Powered By 画RSS 多言語歌詞(multilingual lyrics) |グレタ・トゥーンベリ「最大の脅威は行動を取らないこと」COP25演説
FC2ブログ

Entries

グレタ・トゥーンベリ「最大の脅威は行動を取らないこと」COP25演説

En:(grammar)



グレタさん「ほんのわずかな気温の上昇も問題」 COP25で演説

【気候変動】少女革命グレタ・トゥーンベリまとめ【スウェーデンのゆたぼん】










こんにちは。1年半前、私は、必要ない限り話すことはしませんでした。
A year and a half ago, I didn’t speak to anyone unless I really had to.

でも、私は話す理由を見つけました。
But then I found a reason to speak.

それ以来、私はたくさんのスピーチをし、公の場で話す時に注目を得るため、
個人的なことや感情的な話から始めることを学びました。
Since then, I have given many speeches and learned that when you talk in public,
you should start with something personal or emotional to get everyone’s attention,


「私たちの家が燃えている」「私はあなたにパニックになってほしい」「よくもそんなことを!」などと言うのです。
say things like, “Our house is on fire,” “I want you to panic,” or “How dare you!”

でも今日、私はそのようなことを言いません。
But today I will not do that,

皆がその言葉ばかりに注目し、
because then those phrases are all that people focus on.

真実を忘れてしまうからです。
They don’t remember the facts,

そもそも、私がこのようなことを言う理由は、
the very reason why I say those things in the first place.

私たちにはもう科学から目を背ける時間がないからなのです。
We no longer have time to leave out the science.



 1年ほど前から、私は「炭素予算」(気温上昇を一定のレベルに抑える場合に排出できる温室効果ガスの累積排出量の上限値)が急に減っていると何度も何度も訴えました。
For about a year, I have been constantly talking about our rapidly declining carbon budgets, over and over again.

でも、いまだに無視されています。私は何度も言い続けます。
But since that is still being ignored, I will just keep repeating it.

昨年発行された、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書の108ページには、2018年1月1日からの二酸化炭素(CO2)排出量を420ギガトンに抑えると、67%の可能性で(産業革命前からの)世界の気温上昇を1・5度に抑えられると書かれています。
In chapter two, on page 108 in the SR 1.5 IPCC report that came out last year, it says that if we are to have a 67% chance of limiting the global temperature rise to below 1.5 degrees Celsius, we had, on January 1st, 2018, 420 gigatons of CO2 left to emit in that budget.

もちろん、今その(420ギガトンという)数字はより小さくなっています。
And, of course, that number is much lower,


土地利用も含めて毎年私たちは42ギガトンのCO2を排出していますから。
today as we emit about 42 gigatons of CO2 every year, including land use.


現在の排出量では、残りの炭素予算を8年間で使い切ってしまいます。
With today’s emissions levels, that remaining budget will be gone within about eight years.

この数字は誰かの意見でも、政治的見解でもありません。
These numbers aren’t anyone’s opinions or political views.

これは、現在の科学で得られる最良の数値なのです。
This is the current best available science.

 多くの研究者がこの数字は甘いと指摘していますが、
Though many scientists suggest these figures are too moderate,

これがIPCCによって示された数字です。
these are the ones that have been accepted through the IPCC.

この数字は、地球規模だということに留意してください。
And please note that these figures are global,

ですから、パリ協定を地球規模で機能させるために極めて重要な「公平性」については何も語られていないのです。
and therefore do not say anything about the aspect of equity, which is absolutely essential to make the Paris Agreement work on a global scale.

つまり、豊かな国は公平性のために、排出ゼロを素早く達成し、貧しい国がそれを達成するのを手伝う必要があるのです。
That means that richer countries need to do their fair share and get down to real zero emissions much faster and then help poorer countries do the same,

そうすれば、世界の豊かでないところに暮らしている人々は生活水準を上げることができます。
so people in less fortunate parts of the world can raise their living standards.

この数字は、非線形の「フィードバックループ」(変化が変化を呼び相乗効果を生む現象)や「ティッピングポイント」(気候変動が急激に進む転換点)や大気汚染によるさらなる温暖化についてはほとんど含まれていません。
These numbers also don’t include most feedback loops, nonlinear tipping points or additional warming hidden by toxic air pollution.

しかしながら、多くのモデルは、現在は存在しない技術を用いて、数千億トンもの大気中のCO2を吸収することができるようになることを想定しています。おそらくそのような技術は決して出てこないでしょう
Most models assume, however, that future generations will somehow be able to suck hundreds of billions of tons of CO2 out of the air with technologies that do not exist in the scale required and maybe never will.

(1・5度以内の気温上昇に抑える可能性が)67%というのがIPCCによって示された最も高い割合です。
The approximate 67% chance budget is the one with the highest odds given by the IPCC.

今、私たちが排出できるCO2量は340ギガトンも残っていません。
And now we have less than 340 gigatons of CO2 left to emit in that budget to share fairly.

なぜ、1・5度以下に抑えることがそんなにも重要なのでしょうか。
And why is it so important to stay below 1.5 degrees?

なぜなら、たった1度でも上がれば気象危機で人々が死んでいくのです。
Because even at 1 degree, people are dying from the climate crisis.

それは科学が叫んできたことだからです。
Because that is what the united science calls for to avoid destabilizing the climate,

氷河や北極永久凍土が溶けるなど、不可逆的な(被害の)連鎖を止めるチャンスを得られるよう、
so that we have the best possible chance to avoid setting off irreversible chain reactions,

気候を安定化させることです。ほんのわずかな気温の上昇も問題なのです。
such as melting glaciers, polar ice and thawing Arctic permafrost. Every fraction of a degree matters.


だから再び言います。 これが私のメッセージです。これが私があなたに注目してほしいことです。
So there it is again. This is my message. This is what I want you to focus on.

あなたはパニックを全く感じずにこの数字にどう反応するのですか?
So please tell me: How do you react to these numbers without feeling at least some level of panic?

わずかな怒りすら感じずに基本的に何もなされていないという事実をどう思いますか?
How do you respond to the fact that basically nothing is being done about this, without feeling the slightest bit of anger?

警鐘を鳴らさずに、あなたはこれをどのように伝えますか?私は本当に知りたいのです。
And how do you communicate this without sounding alarmist? I would really like to know.


パリ協定採択以降も世界の銀行は1・9兆ドルを化石燃料に投資してきました。
Since the Paris Agreement, global banks have invested 1.9 trillion U.S. dollars in fossil fuels.

世界のCO2排出量のうち71%に対しての責任を負っているのは100の企業です。
One hundred companies are responsible for 71% of global emissions.

G20加盟国の排出量は全体の約80%を占めています。
The G20 countries account for almost 80% of total emissions.

世界の人口の裕福な10%が世界の半分のCO2を排出しています。
The richest 10% of the world’s population produce half of our CO2 emissions,

一方、貧しい50%の人々はたったの10分の1です。
while the poorest 50% account for just one-tenth.

私たちは本当に行動する必要があります。でも、ある人たちは他の人たちよりももっとやらないといけない。
We indeed have some work to do, but some more than others.


 最近、ごくわずかな先進国が温室効果ガス排出量を減らし、
何年もかけて実質排出ゼロにすることを約束しました。
Recently, a handful of rich countries pledged to reduce their emissions of greenhouse gases by so-and-so many percent by this or that date, or to become climate-neutral or net zero in so-and-so many years.

これは一見素晴らしいことのように見えるかもしれません。でも、目指すものはいいとしても、
This may sound impressive at first glance, but even though the intentions may be good, this is not leadership.

それはリーダーシップとは言えません。ミスリードです。
This is not leading. This is misleading,

なぜならこういった排出削減の約束の中に、国際航空や船舶、
輸出入される製品・消費からの排出は含まれていません。
because most of these pledges do not include aviation, shipping, and imported and exported goods and consumption.

でも、他の国で排出を相殺する可能性は含んでいます。
They do, however, include the possibility of countries to offset their emissions elsewhere.

これらの約束は、豊かな国がすぐに削減することを想定していません。
本当は(温暖化の影響を抑えるために)ごくわずかな排出の猶予しかないのに。
These pledges don’t include the immediate yearly reduction rates needed for wealthy countries, which is necessary to stay within the remaining tiny budget.

2050年に実質排出ゼロなんて無意味です。
もし大量に排出する国が数年でも(大量)排出を続ければ、残された猶予なんてなくなってしまいます。
Zero in 2050 means nothing if high emission continues even for a few years; then the remaining budget will be gone.

全体像を見なければ、私たちはこの危機を解決することができません。
Without seeing the full picture, we will not solve this crisis.

包括的な解決策を見つけること、それがこのCOPでやらなければいけないすべてです。
Finding holistic solutions is what the COP should be all about.

でも、その代わりに、各国が抜け穴について議論し、野心を引き上げることを回避する機会に変わってしまっているように見えます。
But instead, it seems to have turned into some kind of opportunity for countries to negotiate loopholes and to avoid raising their ambition.

 各国は取らなければいけない本当の行動に反する、賢いやり方を見つけてしまっています。
Countries are finding clever ways around having to take real action,

例えば、排出削減量の二重計上や海外に排出量を移転すること。
like double counting emissions reductions and moving their emissions overseas

そして、野心を引き上げるという約束の話に戻ったり、解決策や(温暖化で起こってしまった)損失と被害に対する支払いを拒否したり。
and walking back on their promises to increase ambition or refusing to pay for solutions or loss and damage.


こういったことをやめなければいけません。私たちに必要なのは本当の徹底した排出削減です。
This has to stop. What we need is real, drastic emission cuts at the source.



でも、もちろん減らすだけでは十分ではありません。
But, of course, just reducing emissions is not enough.

温室効果ガスの排出を止めなければなりません。
Our greenhouse gas emissions has to stop.

気温上昇を1・5度未満に抑えるには、CO2を地中に閉じ込めておく必要があります。
To stay below 1.5 degrees, we need to keep the carbon in the ground.

先送りして、耳に心地よい対策について話すことだけが進んでいます。
私たちは良いことより害をもたらすようなことをしています。
Only setting up distant dates and saying things which give the impression of that action is underway will most likely do more harm than good,

なぜなら、変化が必要なのに、まだ変化がどこにも見えないから。
because the changes required are still nowhere in sight.

世界の指導者から何かを聞いているかもしれませんが、今必要な政治と言えるようなものは存在していません。
The politics needed does not exist today, despite what you might hear from world leaders.

そして私は、最大の脅威は行動しないことではない、と今でも思っています。
And I still believe that the biggest danger is not inaction.

本当の脅威は、政治家や最高経営責任者(CEO)たちが行動を取っているように見せかけていることです。
The real danger is when politicians and CEOs are making it look like real action is happening,

実際は抜け目ない経理やクリエーティブなPR活動以外に何もしてないのに。
when in fact almost nothing is being done apart from clever accounting and creative PR.


 私は世界中を旅する幸運に恵まれてきました。
I have been fortunate enough to be able to travel around the world.


私の経験では、(温暖化の危機への)認識が欠如しているのは、どこでも同じです。
And my experience is that the lack of awareness is the same everywhere,

少なくとも選挙によって選ばれるリーダーたちの間ではそうです。
not the least amongst those elected to lead us.

切迫感がまったくありません。
There is no sense of urgency whatsoever.


私たちのリーダーは非常事態の時のような振る舞いをしていません。
Our leaders are not behaving as if we were in an emergency.

非常事態にあれば、人は行動を変えます。
In an emergency, you change your behavior.

もし、子供が道路の真ん中で立ち尽くしていて、自動車が猛スピードで走ってきたら、
If there is a child standing in the middle of the road and cars are coming at full speed,

あなたは目を背けることができないでしょう。だって、落ち着いていられないから。
you don’t look away, because it’s too uncomfortable.

あなたは即座に飛び出して、その子を助けるでしょう。
You immediately run out and rescue that child.

切迫感なしに、私たちはどうしたらいいのでしょう。
And without that sense of urgency,

人々は本当の危機に直面していることを理解しています。
how can we, the people, understand that we are facing a real crisis?

もし今進行している事態にまったく気づかなければ、
And if the people are not fully aware of what is going on,

権力者たちにプレッシャーをかけることはしないでしょう。
then they will not put pressure on the people in power to act.

人々からのプレッシャーがなければ、私たちのリーダーは何もせずに逃げてしまいます。
And without pressure from the people, our leaders can get away with basically not doing anything — which is where we are now.

それが現状で、繰り返されています。
And around and around it goes.




 3週間後に、私たちは新しい10年(2020年代)に突入します。
In just three weeks we will enter a new decade,

私たちが「未来」と定義する10年です。
a decade that will define our future.

今、私たちには希望の兆しさえ見えません。
Right now we are desperate for any sign of hope.



私は皆さんに言います。希望はあると。私はそれを見てきました。
Well, I’m telling you there is hope. I have seen it.

でも、それは政府や企業から来るものではありません。
But it does not come from the governments or corporations.

人々から生み出されるものです。
It comes from the people,

今までは(危機に)気づいていなかったけれど、今気づき始めた人たちの中から生まれるのです。
the people who have been unaware but are now starting to wake up.

そして、一度気づけば、私たちは行動を変えられます。人々は変われます。
And once we become aware, we change. People can change.

人々は行動を変える準備ができていて、それこそが希望です。
People are ready for change. And that is the hope,

私たちには民主主義というものがあるのですから。
because we have democracy.

そして民主主義は常に存在します。
And democracy is happening all the time,

選挙の日だけでなく、あらゆる瞬間に。
not just on Election Day, but every second and every hour.

自由な世界を動かすのは世論です。
It is public opinion that runs the free world.

実際、歴史を振り返ると、あらゆる偉大な変化は人々の間から起こりました。
In fact, every great change throughout history has come from the people.

私たちには待っている時間はありません。
We do not have to wait.

私たちは今、変化を起こすことができます。
We can start the change right now.

私たち、それが「人々」です。ありがとうございました。
We, the people. Thank you.





ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1786-e641b3b6

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
17位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる