Powered By 画RSS 多言語歌詞(multilingual lyrics) |ヘザー・マクドナルド「警察はレイシストか?」
FC2ブログ

Entries

ヘザー・マクドナルド「警察はレイシストか?」

En:(grammar)


ヘザー・マクドナルド「警察はレイシスト(人種差別主義者)か?」
Heather Mac Donald 「Are The Police Racist?」

動画『警察はレイシストか?』を訳してみた。警官に撃たれるのはアフリカ系アメリカ人が不相応に多いのか? ファーガソンやボルチモアで起きた事件は、構造的差別の証拠なのか?
https://togetter.com/li/1504736

ブラック・ライヴズ・マター(英: Black Lives Matter、通称「BLM」)は、国際的社会運動の一つ。 アフリカ系アメリカ人のコミュニティが発足者となり、黒人に対する暴力や形式的な人種差別の撤廃を訴えるものである。


PragerU 動画と和訳集









真実は重要か?
Does the truth matter?

「BLM」のような集団にとっては重要ではない。
Not to groups like Black Lives Matter.

これは、さまざまな理由で悲劇的なことだ。理由の1つは、結果として黒人の命が奪われているからだ。
That’s tragic for many reasons, not the least of which is that black lives are being lost as a result.

米国の警察、黒人、そして致死的な武力の行使というトピックに関し、私たちが現在知っていることは以下のとおりだ。
When it comes to the subject of American police, blacks, and the deadly use of force, here is what we know:


ワシントン州立大学の研究者のロイス・ジェームズによる最近の「武力による致死」に関する調査によれば、危険人物と対峙するシミュレーションにおいて、警官が非武装の黒人を撃つ可能性は、非武装の白人/ヒスパニック系を撃つ可能性より低いことがわかった。
A recent “deadly force” study by Washington State University researcher Lois James found that police officers were less likely to shoot unarmed black suspects than unarmed white or Hispanic ones in simulated threat scenarios.

ハーバード大学の経済学教授であるローランド・フライアーは、警官が関与した1,000を超える全米の銃撃事件を分析した。
Harvard economics professor Roland Fryer analyzed more than 1,000 officer-involved shootings across the country.

そして、警察の銃撃において人種的偏見が存在した証拠はゼロであると結論づけた。
He concluded that there is zero evidence of racial bias in police shootings.

ヒューストンでは、容疑者が武器を持っているか、狂暴である場合でも、黒人が撃たれる可能性は白人よりも24%少ないことがわかった。
In Houston, he found that blacks were 24 percent less likely than whites to be shot by officers even though the suspects were armed or violent.


真実は重要か?
Does the truth matter?

ワシントンポスト紙の警察銃撃データベースや連邦犯罪統計を分析すれば、殺人により死亡した白人とヒスパニック系のうち、警察に殺されたのは12%であることがわかる。
An analysis of the Washington Post’s Police Shooting Database and of Federal Crime Statistics reveals that fully 12 percent of all whites and Hispanics who die of homicide are killed by cops.

対照的に、警察に撃たれて死んだ黒人は4%に過ぎない。
By contrast, only four percent of black homicide victims are killed by cops.


しかし、全人口に占める黒人の割合は13%に過ぎないのに、警察に撃たれて死んだ黒人の割合が26%に上るのは、偏見の証拠ではないのか?
But isn’t it a sign of bias that blacks make up 26 percent of police-shooting victims, but only 13 percent of the national population?

違う。そして、常識的に考えてもその理由はわかる。
It is not, and common sense suggests why.

警官による銃撃は、容疑者が武器を持っている場合や、激しく抵抗する場合に発生することが多い。
Police shootings occur more frequently where officers confront armed or violently resisting suspects.

そして、こうした容疑者は、黒人である確率が不相応に高い。
Those suspects are disproportionately black.


法務省の最新の調査によれば、全国の75の大きな郡において黒人は人口の約15%を占めるにすぎないが、強盗で起訴された容疑者の62%、殺人の場合は57%、暴行の場合は45%が黒人である。ニューヨーク市の黒人が人口に占める割合は23%に過ぎないが、同市における銃撃事件の4分の3は黒人が起こしている。
According to the most recent study by the Department of Justice, although blacks were only about 15 percent of the population in the 75 largest counties in the US, they were charged with 62 percent of all robberies, 57 percent of murders and 45 percent of assaults.

ニューヨーク市では、黒人は銃撃の4分の3を占めていますが、黒人は都市の人口の23%にすぎません。
In New York City, blacks commit over three-quarters of all shootings, though they are only 23 percent of the city’s population.

これとは対照的に、同市で起きた銃撃事件のうち、白人が容疑者であるものは2%に満たない。
白人が市の全人口に占める割合は34%である。
Whites, by contrast, commit under 2 percent of all shootings in the city, though they are 34 percent of the population.

ニューヨークにおける犯罪率の差は、アメリカ国内の人種的に多様な都市のほとんどすべてに当てはまる
New York’s crime disparities are repeated in virtually every racially diverse city in America.

都市中心部の黒人コミュニティが現在直面しているほんとうの問題は、警察官ではなく犯罪者である。
The real problem facing inner-city black communities today is not the police but criminals.

2014年、6,000人を超える黒人が殺された。これは、白人とヒスパニック系の犠牲者を合わせたよりも多い。
In 2014, over 6,000 blacks were murdered, more than all white and Hispanic homicide victims combined.

誰が黒人を殺しているのか? 警察でも白人の市民でもない。黒人だ。
Who is killing them? Not the police, and not white civilians, but other blacks.

実際のところ、黒人男性によって警官が殺される可能性は、武器を持っていない黒人が警官に殺される可能性の18.5倍である。
In fact, a police officer is eighteen and a half times more likely to be killed by a black male than an unarmed black male is to be killed by a police officer.

たとえ警察が致死力のある武器の使用を明日やめたとしても、黒人が殺人の被害に遭う率にはわずかな影響しかないだろう。
If the police ended all use of lethal force tomorrow, it would have a negligible impact on the black death-by-homicide rate.

シカゴでは、2016年の最初の6か月半で、2,300 人以上が銃で撃たれた。
In Chicago, through just the first six-and-a-half months of 2016, over 2,300 people were shot.

週末には、1時間に1件の割合で銃撃事件が発生したこともあった。
That’s a shooting an hour during some weekends.

被害者の大多数は黒人だった。同じ期間にシカゴ警察は12人を銃で撃った。
The vast majority of the victims were black.

全員が武器を携行しており、危険な人物だった。
During this same period, the Chicago police shot 12 people, all armed and dangerous.

これが全銃撃に占める割合は0.5%である。
That’s one half of one percent of all shootings.


真実は重要か?
Does the truth matter?

重要であるなら、次のような真実について考えてみる価値があるだろう。
If it does, here’s a truth worth pondering:

黒人の命は重要であるという命題に警察よりも熱心に取り組んでいる政府機関はない。
There is no government agency more dedicated to the proposition that black lives matter than the police.

1990年代半ばに始まった積極的な警察活動という大改革は、都市中心部の殺人率を劇的に下げ、何万人もの黒人の命を救った。
The proactive policing revolution that began in the mid-1990s has dramatically brought down the inner-city murder rate and saved tens of thousands of black lives.

不幸なことに、犯罪の減少傾向にブレーキがかかろうとしている。
Unfortunately, that crime decline is now in jeopardy.

私が著書『The War on Cops (対 警官 戦争)』で書いたように、黒人が住む地域において警察官は積極的な警察活動を控えるようになっている。
なぜなら、警察官は偏見に基づいて人を殺すという嘘のストーリーが広がっているからだ。
As I write in my book, The War on Cops, police officers are backing off of proactive policing in black neighborhoods thanks to the false narrative that police officers are infected with homicidal bias.

その結果、黒人が多く住む都市では凶悪犯罪の件数が上昇している。
2015年、殺人事件の件数は54% (ワシントンDC) から90% (クリーブランド)増加した。
As a result, violent crime is going up, in cities with large black populations, homicides in 2015 rose anywhere from 54 percent in Washington DC to 90 percent in Cleveland.

全体としては、アメリカの56の大都市において、2015年に殺人件数は17%増えた。
これは、1年の上昇率としてはほとんど例を見ない増え方である。
Overall, in the nation’s 56 largest cities, homicides in 2015 rose 17 percent, a nearly unprecedented one-year spike.



犯罪率の高い地域で法を順守しながら暮らす数多くの住民は、警察が秩序を維持することを懇願している。
しかし、これこそが、米国自由人権協会(ACLU)、進歩派の政治家、そしてオバマ政権の法務省がレイシストとして非難する種類の警察活動である
Many law-abiding residents of high-crime areas beg the police to maintain order — precisely the type of policing that the ACLU, progressive politicians, and the Obama Justice Department denounce as racist.


これは悲劇だ。なぜなら、警察が積極的な警察活動を控えるとき、黒人の命は失われるからだ。
This is tragic because when the police refrain from proactive policing, black lives are lost.

誤った通説のせいで失われるのだ。
Lost because of a myth.

優れた研究とデータによって導かれる結論はこうだ。黒人だという理由だけで警察が黒人を殺しているという証拠はまったくない。
The best research and data reach this conclusion: there is no evidence that police are killing blacks just because they are black.

真実を手に入れたあなた。真実は重要ですか?
You now have the truth. Does it matter?

マンハッタン・インスティチュートのヘザー・マクドナルドでした
I’m Heather Mac Donald of the Manhattan Institute for Prager University.





ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1854-ef875e04

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
12位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる