Powered By 画RSS 多言語歌詞(multilingual lyrics) |アイルランドには中国のスパイがたくさんいる、と活動家が主張 THE IRISH TIMES 2019/11/30
FC2ブログ

Entries

アイルランドには中国のスパイがたくさんいる、と活動家が主張 THE IRISH TIMES 2019/11/30

En:(grammar)


アイルランドには中国のスパイがたくさんいる、と活動家が主張
China has ‘a lot of spies’ in Ireland, activists claim

THE IRISH TIMES
By Colm Keena Nov 30, 2019

【ウイグルホロコースト】中国関連記事和訳まとめ










アイルランドに住む中国の政治活動家は、他の中国人がここにいることを主張する
共産党に対する不忠の印のために「みんなに目を向ける」
CHINESE POLITICAL ACTIVISTS LIVING IN IRELAND CLAIM THAT OTHER CHINESE PEOPLE HERE ARE
‘KEEPING AN EYE ON EVERYONE’ FOR SIGNS OF DISLOYALTY TO THE COMMUNIST PARTY



フェイスマスクを付け、ミラーレンズ・サングラスを掛け、黒い野球帽を目深に被った姿で、取材の相手が現れることは稀だ。
It’s not often that prospective interviewees turn up at The Irish Times wearing face masks and reflector sunglasses,
with black baseball hats pulled low over their foreheads.


しかし、これが、今回取材に応じてくれた、香港の民主運動を支持する3人の恰好だった。
But that’s what happened when three supporters of the pro-democracy movement in Hong Kong agreed to be interviewed.

2人が香港出身、1人が中国本土出身。全員がダブリン在住だ。
All living in Dublin, two are from Hong Kong and the other from the Chinese mainland.


「彼らは人を殺している」。取材が始まってまもなく、香港出身の女性がそう言った。
“They are killing people,” a woman from Hong Kong says soon after the interview began.

「それが今起こっていること。香港政府。警察。彼らはほんとうに人を殺している」
“That is what is happening now. The Hong Kong government, and the police, they are really killing people.”







中国政府は、少なくとも100万人のウィグル人と他のチュルク系ムスリムを、抑圧作戦の一環として、再教育収容所に収監していると考えられている。
The Chinese government is believed to have incarcerated a million or more Uighur and other Turkic Muslims as part of a massive campaign of repression


アイルランドのメディアの取材に応じたことがバレたらどうなるのか。3人ともそれを心配していた。
Each of the interviewees is concerned about the potential consequences should it become known that they had spoken with the Irish media.


1人は、ダブリンで行われた抗議運動に参加した写真が中国のソーシャルメディアに投稿されたため、仕事を失うという経験を既にしていた。
経営者は中国人だった。
One has already had the experience of losing her job with a Chinese employer in Dublin after her image attending a protest here was posted on Chinese social media.


この2週間、アイリッシュタイムズでは、北京政府当局に気付かれないように注意しながら、アイルランドに住むチベット人および香港人のコミュニティの話を聞いてきた。
Over the past fortnight, The Irish Times has been speaking with people from the Tibetan and Hong Kong communities about living in Ireland while being careful not to come to the attention of the Beijing authorities.


中国北西部の新疆出身のウィグル人(チュルク系ムスリム)もアイルランドに小さなコミュニティを作っているが、取材を受けてくれる人はいなかった。
No one from the small Irish community of Uighur Turkic Muslims, from the northwestern province of Xinjiang, would agree to be interviewed.


中国政府は、少なくとも100万人のウィグル人と他のチュルク系ムスリムを、抑圧作戦の一環として、再教育収容所に収監していると考えられている。
The Chinese government is believed to have incarcerated a million or more Uighur and other Turkic Muslims in re-education camps in Xinjiang, as part of a massive campaign of repression.


「故郷に残る家族に深刻な影響が出ることを恐れ、海外在住のムスリムは迫害について語りたがらない。激しい迫害による恐怖はそれほどまでに広がっている」。クロンスキー(ダブリンの地域名)にあるイスラム文化センターのアリ・セリム博士はそう言う。ここのモスクにはウィグル人も何人か通っている。
“The high level of persecution spreads fear to the extent that Muslims living abroad are reluctant to talk about it lest members of their family at home should face serious repercussions,” said Dr Ali Selim, of the Islamic Cultural Centre, in Clonskeagh, where some the Uighurs attend the mosque.


中国に家族を残している人にとって、北京政府が認めない意見を表明する人物だと認識されることは、重大な事態の発生につながる可能性がある、と活動家たちは主張する。
For people who have family back in China, being identified as expressing views Beijing does not approve of can have significant consequences, these activists claim.

アイルランドに住んでいるのであれば、家族のもとを訪れるためのビザを取得するのが難しくなるかもしれない。
People who live here can find it hard to get visas to visit family, they say.

アイルランドで何かを言うと、中国に住む家族が罰せられるかもしれない。そう彼らは主張する。
Family members back in China can be punished for what a family member has said here in Ireland, they claim.

そして、アイルランドに住む人は、中国に帰った後、自分の身に何か起こるのではないかと恐れることもある。
And people here temporarily fear the consequences for themselves once they return home.


今週、中国共産党 (CCP)の文書が流出した。「中国電報(The China Cables)」と名付けられたこの文書は、新彊で何が起きているのかについて 、新たな知見を提供する。
This week, leaked Chinese Communist Party (CCP) documents – the China Cables – gave new insight into what is happening in Xinjiang.

この機密文書を手に入れたのは、国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)だ。ICIJは、アイリッシュタイムズを含むメディアパートナーとこの文書を共有した。
The classified documents were given to the International Consortium of Investigative Journalists, which shared them with a number of its media partners, including The Irish Times.

この文書により明らかになったことの1つは、新彊での作戦の一環として、中国政府がどのように国際的な外交ネットワークを使っているのか、ということだ。
Among other matters, the documents show how the Chinese government uses its international diplomatic network as part of the campaign in Xinjiang.

流出した文書によれば、中国の大使館や領事館のネットワークと関わった海外在住の新彊出身者には、コンピュータ化された監視システムによって要注意のフラグが立てられる。
People from Xinjiang living abroad who have dealings with China’s embassy and consulate network are flagged for attention by a computerised surveillance system, the leaks show.

海外に住んでいるというだけで、彼らやその家族は疑いの目で見られ、拘留の候補になるのだ。
The very fact that these people are abroad is sufficient reason for them or their families to be treated with suspicion, and become candidates for detention.






中国共産党は、第二次世界大戦中に日本人が殺したよりも多くの中国人を殺した、と活動家は言う
The Chinese Communist Party has killed more Chinese people than the Japanese did during the second World War, the activists say


香港のデモ参加者を支持する本土出身の中国人男性は、アイルランドのより広範な中国人コミュニティも、監視ネットワークの一部であると信じている。
The Chinese man from the mainland, who supports the protesters in Hong Kong, believes the wider Chinese community in Ireland is also part of a monitoring network.

「中国のスパイがたくさんいる」と彼は言う。
“They have a lot of spies,” he says.

頼まれたからスパイをする者もいるし、中国と中国共産党を愛しているからスパイをする者もいる、と彼は言う。
Some spy because they are asked to, he says. Others do it because they love China and CCP.

「彼らは、中国と党を同じものだと見ている。しかし、党は非常に邪悪だ。それは独裁政治だ」
“They don’t see a difference between China and the party, but the party is very evil. It is a dictatorship.”



民主化を求めて抗議する3人は、香港で逮捕された人が、新彊と同様に再教育キャンプに送られることを恐れている。
All three pro-democracy protesters say they fear that people who are being arrested in Hong Kong might end up in re-education camps similar to those in Xinjiang.

「将来どうなるのか、私たちにはわからない」。
“We do not know what will happen in the future.”

香港で育った1人は、英国統治下の学校ですら、中国の歴史について真実を教わらなかった、と言う。
An interviewee who grew up in Hong Kong says that, even going to school there during the period of British rule, people didn’t learn the truth about Chinese history.

「中国共産党は、第二次世界大戦中の日本よりも多くの中国人を殺してきた。誰もこれを知らない」
“The CCP has killed more Chinese people than the Japanese did during the second World War,” the activists say. “No one knows this.”


アイルランドに住む教育を受けた中国人ですら、真実を知ろうとしない。
Even educated Chinese people living here try not to learn the truth.

「彼らは、アイルランドにいるときも、自由に話すことを恐れている。彼らは洗脳されているのだ」
“They are afraid to speak freely, even when they are here, in Ireland. They are brainwashed.”


南ダブリンのカフェで、現在はダブリンに住んでいるチベット出身の2人の男性が、匿名を条件に取材に応じてくれた。2人とも家族がチベットにいる。
In a cafe in south Dublin, two men who were born in Tibet but who now live in Ireland agree to talk as long as they are not identified. Both have family in Tibet.


チベットは、中国西部に位置し、新彊のすぐ南にある。新彊と同様に、ここ数十年で、チベットにも多数派民族の漢族が大量に移住してきた。
Tibet lies below Xinjiang in western China. Like Xinjiang, Tibet has experienced extensive settlement by the majority Han Chinese in recent decades.

また、これも新彊と同じだが、チベットは、分離を希求する感情やダライ・ラマへの忠誠心を恐れる北京政府による大規模な監視および抑圧政策の対象となっている。
It is also, like Xinjiang, the subject of a campaign of mass surveillance and repression by a Beijing government that fears separatist sentiment and loyalty to the Dalai Lama.


「新彊では最近始まったが、チベットで何年も前から行われてきた。
“They started in Xinjiang recently, but it’s been going on for a long, long time in Tibet.

私はここに X 年住んでいるが、家族はチベットにいる。勇気を出して家族に連絡したことは一度もない」
I am here for . . . years and I have family in Tibet, but I never dare talk to them.”


10年か、それよりもう少し前、状況が改善されたことはあった。しかし、2013年に中国国家主席の習近平が中国共産党のトップに登り詰めて以降、状況は悪化した。
The situation eased a decade or more ago, but since the rise to the top of the CCP by the Chinese president, Xi Jinping, in 2013, the situation has changed for the worse.


「電話は常に盗聴されていたが、今では統一戦線プロパガンダチームが村を回って質問するようになった。
“Phone calls were always listened to, but now you have United Front propaganda teams going into every village, asking questions.

息子はどこにいる? 善い振舞いには褒美が与えられる [悪い振舞いは罰せられる]。
Where is your son? They reward good behaviour [and punish bad behaviour].

アイルランドに住んでいて、政治的な活動をしていなくても、ダライ・ラマの話を聞きにいくだけで、家族が危険に晒される可能性がある。
Even though you are living in Ireland and not politically active, just attending to the Dalai Lama’s teaching can be dangerous for your family in Tibet.

彼らは家族に警告するのだ」
They warn your family.”

家族に会いに戻るためにビザを取得するのも難しくなる可能性がある。
Getting visas to go back for family visits can be difficult.

家族は、訪問者が「母国を不安定化し、社会の調和を乱す」ことがないという手紙に署名する必要がある。
Family members have to sign letters saying the visitor will not “destabilise the motherland and disturb the social harmony.

家族はそれを保障する必要があるのだ。
They have to guarantee it.”

「私は一度も帰っていない。私にとって、家族に連絡するのはつらいことだ。私は自由な世界におり、家族はそうではない」
“I never went back. It’s hard for me to contact them. I am in the free world, but they are not.”




彼らには、中国本土出身の友人がアイルランドにいる。
The men have friends in Ireland from mainland China.

「彼らは、[中国が]チベットを貧困から救っているのだと信じている。
“They believe [China is] lifting Tibet out of poverty.

彼らは、自身をチベットの救済者だと考えている。
They see themselves as the saviours of Tibet.

彼らは、文化大革命で[チベットの]数多くの文化遺産がどのように破壊されたか、そして現在も破壊されているか、理解していない。
They have no idea how many cultural sites were destroyed [in Tibet] during the Cultural Revolution, are still being destroyed now.

彼らは、それはアメリカのプロパガンダだと言う。そして、私たちのことを帝国主義の犬だと呼ぶ」
They say that is American propaganda. That we are dogs of imperialism.”



中国当局は、中国人とアイルランド人の団体や学生グループを利用している、と活動家は主張する。
The Chinese authorities use local Chinese-Irish associations and student groups, the activists claim.

こうした組織には、中国共産党の人が入り込み、全員に目を光らせている、と彼らは言う。
Such organisations have people from the CCP in them who keep an eye on everyone, they say.

「こうした方法で、国外に住む中国人を操っている。露骨な方法ではなく、わかりにくい方法で」
“That is how they manipulate people when they are outside China. It is not obvious. It’s sneaky.”


すべての文化交流団体が、こうした行為に関与しているわけではない。
Not all cross-cultural groups are invovled in this practice, of course,

しかし、大きな議論を巻き起こしてきた団体が1つある。
but one organisation about which there has been extensive controversy –

アイルランド支部もあるその国際ネットワークの名前は、中国学生学者連合会 (CSSA)だ。
and which has Irish branches – is the international network of the Chinese Students and Scholars Association (CSSA).



現地のCSSAは、中国国外で研究・実務に勤しむ中国人学生および学者に有益な支援を提供する。
Local CSSAs provide useful support to Chinese students and scholars studying and working outside China,

しかし、ワシントンDCに本拠を置く米中経済・安全保障問題検討委員会の昨年の報告書によれば、
忠誠心を推進および監視するために中国共産党がこの組織を利用している。
but are also used by the CCP to promote and monitor loyalty, according to a report last year by the Washington DC-based US-China Economic and Security Review Commission.



報告書によれば、CSSAは「中国大使館や領事館を介してCCPからガイダンスを受け
(こうした政府とのつながりは隠されることが多い)、北京政府の統一戦線戦略に沿った中国の海外活動に積極的に関与している」
CSSAs “receive guidance from the CCP through Chinese embassies
and consulates—governmental ties CSSAs frequently attempt to conceal—and are active in carrying out oversea
s Chinese work consistent with Beijing’s United Front strategy,” the report says.


ベルリンにある世界公共政策インスティチュートが昨年発表した
『権威主義の前進(Authoritarian Advance)』という報告書には、
CSSAの欧州ネットワークに関する情報が詳細に記載されている。
Authoritarian Advance, a report published last year by the Global Public Policy Institute in Berlin,
gave details as to the European network of CSSAs.

「CSSAは、中国政府が神経を尖らせる活動に参加した中国人学生を、中国大使館に報告している」と報告書は言う。
“The CSSAs report to Chinese embassies on Chinese students who take part in activities that are considered sensitive by the Chinese government”, the report says.

「こうした学生や中国にいる彼らの家族は、中国当局者からの強迫という報復を受ける可能性がある」
“These students and their families at home can face retaliation in the form of threats from Chinese officials.”


ユニバーシティ・カレッジ・ダブリン、アイルランド国立大学ゴールウェイ校、ダブリンシティ大学、
ウォーターフォード工科大学にCSSA の支部がある。
There are CSSA branches in UCD, NUI Galway, and DCU, and the Waterford Institute of Technology.

この組織のアイルランドのWebページは、ダブリンにある中国大使館のWebサイトの一覧にも掲載されている。
The Irish website of the organisation is listed on the website of the Chinese embassy in Dublin.

アイルランドの支部に電子メールで問い合わせたが (Webサイトには電話番号が記載されていない)、
この記事を印刷に回すまでに応答はなかった。
Efforts to contact the Irish association by email (its website lists no phone numbers)
had received no response at the time of going to press.








大使館は、アイルランドの中国人の大部分を信用しない、または中傷するために、迫害の妄想に苦しんでいる、または同情を得ようとしていると言います
The embassy says they are suffering from persecutory delusion or trying to gain sympathy in an attempt to discredit or smear the majority of Chinese in Ireland


ベルリンのシンクタンクは、中国という一党支配の国家を海外の中国人コミュニティと区別することが重要であると指摘する。
しかし、報告書によれば、中国共産党の考えは逆だ。党の関心が、すべての民族的中国人の関心と同じであると示すことができるからである。
The Berlin think-tank makes the point that it is important not to conflate
the Chinese party-state with overseas Chinese communities, something the CCP itself is keen on doing,
the report says, so it can present the party’s interests as being the same as those of all ethnic Chinese.



この記事で指摘した点について、ダブリンの中国大使館に問い合わせたところ、次のような回答があった。
A statement from the Chinese embassy in Dublin in response to the points raised in this article reads as follows:

「私たちは、どこに住んでいようと、中国のどこの出身であろうと、すべての中国人の表現の法的権利を尊重する」
“We respect the legal right of expression of all Chinese, no matter where they are or which part of China they are from.


回答は続く。「言論の自由が他の中国人によって脅かされているとあなたに話した中国人については、
残念ながら、被害妄想の症状が出ているか、意見を異にするアイルランド在住の大多数の中国人を貶め、
中傷することで、同情を引こうとしているのだろう」
It continues: “Regarding those Chinese who told you that their freedom of expression is threatened by other Chinese,
I am afraid they are either suffering from persecutory delusion or trying to gain sympathy in an attempt
to discredit or smear the majority of Chinese in Ireland with opinions different from them.”


“ケイト” は、香港出身で、何年もダブリンに住んでいる。彼女の家族は香港にいる。
“Kate”, who is from Hong Kong, has lived in Ireland for a number of years, and has family in Hong Kong.

彼女は、自分は民主主義派ではなく、独立支持派だと言う。
She is, she says, not just pro-democracy but pro-independence.

「だから、中国人に私のことが知られるのはとても怖い」
“So I am quite scared of the Chinese people finding out about me.”


彼女にとって、中国は国ではなく、チベットを含む56の国からなる帝国だ。
For her, China is not a country but an empire made up of 56 countries, including Tibet.

彼女は、新彊 (”新しい領土” を意味する) と言わず、東トルキスタンと言う。
She refers to Xinjiang – the word means New Territory – as “East Turkistan”,

それがより適切な名前だと思うからだ。
a name she believes is more appropriate.

「中国人の友人を持つのはかなり危険なこと。私は彼らを中国人工作員だと考えている」。
“It is quite dangerous to have Chinese friends. I think of them as Chinese agents.”

ほとんどの中国人は、香港独立を支持する人を 売国奴と見なしている、と彼女は言う。
Most Chinese people see those in favour of an independent Hong Kong as traitors, she says.



「私は、アイルランドにいる中国人は諸手を上げて中国共産党を受け入れていると思う。彼らは中国共産党を愛している。
“I think the Chinese in Ireland embrace the CCP. They love the CCP.

中国共産党がなければ、中国は貧しいままだったと考えている。
They think that without the CCP, they would be still living in poverty.


台湾、香港、チベットの独立運動に反対している。
They are against the independence movements of Taiwan, Hong Kong, Tibet.

中国共産党を支持している」
They stand with the CCP.”







中国人は、中国共産党が崩壊した場合、中国が崩壊し、
これが彼らにとって悪いことになるのではないかと恐れていると彼女は言う。
Chinese people, she says, fear that if the CCP collapsed, China would collapse,
and this would be bad for them.

彼らは、CCPが権力を維持することを望んでいます。
They want the CCP to remain in power.



「左派は、自分のことを反帝国主義者だという。しかし、中国の帝国主義には目をつぶる。
“Leftists say they are anti-imperialists, but they turn a blind eye to Chinese imperialism.

パレスチナ、カタルーニャ、クルドについて語る人々を見てきたが、
彼らがウィグル人を支持しているようにはまったく見えなかった。
I see people talking about Palestine, Catalonia, the Kurds,
but they never seem to support the Uighurs.

彼らは単に知らないだけなのか、それとも何も起きていない振りをしているだけなのか?」
So I wonder do they just not know about it, or do they just pretend nothing is happening?”




「誰が最大の憐憫に値するかという競争をしたいわけではない。
“I am not saying it is a competition between who deserves the most pity.

東トルキスタンの死もパレスチナの死も同じだと言いたいだけである」
A death in East Turkistan is the same as a death in Palestine.”

これは、中国が中国共産党に支配されているためではないか、と彼女は考えている。
She wonders if it is because China is ruled by the CCP.

「ソ連は崩壊した。
“The Soviet Union has collapsed.

もし、中国が崩壊したら、左派イデオロギーはもうもたない。
Maybe if China collapsed, then leftist ideology would no longer stand.

たぶん。しかし、これは一種の偽善だ」
Maybe. But it is a kind of hypocrisy.”



中国の人々は、欧米で毎日報道されている否定的なニュースに驚いています。
Chinese people are taken aback by the negative news reported in the media every day in the West


アイルランド国会の Webサイトによれば、上院と下院を合わせてウィグルという語は4回言及された。
The Oireachtas website shows that the word Uighur has been mentioned four times this year in the Dáil and Seanad.

新彊は0回、クルドは25回、カタルーニャは12回、パレスチナは25回だ。
Other searches show: Xinjiang (0); Kurd (25); Catalonia (12) and Palestine (109).

トリニティ大学ダブリンで中国の歴史を教えるイザベラ・ジャクソン准教授によれば、西洋に来て、西側メディアや政治的議論に触れた多くの中国人は、中国をより肯定的に見るようになるという。
For a lot of Chinese people, coming to the West and being exposed to western media and political debate makes them view China more rather than less positively, according to Isabella Jackson, an assistant professor in Chinese history in Trinity College Dublin.

「中国人は、自国メディアがニュースや時事問題を非常に肯定的に取り扱うのに慣れている。
そして、西側のメディアでは、悪いニュースが毎日報道されることに驚く。
“Chinese people are used to a relentlessly positive approach to news and current affairs in the media at home and are taken aback by the negative news reported in the media every day in the West.

西側の社会のうまくいっていないさまざまな点を知るようになる。
これにより、中国政府は一般的に正しいことをしているのだという意識が強化される。
It shows them all the things that are wrong with society here, reinforcing a sense that the Chinese government broadly has things right.

慣れ親しんだ中国文化に回帰することが安らぎになる場合もある」
It can be a relief to get back to the familiarity of Chinese culture.”


政治的および歴史的な問題について、独善的な国家主導の単一の見方に縛られるのではなく、複数の解釈の存在が許されるのだということを中国人学生が理解するには時間がかかる場合がある、とジャクソン准教授はいう。
She says it often takes time for Chinese students to get to grips with the idea of multiple interpretations of political and historical issues, as against a single, dogmatic, state-sponsored viewpoint.


「新彊における少数民族の処遇などの問題について、中国政府の主張と異なるニュースを聞いた場合、中国人は最初、それは西側のプロパガンダの結果であると考えることが多い」
“On issues like the treatment of minorities in Xinjiang, Chinese people’s initial assumption is often that news that contrasts with the Chinese government’s line is a result of western propaganda.

「共産党国家のナラティブに疑問を持ち始める人もいるが、矛盾する中国と西洋のストーリーのどちらが正しいか判断できないため、ニュースソースをまったく信じなくなる人もいる」
“While some start to question the Communist state narrative, others end up trusting no news source, unable to discern what might be true between conflicting Chinese and western stories.”





ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1781-f105f0ca

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
12位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる