らはいくつかの異常なニュースを受け取りました。
But more than a month later they received some extraordinary news.


どういうわけか、彼はなんとか自分の電話にアクセスでき、それを使って外の世界と通信していました。
Somehow, he had managed to get access to his phone and was using it to communicate with the outside world.

マーダン・ギャパーのテキストメッセージは、彼のセルフショットビデオと同じ部屋から送信されたと言われており、新疆に到着した後の彼の体験をさらに恐ろしい絵に描いています。
Merdan Ghappar's text messages, said to have been sent from the same room as his self-shot video, paint an even more terrifying picture of his experience after arriving in Xinjiang.

中国のソーシャルメディアアプリWeChatを介して書かれた彼は、彼が最初にクチャの刑務所に監禁されたと説明しています。
Written via the Chinese social media app WeChat, he explains that he was first kept in a police jail in Kucha.

「50平方メートル以下の小さな部屋に50人から60人が拘束されているのを見た。右側が男性、左側が女性だ」と彼は書いている。
"I saw 50 to 60 people detained in a small room no bigger than 50 square metres, men on the right, women on the left," he writes.

「誰もがいわゆる「フォーピーススーツ」、黒い頭の袋、手錠、足の束縛、および袖口と束縛をつなぐ鉄の鎖を身に着けていました。」
"Everyone was wearing a so-called 'four-piece-suit', a black head sack, handcuffs, leg shackles and an iron chain connecting the cuffs to the shackles."

これらの手と足を合わせた袖口の中国での使用は、過去に人権団体によって批判されてきました。
China's use of these combined hand and leg cuffs has been criticised in the past by human rights groups.

ギャパー氏はデバイスを装着するように作られ、収容室の3分の2をカバーするケージに入れられたエリアで仲間の受刑者と合流したところ、横になって眠る余地がないことがわかりました。
Mr Ghappar was made to wear the device and, joining his fellow inmates in a caged-off area covering around two-thirds of the cell, he found there was no room to lie down and sleep.

「私は袋を頭から持ち上げて、手錠がきつすぎて手首を痛めると警察官に話しました」と彼はテキストメッセージの一つに書いています。
"I lifted the sack on my head and told the police officer that the handcuffs were so tight they hurt my wrists," he writes in one of the text messages.

「彼は私に激しく叫び、 『あなたが再びあなたのフードを外したら、私はあなたを殴り殺します』と言った。
"He shouted fiercely at me, saying 'If you remove your hood again, I will beat you to death'.

その後、私はあえて話さないようにしました」と語った。
And after that I dared not to talk," he adds.

「ここで死ぬことは私が最後にしたいことです。」
"Dying here is the last thing I want."

彼は刑務所の他の場所から来る絶え間ない絶叫の音について書いています。
He writes about the constant sound of screaming, coming from elsewhere in the jail.

「取調べ室」と彼は示唆した。
"Interrogation rooms," he suggested.

そして、彼は、悪質で不衛生な状態について説明します-彼ら全員の間でほんの一握りのプラスチック製のボウルとスプーンを共有している間にシラミに苦しんでいる受刑者。
And he describes squalid and unsanitary conditions - inmates suffering from lice while sharing just a handful of plastic bowls and spoons between them all.

「警察は食べる前に、感染症の人に手を挙げてもらい、彼らが最後に食べることになるだろう」と彼は書いている。
"Before eating, the police would ask people with infectious diseases to put their hands up and they'd be the last to eat," he writes.

「でも、もっと早く食べたいなら、黙っていてもいい。道徳的な問題だよね?」
"But if you want to eat earlier, you can remain silent. It's a moral issue, do you understand?"

それから、1月22日、中国がコロナウイルス危機の最盛期にあったため、流行を制御する大規模な全国的な試みのニュースが囚人に届きました。
Then, on 22 January, with China at the height of its coronavirus crisis, news of a massive, nationwide attempt to control the epidemic reached the prisoners.

ギャパー氏の説明は、検疫ルールの施行が他の場所よりも新疆ではるかに厳しかったことを示唆しています。
Mr Ghappar's account suggests the enforcement of quarantine rules were much stricter in Xinjiang than elsewhere.

ある時点で、16歳から20歳の4人の若者が独房に入れられました。
At one point, four young men, aged between 16 and 20, were brought into the cell.

「流行の期間中、彼らは野球のような一種のゲームをしている外で発見された」と彼は書いている。
"During the epidemic period they were found outside playing a kind of game like baseball," he writes.

「彼らは警察署に連れて行かれ、彼らが赤ん坊のように叫び、お尻の皮膚が裂けて座ることができなくなるまで殴られました。」
"They were brought to the police station and beaten until they screamed like babies, the skin on their buttocks split open and they couldn't sit down."

警察官はすべての囚人にマスクを着用させ始めたが、彼らはまだ満員で、過密状態の独房に閉じ込められていなければならなかった。
The policemen began making all the prisoners wear masks, although they still had to remain hooded in the stuffy, over-crowded cell.

「フードとマスク-さらに空気が少なかった」と彼は書いている。
"A hood and a mask - there was even less air," he writes.

後で警官が体温計を持って来たとき、ギャパー氏を含む数人の受刑者が37C(98.6F)の通常の体温よりも高いと記録した。
When the officers later came around with thermometers, several inmates including Mr Ghappar, registered higher than the normal body temperature of 37C (98.6F).

まだ彼の「4ピースのスーツ」を着ていたので、彼は2階の別の部屋に移動され、夜は警備員が窓を開けたままにしていたので、空気が冷たくて眠れませんでした。
Still wearing his "four-piece suit", he was moved upstairs to another room where the guards kept the windows open at night, making the air so cold that he could not sleep.

拷問の音ははるかにはっきりしていたと彼は言った。
There, he said, the sounds of torture were much clearer.

「ある時、朝から晩まで男が叫ぶのを聞いた」と彼は言う。
"One time I heard a man screaming from morning until evening," he says.

数日後、囚人はミニバスに乗せられ、未知の場所に送られました。 風邪にかかっていて鼻が走っていたガパー氏は、残りの人から離れ、彼が送ったビデオに見られた施設に連れて行かれた-彼が「流行管理センター」と表現した場所。
A few days later, the prisoners were loaded onto minibuses and sent away to an unknown location. Mr Ghappar, who was suffering from a cold and with his nose running, was separated from the rest and taken to the facility seen in the video he sent - a place he described as an "epidemic control centre".

そこに着くと、彼はベッドに手錠をかけられました。
Once there, he was handcuffed to the bed.



「私の全身はシラミに覆われています。毎日私はそれらを捕まえて体から取り出します-とてもかゆいです」と彼は書いています。
"My whole body is covered in lice. Every day I catch them and pick them off from my body - it's so itchy," he writes.

「もちろん、ここの環境はそれらすべての人々がいる警察署よりも優れています。
"Of course, the environment here is better than the police station with all those people.

ここで私は一人暮らしをしていますが、私を守っている2人の人がいます。」
Here I live alone, but there are two people guarding me."


彼が言ったのは少しリラックスした政権だった、と彼は言葉を広めるために必要な機会を得た。
It was the slightly more relaxed regime that gave him, he says, the opportunity he needed to get word out.

彼の携帯電話は、彼の個人の所持品の中で当局に気付かれずに残っていたようであり、その一部は彼の新しい刑務所にアクセスできました。
His phone appears to have remained unnoticed by the authorities among his personal belongings, some of which he was given access to in his new place of imprisonment.


刑務所に入れられて18日後、彼は突然、そして密かに外の世界に触れました。
After 18 days inside the police jail, he was suddenly and secretly in touch with the outside world.

数日間、彼は自分の経験を説明しました。
For a few days he described his experiences.

その後、突然、メッセージが停止しました。
Then, suddenly, the messages stopped.

それ以来、ギャパー氏から何も聞いていない。
Nothing has been heard from Mr Ghappar since.

当局は彼の所在についての正式な通知も、彼の継続的な拘留の理由も提供していません。
The authorities have provided no formal notification of his whereabouts, nor any reason for his continued detention.

テキストメッセージの信頼性を個別に確認することはできません。
It is impossible to independently verify the authenticity of the text messages.

しかし、専門家は、特にバックグラウンドで聞こえる宣伝メッセージのために、ビデオ映像は本物であるように見えると言います。
But experts say that the video footage appears to be genuine, in particular because of the propaganda messages that can be heard in the background.

「新疆ウイグル自治区はかつて「東トルキスタン」ではありませんでした」と彼の窓の外のスピーカーからのウイグル語と中国語の両方での発表は述べています。
"Xinjiang has never been an 'East Turkistan'", says an announcement in both Uighur and Chinese from a loudspeaker outside his window.

「内外の分離主義勢力はこの地理的用語を政治化し、トルコ語を話し、イスラム教が団結することを信じる人々を求めた」と発表は述べている。
"Separatist forces at home and abroad have politicised this geographical term and called for those who speak Turkic languages and believe in Islam to unite," the announcement says.

ジョージタウン大学の歴史の教授であり、新疆における中国の政策の専門家であるジェームズミルワードは、ギャパー氏のBBCへのテキストメッセージを翻訳および分析しました。
James Millward, a professor of history at Georgetown University and an expert on China's policies in Xinjiang, translated and analysed Mr Ghappar's text messages for the BBC.

彼は新疆への彼の輸送から混雑した不衛生な状態での最初の処理まで、他のよく文書化されたケースと一致していると彼は言います。
He says they are consistent with other well documented cases, from his transportation back to Xinjiang and the initial processing in crowded, unsanitary conditions.

「警察が独房を保持しているというこの直接の説明は、非常に鮮明です」とミルワード教授は言う。
"This firsthand description of the police holding cell is very, very vivid," Professor Millward says.

「彼は非常に優れた中国語で書いており、率直に言って、これらの人々の扱い方について多くの恐ろしい詳細を述べています。したがって、それは非常にまれな情報源です。」
"He writes in very good Chinese and gives, frankly, a lot of horrific detail about the way these people are treated. So, it's quite a rare source."

共産主義の犠牲者追悼財団で研究している中国の研究員であり、別の主要な新疆の学者であるエイドリアン・ゼンツ博士は、ビデオの真の価値は、キャンプシステムが崩壊していると中国政府が主張していることだと示唆しています。
Dr Adrian Zenz, a senior fellow in China studies at the Victims of Communism Memorial Foundation, and another leading Xinjiang scholar, suggests that the video's real value is what it says about the Chinese government claim that the camp system is being wound down.

「それは非常に重要です」とゼンツ博士は言う。
"It is extremely significant," Dr Zenz says.

「この証言は、人々を拘留し、彼らを仕分けし、それからそれらを特別な司法収容所に送り込むシステム全体がこれが非常に進行中であることを示しています。」
"This testimony shows that the whole system of detaining people, sorting them and then feeding them into extra judicial internment… that this is very much ongoing."


別の信頼性の層は、伝染病対策センターのトイレの1つの床でそれを見つけた後にギャパー氏が送ったと情報源が言った文書の写真によって提供されます。
Another layer of credibility is provided by a photograph of a document that sources say Mr Ghappar sent after finding it on the floor of one of the epidemic control centre toilets.

この文書は、アクス県の共産党書記によるスピーチに言及しており、日付と場所は、ギャパー氏が拘留されていた頃に、クチャ市の公式サークルに広まった可能性が高いことを示唆しています。
The document refers to a speech made by the Communist Party Secretary of Aksu Prefecture, and the date and location suggest it could well have still been circulating in official circles in the city of Kucha around the time of Mr Ghappar's detention.

13歳の子供に「過ちを悔い改め、自発的に降伏する」ように勧める文書の要求は、ウイグル人やその他の少数民族の思考や行動に対する中国の監視と統制の程度を示す新しい証拠のようです。
The document's call for children as young as 13 to be encouraged to "repent for their mistakes and voluntarily surrender" appears to be new evidence of the extent of China's monitoring and control of the thoughts and behaviours of the Uighurs and other minorities.

「これは、未成年者が宗教活動の責任を問われるという公式の通知を見たのはこれが初めてだと思います」と、コロラド大学ボルダー校の人類学者であり、ウイグル人について広範囲に調査と執筆を行ったダレンバイラー博士は言います。
"I think this is the first time I've seen an official notice of minors being held responsible for their religious activity," says Dr Darren Byler, an anthropologist at the University of Colorado, Boulder who has researched and written extensively about the Uighurs.

マーダン・ギャパーのビデオおよびテキストメッセージの公開が彼に長期または過酷な罰のリスクを負わせるリスクにもかかわらず、彼に近い人々はもはや選択肢がないと言います。
Despite the risk that the publication of Merdan Ghappar's video and text messages will put him at risk of longer or harsher punishment, those close to him say they no longer have any choice.

アムステルダムの彼の家にいる彼の叔父、アブダルハキム・ガパーは言った。
"Staying silent will not help him either," says his uncle, Abdulhakim Ghappar, from his home in Amsterdam.


アブドゥルハキム氏は、拘留される前に甥と定期的に連絡を取り合っており、他のケースでもよく文書化されているように、この海外のつながりがガッパー氏が拘留された理由の1つであると信じています。
Abdulhakim says he kept in regular touch with his nephew before he was taken into detention, and he believes - as has been well documented in other cases - that this overseas connection is one of the reasons Mr Ghappar was detained.

「はい、私はそれについて100%確信しています」と彼は言った。 「私が海外にいて、中国の人権侵害に対する抗議に参加したからといって、彼は拘留された。」
"Yes, I am 100% sure about it," he said. "He was detained just because I am abroad and I take part in protests against Chinese human rights abuses."

アブドゥルハキムの行動主義は、2009年に新疆でウルムチ市での大規模な抗議の前にチラシを配るのを手伝ったときに始まったもので、そもそもオランダに逃れた理由です。
Abdulhakim's activism, which began in 2009 in Xinjiang when he helped hand out flyers ahead of a large-scale protest in the city of Urumqi, was the reason he fled to the Netherlands in the first place.

ウルムチでの抗議行動はその後、一連の暴力的暴動に巻き込まれ、中国当局はこれにより200人近くの命が奪われたと主張し、この地域の引き締め統制に向けた大きな転換点の1つと見られています。
The protest in Urumqi later spilled into a series of violent riots which, Chinese authorities say, claimed nearly 200 lives and are seen as another one of the major turning points towards its tightening control over the region.

中国当局が彼の逮捕を求めていると言われ、アブドゥルハキムはパスポートを手に入れて立ち去った。
Told that the Chinese authorities were seeking his arrest, Abdulhakim got himself a passport and left.

彼は戻ったことがない。
He has never been back.

彼は中国内外の彼の政治活動のすべてが平和的であり、彼の甥はまったく政治に関心を示したことがないと彼は主張している。
He insists that all of his political activities, both inside China and abroad, have been peaceful, and his nephew, he says, has never shown any interest in politics at all.

BBCから中国当局に送信された質問のリストは、マーダン・ギャパーまたは彼の叔父が中国での犯罪の疑いがあるかどうかを確認するように彼らに求めました。
The list of questions sent by the BBC to the Chinese authorities asked them to confirm whether Merdan Ghappar or his uncle are suspected of any crime in China.

それはまた、なぜギャパー氏がベッドに縛られたのか、そして虐待と拷問の彼の他の主張に対する当局からの反応を求めました。
It also asked why Mr Ghappar was shackled to a bed, and for a response from the authorities to his other allegations of mistreatment and torture.

どの質問にも答えられなかった。
None of the questions was answered.


マーダン・ギャパーがどこにいるにせよ、1つのことは明らかです。
Wherever Merdan Ghappar is now, one thing is clear.

麻薬犯罪に対する彼の以前の有罪判決が正当であったかどうかに関係なく、彼の現在の拘留は、十分に教育を受け、比較的成功したウイグル人でさえ、抑留システムの標的となり得ることの証拠です。
Whether his earlier conviction for a drugs offence was just or not, his current detention is proof that even well-educated and relatively successful Uighurs can become a target of the internment system.

「この若者は、ファッションモデルとしてすでに成功したキャリアを持っています」とミルワード教授は語った。
"This young man, as a fashion model, has a successful career already," said Professor Millward.

「彼は素晴らしい中国語を話し、上手に書き、派手なフレーズを使用しているので、これは職業上の目的で教育を必要とする人ではないことは明らかです。」
"He speaks wonderful Chinese, writes very well and uses fancy phrases, so clearly this is not someone who needs education for a vocational purpose."

エイドリアン・ゼンツ博士は、これがシステムのポイントであると主張します。
Dr Adrian Zenz argues that this is the point of the system.

「それは人の背景が実際にそれほど重要ではない」と彼は言います。
"It doesn't actually matter so much what the background of the person is," he says.

「重要なのは、彼らの忠誠心がシステムによってテストされているということです。
"What matters is that their loyalty has been tested by the system.

いつかほとんどすべての人が何らかの形の抑留または再教育を経験するようになり、誰もがこのシステムの対象となるでしょう。」
At some point almost everybody is going to experience some form of internment or re-education, everybody is going to be subjected to this system."

中国政府はウイグル人を迫害していると否定している。
The Chinese government denies that it is persecuting the Uighur population.

最近、米国からの問題に対する激しい批判の後、中国外務省のスポークスマンである華春瑩 氏はジョージ・フロイドの死を招き、米国のアフリカ系アメリカ人と比較して新疆ウイグル人は自由だったと述べた。
After heavy criticism over the issue recently from the US, a spokesman for China's Foreign Ministry, Hua Chunying, invoked the death of George Floyd, saying that Uighurs in Xinjiang were free in comparison to African Americans in the US.

しかし、未知の場所にあるベッドにつながれた彼のイメージに悩まされているマーダン・ギャパーの家族にとって、2つのケースの間には関係があります。
But for Merdan Ghappar's family, haunted by the image of him chained to a bed in an unknown location, there is a connection between the two cases.

「私がジョージ・フロイドのビデオを見たとき、それは私の甥のビデオを思い出させました」と、マーダンの叔父、アブダルハキムは言います。
"When I saw the George Floyd video it reminded me of my nephew's own video," says Merdan's uncle Abdulhakim.

「今ではウイグル人全体がジョージ・フロイドのようになっている」と彼は言う。 「私たちは息ができない。」
"The entire Uighur people are just like George Floyd now," he says. "We can't breathe."





ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1950-ee5f4b6e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
11位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる