Powered By 画RSS 多言語歌詞(multilingual lyrics) |「グレタ、世界最大のCO2排出国である中国に行き、気候変動について抗議しろ!」 Forbes 2019/11/26
FC2ブログ

Entries

「グレタ、世界最大のCO2排出国である中国に行き、気候変動について抗議しろ!」 Forbes 2019/11/26

En:(grammar)



グレタ、世界最大のCO2排出国である中国に行き、気候変動について抗議しろ!
Greta, Go To China And Protest About Climate Change To The World’s Biggest Emitter via

https://www.forbes.com/sites/simonlack/2019/11/26/greta-go-to-china/

【気候変動】少女革命グレタ・トゥーンベリまとめ【スウェーデンのゆたぼん】









気候過激派は、今日のエネルギー供給とそれが支える生活水準に対する批判により、先進国全体で注目を集めています。
Climate extremists draw attention across developed countries with their criticism of today’s energy supply and the living standards it supports.


エクスティンクション・リベリオンのメンバーは、ロンドンの通勤電車の上に立って、労働者の朝の出勤を遅らせる抗議活動をした。
Members of Extinction Rebellion have even protested by standing on top of commuter trains in London, delaying workers on the morning journey to work.

彼らは怒って電車から降りて、人々が自分たちの生活を続けることができたので、多くの同情を感じることはできませんでした。
As they were angrily pulled off the train so people could get on with their lives, few could feel much sympathy.



ロンドンやニューヨークに住んでいるなら、たとえ貴方の怒りが間違った方向に向いていたとしても、そこで抗議には好都合です。
If you live in London or New York, it’s convenient to protest there even if your ire is misdirected.

先進国は、一般的に排出量を抑制しています。パリ協定を達成するには十分ではありませんが、トピックに関する一般的な意見を反映したペースです。
Developed countries are generally curbing emissions—nowhere near enough to meet the Paris Accord, but at a pace that reflects popular opinion on the topic.

エネルギーシステムの抜本的な再構築のサポートは浅いです。風と太陽の縁飾りを残したまま、既存のエネルギー供給より明らかに高価であるか、すでにほとんどのエネルギーを供給しています。
Support for a radical overhaul of our energy systems is shallow—wind and solar remain fringe, and are obviously more expensive than our existing energy supply or they’d already be providing most of it.

再生可能エネルギーの大きな悲劇は、その誇張された可能性により、過激派が他の解決策は必要ないと考えていることです。
The great tragedy of renewables is that their hyped-up potential leads extremists to believe no other solutions are required.

そのため、彼らは原子力エネルギーや石炭の天然ガスの代替に反対し、化石燃料のよりクリーンな使用への政府の研究開発の拡大など、他の実用的な解決策を求めません。
So they oppose nuclear energy or substitution of natural gas for coal, and don’t push for other practical solutions such as greater government R&D into cleaner use of fossil fuels.

彼らの非現実的な過激主義は、穏健派がそれらを無視することを可能にします。
Their impractical extremism allows moderates to ignore them.





先進国の公共政策は、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の勧告と一致していません。
Public policy in developed countries isn’t aligned with the recommendations of the UN’s Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC),

投票が行われていないためです。
because the votes aren’t there.

CAT(気候研究機関)のスコアカードで、工業化前のレベルよりも2℃高い温度に地球温暖化を制限するというIPCCの目標に対して、「不十分」以上の評価を受けた先進国はありません。
No developed county is rated any better than “Insufficient” on Climate Action Tracker’s scorecard of action versus the IPCC’s goal of limiting global warming to 2 degrees celsius above preindustrial levels.




中国は世界のCO2の29%を生産しており、その割合は増加しています。
China produces 29% of the world’s CO2, a share that is rising.

彼らが述べた目標は、2030年まで排出量の成長を続けることです。
Their stated goal is to continue their growth in emissions through 2030.

中国は世界の石炭の半分を燃やします。
China burns half the world’s coal.

西側の環境過激派は、ニューヨークの新しい天然ガスパイプラインに抗議したり、ロンドンの公共交通機関を妨害したりして、ささいな目標を追求しています
Western environmental extremists are pursuing trivial objectives by protesting new natural gas pipelines in New York, or impeding London’s public transport

(誰もが車で走るよりも大量の電気輸送が望ましいのではないでしょうか?)
(isn’t electric mass transit much more desirable than having everyone drive to work?).

彼らは、中国でのエネルギーの変化を加速させるために政治的な影響力を捧げるべきです。
They should be dedicating whatever political influence they have to accelerating energy change in China.

発展途上国は容量を追加しているため、より迅速にクリーンエネルギーに移行することができます。
Developing countries are better able to shift to cleaner energy more quickly, because they’re adding capacity.

世界が天然ガスを優先して石炭の使用を段階的に廃止すると、温室効果ガスの排出量(GHG)が17%減少し、多大な貢献をします。
If the world phased out coal use in favor of natural gas, that would lower greenhouse gas emissions (GHGs) by 17%, an enormous contribution.



アメリカには天然ガスが豊富にあるため、掘削しようとする企業は財政破綻に直面しています。
America has such abundance of natural gas that the companies drilling for it are facing financial ruin.

中国はすでに、2030年までに電力部門の天然ガスの使用を7.5%から15%に2倍に増やすことを計画しています。
China already plans to double the power sector’s use of natural gas, from 7.5% to 15%, by 2030. Why not take it higher still?

中国への批判がないことは、生活水準を上げるために排出量を増やす余地があることを暗黙のうちに受け入れている。
The absence of criticism of China implicitly accepts that they should be allowed room to increase emissions in order to raise living standards.

エネルギー使用量の増加は、生活の質の向上、健康状態の改善、寿命の延長に直接つながります。
Higher energy use is directly linked to better quality of life, better health outcomes and increased longevity.

快適に暮らす先進国に批判を集中することにより、
By focusing their criticism in the developed countries where they comfortably live,

気候過激派は、世界最大の温室効果ガスの源を無視して、新興アジアでの生活水準の向上に対応するために、ここでより低い生活水準を主張しています。
and ignoring the world’s biggest source of GHGs, climate extremists are advocating lower living standards here to accommodate rising living standards in emerging Asia.


おそらくそれが、気候変動と戦う実際の結果が非常に短い理由です。
Perhaps that’s why actual results in combating climate change are coming up so short.

フリンジの声の大きい少数派は、経済の全面的な変化を支持しているが、目標はあまり支持されていないため簡単に無視される。
A vocal minority on the fringe advocates wholesale change of our economies, goals that are easily ignored because they have so little support.

グレタ・トゥンバーグ、国連で語ったスウェーデンの高校中退者。
Greta Thunberg, the Swedish high school dropout who told the United Nations.

「よくもまあ…できるものだ」ニューヨークではなく北京でそのスピーチをするべきです。
“How dare you,” should be making that speech in Beijing, not New York.


問題に立ち向かうための真剣な努力は、実用的な解決策に焦点を当てる必要があります-
Serious efforts to confront the issue need to focus on practical solutions—

原子力のより大きな使用;天然ガス用の石炭の段階的廃止。
greater use of nuclear energy; phasing out of coal for natural gas;

政府の研究開発をあらゆる形態のよりクリーンなエネルギーに増やし、
increased government R&D into all forms of cleaner energy,

働くために支配的な化石燃料を含む。
including the fossil fuels that predominate because they work;

世界最大の排出国である中国への圧力。
and pressure on China, the world’s biggest emitter.





ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1787-5a7cd3e8

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
13位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる