Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |「コロンブスの日よ、さらば」  スティーブン・クラウダー
FC2ブログ

Entries

「コロンブスの日よ、さらば」  スティーブン・クラウダー

En:(grammar)


コロンブスの日よ、さらば
Goodbye, Columbus Day

スティーブン・クラウダー
Steven Crowder

PragerU 動画と和訳集
【2020アメリカ】 #Antifa暴動 関連記事和訳まとめ【随時更新】









感謝祭。 独立記念日。 記念日。
Thanksgiving. Independence Day. Memorial Day.

休日は、不必要で抑圧的な罪悪感をもってアメリカ人をいじめる絶好の機会です。
Holidays are a great time to riddle Americans with needless, oppressive guilt.

でも頭と肩の上に立っているのはコロンブスの日です
But the one that stands head and shoulders above the rest is Columbus Day—

進歩主義者がコロンブスを悪魔の化身であると信じ、アメリカが彼の邪悪な産卵であり、
ネイティブアメリカンが平和主義者であると信じるように貴方の子供を教育する日。
the day where progressives indoctrinate your children into believing Columbus to be Satan incarnate, the USA to be his evil spawn, and the Native Americans to be pacifists.

そして今、私たちは「先住民の日」を持っています、あるいは、
それが30年前に名付けられたであろうように、「アボリジニの日」
And so now we have “Indigenous Peoples Day” or, as it would have been named thirty years ago, “Aboriginals Day,”

または、10年または15年前に「ネイティブアメリカンの日」と名付けられたように、
またはカナダで明日「先住民族の日」と名付けられたかもしれません。
or, as it would have been named ten or fifteen years ago, “Native Americans Day,” or, as it could be named tomorrow in Canada, “First Nations Peoples Day.”


悲惨な身体的危害を自傷しようとする衝動をまだ感じていますか?
Feeling the urge to self-inflict grievous bodily harm yet?

言葉遊び全体が西洋文明を憎むための演習になっているのは当然のことですが、
それは本当に自分を憎むための演習にすぎません。
That’s only natural, because the whole charade has become an exercise in hating Western civilization, which is really just an exercise in hating yourself.


最初に、コロンブスに関する限り、その男はある程度の信用に値しますよね?
First, as far as Columbus goes, the guy deserves some credit, right?

確かに欠点はありましたが、彼は この時代の最大の探検家-ヨーロッパ大陸から大西洋を渡った最初の人でした。
Flawed, to be sure, but he was the greatest navigator of his age—the first person to cross the Atlantic from the continent of Europe.

そして彼は地図を一切使わずに3隻の小さな船だけを持ちました。
And he did so without any maps and only three small ships.

もし貴方が名前を付けることができれば、ところで、下でコメントしてください、
If you can name them, by the way, comment below,

あなたの教授はできないと私は確信しています。
as I’m sure your professor can’t.


しかし、おそらくあなたの教授は悪者としてのコロンブスの物語をあなたに教えたでしょう、通常は全体として米国を起訴するための出発点として、しばしばいくつかの重要な神話といくつかの重要な嘘を省略によって頼っています。
But your professor probably has taught you the tale of Columbus as a villain, usually as a starting off point to indict the United States as a whole, often relying on a few key myths and some pivotal lies by omission.

ですから第一に、コロンブスや他のヨーロッパの開拓者が、ネイティブアメリカン…
先住民に対して大量虐殺を犯したと信じていると思います。
So, to start with, I’ll bet that you probably believe Columbus and other European settlers to simply have committed mass genocide against Native Americans…sorry; Indigenous.


しかし、ここに真実があります。ヨーロッパ人とネイティブアメリカンの間の残忍な戦争の例は数多くありましたが、どちらも実際に大量虐殺を犯したわけではありません。
But here’s the truth: While there were many examples of brutal warfare between Europeans and Native Americans, neither side actually committed genocide;

事実、先住民族の絶滅の徹底的な方針は決してありませんでした。
in fact, there was never an outright policy of Indian extermination.

ネイティブアメリカンは、入植者が不注意で連れてきた感染症によって大部分が一掃されました。
The Native Americans were mostly wiped out through infectious diseases that the settlers had inadvertently brought with them.

1492年にアメリカ大陸で最初に立ち寄ったコロンブスのイスパニョーラ島にいる推定250,000の先住民のうち、新しい感染症が1517年までに人口の95%を驚異的に撲滅しました。
Of the estimated 250,000 natives in Hispaniola, Columbus's first stop in the Americas in 1492, new infectious diseases wiped out a staggering 95% of their population by 1517.

暴力による大量虐殺に関する限り、最も一方的な戦いでさえも歴史的記述を見ると、それらが戦いであったことがわかります。
As far as the genocide by violence, you can look at any historical account of even the most one-sided battles and find that they were still just that—battles.


ウンデット・ニーの虐殺(数百年後ですが、私がそれを育てるのは、私がそうしなければ、あなたがそうすることを知っているからです)。
Take Wounded Knee (although hundreds of years later, I only bring it up because I know that if I don’t, you will).

それは、ネイティブアメリカンの大虐殺のアイデアでユビキタスになりました。 結局のところ、殺害または負傷した先住民は150〜350人いた。
[ユビキタス:同時に遍在する事象]
It’s become ubiquitous with the idea of Native Americans’ genocide. After all, there were 150-350 Aboriginals killed or wounded.

それはひどいですが、25人のアメリカ人兵士が殺され、39人が負傷しました。
That’s terrible, but there were also 25 American soldiers killed and 39 wounded.

それは大量虐殺ではありません。 それは、過去の栄光がハンマーを振り回しているときの一方だけの殺害です。
That’s not genocide; that’s a one-sided beatdown with Old Glory wielding the hammer.

そして時には「大虐殺」が別の方向に進んだ。
And sometimes the “massacres” went the other direction.

参考のためにアパッチ、またはコマンチ、または十数ほどの他の部族を参照してください。
See the Apaches for reference, or the Comanches, or a dozen or so other tribes.

それで、先住民はしばしば彼らが得たのと同じくらい良いものを与えました
So, the natives often gave as good as they got—

大虐殺の通常の働き方と全く同じではありません。
not exactly the way genocide usually tends to work.


もう1つ、あなたが信じさせられたことは確かです。多くのネイティブ・アメリカン
Here’s another thing I bet you’ve been made to believe: that many Native Americans

すいません、アマリカン・インディアン
…sorry; American Indians

すいません、「何といえばいいのか」はコロンバスが到着するまで環境と調和して暮らし、ヨーロッパの開拓者たちは彼らの邪悪な技術で土地を破壊しました。
…sorry; “I don’t know what-take your pick” lived in harmony with the environment until Columbus arrived, and European settlers destroyed the land with their evil technology.

本当に? 原住民は残酷に人々を奪っただけでなく、森林全体と狩猟種を絶滅に追いやった。
Truth? Not only did the Natives brutally take out PEOPLE, but they took out entire forests and hunted species to extinction.

[しゃがむクマ]と彼のファーストネーションの仲間たちは、カヤックを防水するためにアザラシを殺すのに忙しかったためか、捕鯨船をブロックするためにカヤックに飛び乗っていませんでした。
[Squatting Bear=有名なインディアン]
Squatting Bear and his First Nations buddies weren’t hopping into kayaks to block whaling ships, probably because they were too busy killing seals to waterproof their kayaks.

また、おそらくネイティブ・アメリカン…
You also probably believe that the Native American…

すいません;“二つの霊の先住民族か他”の文化は、美しく、汎神論的な平和の文化でした。
sorry; Two-Spirited-First Nationssomething-or-other culture was a beautiful, pantheistic one of peace.

真実は……それほどではない。
The truth is... not so much.


コロンブスが到着したとき、島には2つの主要な部族が住んでいました:受動的で友好的なアラワク族と悪質な人食い族であるカリブ族です。
When Columbus arrived, the islands were inhabited by two main tribes: the Arawaks, who were passive and friendly, and the Caribs, who were vicious cannibals.

アラワク人は実際にカリブ人を恐れて住んでいた-あなたはそれを推測した-彼らが彼らを奴隷にしてそれらを食べるために彼らを追い詰めたからだ。 はい、食べてください。
The Arawaks actually lived in fear of the Caribs for—you guessed it—the reasons being that they hunted them down to enslave them and eat them. Yes—eat them.

皮肉なことに、私たちはそれらの有名な人々を食べる人から「カリブ諸島」という名前を得ています。
Ironically, we get the name “Caribbean Islands” from those famous people-eaters.


開拓者がこの土地を征服することができた唯一の方法は、彼らとチームを組んで、彼らよりもさらに大バカ者であった他の部族と借金を解決するためのネイティブアメリカンの助けを借りることでした!
The only way settlers were able to conquer this land was through the help of Native Americans who teamed up with them to settle the score with other tribes who were even bigger jerks than they were!

それは、儀式の人間の犠牲で有名な中南米の人口についてさえ言及していません。
That’s not even to mention the populations in Central and South America, famous for ritual human sacrifice.


[コルテス]は500人ほどの征服者で指揮し、征服できたと思いますか?
[エルナン・コルテス(Hernán Cortés): アステカ帝国を征服した]
You think Cortes was able to command and conquer with only 500 or so Conquistadors?

もちろん違います!
Of course not!

拷問され、奴隷にされ、他の先住民のアステカ人のために金を運ぶことを余儀なくされて、ここまでそれを持っていた怒りの同盟国の先住民は、叫び声をあげて50,000人を要しました。
It took 50,000 screaming, ANGRY allied natives who’d had it up to here with being tortured, enslaved and forced to carry gold for the other native Aztecs.

ある時点で、彼らはサイコロを転がして(一か八かの賭けをして)、面白いひげとメタルハットをしている男たちと一緒に行くことにしました。
At some point, they decided to roll the dice and go with the guys sporting funny beards and metal hats.

これは、初期の入植者が完璧だったとか、かなりの悪質なものを公平に分配しなかったと言っているわけではありません。
None of this is to say that the early settlers were perfect, or that they didn’t carry out their fair share of pretty scummy stuff.

しかし、アメリカの過ちを、野蛮と国境を越えた悪の先住民族のライフスタイルを完全に無視しながら、その歴史全体を描くためのブラシとして使用することは、せいぜい不正確であり、最悪の場合は不正直です。
But to use America’s mistakes as the brush with which to paint the entirety of its history while completely ignoring the indigenous lifestyle of barbarism and borderline evil is inaccurate at best, dishonest at worst.


ヨーロッパ人とインディアンの間には血まみれの恐ろしい戦いがたくさんありました。
There were plenty of bloody, horrendous battles between the Europeans and the Indians.

新石器時代の部族がより技術的に進んだ人々に遭遇すると、ブームブームの棒を持つ男が通常勝ちます。
When a Neolithic tribe encounters a more technologically advanced people, the guys with the boom-boom sticks usually win.

コロンバスはここでは問題にならず、問題ではなかった。
Columbus is not the issue here, and never was.

この「先住民族の日」の全行事は、子供たちに西洋文明とそれを守る勇気のある人を軽蔑するように教えることです。
This whole “Indigenous Peoples Day” charade is about teaching your children to despise Western civilization and anybody who dare defend it.

しかし、それでも、それは私の西洋文明特権の話である可能性があります。
But then again, that could just be my Western civ privilege talking.

ハッピー「コロンブス・デイ」
Happy Columbus Day.

スティーブン・クラウダーでした、Prager大学の為に。
I’m Steven Crowder for Prager University.



ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1863-e9c9786a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
11位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる