Powered By 画RSS 多言語歌詞(multilingual lyrics) |今日のスウェーデンへようこそ
FC2ブログ

Entries

今日のスウェーデンへようこそ

En:(grammar)



今日のスウェーデンへようこそ
Welcome to Sweden of Today










今日のスウェーデンはあなたが期待するものではありません。
Sweden today is not what you expect.

かつてスウェーデンはほぼすべての面で平和で安全な国でした。
Once Sweden was a peaceful and safe nation in almost all aspects.

それは、言論の自由と非常によく機能する福祉システムを備えた民主主義でした。
It was a democracy with free speech and very well functioning welfare system.


スウェーデン人はかつて彼らの国を誇りに思っていました。
The Swedes used to be proud of their nation.

数十年前にスウェーデンを訪れたなら、きれいな通り、素敵な公園、
If you visited Sweden a few decades ago you would find clean streets, nice parks,

ほとんど犯罪がなく、友好的で礼儀正しく、教育を受けた人々、美しい女性、
almost no crime, friendly, polite and well educated people, beautiful women,

そして その社会には素敵で落ち着いた雰囲気があります。
and a nice and calm atmosphere in the society.

ジャンクフードも、ゲットーも、深刻な不正はありませんでした。
There was no junk food, no ghettos, no severe injustices.

スウェーデンはほとんど楽園でした。
Sweden was almost a paradise.

しかし、それ以降は状況が変わりました。
But things have changed since that.


今日、スウェーデンは多文化主義、大量移民、高犯罪率、
Today Sweden is a nation of multi culturalism, mass immigration,

離婚のヨーロッパ記録、そして単一世帯の世界記録の国家です。
high crime rate, European record in divorces and world record in single households.

言論の自由はなく、かつての民主主義もありません。
There is no free speech, there is no democracy as it used to be.

学校は毎週燃えています。
Schools are set on fire every week.

急増する犯罪率の背後には、主に第一世代または第二世代の移民がいます。
Behind the skyrocketing crime rate you will mainly find immigrants in first or second generation.

通りは もはや安全ではありません。
The streets are no longer safe.

暴動、犯罪、暴力は毎日どこでも見られます。
Riots, crime and violence is seen everywhere every day.

民族のスウェーデン人は30年以内に少数派になり、わずか数年後にはイスラム教徒が多数派になります。
Ethnic Swedes will be in minority within 30 years, and only a few years later muslims will be in majority.

この悲劇的な発展に反対するスウェーデン人は、何らかの方法で虐待または抑圧されます。
Any Swede who oppose this tragic development will be abused or oppressed in one or another way.


すべての非ヨーロッパ移民の強制送還を要求する代わりに、
スウェーデン人はすぐに彼らの国が他の民族グループに引き継がれるという事実に直面しているようです。
Instead of demanding deportation of all non-European immigrants Swedes seem to face the fact
that their nation soon will be taken over by other ethnic groups.

おそらくスウェーデン人は最初に消えるヨーロッパ人です。
The Swedes will most likely be the first Europeans to vanish.

次はオランダ人です。
Holland will be next.


大量移民、様々な民族および文化的集団の混合、および道徳的価値の欠如の政策は、
最終的にスウェーデンを破壊するでしょう。
The policy of mass immigration, mixing of various ethnic and cultural groups and
lack of moral values will eventually destroy Sweden.

この狂気に反対しようとするいくつかのスウェーデン人がいますが、
メディアと確立された政治家は、旧ソ連が反体制派を扱ったように彼らを扱います。
There are a few Swedes trying to oppose this madness,
but media and established politicians treats them as the old Soviet Union treated its dissidents.

エリック・アルムクヴィストの場合。
This is Erik Almqvist.

彼は移民政策の結果について語ろうとしたとき、おそらく殺されました。
He was almost killed when he tried to speak out about the consequences of mass immigration.


スウェーデンの総人口は900万人であり、そのうちの60万人はイスラム教徒(全員が外国人)、
200万人は第一世代と第二世代です。
The total population in Sweden is nine million including 600,000 muslims
(all of foreign descent) and two million immigrants in first and second generation.

民族としてのスウェーデン人は6,5-7百万人です。
The ethnic Swedes are between 6,5-7 million.

これは、有名なデンマークの作家でジャーナリストのラース・ヘデガードです。
This is Lars hedegaard a famous Danish writer and journalist:

2009年3月に彼は次のように結論付けました。
In March 2009 he concluded:

「私の最高の予測は、2049年までにスウェーデンがイスラム教徒の過半数を獲得することです、
私たちは その国がどこに向かっているのかを知っています。」
“I think that the best prediction is that Sweden will have a muslim majority by 2049,
so we know where that country is going.”

今 貴方はスウェーデンについて少し詳しく知れました。
Now you know a little bit more about Sweden.




ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1771-de4a258d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
9位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる