Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |進化に関する神話と誤解 ― アレックス・ジェンドラー
FC2ブログ

Entries

進化に関する神話と誤解 ― アレックス・ジェンドラー

En:(grammar)


進化に関する神話と誤解 ― アレックス・ジェンドラー
Myths and misconceptions about evolution - Alex Gendler










生物の進化については 神話や誤解も多いものです
Myths and misconceptions about evolution.

進化論を ここで改めて考えましょう
Let's talk about evolution.

大半の科学者は認めていますが
You've probably heard that some people consider it controversial,
even though most scientists don't.

たとえ 貴方が懐疑派ではなくても、
一部の人々は 今でも疑っていることは  恐らくご存じですよね
But even if you aren't one of those people
and you think you have a pretty good understanding of evolution,

進化について かなり理解しているつもりでも  進化に関して信じていたことの
一部が誤っている可能性は大いにあります
chances are you still believe some things about
it that aren't entirely right,

例えば こんな通説です
things like,

「進化とは 生物個体が 周りの環境に適応することだ」と
"Evolution is organisms adapting to their environment."

これは昔の説で 今は否定されている― 進化の理論です
This was an earlier, now discredited, theory of evolution.

ダーウィンが『種の起源』を 出版した年より
Almost 60 years before Darwin published his book,

さらに約60年前ジャン=バティスト・ラマルクは こう考えていました
Jean-Baptiste Lamarck proposed that

生物は その一生にわたって ある形質を発展させるように成長し
creatures evolve by developing certain traits over their lifetimes

それを子孫に引き渡すことで 進化するという説です
and then passing those on to their offspring.



彼は次の例を挙げて説明しました
For example, he thought that

キリンは高木の葉を食べようと首を伸ばす努力を一生続けた結果
because giraffes spent their lives stretching to reach leaves on higher branches,

親よりも首の長い子供が生まれるのだと
their children would be born with longer necks.

しかし今 遺伝の仕組みは この仮説とは異なることが確認されています
But we know now that's not how genetic inheritance works.

実際のところ 生物の個体が 進化することはありません
In fact, individual organisms don't evolve at all.

そうではなく 遺伝子の無作為な変異からやや首の長いキリンの子が生まれ
Instead, random genetic mutations cause some giraffes to be born with longer necks,

その個体は 他の個体よりも 生き残る確率が高くなる―
and that gives them a better chance to survive than the ones who weren't so lucky,

この説を 「適者生存」説といいます
which brings us to "survival of the fittest".


この説に従うと 進化で常に勝者となるのは
This makes it sound like evolution always favors

一番 大きく 一番 力が強く 一番 足の速い生物になりそうです
the biggest, strongest, or fastest creatures,

ただ実際は そうではありません
which is not really the case.

その理由は 進化で重視される適応のポイントが
「身の回りの環境に どれだけ適しているか」だからです
For one thing, evolutionary fitness is just a matter of how well-
suited they are to their current environment.

仮に 丈の高い樹木が絶滅し 短い草だけが残ったとすると
If all the tall trees suddenly died out and only short grass was left,

キリンは首が長いほうが かえって不利になります
all those long-necked giraffes would be at a disadvantage.


第二に 「生存」が 進化を可能にするのではなく「生殖」が可能にするのです
Secondly, survival is not how evolution occurs, reproduction is.

もし世界中の生物が アンコウのオスのように
And the world if full of creatures like the male anglerfish,

体がとても小さく 出生時に生存能力が低いため
which is so small and ill-

死ぬ前に早く 交尾相手のメスを 見つけねばならない生物ばかりだとしたら?
suited for survival at birth that it has to quickly find a mate before it dies.


生物が子孫を残さずに 死んでしまったら
進化の観点から見て 無駄死にではないでしょうか?
But at least we can say that if an organism dies without reproducing,
it's evolutionarily useless,

いいえ 違います!
right? Wrong!

自然選択は生物の個体レベルではなく
Remember, natural selection happens not at the organism level,

遺伝子レベルで起こることを
but at the genetic level,

そして 生物の ある個体に 存在する遺伝子は
その親戚も同じものを 持っていることを思い出してください
and the same gene that exists in one organism will also exist in its relatives.

だから 自らを犠牲にして 兄弟やいとこを生存させ
将来の繁殖を促進させようとする
So, a gene that makes an animal altruistically sacrifice itself
to help the survival and future reproduction of its siblings or cousins,

動物の遺伝子は 自身だけを保持しようとする遺伝子よりも
より繁栄する場合があるのです
can become more widespread than one that is solely concerned with self-preservation.

遺伝子のコピーを より多く次世代に 残すことに寄与できる生物は
種としての目的を果たしています
Anything that lets more copies of the gene pass on to the next generation will serve its purpose,

ただし 進化上の目的は達成できません
except evolutionary purpose.


進化に関して 誤解されがちなことなのですが 進化について 一般的に
One of the most difficult things to keep in mind
about evolution is that when we say things like,

「遺伝子は自分自身の コピーを増やそうとする」
"Genes want to make more copies of themselves," or even,

または 「自然選択」などと表現されますが
実はどちらも 比喩的な説明です
"natural selection," we're actually using metaphors.


遺伝子自体は 何を望むこともありませんし
A gene doesn't want anything,

残すに値する最良の遺伝子を 選択するための
外部的な仕掛けも存在しません
and there's no outside mechanism that selects which genes are best to preserve.

進化とは要するに 遺伝子の無作為な変異により それを持つ 生物の行動や形態に
さまざまな変化が起こることです
All that happens is that random genetic mutations
cause the organisms carrying them to behave or develop in different ways.

変化のいくつかは 突然変異が起きた遺伝子を
次世代に渡すことにつながり 数を増やします
Some of those ways result in more copies of the mutated gene being passed on, and so forth.

また進化とは ある理想を目指し
計画的に変化していくという ものでもありません
Nor is there any predetermined plan progressing towards an ideal form.


人間の目に盲点があるのは 理想的とは言えません
盲点は 視神経が 網膜の外に出る場所です
It's not ideal for the human eye to have a blind spot where the optic nerve exits the retina,

これは1個の単純な 光受容体細胞から始まった―
目の進化の 単なる結果なのです
but that's how it developed, starting from a simple photoreceptor cell.

結果論で言うと カロリー以外に 他の栄養素やビタミンも欲するような
性質を人間が持っていたら
In retrospect, it would have been much more advantageous for humans to crave nutrients

生存にもっと有利だったに違いありません
and vitamins rather than just calories.

しかし 人間の祖先が 進化した数千年の間
But over the millenia,

カロリーは 入手困難な状態でした 簡単に摂取できる時代が来るとは
「自然」には予測できなかったのです
このように 進化は 盲目的に進むものです
during which our ancestors evolved, calories were scarce,
and there was nothing to anticipate that this would later change so quickly.

一歩 また一歩 段階を踏んで
So, evolution proceeds blindly, step by step by step,

その結果 現在のように 多様性に富む世界になったのです
creating all of the diversity we see in the natural world.





ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1870-ee693c3e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
82位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
16位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>