Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |ラリー・エルダー「ファーガソンの嘘」
FC2ブログ

Entries

ラリー・エルダー「ファーガソンの嘘」

En:(grammar)


ラリー・エルダー「ファーガソンの嘘」
Larry Elder 「The Ferguson Lie」


本当か?嘘か?「ファーガソンの嘘」
https://togetter.com/li/1554942

PragerU 動画と和訳集
【2020アメリカ】 #Antifa暴動 関連記事和訳まとめ【随時更新】









今世紀の最も重要な出来事の1つは、2014年8月9日の午後の早い時間に起こりました。
One of the most significant events of this century happened in the early afternoon of August 9, 2014.

セントルイス郊外の都市、ミズーリ州ファーガソンで行われた。
It took place in Ferguson, Missouri, a city on the outskirts of St. Louis.


そのため、「ファーガソン」という名前を言うだけで誰もがあなたが話していることを知っているこのイベントが大衆心理に埋め込まれています。
So embedded in the popular mind is this event that if you just say the name “Ferguson,” everyone knows what you’re talking about:

警察の残虐行為と人種差別。
police brutality and racial injustice.


バラク・オバマ大統領は、2014年9月の国連での演説でそれを言及しました。
President Barack Obama referred to it in a speech before the United Nations in September 2014:

「アメリカの小さな都市、ミズーリ州ファーガソンにも注目が集まり、若者が殺され、コミュニティが分裂したことは知っています。
“I know the world also took notice of the small American city of Ferguson, Missouri, where a young man was killed, and a community was divided.

ですから、そうです。私たちには、人種的および民族的な緊張があります。」
So, yes—we have our own racial and ethnic tensions.”


大統領はその事件を過小評価した。
The president understated the case.

ファーガソンでの発砲事件は暴動の夜をもたらし、新しい社会運動、BLMに燃料を与えました。
The shooting in Ferguson led to nights of riots and gave fuel to a new social movement, Black Lives Matter.

その歴史的な重要性を考えると、事実を正確に把握することは有用です。
Given its historical importance, it would be useful, then, to make sure we have our facts straight.

だから此処に貴方の知識をテストするためのクイズがあります。
So here’s a quiz to test your knowledge.


最初の質問:本当? それとも嘘?
First question: True or false?

若い非武装の黒人男性、マイケル・ブラウン(19歳)は、白人の警察官、ダレン・ウィルソンによって殺されました。
A young, unarmed black man, Michael Brown, 19, was killed by a white police officer, Darren Wilson.

答えは本当です。
The answer is true.



本当? それとも嘘?
True or false?

ウィルソンは理由もなくブラウンを止めた。
Wilson stopped Brown for no good reason.


False.

警察のSUVを運転しているウィルソンは、ラジオで地元のコンビニエンス・ストアが強盗されたという電話を受けたところです。
Wilson, driving a police SUV, had just received a call on his radio that a local convenience store had been robbed.

彼は店の泥棒の説明に会った近くの通りの真ん中を歩いている2人の男性を見ました。
He saw two men walking in the middle of a nearby street who met the description of the store thieves.

ウィルソンは彼らまで車で行きました。
Wilson drove up to them.


彼が2人の男性に歩道への移動を要求したとき、男性の1人、マイケル・ブラウンは拒否しました。
When he asked the two men to move to the sidewalk, one of the men, Michael Brown, refused.

その後、ウィルソン警官は車から降りようとした。
Officer Wilson then attempted to get out of his car.

しかし、ブラウンはドアを塞ぎ、開いた窓から警官を殴りました。
But Brown blocked the door, punching the officer through the open window.

ブラウンがウィルソンの銃をつかもうとしたとき、闘争が続いた。
As Brown tried to grab Wilson’s gun, a struggle ensued.

ウィルソンはなんとか銃を発射し、ブラウンを手に負傷させた。
Wilson managed to fire his gun, wounding Brown in the hand.



本当? それとも嘘?
True or false?

ウィルソン警官は背中を向けたマイケル・ブラウン撃って射殺した。
Michael Brown’s back was turned to Officer Wilson when he was shot and killed.


False.

ブラウンは手に撃たれた後、パトカーから逃げ出した。
After being shot in the hand, Brown ran away from the police car.

ウィルソンは車から降りて彼を追跡した。
Wilson got out of the vehicle and pursued him.

その後、ブラウンは突然振り返り、ウィルソン警官に突進した。
Brown then suddenly turned and charged Officer Wilson.


以下は、法廷証拠にぴったり合う証人の証人がシーンをどのように説明したかです。
Here’s how one witness, whose testimony closely fits the forensic evidence, described the scene:

「ブラウンは警官に向かって突進した。
“[Brown] ran towards the officer, full charge.

警官は彼に数発の発砲をしました、そして、マイク・ブラウンは突進して前進しました。
The officer fired several shots at him and… Mike Brown continuously came forward in the charging motion...

そして彼が停止したとき、それは警官が発砲を止めたときです
And when he stopped, that's when the officer ceased fire...

彼がもう一度突進したとき、警官は反撃しました、私は言うでしょう
When he charged once more, the officer returned fire with, I would say…

3,4発
three to four shots.

そして、それはマイク・ブラウンが最終的に倒れたときです。
And that's when Mike Brown finally collapsed."

ブラウン家自身の医療専門家であり、尊敬される病理学者であるマイケル・バーデン博士もこの点を認めた。
The Brown family’s own medical expert, respected pathologist Dr. Michael Baden, also conceded this point.

ブラウンが負った傷は、逃げるのではなく、ウィルソンに向かってブラウンが突進するのと一致していた。
The wounds Brown suffered were consistent with Brown charging toward Wilson, not running away.



本当? それとも嘘?
True or false?

マイケル・ブラウンが射殺される前に、彼は両手を頭の上に上げて叫んだ。
Before Michael Brown was shot and killed, he raised his hands above his head and shouted,

「手を上げたから撃たないで。」
“Hands up. Don’t shoot.”


False

司法省の連邦捜査官は、ブラウンがこれまでに「撃たないで」ジェスチャーで手を挙げたという、
Federal investigators from Depatment of Justice found no credible
evidence that Brown ever raised his hands in a “don’t shoot”gesture

または何らかの方法で降伏するように警官の命令に注意したという、
信頼できる証拠を発見しませんでした
-or in any way heeded the officer's commands for him to surrender.


連邦レポートは、
The federal report concluded that

ブラウンを降伏させたと最初に述べた目撃者は彼らの最初の説明を取り消しました、
“…witnesses who originally stated Brown had his hands up in surrender
recanted their original accounts,

彼らが銃撃やその一部を目撃しなかったことを認めた…
admitting that they did not witness the shooting or parts of it…”

調査官はまた、ブラウンが今の象徴的なフレーズを発声したことはないと結論付けた。
Investigators also concluded Brown never uttered the now iconic phrase.


繰り返しになりますが、報道によると、メディアは、ブラウンが頭の上に手をかざしたときに、「撃たないで」と言ったと述べた目撃証言があると広く報道しています。
Again, from the report: “The media has widely reported that there is
witness tesimony that Brown say ‘don't shoot’ as he held
his hands above his head.

直面して、私たちの調査は、ブラウンが「撃たないで」と言ったと述べた目撃者を明らかにしませんでした。」
In face, our investigation did not reveal any eyewitness
who stated that Brown said ‘don't shoot.’”


それで、このフレーズはどこから来たのですか?
Where did this phrase come from, then?

おそらく、発砲直後にブラウンの仲間のドリアン・ジョンソンが作ったと思います
The best guess is that it was made up by Brown's companion, Dorian Johnson,
immediately after the shooting.

目撃者は彼が言ったと述べました、
Witnesses described him saying,

「警察は私の友人を射殺し、彼は両手を挙げていた。」
“The police shot my friend and his hands were up.”

そして伝言ゲームのように
And, like a game of telephone,

フレーズは近隣全体に急速に広まり、
the phrase spread quickly throughout the neighborhood,

「手を上げたから撃たないで。」に変化していった。
morphing into “Hands up. Don't shoot.”

メディアに取り上げられて増幅された後、活動家たちの聖歌となった。
Picked up and amplified by the media, it then became an anthem for activists.


本当? それとも嘘?
True or False?

地元の大陪審(ダイバイシン)調査と連邦捜査の両方で、ウィルソン警官は武力の行使が正当化されたと結論付けた。
A local grand jury investigation and a federal investigation
both concluded that Officer Wilson was justified in his use of force.

本当
True

地方大陪審とエリック・ホルダー司法長官が監督した連邦捜査も同じ結論に達しました。
The local grand jury and the federal investigation supervised by
Attorney General Eric Holder reached the same conclusion:

ウィルソン警官は何も悪いことはしない。
Officer Wilson do nothing wrong.

彼を起訴する根拠はなかった。
There was no basis on which t prosecute him.

マンハッタン研究所のヘザー・マック・ドナルドが本に書いた方法は次のとおりです。
Here's how Heather Mac Donald of the Manhattan Institute put it in her book,

警官との戦争:
The War on Cops:

「それは、高閾値(コウイキチ)の公民権侵害を「サポートしていない」証拠の問題ではなかった。
“It was not a question of evidence ‘not supporting’ high-threshold
civil rights charges;

それは親ブラウン、反ウィルソンの物語の事実上すべての側面を明言する証拠の問題でした。」
it was a question of evidence eviscerating virtually every aspect of the
pro-Brown, anti-Wilson narrative.”

これを置く別の方法があります:
There's another way to put this:

無実の黒人男性がミズーリ州ファーガソンで人種差別的な警官によって殺されたという声明は嘘です。
The statement that an innocdent black man was killed by a racist cop
in Ferguson, Missouri is a lie.

そうでないと言う人は、自分の目的のために故意に貴方を騙しているか、
事実をまったく知らないかのどちらかです。
Those who say otherwise are either willfully deceiving you for their own
purposes or are wholly ignorant of the facts.

今あなたは知っています。 それに応じて行動してください。
Now you know. Act accordingly.

ラリー・エルダーでした。
I'm Larry Elder for Prager University.




ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1873-833af008

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
11位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる