Powered By 画RSS 多言語歌詞(multilingual lyrics) |日本は、台風による破壊に直面して世界に彼らの反抗と技を見せる The Guardian 2019/10/13 【ラグビーW杯】【台風19号ハギビス】
FC2ブログ

Entries

日本は、台風による破壊に直面して世界に彼らの反抗と技を見せる The Guardian 2019/10/13 【ラグビーW杯】【台風19号ハギビス】

En:(grammar)



https://www.theguardian.com/sport/blog/2019/oct/13/japan-typhoon-rugby-world-cup?utm_term=Autofeed&CMP=twt_gu&utm_medium=&utm_source=Twitter#Echobox=1570988410

ガーディアン The Guardian 2019/10/13
By Andy Bull

日本は、台風による破壊に直面して世界に彼らの反抗と技を見せる
Japan show world their defiance and skill in face of typhoon destruction

日本 28-21 スコットランド
【ラグビーW杯】 日本、初の決勝トーナメント進出 スコットランド破り1次リーグ全勝

ラグビーワールドカップ 日本 VS スコットランドに対する海外の反応
https://kaikore.blogspot.com/2019/10/japan-vs-scotland-rugby-world-cup-2019.html

令和元年台風第19号
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%A4%E5%92%8C%E5%85%83%E5%B9%B4%E5%8F%B0%E9%A2%A8%E7%AC%AC19%E5%8F%B7

ラグビーW杯2019 関連記事和訳一覧

ニュース一覧 List of News








ブレイブ・ブロッサムズ(ラグビー日本代表)は、スコットランドに対する猛烈なパフォーマンスで、
最も困難な状況でその能力を証明しました
Brave Blossoms proved their ability in the most difficult circumstances
with a ferocious performance against Scotland


黙祷は、1分にも満たない、短いものだった。
It was a short silence, scarcely a minute, but there was so much in it.

しかしそこには、過去に例を見ない状況で開催される、この試合に対する、
相反する感情の渦巻き、衝突が含まれていた。
All the swirling, clashing, contradictory emotions of a match unlike
any other that has ever been played,

台風ハギビスがつい数時間前に日本を過ぎ去り、
just hours after Typhoon Hagibis had blown through Japan,

スタジアムの周りは洪水であふれ、
救出作業も終わっていなければ、修復作業など始まってすらいない。
while the floodwaters were still high around the ground,
the rescue work not finished, the repair work not even begun.


その黙祷が、一体誰に向かって、何人の犠牲者へ捧げられたのかは、誰も知る由はなかった。
No one was even sure exactly who, or how many, the silence was for.

被害者の数は、未だに確定していなかったのだから。
They were still counting the victims, and had been all day.

明け方は4名とされていた死傷者数は9名へ、
At dawn the tally was four, then it climbed to nine.

試合開始時には24名に、
ハーフタイムに26名、試合が終わり少し経つ頃には28名へと増えていった。
By the time they started the game it was 24,
by half time it was 26, and it reached 28 soon after it was over.


そんな状況で、彼らは試合を開催するべきだったか。
You’d ask, then, whether they should have even been playing.

あなたは疑問に思っただろう。ラグビー協会はそのことを日曜早朝に話し合い、
And World Rugby had exactly that conversation early on Sunday morning.

日本人の組織委員に判断を委ねることを決定した。
They decided they had to defer to the Japanese members of the local organising committee.

なぜこんな状況でスポーツをするのか。なぜスポーツを見るのか。
Why play sport, why watch it,

未だに多くの人が行方不明で、
while there were still so many people missing,

堤防は壊れ、川は溢れ、
when the levees are broken and the rivers are overflowing,

会場の横浜から東へ16マイルしか離れていない川崎では100万人が避難し、
when, in Kawasaki, 16 miles to the east of Yokohama,

almost a million people had been evacuated in the night,

30マイル北に位置する相模原では、
and in Sagamihara, 30 miles to the north,

土砂災害でなくなった人の、正確な数さえ把握できていない状況で。
they were still counting how many had died in a mudslide that wiped out a street of houses.


災害への一種の清涼剤としてかも、もしかすると、日常を取り戻すためかも、
For distraction, perhaps, and as a way of reclaiming some normality,

台風に対する挑戦かもしれない。いや、それ以上、「私たちは今生きていて、
少なくとも今ここにあるものは楽しむことを決意した」
と言う極めて重要な意思表示の1つとしてかもしれない。
彼らは試合の開催を決めた。
as an act of defiance, even, a vital sign that we, at least,
are alive and determined to enjoy what we’ve got.


ホスト国としてのプライドもあっただろうが、会議に出席した委員会幹部は、
The hosts were driven by their sense of pride, too,
but, according to an executive who was in on the meeting,

「世界に向けて、自分たちはできると言うことを証明したい」というのが、
開催を決定した最たる理由だと、繰り返し主張した。
the main reason, the one the Japanese officials kept coming back to,
was that they wanted to prove to the world that they could do it.


この会場の被害が甚大でなかった理由の一つは、鶴見川から溢れ出す水を、
建物の下へと流す貯水設備の上にスタジアムが建っているからだった。
One of the reasons that the damage wasn’t worse here in Yokohama was that the stadium
has been built in the middle of the flood basin that takes the overflow from the Tsurumi river.

スタジアム自体が街の災害対策設備の支柱なのだ。
It’s built on stilts, to let the water run underneath.

そしてこの試合で、日産スタジアムは、街の『精神的』支柱にもなった。
So the stadium is physically part of the city’s flood defences.
And now it is spiritually part of them, too.


組織委員たちは、台風が去ったら一刻も早く動き出せるよう、
土曜の夜はスタジアムに泊まり込んだ。
Officials slept in the stadium on Saturday night, while the typhoon blew outside,
so they could start assessing the damage the minute it stopped.

明け方には整備班が現地入りし更衣室から水を吸い出し、
At dawn the repair crews came in, and started pumping the floodwater out of the dressing room,
where it was an inch deep,

消防隊は全ての機械設備の点検を3度行い
while the fire-service triple-checked all the electrics.

、ピッチに流れ込んだ泥やゴミをホースで一掃した。
Later they hosed down the pitch, to clear off the mud and debris.


同時に、組織委員会は政府や地方自治体と協力し、水道局、道路局、
Meanwhile the organising committee were coordinating with the government and regional authorities,
with all three emergency services, the water authorities,

バス会社や鉄道会社などの各種交通機関と連絡を取り、複雑な課題を解決していった。
the road authorities, the train and bus companies,
trying to untangle a cat’s cradle of complications.


日本では、このワールドカップにおける『おもてなし』とは何か、と言う議論が活発になされてきた。
In Japan all the talk has been about how this World Cup is about omotenashi, Japanese hospitality.

私も正確に翻訳することはできないが、この国で4週間を過ごして、漠然とだが理解したかもしれない。
The word doesn’t exactly translate, but,
in the sketchy understanding I have of it after four weeks here,

それは、客人を喜ばせるために全力を、いや、何かそれ以上を尽くすということだ。
it’s about doing more than your very best to please your guest.

しかし、彼らの『おもてなし』は、私たちの予想をはるかに上回っていた。
But this was several steps further again, well beyond what anyone could have expected.

試合前、多くの人が全くの勘違いをしていたのは、そのせいかもしれない。
Which might be why so many people got it all so wrong in the days before the match.

「日本人はみんな、この試合が中止になり、
Why they imagined that Japan wanted to have this match cancelled,

過去に勝利したことのないスコットランドとポイントを分け合うことを望んでいる」という勘違いを。
that they would rather have been awarded the draw than face the Scots,
a team against whom they had only ever lost.

中には、「日本は故意にスコットランドの妨害をしている」と言う、壮大な陰謀論を唱える者までいた。
They even suggested it was all part of some grand conspiracy to hobble the Scots.

スコットランドラグビー協会の最高責任者、マーク・ドッドソンも、完全な勘違いをしていた。
The chief executive of the Scottish Rugby Union, Mark Dodson, got it all wrong too.

怒りに任せて、『巻き添え被害』(ポイントを分け合うこと)に合えば法的措置を検討しているなどと口を滑らせた。
Dodson let fly about how the SRU had taken legal advice,
raged how he wasn’t going to let his team be “collateral damage”.

これは、日本人たちがどう覚悟を決めたかのプロセスに対する、恥ずべきミスリーディングだ。
It was an embarrassingly wild misreading of what’s been going on here,
of the mood among the Japanese, and how determined they were to play, and to win, this game.


黙祷に続いて、日本の国歌、君が代が流れた。
That silence gave way to the Japanese national anthem, Kimigayo.

日本人はこの国歌に複雑な思いを抱いており、
They have a complicated relationship with the song in Japan.

歌わない人もいる。
There are a lot of people who prefer not to sing it.

そのため大会中、ファンたちに国歌斉唱を促すキャンペーンが開かれている。
この日、会場の多くの人が参加した国歌斉唱は、感動的で、荘厳だった。
Which is why, during this tournament,
they have been running a campaign encouraging the fans to join in with it.

選手を鼓舞する歌声が大きくなり、街中に響き渡るほど広がっていった。
Tens of thousands did here, a stirring, solemn rendition that seemed to swell louder
and louder until it echoed all around the city.

あの瞬間、あなたは思い知っただろう、スコットランドが対面しているのは、
And you knew then that Scotland were done for, that they were up
against a team who were being driven by powerful forces,

ラグビー文化を持たない極東の島国ではなく、強大なサポーターを持つ、
己の真価を世界に証明しようと言う覚悟の決まったチームだということを。
far beyond anything they had to muster themselves, a team who,
like their country, were determined to prove to everyone that they could.

前半の30分間、日本は魔法のような、激しく、獰猛で、集中したラグビーを見せた。
次に対戦する南アフリカも含め、トーナメントに残った、
全てのチームを凌駕するほどの。
In that first half Japan unleashed a 30-minute spell of rugby of such ferocity,
such focus, and intent, it would have cut apart any team in the tournament,
including South Africa, who they will play on Sunday.

スコットランドも善戦したが、より頑強で、より鋭く、より俊敏であった日本に、完全に圧倒された。
Scotland play a fast game themselves, but they were out-matched here,
and utterly overwhelmed, by a team who were fitter, sharper, quicker.

その後スコットランドはぼろぼろになり、彼らの名誉にかけて、彼らは彼らのやり方で反撃した。
Scotland were in tatters after that, and it was to their credit that they fought back the way they did.


日本のラグビーファンたちは、今なら何だってできる、どこが相手だって倒せると信じているだろう。
そして、日曜日の夜に彼らが偉業を成し遂げた今、日本人だけではなく世界中の誰しもが、同じように思っている。
As for the Japanese fans, they all seem to believe that anything is possible now,
and after what happened this Sunday evening, who would ever say otherwise.




ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1764-76a62db5

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
19位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる