Powered By 画RSS 多言語歌詞(multilingual lyrics) |日本はなぜコロナ対策で尊敬されていないのか ASIA TIMES 2020/4/17
FC2ブログ

Entries

日本はなぜコロナ対策で尊敬されていないのか ASIA TIMES 2020/4/17

En:(grammar)



日本はなぜコロナ対策で尊敬されていないのか
Why Japan gets no Covid-19 respect

https://asiatimes.com/2020/04/why-japan-gets-no-covid-19-respect/

ASIA TIMES 2020/4/17
by Paul de Vries


“日本はジャンクフードを食べエクササイズもしてないのにスリムなままの少女。半分は彼女を無視したがり、残りの半分は彼女を憎んでいる”
https://twitter.com/xAegvg0JipIY0hD/status/1251543593195454464

新型コロナウイルス感染症「COVID-19」関連記事和訳まとめ







地域の同業者よりも死亡率が低いにもかかわらず、日本は批判されています。
Japan is criticized despite a lower death rate than regional peers.

福島の遺産のせいで
Blame it on the legacy of Fukushima.




Covid-19時代の英雄と悪役が明らかになってきた。
The heroic and villainous locations of the Covid-19 age are becoming apparent.

前者は香港、韓国、台湾。
The former category includes Hong Kong, South Korea and Taiwan.


後者は中国。
In the latter category is China.

北京はウイルスを制御化に置いているかもしれないが、明らかに権威主義的な方法でそれを行っている。
Beijing may have brought the virus under control but it has done so in a distinctly authoritarian way.

それとも?データには大きな疑問が付きまとう。
Or has it? Major questions hang over the data.


日本は両極端の間で不穏な状態にある。
Japan falls uneasily between these extremes.

成熟した民主主義国家であり、Covid-19による死亡率は隣国の韓国よりも低い。
The island nation is a mature and stable democracy with lower rates of death from Covid-19 than neighboring South Korea.

日本の人口が2倍以上であり、地球上で最も高齢な国民であるにもかかわらず。
That’s despite having over twice its population and the oldest citizenry on earth

人口統計では、日本は このパンデミックに対して脆弱である。
– a demographic that makes Japan uniquely vulnerable to this pandemic.

しかし日本はSNSのコメント欄で認知や尊敬を集めていない。
But Japan has not been faring well in terms of recognition or respect in either mainstream or social media commentary.

ほとんどの言説で日本は無視されるか、中国と同じ扱いになっている。
In most discourse, Japan is either ignored or paired with China.

日本はCovid-19への対応で外交的な批判にさえ直面している。
It has even faced diplomatic criticism for its response to the novel coronavirus.

なぜなのか?
Why so?

(広範囲のPCR)検査してないからなのか?
What, no testing?

日本は広範囲の検査を控えることで、統計を意図的に抑えているという疑惑がある。
The primary charge is that Japan is purposefully keeping down new case statistics by refraining from widespread testing.

これは主張というよりも事実の表明である。
This is less an allegation than a statement of fact.

日本の政策は最初から、咳をした市民が病院の待合室を埋めないようにすることであった。
Japan’s policy from the start has been to avoid clogging hospital waiting rooms with every concerned citizen who emits a cough.

賛否は別にしても、これは正当な戦略である。
It is a legitimate strategy whether one approves or not.

しかしCovid-19との戦いにおける成功か失敗かの真の尺度は感染者数ではない。
But the true measure of success or failure in the fight against Covid-19 is hardly the number of infections.

それは総志望者数であり、医療施設を圧迫している重症患者の数である。
It is total deaths – or, arguably even more importantly, critical cases, as it is they that overwhelm medical facilities.


日本の病院は需要に答えている。
Japan’s pool of hospitals has been meeting demand.

死亡統計が隠蔽されているという非難は、根拠のない茶番や都市伝説を超えたものにはなっていない。
Widespread accusations of suppressed or hidden death statistics have yet to move beyond the unsubstantiated, the farcical and the urban myth.

要するに証拠が無いのである。
In short, there is no evidence.


Covid-19を制御化に置くために進行中の世界的な戦いにおいて、日本が感動の源と見做(ミナ)されない主な理由は恐らく2つある。
There are arguably two primary reasons why Japan is not seen as a source of inspiration in the ongoing global fight to bring Covid-19 under control.


第1に、日本がこれまで成功した理由が曖昧で不明確であること。
Firstly, the reasons it has succeeded (thus far; this crisis is not over) are contested, ambiguous, unclear.

第2に、Covid-19の経験が不運なスタート切ったこと。
Secondly, its Covid-19 experience got off to an inauspicious start.


日本が最初にCovid-19に触れたのはクルーズ船の検疫であった。
Japan’s first brush with Covid-19 was the Diamond Princess cruise ship quarantine.

欧米の反応は主に嘲笑であり「福島のようだ」という言葉が頻繁に使われていた。
The Western response was largely one of ridicule, with frequent intonations of “just like Fukushima” – a reference to the supposedly disastrous reaction of Japanese officialdom to the 2011 nuclear meltdown.

そして下船した乗客が東京の地下鉄に乗り込むと嘲笑が広がった。
Then, as discharged passengers made their way into the Tokyo subway system, derision grew.

死の波が押し寄せてくると予測されていた。しかし、そうはならなかった。
Waves of death were predicted. They did not eventuate.

注目は日本から韓国、イタリア、ヨーロッパ、アメリカへと移っていった。
Attention then shifted from Japan to South Korea, Italy, Europe and the United States.

日本が再び脚光を浴び始めたのは3月下旬のことだった。
Only in late March did Japan start to enter an unwanted limelight again.

東京都知事が3月25日に発表した「緊急措置」は、国民に責任を持って行動してほしいという切迫した訴えであった。
The Tokyo governor’s March 25 announcement of “emergency measures” was in fact largely an urgent plea for the public to behave responsibly, given the lack of enforcement mechanisms at her disposal.

しかし五輪延期発表の翌日ということもあり、疑惑の目で見られることが多い。
However, having come a day after the postponement of the Olympics, it is frequently treated with suspicion.

日本政府は五輪存続のために、発生の真の規模を隠していたのではないかと非難されているのだ。
Surely, the accusations go, Japanese officialdom had been hiding the true scale of the outbreak to keep the Games alive?


おそらくそうではない。
Perhaps not.

3月下旬は桜の開花時期である。
Late March was when the cherry blossoms were in bloom.

東京はCovid-19が発生しなかったかのように桜の名所に人が集まった。
On the weekend of March 21-22, Tokyo descended upon cherry blossom hot spots as if Covid-19 had never occurred.

必然的に感染者が増加した。
The inevitable result was a rise in infections.


SNS上の批評家たちは、東京は壊滅的な被害を受けたニューヨーク市より1~2週間遅れていると予測した。
Social media critics then predicted that Tokyo was just a week or two behind ravaged New York City.

その仮定は重要なポイントを見逃していた。
That assumption ignored a salient point.

実際、日本はアメリカより数週間早くCovid-19との戦いをはじめていた。
Japan had, in fact, begun its Covid-19 fight weeks ahead of the US.

したがって、ニューヨークの致命的な曲線に遅れている事を考えると、日本は数週間かけて何か正しいことをしているに違いありません。
So, in order to be behind New York’s deadly curve, Japan must have spent several weeks doing something right.


福島再び。
Fukushima, redux

日本がこれまで比較的無傷であった理由を振り返ってみると、皮肉なことに、2011年に日本がひどく目に見えない脅威に直面した際の、そのありふれた出来事が出発点です。
In turning to why Japan has remained relatively unscathed so far, the start point, ironically, is those derided events in 2011 when Japan faced a terrible and invisible threat.

実は「福島」が2つありました。 1つは制度的対応でした。 2つ目は日本人の反応です。
There were, in fact, “two Fukushimas.” The first was the institutional response; the second was the response of the Japanese people.


最終的には、1週間以内に大災害の可能性を安定させることに成功しましたが、政府と主要電力会社である東京電力の反応は、だらしなく混乱しました。
Although it ultimately succeeded in achieving the stabilization of a potential catastrophe within a single week, the reaction by the national government and Tokyo Electric Power Company, the key utility, was slovenly and confusing.


世論の反応については、日本人の多くは落ち着きを保ち、世界の大部分はパニックに陥りました。
As for public reaction: The Japanese stayed calm while much of the world descended into abject panic.

日本の相対的な静けさは、日本国外の多くが理解していない3つの理解に基づいています。
Japan’s relative tranquility was founded on three understandings that many outside of Japan did not grasp.

放射線を隠すことができないため、「隠蔽」はあり得ませんでした。非権威政府がCovid-19の犠牲者の遺体を隠すことはできません。
1.There could not have been a “coverup” because you cannot hide radiation – any more than a non-authoritarian government can hide the bodies of Covid-19 casualties.

ガイガーカウンターを持っている人なら誰でも放射線を測定できます。
Any individual with a Geiger counter can measure radiation.


化学元素のラドンは、ガイガーカウンターで地球上のほぼすべての場所で肯定的な測定値を取得できるようにします。
2. A chemical element, radon, assures a Geiger counter of getting a positive reading at pretty much any location on earth.

したがって、ゼロよりも大きい読み取り値が存在しても、すぐにパニックになることはありません。
The presence of a reading greater than zero, therefore, should not be cause for immediate panic.


放射線の目に見えない脅威に対するほぼ迷信的な恐怖は、パニックになる閾値(シキイチ)が低いことを意味します。
3. A near-superstitious fear of the invisible threat of radiation means panic thresholds are low.

したがって、測定値が許容基準の40倍であると言われた場合、空港に逃げるのではなく、専門家から実際に何が意味するのかを確認するまで待つのが賢明です。
Thus, if we are told that a reading is 40 times greater than the accepted standard, it is prudent to wait for confirmation of what that actually means from an expert, rather than fleeing to an airport.

この言葉は中傷的でしたが、「福島のように」というのは実際にかなり先見の明があり、日本の国民が再び注目を浴びました。
While the term was disparaging, “just like Fukushima” actually proved quite prescient, as the Japanese public has again come to the fore.


日本国民の力
Public power


ロックダウンはCovid-19の標準的な政策手段となっている。
Lockdown has become the default policy measure for dealing with Covid-19.

しかし社会的な距離を保つことができる集団にとっては、限られた必要性しかない。
Lockdown, however, is of limited necessity for populations that can diligently do social distancing.

更に手洗いに慣れている人にとってはあまり必要ではない。
Addiitonally, social distancing is less of an imperative for those more habituated to hand washing.


誰もがキャリアである、キャリアになりうると仮定することが最善の防御である。
Assuming that everyone is or can be a carrier is the best protection.

これを日本国民は理解して行動している。
This the Japanese public both understands and applies.

Covid-19の登場によって新しいものが必要とされなかったのも大きい。
The real weapon in Japan’s arsenal is that nothing really new was required after Covid-19 appeared.

基本的な衛生への注意はインフルエンザの季節には欠かせない。
Attention to basic hygiene is part and parcel of the flu season.

東日本大震災で日本人が大量に使用した手指消毒剤は、完全になくなることは無かった。
Hand sanitizer, which Japanese first used en masse after the Fukushima meltdown, never fully disappeared.

要するに、必要とされたものの多くは既に存在しており、増やすだけでよかった。
In short, much of what was required was simply ratcheting up that which already existed.


日本政府の対応への批判は重要な点を見逃している。
Hence, incessant criticism of the Japanese government response has a measure of immateriality.

安倍首相の非常事態と宣言のような政府の指示は、日本では欧米と同じような衝撃を与えることはできない。
Governmental directives, such as Prime Minister Shinzo Abe’s Thursday proclamation extending the state of emergency to the whole country, were never going to have the same impact in Japan as in the West.


また日本の医療制度の質の高さも特筆すべきだ。
To be noted as well is the quality of the Japanese health system.

高齢者の多い日本の医療は呼吸器疾患の治療に精通しており、世界でもトップクラスと評価されることが多い。
Universally available and well versed in the treatment of respiratory conditions due to Japan’s elderly demographic, it is frequently rated as one of the best in the world.

現時点では爆発的な感染症の増加は発生していない。
At present, it appears that the March complacency blip has been successfully counteracted. Explosive growth in infections has not occurred.


執筆時典のジョン・ホプキンス大学のデータによると、
According to data from the John Hopkins University at time of writing,

人口1億2600万人の日本の感染者数は8,626人で増加傾向にあるが、
Japanese case numbers – the country, with a population of 126 million, has 8,626 infections – are rising,

まだ管理可能なレベルに留まっている。
but remain at a manageable level.

死亡者数は178人。
Deaths stand at 178.

比較すると、韓国(人口5,100万人)の感染者数は1万613人、死亡者数は229人。
For comparison: South Korea (population: 51 million) has 10,613 cases and 229 deaths.

イギリス(人口6,600万人)感染者数は10万3093人、死亡者数は1万3729人。
The UK (population: 66 million) has 103,093 cases and 13, 729 deaths.

ドイツ(人口8,300万人)感染者数は13万5633人、死亡者数は3,856人
Germany (population: 83 million) has 135, 633 cases and 3,856 deaths.

アメリカ(人口3億2800万人)感染者数は64万291人、
The US (population: 328 million) has 640,291 cases.

ニューヨークだけでも1万899人の死者が出ている。
In New York City alone there have been 10, 899 deaths.

ベルリンやワシントンが東京を批判してきたことを考えると、この最後の2つの統計は特に印象的だ。
Those last two statistics are particularly striking, given that both Berlin and Washington have un-diplomatically criticized Tokyo’s lack of testing.

元米軍人であり長くアジアを見てきたアル・ジョンソン氏はこう書いている。
Al Johnson, an ex-US serviceman and long-term Asia watcher has written:

日本はジャンクフードを食べエクササイズもしてないのに、スリムなままの少女みたいなものだ。
“Japan is the girl that stayed skinny despite eating junk food and not exercising.

半分は彼女を無視したがり、残りの半分は彼女を憎んでいる。
Half want to ignore her; the other half hate her.”


日本を無視する人も言い訳はできる。
To be fair, those who ignore Japan can be excused.

韓国モデルの第一の戦略である「テスト、テスト、テスト」は理解しやすく適用しやすい。
The primary expedient of the South Korean model, “test, test, test,” is easy to comprehend and apply.

日本のモデルは?そうではない。
The Japanese model? Less so.

何が気に入らないの?
What, then, of the haters?

彼らは、ダイヤモンドプリンセス騒動の時に、「福島」になることを予見できませんでした。
They failed to foresee in those Diamond Princess days that we would be “Fukushima-ing” together;

彼らはそれがどのように行われるかを日本に示すようになります。
they would get to show Japan how it’s done.

彼らの「福島」の掛け声は、まだ「もう一度、アメリカンファースト:アメリカナンバーワン」に置き換えられるかもしれません。
Their “Fukushima” chant, may yet be replaced with “Once again, American First: America Number one.”




ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1829-c00c71ac

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
12位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる