Powered By 画RSS 多言語歌詞(multilingual lyrics) |アップル・ソニーなど大企業、ウイグル人強制労働の工場から部品供給か ASPI 2020/03/02
FC2ブログ

Entries

アップル・ソニーなど大企業、ウイグル人強制労働の工場から部品供給か ASPI 2020/03/02

En:(grammar)



アップル・ソニーなど大企業、ウイグル人強制労働の工場から部品供給か 豪報告書
https://www.afpbb.com/articles/-/3271185

新疆を越えた「再教育」、強制労働および監視。
‘Re-education’, forced labour and surveillance beyond Xinjiang.

https://www.aspi.org.au/report/uyghurs-sale


チャイナで世界のサプライチェーンに組み込まれている日本を含む企業の工場に強制労働させられているウイグル人がいることを豪州の政府機関が暴露。日本の錚々たる大企業がウイグル人弾圧の片棒を握っていることを知っててやっているのなら、その製品は絶対に買いませんよ。
https://twitter.com/akasayiigaremus/status/1263421609584422912

【ウイグルホロコースト】中国関連記事和訳まとめ【香港加油】







何が問題なのか?
What’s the problem?


中国政府はウイグルをはじめとする少数民族の新疆ウイグル自治区の西部地域から全国の工場への大量移送を促進してきました。
The Chinese government has facilitated the mass transfer of Uyghur and other ethnic minority citizens from the far west region of Xinjiang to factories across the country.

強制労働を強く示唆する状況下で、ウイグル人は、テクノロジー、衣料品、自動車の分野で少なくとも83の有名なグローバルブランドのサプライチェーンにある工場で働いています。
Under conditions that strongly suggest forced labour, Uyghurs are working in factories that are in the supply chains of at least 83 well-known global brands in the technology, clothing and automotive sectors,

アップル、BMW、ギャップ、ファーウェイ、ナイキ、サムスン、ソニー、フォルクルワーゲン
including Apple, BMW, Gap, Huawei, Nike, Samsung, Sony and Volkswagen.


このレポートでは、2017年から2019年の間に、8万人以上のウイグル人が新疆から中国各地の工場で働くために移送され、その一部は拘留キャンプから直接送られたと推定されています。
This report estimates that more than 80,000 Uyghurs were transferred out of Xinjiang to work in factories across China between 2017 and 2019, and some of them were sent directly from detention camps.

推定値は保守的であり、実際の値ははるかに高い可能性があります。
The estimated figure is conservative and the actual figure is likely to be far higher.

家から遠く離れた工場では、通常、隔離された寮に住んでおり、勤務時間外に組織的な北京語とイデオロギーのトレーニングを受けており、常に監視されており、宗教的儀式に参加することは禁じられています。
In factories far away from home, they typically live in segregated dormitories, undergo organised Mandarin and ideological training outside working hours, are subject to constant surveillance, and are forbidden from participating in religious observances.

政府の文書を含む多数の情報筋は、転勤した労働者には思想家が割り当てられ、移動の自由が制限されていることを示しています。
Numerous sources, including government documents, show that transferred workers are assigned minders and have limited freedom of movement.


中国は、新疆ウイグル自治区の超法規的「再教育キャンプ」のネットワークに対する国際的な非難を集めています。
China has attracted international condemnation for its network of extrajudicial ‘re-education camps’ in Xinjiang.

このレポートは、少数民族を対象とした中国のソーシャルリエンジニアリングキャンペーンの新しいフェーズを明らかにし、中国全土の一部の工場が、国が後援する労働力移転計画の下で強制的なウイグル労働力を使用しており、グローバルサプライチェーンを汚染しているという新しい証拠を明らかにしています。
This report exposes a new phase in China’s social re-engineering campaign targeting minority citizens, revealing new evidence that some factories across China are using forced Uyghur labour under a state-sponsored labour transfer scheme that is tainting the global supply chain.



解決策は何ですか?
What’s the solution?

中国政府は、中国の憲法と国内法に規定されている市民権、文化権、労働権を擁護し、ウイグル人や新疆ウイグル自治区の他のイスラム教徒の法外な拘禁を終わらせ、すべての市民が自由に自分の労働と移動の条件を決定できるようにする必要があります。
The Chinese government should uphold the civic, cultural and labour rights enshrined in China’s Constitution and domestic laws, end its extrajudicial detention of Uyghurs and other Muslim minorities in Xinjiang, and ensure that all citizens can freely determine the terms of their own labour and mobility.


サプライチェーンでウイグル人の強制労働を利用している企業は、強制労働で作られた商品の輸入を禁止したり、強制労働のサプライチェーンリスクの開示を義務付けたりする法律に違反する可能性があります。
Companies using forced Uyghur labour in their supply chains could find themselves in breach of laws which prohibit the importation of goods made with forced labour or mandate disclosure of forced labour supply chain risks.

このレポートに記載されている企業は、中国での工場労働に関して、堅牢で独立した社会監査および検査を含む、人権デューデリジェンスを即時かつ徹底的に実施する必要があります。
The companies listed in this report should conduct immediate and thorough human rights due diligence on their factory labour in China, including robust and independent social audits and inspections.

このプロセスを通じて、影響を受ける労働者が不本意な異動を含むさらなる害にさらされないことが重要です。
It is vital that through this process, affected workers are not exposed to any further harm, including involuntary transfers.

外国政府、企業、市民社会グループは、ウイグル人による強制労働と超法規的拘禁の使用を中止するよう中国政府に圧力をかける機会を特定する必要があります。
Foreign governments, businesses and civil society groups should identify opportunities to increase pressure on the Chinese government to end the use of Uyghur forced labour and extrajudicial detentions.

これには、1930年の強制労働に関する国際労働機関(ILO)条約(2014年の強制労働条約)を批准するよう政府に圧力をかけることが含まれます。
This should include pressuring the government to ratify the International Labour Organization’s (ILO) Convention on Forced Labour, 1930 (No. 29) and Protocol of 2014 to the Forced Labour Convention.

消費者と消費者擁護団体は、中国で製造を行う企業が基本的な人権を守り、いかなる強制労働スキームにも加担しないようにするために、サプライチェーンに対して人権デューデリジェンスを実施するよう要求する必要があります。
Consumers and consumer advocacy groups should demand companies that manufacture in China conduct human rights due diligence on their supply chains in order to ensure that they uphold basic human rights and are not complicit in any coercive labour schemes.


実施要領
Executive summary

2017年以降、100万人を超えるウイグル人と他のトルコ系イスラム教徒の少数民族のメンバーが新疆の極西地域にある、一部の専門家が体系的な、政府主導の文化的虐殺プログラムと呼んでいる「再教育キャンプ」の広大なネットワークに姿を消しました。
Since 2017, more than a million Uyghurs and members of other Turkic Muslim minorities have disappeared into a vast network of ‘re-education camps’ in the far west region of Xinjiang, in what some experts call a systematic, government-led program of cultural genocide.

収容所内では、被拘禁者は政治的教化を受け、宗教と文化を放棄せざるを得なくなり、場合によっては拷問にかけられたと伝えられている。
Inside the camps, detainees are subjected to political indoctrination, forced to renounce their religion and culture and, in some instances, reportedly subjected to torture.

「宗教的過激主義」との闘いの名の下に、中国当局は中国の漢民族の過半数をイメージしてイスラム教徒の人口を積極的に再形成しています。
In the name of combating ‘religious extremism’, Chinese authorities have been actively remoulding the Muslim population in the image of China’s Han ethnic majority.

すべての「研修生」は「卒業」したと政府当局者が主張しているため、「再教育」キャンペーンは新しい段階に入っているようです。
The ‘re-education’ campaign appears to be entering a new phase, as government officials now claim that all ‘trainees’ have ‘graduated’.

現在、多くのウイグル人が新疆の工場で働くことを余儀なくされているという証拠が増えています。
There is mounting evidence that many Uyghurs are now being forced to work in factories within Xinjiang.

このレポートは、新疆の外の中国の工場も、復活した搾取的な政府主導の労働力移転スキームの下でウイグル人労働者を調達していることを明らかにしています。
This report reveals that Chinese factories outside Xinjiang are also sourcing Uyghur workers under a revived, exploitative government-led labour transfer scheme.

一部の工場は、「再教育キャンプ」から直接送られたウイグル人労働者を使用しているようです。
Some factories appear to be using Uyghur workers sent directly from ‘re-education camps’.


オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)は、2017年から新疆から移転したウイグル労働力を使用している中国の9つの省にある27の工場を特定しました。
The Australian Strategic Policy Institute (ASPI) has identified 27 factories in nine Chinese provinces that are using Uyghur labour transferred from Xinjiang since 2017.

これらの工場は、83の有名なグローバルブランドのサプライチェーンの一部であると主張しています。
Those factories claim to be part of the supply chain of 83 well-known global brands.

2017年から2019年の間に、少なくとも80,000ウイグル人が新疆から移送され、「新疆援助」と呼ばれる中央政府の政策に基づく労働力移転プログラムを通じて工場に割り当てられたと推定しています。
Between 2017 and 2019, we estimate that at least 80,000 Uyghurs were transferred out of Xinjiang and assigned to factories through labour transfer programs under a central government policy known as ‘Xinjiang Aid’ (援疆).



ウイグル人が新疆の内部と外部の両方で拘留と政治的教化の装置と絡み合っているこれらの仕事の割り当てを拒否または逃れることは非常に困難です。
It is extremely difficult for Uyghurs to refuse or escape these work assignments, which are enmeshed with the apparatus of detention and political indoctrination both inside and outside of Xinjiang.

絶え間ない監視に加えて、恣意的な拘留の脅威は、政府が後援する仕事の割り当てを拒否する少数民族にかかっています。
In addition to constant surveillance, the threat of arbitrary detention hangs over minority citizens who refuse their government-sponsored work assignments.


最も驚くべきことに、地方政府と民間ブローカーは労働力の割り当てを組織するために新疆省政府から一人当たりの価格を支払われています。
Most strikingly, local governments and private brokers are paid a price per head by the Xinjiang provincial government to organise the labour assignments.

現在、転職は、中国政府が「職業訓練」と呼ぶ「再教育」プロセスの不可欠な部分です。
The job transfers are now an integral part of the ‘re-education’ process, which the Chinese government calls ‘vocational training’.

2019年の地方自治体の作業報告書には次のように書かれています。「訓練された労働者のバッチごとに、雇用のバッチが調整され、バッチが転送されます。
A local government work report from 2019 reads: ‘For every batch [of workers] that is trained, a batch of employment will be arranged and a batch will be transferred.

雇用された人々は徹底したイデオロギー教育を受け、彼らの仕事に留まる必要がある。」
Those employed need to receive thorough ideological education and remain in their jobs.’

雇用された人々は徹底したイデオロギー教育を受け、彼らの仕事に留まる必要がある。」
This report examines three case studies in which Uyghur workers appear to be employed under forced labour conditions by factories in China that supply major global brands.

最初のケーススタディでは、中国東部にある米国企業ナイキの靴を製造する工場に、監視塔、有刺鉄線のフェンス、警察の警備員の箱が設置されています。
In the first case study, a factory in eastern China that manufactures shoes for US company Nike is equipped with watchtowers, barbed-wire fences and police guard boxes.

ウイグル人労働者は、漢民族と異なり、休暇で家に帰ることができないと報告されています(8ページを参照)。
The Uyghur workers, unlike their Han counterparts, are reportedly unable to go home for holidays (see page 8).


スポーツウェアの多国籍企業であるアディダスとフィラの供給を主張している別の東部州の工場の2番目のケーススタディでは、ウイグル人労働者が新疆の「再教育キャンプ」の1つから直接転勤したことが証拠から示唆されています(18ページを参照)。
In the second case study of another eastern province factory claiming to supply sportswear multinationals Adidas and Fila, evidence suggests that Uyghur workers were transferred directly from one of Xinjiang’s ‘re-education camps’ (see page 18).

3番目のケーススタディでは、ウイグル労働力を使用してアップルまたはそのサプライヤー向けのコンポーネントを製造しているいくつかの中国の工場を特定します。
In the third case study, we identify several Chinese factories making components for Apple or their suppliers using Uyghur labour.

政治的教化は彼らの仕事の割り当ての重要な部分です(21ページを参照)。
Political indoctrination is a key part of their job assignments (see page 21).

この研究報告書は、オープンソースの中国語文書、衛星画像分析、学術研究、および現地メディアの報道に基づいています。
This research report draws on open-source Chinese-language documents, satellite imagery analysis, academic research and on-the-ground media reporting.

中国政府によるウイグル族やその他の少数派イスラム教徒への抑圧の新しい局面の背後にある政治と政策を分析しています。
It analyses the politics and policies behind the new phase of the Chinese government’s ongoing repression of Uyghurs and other Muslim minorities.

これは、ウイグル人の労働力の搾取と、おそらく無意識のうちに人権侵害への外国企業と中国企業の関与の証拠を提供します。
It provides evidence of the exploitation of Uyghur labour and the involvement of foreign and Chinese companies, possibly unknowingly, in human rights abuses.


全体として、ASPIの調査では、最近の2019年には、乱用される可能性のある労働力移転プログラムを通じて新疆以外のウイグル人労働者を利用することで直接的または間接的に利益を得ている83の外資系および中国系企業が特定されています。
In all, ASPI’s research has identified 83 foreign and Chinese companies directly or indirectly benefiting from the use of Uyghur workers outside Xinjiang through potentially abusive labour transfer programs as recently as 2019:

アバクロンビー&フィッチ、エイサー、アディダス、アルストム、アマゾン、
アップル、エイスース、北京汽車(BAIC)
Abercrombie & Fitch, Acer, Adidas, Alstom, Amazon, Apple, ASUS, BAIC Motor,

BMW、ボンバルディア、ボッシュ、比亜迪(BYD) 、カルバン・クライン、
キャンディー、カーター、チェルッティ
BMW, Bombardier, Bosch, BYD, Calvin Klein, Candy, Carter’s, Cerruti 1881,

重慶長安汽、シスコシステムズ、中国中車、デル、エレクトロラックス、
フィラ、方正、広州汽車集団
Changan Automobile, Cisco, CRRC, Dell, Electrolux, Fila, Founder Group, GAC Group (automobiles),

ギャップ、吉利汽車、ゼネラルモーター、グーグル、歌爾、H&M、ハイアール、ハート シャフナー マルクス
Gap, Geely Auto, General Motors, Google, Goertek, H&M, Haier, Hart Schaffner Marx,

ハイセンス、ヒタチ、HP、HTC、ファーウェイ、科大讯飞、ジャックアンドジョーンズ、ジャガー
Hisense, Hitachi, HP, HTC, Huawei, iFlyTek, Jack & Jones, Jaguar,

ジャパンディスプレイ、エルエルビーン、ラコステ、ランドローバー、
レノボ、LG、リーニン、メイヤー、魅族
Japan Display Inc., L.L.Bean, Lacoste, Land Rover, Lenovo, LG, Li-Ning, Mayor, Meizu,

メルセデス・ベンツ、MG、マイクロソフト、三菱、ミツミ電機、ナイキ、任天堂、ノキア、
Mercedes-Benz, MG, Microsoft, Mitsubishi, Mitsumi, Nike, Nintendo, Nokia,

ノース・フェイス、オキュラス、オッポ、パナソニック、ラルフ・ローレン、プーマ、ロエベ
The North Face, Oculus, Oppo, Panasonic, Polo Ralph Lauren, Puma, Roewe,

上海汽車、サムスン、上汽通用五菱汽車、シャープ、シーメンス、
スケッチャーズ、ソニー、TDK、トミー・ヒルフィガー
SAIC Motor, Samsung, SGMW, Sharp, Siemens, Skechers, Sony, TDK, Tommy Hilfiger,

東芝、清華同方、ユニクロ、ヴィクトリアズ・シークレット、ヴィーヴォ、フォルクスワーゲン
Toshiba, Tsinghua Tongfang, Uniqlo, Victoria’s Secret, Vivo, Volkswagen,

小米科技、ザラ、ゼニア、ZTE、いくつかのブランドは複数の工場とリンクしています。
Xiaomi, Zara, Zegna, ZTE. Some brands are linked with multiple factories.

データは、公開されたサプライヤーリスト、メディアレポート、および工場が主張するサプライヤーに基づいています。
The data is based on published supplier lists, media reports, and the factories’ claimed suppliers.

ASPIはこれらの83のブランドに連絡を取り、関連するサプライヤーの詳細を確認しました。
ASPI reached out to these 83 brands to confirm their relevant supplier details.

企業が公開前に対応した場合は、関連する説明をこのレポートに含めました。
Where companies responded before publication, we have included their relevant clarifications in this report.

レポートの発行後に企業からの回答があった場合は、オンラインで対処します。
If any company responses are made available after publication of the report, we will address these online.

ASPIは、少数のブランドが、2020年にこれらの供給者との関係を終了するように供給業者に指示しているとアドバイスしていると指摘しています。
ASPI notes that a small number of brands advised they have instructed their vendors to terminate their relationships with these suppliers in 2020.


アディダス、ボッシュ、パナソニックを含む他の企業は、労働計画に関係するサプライヤーと直接の契約関係はなかったが、サプライチェーンのさらに下のリンクを除外することができたブランドはないと述べた。
Others, including Adidas, Bosch and Panasonic, said they had no direct contractual relationships with the suppliers implicated in the labour schemes, but no brands were able to rule out a link further down their supply chain.

レポートには、関連する工場と、サプライチェーンにウイグル人の強制労働の要素があると思われるブランドの詳細を示す付録が含まれています。
The report includes an appendix that details the factories involved and the brands that appear to have elements of forced Uyghur labour in their supply chains.

また、中国政府、企業、外国政府、市民社会組織に対して具体的な推奨事項を示しています。
It also makes specific recommendations for the Chinese government, companies, foreign governments and civil society organisations.



引用とメモ
Citations and notes

読者は、PDFをダウンロードして、このレポートに添付されている完全で広範な引用と注記にアクセスすることをお勧めします。
Readers are encouraged to download the PDF to access the full and extensive citations and notes that accompany this report.

強制ウイグル労働
Forced Uyghur labour

ILOは強制労働の11の指標を挙げています。
The ILO lists 11 indicators of forced labour.

ウイグル人労働者の場合の関連指標には、次のものがあります。
Relevant indicators in the case of Uyghur workers may include:

脅迫や恣意的拘留の脅威などの脅威にさらされており、セキュリティ担当者やデジタル監視ツールによって監視されている
being subjected to intimidation and threats, such as the threat of arbitrary detention, and being monitored by security personnel and digital surveillance tools

新疆ウイグル自治区に戻った家族への脅威などによって依存と脆弱性の立場に置かれている
being placed in a position of dependency and vulnerability, such as by threats to family members back in Xinjiang

フェンスで囲まれた工場やハイテク監視などにより、移動の自由が制限されている
having freedom of movement restricted, such as by fenced-in factories and high-tech surveillance

隔離された寮に住んでいて、専用の電車で輸送されているような隔離
isolation, such as living in segregated dormitories and being transported in dedicated trains

政治的教化、工場への警官の駐留、「軍事的」管理、宗教的慣行の禁止などの虐待的労働条件
abusive working conditions, such as political indoctrination, police guard posts in factories, ‘military-style’ management, and a ban on religious practices

仕事の割り当ての一部である、仕事後の北京語クラスや政治教育セッションなどの過度の時間。
excessive hours, such as after-work Mandarin language classes and political indoctrination sessions that are part of job assignments.


中国の国営メディアは、労働力移転プログラムへの参加は任意であり、中国当局は新疆からの強制労働の商業的利用を拒否しています。
Chinese state media claims that participation in labour transfer programs is voluntary, and Chinese officials have denied any commercial use of forced labour from Xinjiang.

しかし、中国を離れて発言することができたウイグル人労働者は、工場で働いている間に新疆の拘禁キャンプや伝統的な刑務所に送り返されることへの絶え間ない恐怖について説明しています。
However, Uyghur workers who have been able to leave China and speak out describe the constant fear of being sent back to a detention camp in Xinjiang or even a traditional prison while working at the factories.

新疆以外の工場では、彼らの生活が自由からかけ離れているという証拠があります。 「余剰労働」または「貧困労働」と呼ばれ、
In factories outside Xinjiang, there is evidence that their lives are far from free. Referred to as ‘surplus labour’ (富余劳动力) or ‘poverty-stricken labour’ (贫困劳动力),

ウイグル人労働者は、多くの場合、特別に分離された列車で中国中を輸送され、ほとんどの場合、契約が1年以上後に終了した後、同じ方法で帰国します。
Uyghur workers are often transported across China in special segregated trains, and in most cases are returned home by the same method after their contracts end a year or more later.

複数の情報筋は、中国全土の工場で、多くのウイグル人労働者がいわゆる「軍事スタイルの管理」の下で過酷で隔離された生活を送っていることを示唆しています
Multiple sources suggest that in factories across China, many Uyghur workers lead a harsh, segregated life under so-called ‘military-style management’ (军事化管理).

勤務時間外は、工場で組織された北京語のクラスに参加し、「愛国心が強い教育」に参加し、宗教を実践することが禁止されています。
Outside work hours, they attend factory-organised Mandarin language classes, participate in ‘patriotic education’, and are prevented from practising their religion.

ウイグル人労働者50人ごとに1人の政府管理者が割り当てられ、専任のセキュリティ担当者によって監視されます。
Every 50 Uyghur workers are assigned one government minder and are monitored by dedicated security personnel.

彼らは移動の自由がほとんどなく、家族や子供たちから隔離された慎重に保護された寮に住んでいます。
They have little freedom of movement and live in carefully guarded dormitories, isolated from their families and children back in Xinjiang.

少なくとも一部の工場では、魅力的な賃金が支払われていると国営メディアが主張しているにもかかわらず、漢民族よりも給与が少ないという証拠もあります。
There is also evidence that, at least in some factories, they are paid less than their Han counterparts, despite state media claims that they’re paid attractive wages.

中国当局と工場のボスは、ウイグル人の労働者を物理的および電子的に「追跡」することで管理しています。
The Chinese authorities and factory bosses manage Uyghur workers by ‘tracking’ them both physically and electronically.

1つの省政府の文書には、新疆の人事・社会局が開発し、新疆の100人の専門家チームが管理する中央データベースが記述されており、各労働者の医療、思想、雇用の詳細が記録されています。
One provincial government document describes a central database, developed by Xinjiang’s Human Resources and Social Affairs Department and maintained by a team of 100 specialists in Xinjiang, that records the medical, ideological and employment details of each labourer.

データベースには、労働者の個人情報を保存する社会福祉カードの情報が組み込まれています。
The database incorporates information from social welfare cards that store workers’ personal details.

また、WeChatグループと、各ワーカーの動きと活動を追跡する名前のないスマートフォンアプリから情報を抽出します。
It also extracts information from a WeChat group and an unnamed smartphone app that tracks the movements and activities of each worker.

中国の企業と政府当局者はまた、ウイグル人労働者のイデオロギーの見方を変え、彼らを「より現代的な」市民に変えることができることを誇りに思っています。
Chinese companies and government officials also pride themselves on being able to alter their Uyghur workers’ ideological outlook and transform them into ‘modern’ citizens, who, they say, become ‘more physically attractive’ and learn to ‘take daily showers’.

新疆ウイグル自治区の地方自治体が中国共産党(CCP)幹部を派遣して、新疆ウイグル自治区にいる労働者の家族を同時に監視している場合、工場内での不正行為は愛する人に直接的な影響を及ぼし、 プログラムへの参加は自発的ではありません。
In some cases, local governments in Xinjiang send Chinese Communist Party (CCP) cadres to simultaneously surveil workers’ families back home in Xinjiang44— a reminder to workers that any misbehaviour in the factory will have immediate consequences for their loved ones and further evidence that their participation in the program is far from voluntary.

福建省のウイグル労働力移転プログラムの知識を持つ人物は、宗教と人権のNGOであるビターウィンターに、すべての労働者は元「再教育キャンプ」の被拘禁者であり、政府の仕事の割り当てに従わない場合はさらに拘留されると脅されたと語った。
A person with knowledge of a Uyghur labour transfer program in Fujian told Bitter Winter, a religious and human rights NGO, that the workers were all former ‘re-education camp’ detainees and were threatened with further detention if they disobeyed the government’s work assignments.

福建省に派遣されたウイグル人もNGOに対し、警察は定期的に寮を捜索し、電話で宗教的な内容を確認していると語った。 コーランが見つかった場合、所有者は3〜5年間「再教育キャンプ」に送り返されます。
A Uyghur person sent to work in Fujian also told the NGO that police regularly search their dormitories and check their phones for any religious content. If a Quran is found, the owner will be sent back to the ‘re-education camp’ for 3–5 years.

このレポートのケーススタディで説明されているウイグル語の扱いは、中国の憲法に違反しています。この憲法は、民族や信仰、および国際法に基づく差別を禁じています。
The treatment of Uyghurs described in this report’s case studies is in breach of China’s Constitution, which prohibits discrimination based on ethnicity or religious belief, as well as international law.

新疆ウイグル自治区からのすべての雇用移転が強制されていることを確認することはできませんが、十分な詳細が入手可能であるケースは、強制労働のILOの定義と一致する非常に不穏な強制労働慣行を示しています。
While we are unable to confirm that all employment transfers from Xinjiang are forced, the cases for which adequate detail has been available showcase highly disturbing coercive labour practices consistent with ILO definitions of forced labour.



ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1848-841817fd

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
12位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる