Powered By 画RSS 多言語歌詞(multilingual lyrics) |中国最新の「魅力攻勢」:マスク外交を使用して、世界の注意をその悪行からそらす Los Angeles Times 2020/5/5
FC2ブログ

Entries

中国最新の「魅力攻勢」:マスク外交を使用して、世界の注意をその悪行からそらす Los Angeles Times 2020/5/5

En:(grammar)



中国最新の「魅力攻勢」:マスク外交を使用して、世界の注意をその悪行からそらす
Op-Ed: China’s latest ‘charm offensive’: Using mask diplomacy to divert world attention from its misdeeds

By Jeffrey W. Hornung
May 5, 202 Los Angeles Times
https://www.latimes.com/opinion/story/2020-05-05/china-mask-diplomacy

Op-ed (opposite the editorial page / opposite editorial、オプ・エド)とは新聞の記事のうち通常、当該紙の編集委員会の支配下にない外部の人物が、ある新聞記事に対して同じ新聞内で意見や見解(反論や異論)を述べる欄。

charm offensive、魅力攻勢、微笑攻勢、特に政治家が相手の心をつかむために,意識的に親切に温かく接すること。

中国がマスクと人工呼吸器を世界に配って、コロナ隠蔽や軍事行動の悪事から眼をそらしているとするLAタイムスの社説です。
https://twitter.com/kazue_fgeewara/status/1259144924819124227

長尾さんが『尖閣は日本の領土だから中国に抗議すべき』と国会で主張したところ、立憲や共産党がいる議席の方からヤジが飛ばされたということに衝撃。
https://twitter.com/dappi2019/status/1260120824217923584

中国外務省の趙立堅副報道局長は日本漁船が「中国の領海内で違法な操業をした」。
https://twitter.com/Sankei_news/status/1259783527291170816

野党 中国から尖閣を守る気なし
https://twitter.com/dappi2019/status/1261207487354560513






以前にこのようなものを見たことがあります。
We’ve seen something like this before.

中国は、その精通した脚本から直接、「魅力攻勢」を行って、コロナウイルス危機における北京の責任を世界に忘れさせようとしている。
Straight from its well-versed playbook, China has gone on a “charm offensive” to try to make the world forget Beijing’s culpability in the coronavirus crisis.

今回、「魅力攻勢」はマスクと人工呼吸器の形で来ます。
This time, the charm offensive comes in the form of masks and ventilators.

10年前、中国が「平和的な台頭」を主張しているのを聞くのは一般的でした。
A decade ago, it was common to hear China advocate for its peaceful rise.

地方の国々は何も心配する必要がなかったので、そのため物語は進んだ。
Regional countries had nothing to worry about, or so the narrative went.

その「魅力攻勢」は策略であることが判明しました。
That charm offensive turned out to be a ruse.

2010年代半ばまでに、中国は近隣諸国に対して積極的な海上キャンペーンに着手した。
By the mid-2010s, China had embarked on an aggressive maritime campaign against its neighbors.

東シナ海で日本に対して軍事および準軍事的資産を使用していたか、南シナ海で大規模な人工島の建物を追求していたかに関係なく、平和的な台頭の物語は北京の真の意図からの注意散漫であることが判明しました。
Whether it was employing military and paramilitary assets against Japan in the East China Sea or pursuing large-scale artificial island building in the South China Sea, the peaceful rise narrative proved to be a distraction from Beijing’s true intentions.


この行動の反響は、COVID-19に対する中国の反応とその近隣諸国に対する行動に見ることができます。
Echoes of this behavior can be seen in China’s response to COVID-19 and behavior vis-à-vis its neighbors.

アウトブレイクの早い段階で、中国の指導部は明らかにそれが制御不能であることを知っていた。
Early on in the outbreak, Chinese leadership apparently knew it was out of control.

さらに悪いことに、それは発生の範囲を国際社会から隠し、
Worse, it hid the extent of the outbreak from the international community,

その過失を隠すために、その力ですべてを行っている。
doing everything in its power to cover up its culpability.

世界の注意をそらすために、
To divert the world’s attention,

中国は数千万のマスク、数百万のテストキット、そして人工呼吸器(ニューヨークの為の千個を含む)を数百の国にコロナウイルス関連の援助を提供しています。
China has provided coronavirus-related aid to hundreds of countries that include tens of millions of masks, millions of testing kits, and ventilators, including 1,000 for New York.

これは良い知らせになりますが、パンデミックに苦しんでいる隣国に対する中国の行動を疑っています。
This makes for good news but belies China’s actions against neighbors struggling with the pandemic.

COVID-19が中国の国境を越えて広がり始めてから数か月の間に、中国は継続し、場合によってはエスカレートしました—
In the few short months since COVID-19 began spreading beyond China’s borders, China has continued — and in some cases escalated —

これらの国々がパンデミックの影響に苦しんでいる中で、主権主張に異議を唱えるために、空と海の両方の領域で近隣諸国を挑発しました。
provocations against its neighbors, both in the air and maritime domains, to challenge sovereignty claims as these states struggle with the weight of the pandemic.

米国国務省は、南シナ海でのいくつかの行動について中国を非難しました。
The U.S. State Department has criticized China for several actions in the South China Sea

これには、米海峡諸島のファイアリー・クロス礁(ショウ)とスビ礁(ショウ)に建設した軍事基地に関する新しい「研究ステーション」の発表が含まれます。
that include announcing new “research stations” on military bases it built on Fiery Cross Reef and Subi Reef in the Spratly Islands;

軍用機をファイアリー・クロス礁(ショウ)に着陸させた。 島の周りに海兵隊を配備し続けます。
landing military aircraft on Fiery Cross Reef; and continuing to deploy maritime militia around the islands.

2月中旬から3月中旬にかけて、中国は南シナ海から世界記録の量の天然ガスを抽出することに成功しました。
From mid-February to mid-March, China also successfully extracted a world record amount of natural gas from the South China Sea.

そして4月の初めに、中国沿岸警備隊の船が南シナ海でベトナムの漁船に衝突し、沈没しました。
And in early April, a Chinese Coast Guard vessel rammed and sank a Vietnamese fishing trawler in the South China Sea.

さらに北でも中国は近隣諸国に対しても同様に論争を呼んでいる。
Farther north, China has been similarly contentious against its neighbors.

国は台湾に対して積極的な偽情報キャンペーンを実施しました
The country has conducted an aggressive disinformation campaign against Taiwan,

そして中国の軍隊は島に対して露骨に挑発的な行動に従事しています
and China’s military has been engaging in overtly provocative behavior against the island

空域の侵入、夜間の演習の実施、空母を含む近くの海軍船の航行。
— making airspace incursions, holding nighttime exercises and sailing naval ships nearby, including an aircraft carrier.

中国はまた、日本によって支配されているが中国によって主張されている東シナ海の小さな島々の集合である尖閣諸島周辺で日本に対して執拗に執り行われてきました。
China has also been relentless against Japan around the Senkaku Islands, a set of small islands in the East China Sea controlled by Japan but claimed by China.

データは、中国の船が1月、2月、3月のほとんどの間、尖閣諸島周辺の日本の隣接するゾーンの海域に入ったことを示しています。
Data show that Chinese vessels entered waters in Japan’s contiguous zone around the Senkaku Islands for most of January, February and March.

中国の船も1月から3月の間に何度か尖閣の領海に入った。
Chinese ships also went into the Senkaku’s territorial waters several times between January and March.

これらの傾向は続いています。
These trends are continuing.

中国の近隣諸国は皆、COVID-19で解き放たれた経済、健康、社会問題を封じ込め、克服するのに苦労しているため、
Since China’s neighbors are all struggling to contain and overcome the economic, health and societal problems unleased by COVID-19,

中国は近隣諸国の錯乱(サクラン)を利用しているようです、
China appears to be taking advantage of its neighbors’ distraction,

「マスク外交」を利用して単純化している間、他の国にパンデミックにおける北京の役割を忘れさせようとしました。
while using simplistic “mask diplomacy” to try to get other nations to forget about Beijing’s role in the pandemic.



中国の外務省の女性報道官、華春瑩(ホア・チュンイン)氏は、中国がパンデミックに対する近隣諸国の闘いを利用しようとしているという非難を否定しました、
China’s Foreign Ministry spokeswoman, Hua Chunying, has denied the accusation that China is trying to take advantage of its neighbors’ struggles with the pandemic,

国は「中国の良い慣行と経験を共有したい」と言ったが、「それをいかなる種類の地政学的な武器や道具に変えないだろう」と述べた。
saying the country “would like to share China’s good practice and experience” but “will not turn it into any kind of geopolitical weapon or tool.”

否認は不気味に聞こえます。
The denial sounds eerily familiar.

2016年、中国の外務大臣、劉振民(リウ・ジェンミン)は、小切手帳の外交にすぎないとして、中国の「魅力攻勢」についてのマレーシアの懸念を思いとどまらせようとしました、
In 2016, China’s vice foreign minister, Liu Zhenmin, tried to dissuade Malaysian concerns about China’s charm offensive as nothing more than checkbook diplomacy,

「私たちの経済力を使って関係を改善するようなものはありません。」と言っている。
saying, “There is no such thing as using our financial muscle to improve ties.”

国々が再び騙されることを許すべきではない。
Countries should not allow themselves to be fooled again.

この世界的パンデミックの最中に中国が他の国々に真剣に関心を持っていれば、ほとんどの観測筋はその行動の変化を期待するでしょう。
If China were genuinely concerned with other nations during this global pandemic, most observers would expect its behavior to change.

他の国々は、共通の生物学的敵と戦うために紛争を一時停止しました。
Other countries have hit pause on conflicts to battle their common biological enemy.

中東では、サウジアラビアとアラブ首長国連邦は、イエメンのフーティ反乱勢力との戦争で、イエメンでのCOVID-19の拡大を防ぐために一方的に停戦を宣言しました。
In the Middle East, Saudi Arabia and United Arab Emirates — at war with Yemen’s Houthi rebels — unilaterally declared a cease-fire to help prevent COVID-19 spread in Yemen.

同様に、リビアでも、現在進行中の紛争の双方が停戦に合意し、国がアウトブレイクとの戦いに集中できるようにしました。
Similarly in Libya, both sides in an ongoing conflict agreed to a cease-fire so the country can focus on battling the outbreak.

同様に、中南米では、コロンビアの革命的左翼武装グループである国民解放軍が一方的に停戦をコロンビアの人々への人道的ジェスチャーとして宣言しました。
Likewise, in Latin America, the National Liberation Army, a revolutionary left-wing armed group in Colombia, unilaterally declared a cease-fire as a humanitarian gesture to the Colombian people.

そしてアフリカでは、南部カメルーン国防軍の民兵が集団発生のために停戦を実施すると発表した。
And in Africa, the Southern Cameroons Defense Forces militia announced it would implement a cease-fire because of the outbreak.

中国周辺でも、この地域の国々は、COVID-19を利益の機会として活用する誘惑に抵抗しています。
Even in China’s own neighborhood, regional countries are resisting the temptation to leverage COVID-19 as an opportunity for gain.

フィリピン大統領ロドリゴ・ドゥテルテは、政府が集団発生を封じ込めようとしたときに、一方的に共産主義反政府勢力との停戦を宣言しました。
Philippine President Rodrigo Duterte unilaterally declared a cease-fire with communist rebels as the government tries to contain the outbreak.

タイ政府と戦っているバリサン・レヴォルシ・ナシオナル反政府勢力はまた、ウイルスのために活動を停止することを一方的に宣言しました。これは、長期にわたるタイ紛争での最初の停戦です。
The Barisan Revolusi Nasional rebels fighting the Thai government also unilaterally declared that they would halt their activities due to the virus, their first cease-fire in the long-running Thai conflict.

これらの停戦は、隣人や自分の同国人に対して恐ろしい行動を頻繁に行ったグループによって取られ、軍隊や反政府勢力グループがこのパンデミック拡散の時代に自分たちの利益よりも普遍的な利益を上げる方法を示しています。
These cease-fires, taken by groups that have often performed horrible acts against their neighbors and their own countrymen, demonstrate how militaries and even rebel groups can put the universal good above their own interests in this time of pandemic spread.

中国が隣国に対してやっていることは違います。
What China is doing against its neighbors is anything but that.

中国の軍事専門家でさえも認めている
Even Chinese military experts have admitted as much,

中国軍による最近の軍事訓練が示したと言って
saying that recent military drills by the Chinese military showed

「侵入者や不親切な犯人を追い払うことができます」
“it is capable of driving intruders and unfriendly priers away”

同時に「COVID-19はアジア太平洋地域での米海軍の軍艦配備能力を大幅に低下させました。」
at a time “COVID-19 has significantly lowered the U.S. Navy’s warship deployment capability in the Asia-Pacific region.”

マスクと人工呼吸器で騙されてはいけません。
Don’t let masks and ventilators fool.

中国が この機会を無駄にする可能性は低いようです。
There is an opportunity to be had, and China appears unlikely to waste it.



ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1843-7552c6d6

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
12位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる