Powered By 画RSS 多言語歌詞(multilingual lyrics) |ラグビーワールドカップの後、日本の決して言うことのない精神を育てる必要がある (The Guardian 2019/10/20)
FC2ブログ

Entries

ラグビーワールドカップの後、日本の決して言うことのない精神を育てる必要がある (The Guardian 2019/10/20)

En:(grammar)



ラグビーワールドカップの後、日本の決して言うことのない精神を育てる必要がある
Japan’s never-say-die spirit needs nurturing after Rugby World Cup

ブレイブ・ブロッサムズ(ラグビー日本代表)は南アフリカとの戦いで全力を示し、
今では世界最高のチームとの試合がさらに必要です
Brave Blossoms showed all their fight against South Africa and now need more games against the world’s best


(The Guardian 2019/10/20)
by Andy Bull

https://www.theguardian.com/sport/blog/2019/oct/20/japan-never-say-die-spirit-nurturing-rugby-world-cup?utm_term=Autofeed&CMP=twt_gu&utm_medium=&utm_source=Twitter#Echobox=1571599292

ラグビーW杯2019 関連記事和訳一覧

ニュース一覧 List of News








日本よ、ありがとう。それじゃ、また。
So long then, and thank you, Japan.

やがて、あざが消え、骨が治癒し、涙が乾き、この痛みさえ、この数週間でこのチームが達成したすべてのこと、
そしてこの最後の敗北の前に4回連続で勝利したことに対する圧倒的な誇りに変わります。
Bruises fade, bones heal, tears dry, and even the pain of this will give way, in time,
to resounding pride at everything this team have achieved in these last few weeks,
and the four consecutive victories that came before this last defeat.


このトーナメントで残った4つのサイドのいずれかが勝ち続けるため、これは日本のワールドカップとして記憶されます。
Because whichever of the four sides left in this tournament go on to win it, this will be remembered as Japan’s World Cup.

ホスト国の仕事だけでなく、大部分がまだアマチュアリーグであるチームを代表する方法のために、
彼らの勇気、機知、創造性でスポーツを照らしました。
Not just because of the job they have done of hosting it but for the way their team, representing what is,
in the large part, still an amateur league, lit up the sport with their bravery, wit and creativity.



日本のファンは応援の際、「頑張れ!」と言う。
Japanese fans have a saying, “ganbare!”

これもまた翻訳の難しい言葉の一つだ。しばし「ベストを尽くせ」「諦めるな」「突き進め」と訳されるが、
日本のプレイヤー達がピッチで見せたのは、まさにその姿勢だった。
It is another one of those fiddly words that people tend to translate three ways:
“Do your best!”, “hang in!”, “go for it!” And that’s exactly what they did.

ファフ・ド・クラークが試合を決めたトライを決めたとき、66分に日本は18ポイントダウンし、試合時間はあと14分ありました。
When Faf de Klerk scored the try that decided the game, in the 66th minute, Japan were 18 points down and there were 14 minutes to play.

試合は終わってしまいましたが、彼らの不屈のキャプテン、マイケルレイッチは、
彼らを一緒にポストの下の輪に引き寄せて、彼らに再び叫びました。
The game had gone then but their indomitable captain, Michael Leitch,
pulled them all together into a circle underneath the posts and shouted at them to go again.

彼らが何をしたのか。 南アフリカのトライラインに手の届くところまで。
Which they did. All the way to within arm’s reach of the South African try-line.

南アフリカはボールをラインアウトから盗み、ボールを最後まで走らせました。
South Africa stole the ball back from a lineout and ran the ball all the way back again.

マカゾール・マピンピは3回目のトライを記録しました。
Makazole Mapimpi scored their third try, which should have been the killing blow.

点差は今23ポイント。
The gap was 23 points now.



だがリーチは依然、仲間を鼓舞し続けた。
But Leitch was still exhorting his players to give more.

そして最後の数分で、彼らは南アフリカを襲った。
And in the last few minutes they hit South Africa with some of the hardest tackles anyone had made all match.

ゲームはゴングの音のずっと後に続き、ついにハンドレ・ポラードは
南アフリカがこれまでに日本を終わらせる唯一の方法がボールを深く接触させることであることに気づいた。
The game ran on long after the sound of the gong, till at last Handré Pollard realised
the only way South Africa were ever going to finish Japan off was by booting the ball deep into touch.

「この試合最後の5分間が、我々がどんなチームかを示した」監督のジョセフは言った。
“The last five minutes of that Test match showed what type of team this is,” said their coach, Jamie Joseph.

「何度でも立ち上がるチームだ」と。
“A team that keep getting back up.”


何度でも立ち上がらなければならなかった。それだけ倒されたのだから。
They needed to. Because they kept getting knocked down.

身体的には互角ではなかった。
Physically it was a mismatch.

スタメンの体重差は67kg、スクラムハーフの流大(ナガレ・ユタカ)と同じくらい。
Their starting team gave away all of 67kg,
which is about as much as their little scrumhalf Yutaka Nagare weighs himself.

まるで彼らが十分な筋肉を持っていなかったかのように、南アフリカは彼らのベンチにさらに6人のフォワードを準備していた。
As if they didn’t have enough muscle, South Africa had stacked their bench with six more forwards.

南アフリカのゲームプランは残忍だった。
It was a brutish plan.

彼らは初期のスクラムで日本をいじめ、50-50の提案になるほどラインでそのような数をしました。
They bullied Japan in the early scrums and did such a number on their lineout that it became a 50-50 proposition.

何よりも、彼らは止められないローリングモールで彼らを傷つけました。
タマネギを入れたパンで焼いたなら、彼らは熱心ではなかったでしょう。
Most of all, they damaged them with their unstoppable rolling maul,
a tactic they could not have been any keener on if you had served it grilled in a bun with onions.


ラッシュアワーの新宿駅よりも忙しい中盤で、彼らの防御も絶対に容赦なく、故障は通勤車のように詰め込まれました。
Their defence was absolutely relentless too, the midfield busier than Shinjuku station in rush hour,
and the breakdown packed out like a commuter carriage.

ジョセフは、彼らが働くのに必要な時間と空間を否定することで日本を絞め殺した。
They strangled Japan, Joseph said, by denying them the time and space they needed to work in.

彼らの魅惑的な巧妙なキック、フリックとトリック、ノールックパス、
複雑なループムーブのすべてについて、彼らはめったにオープンスペースに入れませんでした。
For all their bewitchingly clever kicks, flicks and tricks,
no-look passes and intricate loop-moves, they rarely made it into open space.

ティモシー・ラファエレが目を見張るようなウィンガー福岡を倒したとき、
彼らは明確なチャンスを得ました。彼は、ポストのすぐ下で死んだ一連の13のフェーズでタッチペーパーを照らしたランで左翼を壊しました。
The one time they did have a clear chance was when Timothy Lafaele put away their dazzling winger Kenki Fukuoka,
who broke down the left wing in a run that lit the touch paper on a series of 13 phases that died out right under the posts.

群衆は今彼らのために怒鳴っていました。
The crowd were roaring for them now.

日本が南アフリカのスクラムに対するペナルティを獲得したときよりも決して大きくない。
Never louder than when Japan won a penalty against the South Africa scrum.

そして、静かな瞬間、彼らの神経が彼らを良くし始めたとき、
彼らのチームが代わりにここでプレーすることを期待してこの試合のチケットを買っていた
数千人のアイルランドのファンが彼らのために彼らの歌をしました。
And in the quieter moments, when their nerves started to get the better of them,
the thousands of Irish fans, who had bought tickets for this match in the expectation
their team was going to be playing here instead, did their singing for them.

彼らは大声で、絶え間なく「Stand Up For The Japanese」をう歌った。
They bellowed loud and ceaseless rounds of Stand Up For The Japanese.

彼らは世界で2番目に人気のあるチームの残りとなっています。
They have become the rest of the world’s second- favourite team.

次に日本のラグビーが見られるのは、一体いつになるのか?これが問題だ。
The question, then, is when will we see them again?

ジョセフは外交的すぎて、次に何が起こるのかという疑問に答えることができず、トーナメントは終了しました。
Joseph was too diplomatic to get into the question of what comes next, now their tournament is over –

「私はただのコーチです」と彼は言いましたが、ゲームを運営する人々は同じ質問に答えなければなりません。
“I’m just the coach,” he said – but the people who run the game are going to have to answer that same question.

日本で唯一のフルタイムのプロのチームであるサンウルブズは、2020年シーズンの終わりにスーパーラグビーから追い出されます。
The only full-time professional side in Japan, the Sunwolves, are going to be booted out of Super Rugby at the end of the 2020 season,

ワールドカップが開催されてからは、多くの反対派が訪問する意欲が減るので、
日本がトップチームと対戦することを保証するものでもありません。
and there’s no guarantee that Japan’s run of fixtures against the top teams is going to carry on either,
since a lot of the opposition is going to be less keen to come to visit once the World Cup has come and gone.


彼らが若かったとき、これらの日本の選手たちはこのような夜を夢見さえしませんでした。
When they were young these Japanese players didn’t even dream of a night like this.

彼らはできませんでした。なぜなら、ここで誰もが本当に可能だと思っていたものをはるかに超えて、
それは非常にありそうにないように思えたからです。
They couldn’t, because it seemed so wildly unlikely, well beyond what anyone here ever really thought was possible.


日本は28年前の1991年、ジンバブエ相手にW杯初勝利をあげた。
The team had won one World Cup game in 28 years of trying, against Zimbabwe in 1991.

だが今の日本には、当時とは比べものにならないほど、自身の可能性を信じる若い選手たちがいる。必要なのはそれを証明する機会だ。
But there are young players out there now who have entirely new ideas about what is possible.

彼らはそれを証明する機会が必要です。 日本は試合をやめなかった。 ゲームを終了することはできません。
They just need the chance to prove it. Japan didn’t quit on the game. The game cannot quit on them.




ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1773-876089fa

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
9位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる