Powered By 画RSS 多言語歌詞(multilingual lyrics) |中国・習近平「ウイグル人に容赦するな」極秘文書流出、衝撃の全貌 NYタイムズ 2019/11/16
FC2ブログ

Entries

中国・習近平「ウイグル人に容赦するな」極秘文書流出、衝撃の全貌 NYタイムズ 2019/11/16

En:(grammar)




新疆ウイグル自治区新聞
The Xinjiang Papers

「絶対に容赦するな」:漏洩したファイルは中国がイスラム教徒の大量拘留をどのように組織したかを明らかにする
‘Absolutely No Mercy’: Leaked Files Expose How China Organized Mass Detentions of Muslims

400ページを超える中国の内部文書は、新疆ウイグル自治区の少数民族に対する弾圧の前例のない内部調査を提供します。
More than 400 pages of internal Chinese documents provide an unprecedented inside look at the crackdown on ethnic minorities in the Xinjiang region.


By Austin Ramzy and Chris Buckley

November 16, 2019


中国・習近平「ウイグル人に容赦するな」極秘文書流出、衝撃の全貌
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/68571

【ウイグルホロコースト】中国関連記事和訳まとめ

ウイグル族拘束をめぐる内部文書、米紙に流出(1)
ウイグル族拘束をめぐる内部文書、米紙に流出(2)










香港—学生は学期の終わりにチケットを家に予約しました。試験後の休暇と、中国西部の家族との幸せな再会の夏を望みました。
HONG KONG — The students booked their tickets home at the end of the semester, hoping for a relaxing break after exams and a summer of happy reunions with family in China’s far west.

代わりに、彼らはすぐに両親がいなくなり、親族親が消え、隣人が行方不明になったことを知らされるでしょう。彼らは全員、イスラム教徒の少数民族を収容するために作られた拡大する収容所のネットワークに閉じ込められました。
Instead, they would soon be told that their parents were gone, relatives had vanished and neighbors were missing — all of them locked up in an expanding network of detention camps built to hold Muslim ethnic minorities.

新疆ウイグル自治区の当局は、状況が火薬庫(危険な状況)であることを心配した。 そして、彼らは準備しました。
The authorities in the Xinjiang region worried the situation was a powder keg. And so they prepared.

指導部は、地元の役人に帰国後すぐに帰国する学生を追い詰めて静かに保つように助言する機密指令を配布した。
The leadership distributed a classified directive advising local officials to corner returning students as soon as they arrived and keep them quiet.

それには、最も明白なことから始めて、彼らの苦悩に満ちた質問を処理する方法についての冷酷な官僚的なガイドが含まれていました:
It included a chillingly bureaucratic guide for how to handle their anguished questions, beginning with the most obvious:

私の家族はどこですか?
Where is my family?

「他們在政府設立的培訓學校」
「彼らは政府によって設立された訓練学校にいます」と規定の答えが始まりました。
“They’re in a training school set up by the government,” the prescribed answer began.

強調された場合、職員は生徒に親族は犯罪者ではないが、これらの「学校」を離れることができないと生徒に告げなければなりませんでした。
If pressed, officials were to tell students that their relatives were not criminals — yet could not leave these “schools.”

「這樣才能為你家人加分」
質問と回答の原本には、ほとんど隠されていない脅威も含まれていました。生徒は、自分の行動が親族の拘留を短縮または延長する可能性があると告げられるべきでした。
The question-and-answer script also included a barely concealed threat: Students were to be told that their behavior could either shorten or extend the detention of their relatives.

「我想你會支持他們,這是為了他們好,也是為了你好。」
「これは彼ら自身の利益のためであるため、あなたは彼らを支援すると確信しています。」と当局者は「そしてあなた自身の利益のためにも」と言うよう助言されました。
“I’m sure that you will support them, because this is for their own good,” officials were advised to say, “and also for your own good.”


この指令は、何十年にもわたって中国の与党共産党内からの政府文書の最も重大な漏洩の1つとして、ニューヨークタイムズと共有された403ページの内部文書の中にありました。
The directive was among 403 pages of internal documents that have been shared with The New York Times in one of the most significant leaks of government papers from inside China’s ruling Communist Party in decades.

これらは、当局が過去3年間にわたって百万人ものウイグル人、カザフ人などを強制収容所や刑務所に収容している新疆ウイグル自治区での絶え間ない弾圧の前例のない内部ビューを提供します。
They provide an unprecedented inside view of the continuing clampdown in Xinjiang, in which the authorities have corralled as many as a million ethnic Uighurs, Kazakhs and others into internment camps and prisons over the past three years.


党は、キャンプに対する国際的な批判を拒否し、イスラム過激主義と戦うために穏やかな方法を使用する職業訓練センターとして説明しました。
The party has rejected international criticism of the camps and described them as job-training centers that use mild methods to fight Islamic extremism.


しかし、これらの文書は、取り締まりの強制的な性質を、それを構想し組織化した非常に高官の言葉と命令で確認しています。
But the documents confirm the coercive nature of the crackdown in the words and orders of the very officials who conceived and orchestrated it.

政府が新疆ウイグル自治区での努力を慈善的かつ非例外的なものとして一般に公開したとしても、これらの内部コミュニケーションで冷酷かつ特別なキャンペーンを議論し、組織しました。
Even as the government presented its efforts in Xinjiang to the public as benevolent and unexceptional, it discussed and organized a ruthless and extraordinary campaign in these internal communications.

上級党の指導者は、大量拘禁を含む過激派の暴力に対する抜本的かつ緊急の行動を命じ、冷静な離脱で結果を議論していると記録されています。
Senior party leaders are recorded ordering drastic and urgent action against extremist violence, including the mass detentions, and discussing the consequences with cool detachment.

子どもたちは両親が連れ去られるのを見て、学生は誰が授業料を払うのか疑問に思っていました。
Children saw their parents taken away, students wondered who would pay their tuition and crops could not be planted or harvested for lack of manpower, the reports noted.

しかし、役人は、共産党の助けに感謝し、静かでいることを訴えた人々に伝えるように指示されました。
Yet officials were directed to tell people who complained to be grateful for the Communist Party’s help and stay quiet.

漏れた書類は、中国国家の隠された機械が、毛沢東時代以来、中国で最も広範囲に及ぶ抑留運動をどのように実行したかについての印象的な写真を提供します。
The leaked papers offer a striking picture of how the hidden machinery of the Chinese state carried out the country’s most far-reaching internment campaign since the Mao era.

文書の主要な開示には以下が含まれます。
The key disclosures in the documents include:

党首の習近平国家主席は、2014年4月に新疆ウイグル自治区を訪問したときとその後、ウイグルの過激派が駅で150人以上を刺して、31人を殺した数週間後に官僚に向けて行われた一連のスピーチで弾圧の基礎を築いた。
• President Xi Jinping, the party chief, laid the groundwork for the crackdown in a series of speeches delivered in private to officials during and after a visit to Xinjiang in April 2014, just weeks after Uighur militants stabbed more than 150 people at a train station, killing 31.

習氏は、「独裁政権」を使用し、「絶対に容赦ない」ことを示す全面的な「テロ、浸透、分離に対する闘争」を求めた。
Mr. Xi called for an all-out “struggle against terrorism, infiltration and separatism” using the “organs of dictatorship,” and showing “absolutely no mercy.”


海外でのテロ攻撃とアフガニスタンでのアメリカ軍の削減は、指導者の恐れを高め、弾圧の形成を助けました。
• Terrorist attacks abroad and the drawdown of American troops in Afghanistan heightened the leadership’s fears and helped shape the crackdown.

当局者は、英国での攻撃は「安全よりも人権」を重視する政策の結果であると主張し、習氏は9月11日の攻撃後のアメリカの「対テロ戦争」の側面を模倣するよう党に促した。
Officials argued that attacks in Britain resulted from policies that put “human rights above security,” and Mr. Xi urged the party to emulate aspects of America’s “war on terror” after the Sept. 11 attacks.


新疆ウイグル自治区の強制収容所は、2016年8月に地域の熱心な新党のボスである陳全国(チャン・チュアンクオ)が任命された後、急速に拡大しました。
• The internment camps in Xinjiang expanded rapidly after the appointment in August 2016 of Chen Quanguo, a zealous new party boss for the region.

彼は運動を正当化するために習氏のスピーチを配布し、「切り上げられるべきすべての人を切り上げる」ために役人を勧めた。
He distributed Mr. Xi’s speeches to justify the campaign and exhorted officials to “round up everyone who should be rounded up.”


取り締まりは、それが民族間の緊張を悪化させ、経済成長を抑制することを恐れる地方当局からの疑念と抵抗に直面した。
• The crackdown encountered doubts and resistance from local officials who feared it would exacerbate ethnic tensions and stifle economic growth.

陳氏は、キャンプから何千人もの囚人を静かに解放した後に投獄された1人の郡指導者を含めて、彼の邪魔をしている疑いのある役人を追放することによって応えました。
Mr. Chen responded by purging officials suspected of standing in his way, including one county leader who was jailed after quietly releasing thousands of inmates from the camps.


漏出した書類は24の文書で構成されており、その一部には重複資料が含まれています。
The leaked papers consist of 24 documents, some of which contain duplicated material.

これには、習氏と他の指導者による200ページ近くの内部演説と、新疆のウイグル人の監視と管理に関する150ページ以上の指令と報告が含まれています。
They include nearly 200 pages of internal speeches by Mr. Xi and other leaders, and more than 150 pages of directives and reports on the surveillance and control of the Uighur population in Xinjiang.

イスラムに対する制限を中国の他の地域に拡大する計画への言及もあります。
There are also references to plans to extend restrictions on Islam to other parts of China.


文書がどのように収集され、選択されたかは不明ですが、漏出は、取り締まりに対する党装置内部の不満が以前に知られていたよりも大きいことを示唆しています。
Though it is unclear how the documents were gathered and selected, the leak suggests greater discontent inside the party apparatus over the crackdown than previously known.

これらの文書は、匿名を要求した中国の政治団体のメンバーによって明らかにされ、その開示が習氏を含む政党指導者が集団拘禁の犯行を逃れることを防ぐことへの希望を表明した。
The papers were brought to light by a member of the Chinese political establishment who requested anonymity and expressed hope that their disclosure would prevent party leaders, including Mr. Xi, from escaping culpability for the mass detentions.


中国の指導は、特にパキスタン、アフガニスタン、中央アジアとの敏感なフロンティアに位置する資源が豊富な新疆に関しては、政策立案を秘密に包みます。
The Chinese leadership wraps policymaking in secrecy, especially when it comes to Xinjiang, a resource-rich territory located on the sensitive frontier with Pakistan, Afghanistan and Central Asia.

主にイスラム教徒の少数民族グループは、この地域の人口2,500万人の半分以上を占めています。
Predominantly Muslim ethnic minority groups make up more than half the region’s population of 25 million.

これらのグループのうち最大のものはウイグル人であり、ウイグル人はトルコ語を話し、文化的および宗教的活動に対する差別と制限に長い間直面してきた。
The largest of these groups are the Uighurs, who speak a Turkic language and have long faced discrimination and restrictions on cultural and religious activities.

北京は、新疆における中国の支配に対するウイグル人の抵抗を抑えるために何十年も求めてきました。
Beijing has sought for decades to suppress Uighur resistance to Chinese rule in Xinjiang.

現在の取り締まりは、2009年の地方首都ウルムチでの民族暴動を含む反政府および反中国の暴力の急増、および習氏が指導者会議を招集する数日前に39人を殺した屋外市場への2014年5月の攻撃の後に始まりました 北京で新疆の新しい政策コースを設定します。
The current crackdown began after a surge of antigovernment and anti-Chinese violence, including ethnic riots in 2009 in Urumqi, the regional capital, and a May 2014 attack on an outdoor market that killed 39 people just days before Mr. Xi convened a leadership conference in Beijing to set a new policy course for Xinjiang.

2017年以来、新疆ウイグル自治区の当局は、数十万人のウイグル人、カザフ人、および他のイスラム教徒を強制収容所に拘留しています。
Since 2017, the authorities in Xinjiang have detained many hundreds of thousands of Uighurs, Kazakhs and other Muslims in internment camps.

囚人は、党の世俗的で忠実な支持者に変身させることを目的として、数ヶ月または数年の教化と尋問を受けます。
Inmates undergo months or years of indoctrination and interrogation aimed at transforming them into secular and loyal supporters of the party.


24の文書のうち、2017年の夏に新疆に帰国した少数民族の学生をどのように扱うかの指令は、教化キャンプの最も詳細な議論を提供します
Of the 24 documents, the directive on how to handle minority students returning home to Xinjiang in the summer of 2017 offers the most detailed discussion of the indoctrination camps —

党が公に1つの物語を語った連帯方法の最も明確な例は、内部で非常に厳しい物語を動員しました。
— and the clearest illustration of the regimented way the party told the public one story while mobilizing around a much harsher narrative internally.


文書は、親族が過激なイスラム教への暴露に対して「治療」を受けていることを学生に知らせるよう職員に助言しているとしても、
Even as the document advises officials to inform students that their relatives are receiving “treatment” for exposure to radical Islam,

その題名は「処置(チュチュ)」であり、家族に対する罰を意味するために党文書で使用されている婉曲(エンキョク)表現で。
its title refers to family members who are being “dealt with,” or chuzhi, a euphemism used in party documents to mean punishment.

新疆東部の都市トルファン市の役人は、地方政府が地元の役人に帰国学生に備えるよう警告した後、質疑応答原本を起草しました。
Officials in Turpan, a city in eastern Xinjiang, drafted the question-and-answer script after the regional government warned local officials to prepare for the returning students.

次に、新疆ウイグル自治区全体で「安定性を維持する」ための取り組みを調整する機関は、地域全体にガイドを配布し、モデルとしてそれを使用するよう役人に促しました。
The agency coordinating efforts to “maintain stability” across Xinjiang then distributed the guide across the region and urged officials to use it as a model.

政府は、新疆ウイグルの若きウイグル人を中国全土の大学に派遣し、党に忠実な新世代のウイグル公務員と教師を訓練することを目標としている。
The government sends Xinjiang’s brightest young Uighurs to universities across China, with the goal of training a new generation of Uighur civil servants and teachers loyal to the party.

取り締まりは非常に広範囲であるため、これらのエリート学生にも影響を与えた、と指令は示しています。 そして、それは当局を緊張させました。
The crackdown has been so extensive that it affected even these elite students, the directive shows. And that made the authorities nervous.

「中国の他の地域から帰国した学生は、全国に広く社会的なつながりを持っています」とこの指令は述べています。
“Returning students from other parts of China have widespread social ties across the entire country,” the directive noted.

「WeChat、Weibo、およびその他のソーシャルメディアプラットフォームで誤った意見を発表した瞬間、その影響は広まり、根絶するのが困難です。」
“The moment they issue incorrect opinions on WeChat, Weibo and other social media platforms, the impact is widespread and difficult to eradicate.”


この文書は、親族に何が起こったのかを学習した後、学生が「混乱」に陥る可能性がある「深刻な可能性」があると警告した。
The document warned that there was a “serious possibility” students might sink into “turmoil” after learning what had happened to their relatives.

「人道的な懸念を示し、規則を強調するために」戻ってきたらすぐに、私服の警察官と経験豊富な地元の役人に会うことを勧めました。
It recommended that police officers in plain clothes and experienced local officials meet them as soon as they returned “to show humane concern and stress the rules.”


「所以你完全不用擔心他們的生活。」
指令の質疑応答ガイドは穏やかに始まり、当局者は学生に、彼らが失踪失した親族について「絶対に心配する必要はない」と伝えることを勧めます。
The directive’s question-and-answer guide begins gently, with officials advised to tell the students that they have “absolutely no need to worry” about relatives who have disappeared.



「他們在那裡的學習,生活環境都很好,你不用擔心。他們學習期間的學費免費,吃住免費,並且標準比較高,」
「当局は各拘留者の食事に1日3ドル以上を費やしていると付け加える前に、「研究期間の授業料は無料であり、食事と生活費も高く、基準は非常に高い」と述べた。 一部の学生が帰宅している生活水準よりもさらに優れています。」
“Tuition for their period of study is free and so are food and living costs, and the standards are quite high,” officials were told to say, before adding that the authorities were spending more than $3 per day on meals for each detainee, “even better than the living standards that some students have back home.”


「如果你想見一見他們的話,我們可以安排你和他們進行視頻會面。」
「彼らを見たいなら、ビデオ会議をするよう手配できます。」
“If you want to see them,” the answer concluded, “we can arrange for you to have a video meeting.”



しかし、当局はこれが学生を和らげる可能性は低いと予想し、他の一連の質問への回答を提供しました。
The authorities anticipated, however, that this was unlikely to mollify students and provided replies to a series of other questions:

親族はいつ解放されますか?
When will my relatives be released?

これが訓練の為である場合、なぜ彼らは帰宅できないのですか? 彼らは休暇を要求できますか?
If this is for training, why can’t they come home? Can they request a leave?

両親が勉強していて、農場で働く人がいない場合、どうすれば学校を手に入れることができますか?
How will I afford school if my parents are studying and there is no one to work on the farm?


ガイドは、彼らの親族がイスラム過激主義の「ウイルス」に「感染」しており、検疫と治癒が必要であると学生に伝える、ますます確固とした回答を推奨した。
The guide recommended increasingly firm replies telling the students that their relatives had been “infected” by the “virus” of Islamic radicalism and must be quarantined and cured.

暴力を振るうには年を取りすぎているように見える祖父母や家族でさえも免れられない、と当局者は言うように指示された。
Even grandparents and family members who seemed too old to carry out violence could not be spared, officials were directed to say.


「彼らが勉強と訓練を受けなければ、彼らは宗教的過激主義の危険性を徹底的かつ完全に理解することは決してないだろう」とある回答はシリアでの内戦とイスラム国家の台頭を挙げた。
“If they don’t undergo study and training, they’ll never thoroughly and fully understand the dangers of religious extremism,” one answer said, citing the civil war in Syria and the rise of the Islamic State.

「宗教の過激主義に感染している人は誰でも、勉強しなければなりません。」
“No matter what age, anyone who has been infected by religious extremism must undergo study.”

学生は当局が親族を連れ去ったことに感謝すべきである、と文書は述べた。
Students should be grateful that the authorities had taken their relatives away, the document said.

「誤った考えを徹底的に根絶するために党と政府が提供した無料教育のこの機会を大切にし、また中国語と仕事のスキルを学ぶ」とある回答が言った。
“Treasure this chance for free education that the party and government has provided to thoroughly eradicate erroneous thinking, and also learn Chinese and job skills,” one answer said.

「これは家族の幸せな生活のための素晴らしい基盤を提供します。」
“This offers a great foundation for a happy life for your family.”

当局は採点システムを使用して、キャンプから誰を解放できるかを決定しているようです。
The authorities appear to be using a scoring system to determine who can be released from the camps:

この文書は、職員が自分の行動が親族のスコアを傷つける可能性があることを生徒に伝え、生徒の日々の行動を評価し、トレーニングセッション、会議、その他の活動への出席を記録するよう指示しました。
The document instructed officials to tell the students that their behavior could hurt their relatives’ scores, and to assess the daily behavior of the students and record their attendance at training sessions, meetings and other activities.




「他們的家屬包括你也要遵守國家的各項法律法規,不信謠,不傳謠,積極參加集體活動,
這樣才能為你家人加分,經過一段時間的評估,符合結業標准後才能出校,」
「あなたを含む家族は、州の法律や規則を順守し、噂を信じたり広めたりしてはならない」と当局者は言われた。
“Family members, including you, must abide by the state’s laws and rules, and not believe or spread rumors,” officials were told to say.

「そうして初めて、家族にポイントを追加できます。また、一定期間の評価の後、彼らはコース修了基準を満たせば学校を去ることができます。」
“Only then can you add points for your family member, and after a period of assessment they can leave the school if they meet course completion standards.”





「答:你的困難黨和政府將會全力幫助解決。」
拘禁が家計に与える影響について尋ねられた場合、当局は学生に「党と政府があなたの苦難を和らげるために可能な限りのことをする」と保証するよう助言された。
If asked about the impact of the detentions on family finances, officials were advised to assure students that “the party and the government will do everything possible to ease your hardships.”



「五,他們犯罪了嗎?」
しかし、原本の中で最も際立っている行は、拘束された親族に「犯罪を犯したのか?」
The line that stands out most in the script, however, may be the model answer for how to respond to students who ask of their detained relatives, “Did they commit a crime?”


「他們只是思想上受到了不良思想的感染」
この文書は、役人にそうではないことを認めるように指示した。
The document instructed officials to acknowledge that they had not.

「彼らの思考が不健全な思考に感染しているというだけです」と原本は述べています。
“It is just that their thinking has been infected by unhealthy thoughts,” the script said.


「只要他們思想上的“病毒”清除了,身體健康了,就可以自由了。」
「自由は、彼らの思考におけるこの「ウイルス」が根絶され、彼らが健康である場合にのみ可能です。」
“Freedom is only possible when this ‘virus’ in their thinking is eradicated and they are in good health.”




秘密のスピーチ
Secret Speeches

大量拘禁を推進するアイデアは、習近平が初めて中国の指導者として新疆を訪れた、暴力に隠れたツアーにまでさかのぼることができます。
The ideas driving the mass detentions can be traced back to Xi Jinping’s first and only visit to Xinjiang as China’s leader, a tour shadowed by violence.

大統領になってからわずか1年後の2014年、彼はこの地域で4日間を過ごし、旅行の最終日に、2人のウイグル人過激派がウルムチの駅の外で自爆テロを起こし、80人近くが死亡しました。
In 2014, little more than a year after becoming president, he spent four days in the region, and on the last day of the trip, two Uighur militants staged a suicide bombing outside a train station in Urumqi that injured nearly 80 people, one fatally.


数週間前、ナイフを持った過激派が中国南西部の別の駅で暴れ回り、31人が死亡し、140人以上が負傷しました。
Weeks earlier, militants with knives had gone on a rampage at another railway station, in southwest China, killing 31 people and injuring more than 140.

習氏の訪問後1か月もたたないうちに、攻撃者は爆発物をウルムチの野菜市場に放り込み、94人を負傷させ、少なくとも39人を殺しました。
And less than a month after Mr. Xi’s visit, assailants tossed explosives into a vegetable market in Urumqi, wounding 94 people and killing at least 39.


このような流血を背景に、習氏は一連の秘密スピーチを行い、新疆で現在進行中の治安攻勢で頂点に達した強硬なコースを設定しました。 国営メディアはこれらのスピーチをほのめかしたが、誰も公表しなかった。
Against this backdrop of bloodshed, Mr. Xi delivered a series of secret speeches setting the hard-line course that culminated in the security offensive now underway in Xinjiang. While state media have alluded to these speeches, none were made public.

しかし、それらの4つの文書は漏出した文書の1つでした。そして、取り締まりの起源と、それを動かした男の信念について、珍しい、フィルタリングされていない外観を提供します。
The text of four of them, though, were among the leaked documents — and they provide a rare, unfiltered look at the origins of the crackdown and the beliefs of the man who set it in motion.

「私たちの仲間が手にしている方法は原始的すぎる」と、習氏はウルムチのテロ対策隊を調べた後、ある講演で語った。
“The methods that our comrades have at hand are too primitive,” Mr. Xi said in one talk, after inspecting a counterterrorism police squad in Urumqi.

「これらの武器はどれも、大きな鉈(ナタ)の刃、斧の頭、冷えた鋼鉄の武器に対する答えではありません。」
“None of these weapons is any answer for their big machete blades, ax heads and cold steel weapons.”

「私たちは彼らと同じくらい過酷でなければなりません」と彼は付け加えました。
“We must be as harsh as them,” he added, “and show absolutely no mercy.”

新疆の自由な独白と、その後の北京での新疆政策に関するリーダーシップ会議で、習氏は重要な国家安全保障問題と呼ばれるものを通して考え、地域における「人民戦争」に対する彼の考えを整理している。
In free-flowing monologues in Xinjiang and at a subsequent leadership conference on Xinjiang policy in Beijing, Mr. Xi is recorded thinking through what he called a crucial national security issue and laying out his ideas for a “people’s war” in the region.

彼はこれらの演説で大規模な拘禁を命じなかったが、新疆の過激なイスラムを根絶するための「独裁」の手段を解き放つよう党に求めた。
Although he did not order mass detentions in these speeches, he called on the party to unleash the tools of “dictatorship” to eradicate radical Islam in Xinjiang.

習氏は、この問題に関する彼の公的な発言をはるかに超えているように思われる問題への固執を示した。
Mr. Xi displayed a fixation with the issue that seemed to go well beyond his public remarks on the subject.

彼は、イスラム過激主義をウイルスのような伝染病と危険な中毒性の薬物と交互に例え、それに対処するには「痛みを伴う介入治療の期間」が必要だと宣言した。
He likened Islamic extremism alternately to a virus-like contagion and a dangerously addictive drug, and declared that addressing it would require “a period of painful, interventionary treatment.”

「過激派の宗教的思考が人々に与える心理的影響を決して過小評価してはならない」と習氏は2014年4月30日、新疆旅行の最終日であるウルムチの関係者に語った。
“The psychological impact of extremist religious thought on people must never be underestimated,” Mr. Xi told officials in Urumqi on April 30, 2014, the final day of his trip to Xinjiang.

「宗教的過激主義に捕らえられた人々-老いも若きも、男性でも女性でも、良心を破壊し、瞬きすることなく人間性と殺人を失います。」
“People who are captured by religious extremism — male or female, old or young — have their consciences destroyed, lose their humanity and murder without blinking an eye.”

別のスピーチで、1ヵ月後の北京でのリーダーシップ会議で、彼は「宗教的過激主義の毒性」について警告した。
In another speech, at the leadership conclave in Beijing a month later, he warned of “the toxicity of religious extremism.”

「それを信じるとすぐに、彼は言った、「それは麻薬を服用するようなもので、あなたは感覚を失い、夢中になり、何でもするでしょう。」
“As soon as you believe in it,” he said, “it’s like taking a drug, and you lose your sense, go crazy and will do anything.”

その後の取り締まりを考慮したいくつかの驚くべき箇所で、習氏はまた、ウイグル人を差別せず、礼拝の権利を尊重するよう当局者に伝えた。
In several surprising passages, given the crackdown that followed, Mr. Xi also told officials to not discriminate against Uighurs and to respect their right to worship.

彼は、ウイグル人と民族の支配的な民族である漢民族との間の自然な摩擦に過剰反応することに対して警告し、中国でイスラム教を完全に排除しようとする提案を拒否しました。
He warned against overreacting to natural friction between Uighurs and Han Chinese, the nation’s dominant ethnic group, and rejected proposals to try to eliminate Islam entirely in China.


「イスラムの旗の下の分離主義勢力とテロリストの勢力に照らして、一部の人々はイスラムは制限されるか、根絶さえされるべきだと主張した」と彼は北京会議で述べた。
“In light of separatist and terrorist forces under the banner of Islam, some people have argued that Islam should be restricted or even eradicated,” he said during the Beijing conference.

彼はその見方を「偏りがあり、間違っている」と呼んだ。
He called that view “biased, even wrong.”

しかし、習氏の主な論点は紛れもないものでした。新疆の弾圧を大きくする方向に党を率いていたのです。」
But Mr. Xi’s main point was unmistakable: He was leading the party in a sharp turn toward greater repression in Xinjiang.


習氏の前に、党は新疆での攻撃を、海外の影のある分離主義者グループに触発され、調整された少数の狂信者の仕事であるとしばしば述べていた。
Before Mr. Xi, the party had often described attacks in Xinjiang as the work of a few fanatics inspired and orchestrated by shadowy separatist groups abroad.

しかし、習氏は、イスラム過激主義がウイグル社会の広がりに根付いたと主張した。
But Mr. Xi argued that Islamic extremism had taken root across swaths of Uighur society.


実際、ウイグル人の大多数は中程度の伝統を順守しているが、イスラム教に対する国家の統制にもかかわらず、1990年代に保守的で公的な宗教的慣行を取り入れ始めた人もいる。
In fact, the vast majority of Uighurs adhere to moderate traditions, though some began embracing more conservative and more public religious practices in the 1990s, despite state controls on Islam.

習氏の発言は、彼が公の信心深さの復活に不安を感じたことを示唆しています。
Mr. Xi’s remarks suggest he was alarmed by the revival of public piety.

彼は宗教上の緩慢なコントロールを非難し、彼の前任者が彼らのガードを失望させたことを示唆した。
He blamed lax controls on religion, suggesting that his predecessors had let down their guard.

前の中国の指導者は新疆の不安を抑えるために経済発展を強調したが、習氏はそれだけでは十分ではないと述べた。
While previous Chinese leaders emphasized economic development to stifle unrest in Xinjiang, Mr. Xi said that was not enough.

彼はイデオロギー的な治療法、この地域のイスラム教徒の少数派の考え方を再考する努力を要求しました。
He demanded an ideological cure, an effort to rewire the thinking of the region’s Muslim minorities.

「民衆の民主独裁の武器は、ためらうことなく、揺らぐことなく振る舞わなければならない」と習氏は、野菜市場に対する致命的な攻撃の6日後に開催された新X政策に関する指導者会議に語った。
“The weapons of the people’s democratic dictatorship must be wielded without any hesitation or wavering,” Mr. Xi told the leadership conference on Xinjiang policy, which convened six days after the deadly attack on the vegetable market.



ソビエトのプリズム
The Soviet Prism

習氏は、1980年代に少数民族グループに対するより緩和された政策を支持した初期の共産党指導者の息子であり、一部のアナリストは、2012年11月に党の指導者になったときに父親の穏やかな方法に従うことを期待していました。
Mr. Xi is the son of an early Communist Party leader who in the 1980s supported more relaxed policies toward ethnic minority groups, and some analysts had expected he might follow his father’s milder ways when he assumed leadership of the party in November 2012.

しかし、スピーチは、氏がイデオロギーのゆるみと無謀なリーダーシップを非難したソ連崩壊のプリズムを通して中国に対するリスクをどのように見ているかを強調している。
But the speeches underscore how Mr. Xi sees risks to China through the prism of the collapse of the Soviet Union, which he blamed on ideological laxity and spineless leadership.

中国全土で、彼は政党支配への挑戦を排除することに着手した。 反体制派と人権弁護士は逮捕の波で姿を消した。
Across China, he set about eliminating challenges to party rule; dissidents and human rights lawyers disappeared in waves of arrests.

新疆では、彼は旧ソビエト圏の例を挙げて、経済成長は民族分離主義に対して社会を免除しないと主張した。
In Xinjiang, he pointed to examples from the former Soviet bloc to argue that economic growth would not immunize a society against ethnic separatism.

バルト共和国はソビエト連邦で最も発展した国の1つでしたが、国が崩壊したときに最初に離脱した国でもあると、彼はリーダーシップ会議で語りました。
The Baltic republics were among the most developed in the Soviet Union but also the first to leave when the country broke up, he told the leadership conference.

ユーゴスラビアの相対的な繁栄もその崩壊を妨げなかった、と彼は付け加えた。
Yugoslavia’s relative prosperity did not prevent its disintegration either, he added.

「開発は最優先事項であり、永続的なセキュリティを実現するための基盤であり、そうだと言います」と習氏は言いました。
“We say that development is the top priority and the basis for achieving lasting security, and that’s right,” Mr. Xi said.

「しかし、開発によってすべての問題が解決すると信じることは間違っているでしょう。」
“But it would be wrong to believe that with development every problem solves itself.”


演説の中で、習氏は、中国のルールに対するウイグル人の抵抗の歴史、または少なくとも北京の公式版に対する深い知識を示し、中国の指導者たちが短い期間ウイグル族の自己統治を含めて言及することはほとんどなかった 20世紀前半の支配。
In the speeches, Mr. Xi showed a deep familiarity with the history of Uighur resistance to Chinese rule, or at least Beijing’s official version of it, and discussed episodes rarely if ever mentioned by Chinese leaders in public, including brief periods of Uighur self-rule in the first half of the 20th century.

ウイグルの過激派による暴力は、この地域の共産主義者の支配を脅したことはありません。
Violence by Uighur militants has never threatened Communist control of the region.

攻撃は2009年以降、ウルムチの民族暴動で約200人が死亡した後、致命的になりましたが、比較的小さく、散在し、洗練されていませんでした。
Though attacks grew deadlier after 2009, when nearly 200 people died in ethnic riots in Urumqi, they remained relatively small, scattered and unsophisticated.

それでも、習氏は、暴力が新疆から中国の他の地域に流出しており、党の強さのイメージを汚す可能性があると警告した。
Even so, Mr. Xi warned that the violence was spilling from Xinjiang into other parts of China and could taint the party’s image of strength.

脅威が解消されない限り、習氏はリーダーシップ会議で「社会の安定は衝撃を受け、あらゆる民族の人々の一般的な結束が損なわれ、改革、発展、安定の広範な見通しが影響を受ける」と語った。
Unless the threat was extinguished, Mr. Xi told the leadership conference, “social stability will suffer shocks, the general unity of people of every ethnicity will be damaged, and the broad outlook for reform, development and stability will be affected.”

彼は外交上の優しさを別にして、新jiangのイスラム過激主義の起源を中東にまでさかのぼり、シリアとアフガニスタンの混乱が中国のリスクを拡大するだろうと警告した。
Setting aside diplomatic niceties, he traced the origins of Islamic extremism in Xinjiang to the Middle East, and warned that turmoil in Syria and Afghanistan would magnify the risks for China.

ウイグル人は両国を旅しており、独立した故郷を求めて熟練の戦闘員として中国に帰ることができ、それを東トルキスタンと呼んだ。
Uighurs had traveled to both countries, he said, and could return to China as seasoned fighters seeking an independent homeland, which they called East Turkestan.

「米国がアフガニスタンから部隊を撤退させた後、アフガニスタンとパキスタンの国境に位置するテロ組織はすぐに中央アジアに侵入するかもしれない」と習氏は言った。
“After the United States pulls troops out of Afghanistan, terrorist organizations positioned on the frontiers of Afghanistan and Pakistan may quickly infiltrate into Central Asia,” Mr. Xi said.

「シリアとアフガニスタンで実戦訓練を受けた東トルキスタンのテロリストは、いつでも新疆でテロ攻撃を仕掛けることができました。」
“East Turkestan’s terrorists who have received real-war training in Syria and Afghanistan could at any time launch terrorist attacks in Xinjiang.”

習氏の前任者である胡錦濤は、2009年のウルムチでの暴動に弾圧で対応しましたが、民族不満の解決策としての経済発展、長年の政党政策も強調しました。
Mr. Xi’s predecessor, Hu Jintao, responded to the 2009 riots in Urumqi with a clampdown but he also stressed economic development as a cure for ethnic discontent — longstanding party policy.

しかし、習氏は演説における胡氏のアプローチに休憩の合図を送りました。
But Mr. Xi signaled a break with Mr. Hu’s approach in the speeches.


「近年、新疆ウイグル自治区は非常に急速に成長し、生活水準は一貫して上昇していますが、それでも民族分離主義とテロ暴力は依然として増加しています」と彼は言いました。
“In recent years, Xinjiang has grown very quickly and the standard of living has consistently risen, but even so ethnic separatism and terrorist violence have still been on the rise,” he said.

「これは、経済発展が自動的に永続的な秩序と安全をもたらすわけではないことを示しています。」
“This goes to show that economic development does not automatically bring lasting order and security.”

新疆の安定性を確保するには、ウイグル社会の抵抗を根絶するために、監視と情報収集の徹底的なキャンペーンが必要になると習氏は主張した。
Ensuring stability in Xinjiang would require a sweeping campaign of surveillance and intelligence gathering to root out resistance in Uighur society, Mr. Xi argued.

彼は、新技術がソリューションの一部にならなければならないと述べ、新疆における顔認識、遺伝子検査、およびビッグデータの党の展開を予見しました。
He said new technology must be part of the solution, foreshadowing the party’s deployment of facial recognition, genetic testing and big data in Xinjiang.

しかし彼はまた、近所の情報提供者などの昔ながらの方法を強調し、9月11日の攻撃に対するアメリカ人の反応を研究するよう当局に促した。
But he also emphasized old-fashioned methods, such as neighborhood informants, and urged officials to study how Americans responded to the Sept. 11 attacks.

米国のように、中国は「国民を国家安全保障の重要な資源にする必要がある」と彼は言った。
Like the United States, he said, China “must make the public an important resource in protecting national security.”

「私たち共産主義者は、人々の戦争と戦うのは当然であるべきです」と彼は言いました。
“We Communists should be naturals at fighting a people’s war,” he said.

「私たちはタスクを整理するのが一番です。」
“We’re the best at organizing for a task.”


これらの演説で、習氏が現在、弾圧の中心にある収容所を構想したという唯一の提案は、新疆の刑務所でのより激しい教化プログラムの承認でした。
The only suggestion in these speeches that Mr. Xi envisioned the internment camps now at the heart of the crackdown was an endorsement of more intense indoctrination programs in Xinjiang’s prisons.

「教育の効果的な改造と犯罪者の変革が必要だ」と彼は旅行の2日目に新jiang南部の当局者に語った。
“There must be effective educational remolding and transformation of criminals,” he told officials in southern Xinjiang on the second day of his trip.

「そして、これらの人々が解放された後でも、彼らの教育と変革は継続しなければなりません。」
“And even after these people are released, their education and transformation must continue.”

数ヵ月以内に、新疆ウイグル自治区全体で教化サイトが開設され始めました。最初はほとんどが小規模の施設で、イスラム教への献身を否認し、党への感謝を告げるように圧力をかけるセッションのために一度に数十または数百人のウイグル人を収容しました。
Within months, indoctrination sites began opening across Xinjiang — mostly small facilities at first, which held dozens or hundreds of Uighurs at a time for sessions intended to pressure them into disavowing devotion to Islam and professing gratitude for the party.

その後、2016年8月、陳泉国という名の強硬派がチベットから新疆を統治するために移籍した。 数週間のうちに、彼は地元の役人に習氏の目標を「再動員」するよう呼びかけ、習氏の演説は「新疆の成功を導く方向を定めた」と宣言した。
Then in August 2016, a hard-liner named Chen Quanguo was transferred from Tibet to govern Xinjiang. Within weeks, he called on local officials to “remobilize” around Mr. Xi’s goals and declared that Mr. Xi’s speeches “set the direction for making a success of Xinjiang.”

新しい治安管理と、教化キャンプの劇的な拡大が続きました。
New security controls and a drastic expansion of the indoctrination camps followed.




「テロと安定を守るための闘争は長引く戦争であり、攻撃戦争でもあります」と陳氏は、漏出した論文の中にあった2017年10月の地域指導者へのスピーチで述べた。
“The struggle against terror and to safeguard stability is a protracted war, and also a war of offense,” Mr. Chen said in a speech to the regional leadership in October 2017 that was among the leaked papers.

2017年8月のビデオ会議での彼の発言の記録である彼は、新疆の習氏の目標を達成するための「良い実習」の例として「職業スキル、教育訓練、変革センター」を挙げました。
In another document, a record of his remarks in a video conference in August 2017, he cited “vocational skills, education training and transformation centers” as an example of “good practices” for achieving Mr. Xi’s goals for Xinjiang.

弾圧は新疆の暴力的な不安を鎮圧したように見えますが、多くの専門家は、極端な治安対策と大規模な拘禁は、最終的にはより悪い民族衝突を引き起こす可能性のあるresを生む可能性が高いと警告しています。
The crackdown appears to have smothered violent unrest in Xinjiang, but many experts have warned that the extreme security measures and mass detentions are likely to breed resentment that could eventually inspire worse ethnic clashes.

キャンプはワシントンやその他の外国の首都で非難されています。
The camps have been condemned in Washington and other foreign capitals.

しかし、2014年5月のリーダーシップ会議では、Xi氏は国際的な批判を予想し、密室の職員にそれを無視するよう促しました。
As early as the May 2014 leadership conference, though, Mr. Xi anticipated international criticism and urged officials behind closed doors to ignore it.

「敵対勢力が泣き言を言ったり、敵対勢力が新疆のイメージを傷つけたりすることを恐れないでください」と彼は言いました。
“Don’t be afraid if hostile forces whine, or if hostile forces malign the image of Xinjiang,” he said.

「みんなでまとめて」
‘Round Up Everyone’

文書は、党内の弾圧に対して以前に知られていたよりも多くの抵抗があったことを示しており、新疆の新しい党のボスがそれを克服する上で果たした重要な役割を強調しています。
The documents show there was more resistance to the crackdown inside the party than previously known — and highlight the key role that the new party boss in Xinjiang played in overcoming it.

陳氏は毛沢東の激動の政治的十字軍の1つに似たキャンペーンを主導しました。このキャンペーンでは、地方当局者に対するトップダウンの圧力が行き過ぎを促し、疑念の表現は犯罪として扱われました。
Mr. Chen led a campaign akin to one of Mao’s turbulent political crusades, in which top-down pressure on local officials encouraged overreach and any expression of doubt was treated as a crime.

2017年2月、彼はウルムチの広大な広場で注目を集めている何千人もの警官と軍隊に、「破壊的で破壊的な攻撃」に備えるように言った。
In February 2017, he told thousands of police officers and troops standing at attention in a vast square in Urumqi to prepare for a “smashing, obliterating offensive.”

次の週に、文書は、指導者が多数のウイグル人を拘留する計画に落ち着いたことを示しています。
In the following weeks, the documents indicate, the leadership settled on plans to detain Uighurs in large numbers.

陳氏は抜本的な命令を出しました:「切り上げられるべきすべての人を切り詰めてください。」
Mr. Chen issued a sweeping order: “Round up everyone who should be rounded up.”

あいまいなフレーズは、2017年から内部ドキュメントに繰り返し表示されます。
The vague phrase appears repeatedly in internal documents from 2017.

党は以前、税を徴収したり、収穫を測定したりする際に職員が用心深く包括的であることを要求する際に、中国語で「ying shou jin shou」というフレーズを使用していました。
The party had previously used the phrase — “ying shou jin shou” in Chinese — when demanding that officials be vigilant and comprehensive in collecting taxes or measuring harvests.

今では、司法手続きに言及することなく、宗教的急進主義または反政府的見解の「症状」を示した人の拘留を命じた指令で、人間に適用されていました。
Now it was being applied to humans in directives that ordered, with no mention of judicial procedures, the detention of anyone who displayed “symptoms” of religious radicalism or antigovernment views.

当局は、長いひげの着用、喫煙や飲酒の断念、アラビア語の勉強、モスクの外での祈りなど、敬Uなウイグル人の間での一般的な行動を含めて、そのような兆候を多数並べました。
The authorities laid out dozens of such signs, including common behavior among devout Uighurs such as wearing long beards, giving up smoking or drinking, studying Arabic and praying outside mosques.

党首は、海外でのテロリズムと中国での潜在的な模倣攻撃についての警告で命令を強化した。
Party leaders reinforced the orders with warnings about terrorism abroad and potential copycat attacks in China.

たとえば、2017年6月に、当時新securityの治安担当官だった朱ハイルンが署名した10ページの指令は、最近の英国でのテロ攻撃を「警告と教訓」と呼びました。
For example, a 10-page directive in June 2017 signed by Zhu Hailun, then Xinjiang’s top security official, called recent terrorist attacks in Britain “a warning and a lesson for us.”

それは、英国政府の「「安全保障よりも人権」に過度に重点を置いており、インターネットおよび社会における過激主義の伝播に対する不十分なコントロールを非難した」
It blamed the British government’s “excessive emphasis on ‘human rights above security,’ and inadequate controls on the propagation of extremism on the internet and in society.”

また、ずさんな調査、監視装置の誤動作、疑わしい行動で告発された人々を拘束できないことなど、新疆のセキュリティの失効についても不満を述べました。
It also complained of security lapses in Xinjiang, including sloppy investigations, malfunctions in surveillance equipment and the failure to hold people accused of suspicious behavior.

拘留を維持し、それは注文した。
Keep up the detentions, it ordered.

「切り上げられるべきすべての人を切り上げることにこだわる」と述べた。 「彼らがそこにいたら、切り上げてください。」
“Stick to rounding up everyone who should be rounded up,” it said. “If they’re there, round them up.”


キャンプに流された人々の数は、厳重に守られた秘密のままです。
The number of people swept into the camps remains a closely guarded secret.

しかし、漏洩した文書の1つは、キャンペーンの規模のヒントを提供します。
But one of the leaked documents offers a hint of the scale of the campaign:

混雑した施設での感染症の拡散を防止するよう職員に指示しました。
It instructed officials to prevent the spread of infectious diseases in crowded facilities.





「ルールを破った」
‘I Broke the Rules’

命令は、ヤルカンド郡、特に900,000人の住民のほぼ全員がウイグル人である新疆江南部の農村の町と村の収集で特に緊急で論争的でした。
The orders were especially urgent and contentious in Yarkand County, a collection of rural towns and villages in southern Xinjiang where nearly all of the 900,000 residents are Uighur.

2014年のスピーチで、習氏は宗教的過激主義との戦いの最前線として新疆南部を選んだ。
In the 2014 speeches, Mr. Xi had singled out southern Xinjiang as the front line in his fight against religious extremism.

ウイグル人は南部の人口の90%近くを占めていますが、新疆では全体の半分以下であり、習氏は漢人の入植者をさらに引き付けるという長期目標を設定しました。
Uighurs make up close to 90 percent of the population in the south, compared to just under half in Xinjiang over all, and Mr. Xi set a long-term goal of attracting more Han Chinese settlers.

彼と他の党指導者は、準軍事組織である新疆生産建設隊に、漢族が多い地域を解決する努力を加速するよう命じた、と文書は示している。
He and other party leaders ordered a quasi-military organization, the Xinjiang Production and Construction Corps, to accelerate efforts to settle the area with more Han Chinese, the documents show.

政府の報告によると、数か月後、斧とナイフで武装した100人以上のウイグル人過激派がヤルカンドの政府機関と警察署を攻撃し、37人が死亡しました。
A few months later, more than 100 Uighur militants armed with axes and knives attacked a government office and police station in Yarkand, killing 37 people, according to government reports.

戦闘では、治安部隊が59人の襲撃者を射殺したと報告書は述べた。
In the battle, the security forces shot dead 59 assailants, the reports said.

王勇智(ワン・ヤンチュー)という名前の役人がすぐにヤルカンドを経営するために任命されました。
An official named Wang Yongzhi was appointed to run Yarkand soon afterward.

メガネと角刈りで、彼は党の技術者
パーティーテクノクラートの写真を見ました。
With his glasses and crew cut, he looked the picture of a party technocrat.

彼は成長し、彼のキャリアを新疆南部で過ごし、経済発展とウイグル人の強固な支配という分野で党の最優先事項を果たすことができる巧みな、ベテランの役人と見なされました。
He had grown up and spent his career in southern Xinjiang and was seen as a deft, seasoned official who could deliver on the party’s top priorities in the area: economic development and firm control of the Uighurs.


しかし、リークされた論文で最も明らかになっている文書には、王氏の没落を説明する2つのものがあります。党の内部調査をまとめた11ページのレポートと、彼が強要した15ページの告白のテキストです。
But among the most revealing documents in the leaked papers are two that describe Mr. Wang’s downfall — an 11-page report summarizing the party’s internal investigation into his actions, and the text of a 15-page confession that he may have given under duress.

両者は、取り締まりの背後に並ぶように職員に警告として党内に配布されました。
Both were distributed inside the party as a warning to officials to fall in line behind the crackdown.

王氏のような漢の役人は新疆南部の党のアンカーとして働き、より若いポジションでウイグルの役人を監視し、彼は
2015年に訪問した中国の民族問題の最も高い役人である兪正声(ユー・チャンシャン)を含むトップリーダーの祝福を楽しんでいるようでした 。
Han officials like Mr. Wang serve as the party’s anchors in southern Xinjiang, watching over Uighur officials in more junior positions, and he seemed to enjoy the blessing of top leaders, including Yu Zhengsheng, then China’s most senior official for ethnic issues, who visited the county in 2015.

王氏は、ヤルカンドでの治安の強化に着手しましたが、民族の不満に対処するために経済発展も推進しました。
Mr. Wang set about beefing up security in Yarkand but he also pushed economic development to address ethnic discontent.

そして、彼は党の宗教政策を和らげようとしました。家にコーランを置くことは悪いことではないと宣言し、ウイグル族の伝統をよりよく理解するために党員にそれを読むよう奨励しました。
And he sought to soften the party’s religious policies, declaring that there was nothing wrong with having a Quran at home and encouraging party officials to read it to better understand Uighur traditions.

大量拘禁が始まったとき、王氏は最初に言われたとおりに行い、熱心に仕事を受け入れるように見えた。
When the mass detentions began, Mr. Wang did as he was told at first and appeared to embrace the task with zeal.

彼は、50のバスケットボールコートを含む2つの広大な新しい拘留施設を建設し、20,000人をそこに集めました。
He built two sprawling new detention facilities, including one as big as 50 basketball courts, and herded 20,000 people into them.

彼は2017年に治安部隊への資金を急増し、チェックポイントや監視などの出費に対する支出を2倍以上に増やし、13億7,000万人民元(約1億8,000万ドル)にしました。
He sharply increased funding for the security forces in 2017, more than doubling spending on outlays such as checkpoints and surveillance to 1.37 billion renminbi, or about $180 million.

そして彼は、公共広場での集会のために党員を並べ、テロリストとの戦いを迫るように彼らに促した。
And he lined up party members for a rally in a public square and urged them to press the fight against terrorists.

「それらを完全に拭き取ります」と彼は言いました。 「根と枝を破壊します。」
“Wipe them out completely,” he said. “Destroy them root and branch.”

しかし、個人的には、彼が後に署名した告白によると、王氏は不安を抱いていたが、これは党によって慎重に吟味されたであろう。
But privately, Mr. Wang had misgivings, according to the confession that he later signed, which would have been carefully vetted by the party.

彼は、ヤルカンドでの暴力の爆発を防ぐために強い圧力を受けていて、弾圧が反発を引き起こすことを心配していました。
He was under intense pressure to prevent an outburst of violence in Yarkand, and worried the crackdown would provoke a backlash.

当局は新疆ウイグル自治区の一部でウイグル人拘留の数値目標を設定しており、ヤルカンドでそうするかどうかは不明であるが、王氏は命令に節度の余地がなく、郡内の民族関係を害すると感じた。
The authorities set numeric targets for Uighur detentions in parts of Xinjiang, and while it is unclear if they did so in Yarkand, Mr. Wang felt the orders left no room for moderation and would poison ethnic relations in the county.

彼はまた、大規模な拘禁により、昇進に必要な経済的進歩を記録することが不可能になるのではないかと心配した。
He also worried that the mass detentions would make it impossible to record the economic progress he needed to earn a promotion.

指導者は、新疆の貧困を削減するための目標を設定していました。
The leadership had set goals to reduce poverty in Xinjiang.

しかし、非常に多くの労働年齢の住民がキャンプに送られたため、王氏は、より良い仕事への希望とともに、目標が手の届かないところにあることを恐れていました。
But with so many working-age residents being sent to the camps, Mr. Wang was afraid the targets would be out of reach, along with his hopes for a better job.

彼の上司は「非常に野心的で非現実的」だと彼は書いた。
His superiors, he wrote, were “overly ambitious and unrealistic.”

「より高いレベルで取られた政策と措置は、地上の現実とのギャップがあり、完全に実行することはできませんでした」と彼は付け加えました。
“The policies and measures taken by higher levels were at gaping odds with realities on the ground and could not be implemented in full,” he added.

新疆南部の取締りを強化するために、陳氏は北部から数百人の役人を異動させました。
To help enforce the crackdown in southern Xinjiang, Mr. Chen transferred in hundreds of officials from the north.

公的には、王氏はヤルカンドに割り当てられた62を歓迎しました。
Publicly, Mr. Wang welcomed the 62 assigned to Yarkand.

個人的に、彼は彼らが地元の役人や住民と働く方法を理解していないように見えました。
Privately, he seethed that they did not understand how to work with local officials and residents.

新疆ウイグル自治区の役人にウイグル人を拘束し、新たな暴力を防ぐようにというプレッシャーは容赦なく、王氏は告白の中で-おそらく圧力の下で署名された-彼は仕事で飲んだ。
The pressure on officials in Xinjiang to detain Uighurs and prevent fresh violence was relentless, and Mr. Wang said in the confession — presumably signed under pressure — that he drank on the job.

彼は、治安に関する会議中に酔って倒れたエピソードを説明しました。
He described one episode in which he collapsed drunk during a meeting on security.


「午後の会議で私の仕事について報告している間、私は首尾一貫せずに取り乱しました。」 「私はほんの数文を話しましたが、頭がテーブルの上で倒れました。
“While reporting on my work in the afternoon meeting, I rambled incoherently,” he said. “I’d just spoken a few sentences and my head collapsed on the table.

県全体で最大のジョークになりました。
It became the biggest joke across the whole prefecture.”


新疆ウイグル自治区の何千人もの役人は、十分な熱意で弾圧に抵抗したり、取り締まりを怠ったことで罰せられました。
Thousands of officials in Xinjiang were punished for resisting or failing to carry out the crackdown with sufficient zeal.

ウイグルの役人は仲間のウイグル人を保護していると非難され、文書によると、別の南部郡の漢の指導者であるGu Wenshengは拘留を遅らせ、ウイグルの役人を保護しようとしたとして投獄された。
Uighur officials were accused of protecting fellow Uighurs, and Gu Wensheng, the Han leader of another southern county, was jailed for trying to slow the detentions and shield Uighur officials, according to the documents.


捜査官の秘密のチームが地域全体を旅し、十分に活動していない人々を特定しました。 公式統計によると、2017年、党は「分離主義との闘い」の違反について新疆の党員に対して12,000件以上の調査を開始しました。これは前年の20倍以上です。
Secret teams of investigators traveled across the region identifying those who were not doing enough. In 2017, the party opened more than 12,000 investigations into party members in Xinjiang for infractions in the “fight against separatism,” more than 20 times the figure in the previous year, according to official statistics.

王氏は他のどの役人よりも先に進んだかもしれません。
Mr. Wang may have gone further than any other official.

静かに、彼は7,000人以上の収容者の釈放を命じました。彼は拘留され、権力を剥奪され、起訴される反抗的な行為です。
Quietly, he ordered the release of more than 7,000 camp inmates — an act of defiance for which he would be detained, stripped of power and prosecuted.

「私は多くの人々をまとめることで対立を扇動し、対立を深めると信じて、下部を切り落とし、選択的に行動し、自分で調整しました」とワン氏は書いています。
“I undercut, acted selectively and made my own adjustments, believing that rounding up so many people would knowingly fan conflict and deepen resentment,” Mr. Wang wrote.


「承認なしで、そして私自身の主導で」と彼は付け加えた、「私は規則を破った」
“Without approval and on my own initiative,” he added, “I broke the rules.”



勇敢な反抗
Brazen Defiance

2017年9月以降、王氏は静かに世間から姿を消した。
Mr. Wang quietly disappeared from public view after September 2017.

約6か月後、党は彼の例を作り、彼が「新疆を統治するための党中央指導部の戦略に重大な不服従をした」として調査されていると発表した。
About six months later, the party made an example of him, announcing that he was being investigated for “gravely disobeying the party central leadership’s strategy for governing Xinjiang.”

調査に関する内部報告はより直接的でした。
The internal report on the investigation was more direct.

「彼は党に仕えることに全力を尽くすべきだった」と述べた。
“He should have given his all to serving the party,” it said.

「代わりに、彼は新疆に対する党中央指導部の戦略を無視し、彼は勇敢に反抗した。」
“Instead, he ignored the party central leadership’s strategy for Xinjiang, and he went as far as brazen defiance.”

報告書と王氏の告白の両方が、新疆ウイグル自治区の関係者に読み上げられました。
Both the report and Mr. Wang’s confession were read aloud to officials across Xinjiang.

メッセージは明白でした:党は、大量拘禁の実施にためらいを許しません。
The message was plain: The party would not tolerate any hesitation in carrying out the mass detentions.

プロパガンダのアウトレットは王氏を取り返しのつかないほど腐敗していると説明し、内部報告書は彼が建設と鉱業の取引で賄賂を受け取り、昇進を勝ち取るために上司を返済したと非難した。
Propaganda outlets described Mr. Wang as irredeemably corrupt, and the internal report accused him of taking bribes on construction and mining deals and paying off superiors to win promotions.


当局はまた、彼はウイグル人の友人ではないと強調した。
The authorities also emphasized he was no friend of Uighurs.

貧困削減の目標を達成するために、彼は冬の半ばに1,500世帯を非暖房アパートに強制的に移動させたと言われました。
To hit poverty-reduction targets, he was said to have forced 1,500 families to move into unheated apartments in the middle of the winter.

村人の中には、保温のために屋内で木材を燃やし、怪我や死にいたったと彼の告白が述べた。
Some villagers burned wood indoors to keep warm, leading to injuries and deaths, his confession said.

しかし、王氏の最大の政治的罪は一般に明らかにされませんでした。
But Mr. Wang’s greatest political sin was not revealed to the public.

代わりに、当局は内部レポートでそれを隠しました。
Instead, the authorities hid it in the internal report.

「彼は拒否した」と、「切り上げられるべきすべての人を切り上げるために」と言った。
“He refused,” it said, “to round up everyone who should be rounded up.”




ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1779-4b9c9e9d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
17位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる