Powered By 画RSS 多言語歌詞(multilingual lyrics) |ビョルン・ロンボルグ「気候変動:警戒するべきは何か?」
FC2ブログ

Entries

ビョルン・ロンボルグ「気候変動:警戒するべきは何か?」

En:(grammar)



気候変動:警戒するべきは何か?
Climate Change: What's So Alarming?

ビョルン・ロンボルグ
Bjorn Lomborg

デンマークの政治学者。現在はコペンハーゲンビジネススクールの非常勤教授、コペンハーゲン環境評価研究所の前所長。
『環境危機をあおってはいけない―地球環境のホントの実態』(原題: The Skeptical Environmentalist)の著者。











炭素の排出量は増加しており、ほとんどの科学者が予測したよりも速くなっています。
Carbons emissions are rising—and faster than most scientists predicted.


しかし、多くの気候変動警告者は、すべての気候変動が予想よりも悪いと主張しているようです。
But many climate-change alarmists seem to claim that all climate change is worse than expected.

これは、データの多くが実際に予想以上に励みになることを無視しています。
This ignores that much of the data is actually more encouraging than expected.


はい、北極海の氷は予想よりも速く溶けています。
Yes, Arctic sea ice is melting faster than the models expected.

しかし、モデルはまた、南極の海氷が減少すると予測しましたが、南極の海氷は増加しています。
But models also predicted that Antarctic sea ice would decrease, yet Antarctic sea ice is increasing.


はい、海面は上昇していますが、上昇は加速していません、どちらかといえば、
Yes, sea levels are rising, but the rise is not accelerating—if anything,

2014年1月に発行された中国の科学者による最近の2つの論文、
two recent papers, one by Chinese scientists published in January 2014,

2013年5月に公開された米国の科学者による他の論文では、
and the other by U.S. scientists published in May 2013,

海面上昇率のわずかな低下が示されています。
have shown a small decline in the rate of sea-level increase.


干ばつが増えているとよく言われますが、
We are often being told that we’re seeing more and more droughts,

2014年3月にネイチャー誌に発表された研究では、
but a study published in March 2014 in the journal Nature actually

1982年以降干ばつに苦しんでいる世界の表面の減少が実際に示されています。
shows a decrease in the world’s surface that has been afflicted by droughts since 1982.


このような事実は重要です、
Facts like these are important

最悪のケースに一方的に焦点を当てることは、健全な政策の貧弱な基盤だからです。
because a one-sided focus on worst-case stories is a poor foundation for sound policies.



ハリケーンは、物事が悪化する例として同様に使用されます。
Hurricanes are likewise used as an example of things getting worse.

しかし、米国を見ると、統計が最も優れています。
But look at the U.S., where we have the best statistics:

人口と富を調整すると、
if we adjust for population and wealth,

1900〜2013年のハリケーンによる被害は実際にはわずかに減少しました。
hurricane damage during the period of 1900-2013 actually decreased slightly.



2014年12月にペルーのリマで開催された国連気候変動会議で、
At the U.N. climate conference in Lima, Peru in December 2014

参加者は、会議中にフィリピンを襲った台風ハグピットのような暴風による
将来の被害を避けるために炭素排出量を削減すべきであると告げられ、
attendees were told that their countries should cut carbon emissions
to avoid future damage from storms like Typhoon Hagupit,
which hit the Philippines during the conference,

少なくとも21人が死亡し、 避難所に100万人が押し込まれました。
killing at least 21 people and forcing more than a million into shelters.


Journal of Climateが2012年に発表した調査によると、
フィリピン周辺の強い台風の傾向は1950年以降実際に減少しています。
Yet the trend for strong typhoons around the Philippines have actually declined since 1950,
according to a study published in 2012 by the Journal of Climate.


繰り返しますが、すべてのものが悪化していると言われていますが、事実はこれをサポートしていません。
Again, we’re told that all things are getting worse, but the facts don’t support this.


これは、地球温暖化が現実のものでも問題でもないことを意味するものではありませんが、
一方的な警戒心の物語は私たちに焦点を失います。
This does not mean that global warming is not real, or a problem,
but the one-sided story of alarmism makes us lose focus.

自然災害で最も脅威にさらされている世界の貧しい人々を支援したいのであれば、
貧困から抜け出すことよりも二酸化炭素排出量を削減することの方が重要です。
If we want to help the world’s poor, who are the most threatened by natural disasters,
it’s less about cutting carbon emissions than it is about pulling them out of poverty.


これを確認する最良の方法は、自然災害による世界の死を時系列で見ることです。
The best way to see this is to look at the world’s deaths from natural disasters over time.

オックスフォード大学の洪水、極端な気温、干ばつ、
暴風雨による死亡率のデータベースでは、
In the Oxford University database for death rates from floods,
extreme temperatures, droughts, and storms,

前世紀の最初の部分の平均は、
100万人あたり毎年130人以上でした。
the average in the first part of last century,
was more than 130 dead every year per million people.


それ以来、死亡率は97パーセント低下し、2010年代には100万分の4未満という新たな最低値に達しました。
Since then, the death rates have dropped 97 percent to a new low in the 2010s of less than 4 per million.


劇的な減少は主に、国家が大惨事に耐えるのを助ける経済発展によるものです。
The dramatic decline is mostly due to economic developments that help nations withstand catastrophes.

あなたがフロリダにいるような裕福な人なら、
If you’re rich like Florida,

大きなハリケーンは高価な建物に多くの損害を与えるかもしれませんが、
それは少数の人々を殺し、経済的生産の一時的なへこみを引き起こします。
a major hurricane might cause plenty of damage to expensive buildings,
but it kills few people and causes only a temporary dent in economic output.


同様のハリケーンがフィリピンやグアテマラのような貧しい国を襲った場合、
If a similar hurricane hits a poorer country like the Philippines or Guatemala,

それはより多くの人々を殺し、経済を破壊する可能性があります。
it kills many more people and can devastate the economy.


はっきりさせましょう。 気候変動は「私たちが思ったより悪い」ということではありません。
So let’s be clear. Climate change is not “worse than we thought.”

それが現実でも問題でもないという意味ではありません。 そうです。
That doesn’t mean it’s not a reality or not a problem. It is.


しかし、世界の気候が悪い状態から悪い状態に変化しているという物語は、
賢明な解決策に集中するのを妨げる助けにならない警戒心です。
But the narrative that the world’s climate is changing
from bad to worse is unhelpful alarmism that prevents us from focusing on smart solutions.


善意の環境保護主義者は、
A well-meaning environmentalist might argue that,

気候変動は現実であるため、
because climate change is a reality,

レトリックを強化し、悪いニュースに焦点を合わせて、
国民がその重要性を確実に理解できるようにすると主張するかもしれません。
why not ramp up the rhetoric and focus on the bad news
to make sure the public understands its importance?

しかし、それはまさに私たちが過去20年間行ってきたことです。
But that’s exactly what we’ve done for the past 20 years.


それでも、劇的な見出し、終末論的なドキュメンタリー、
年次気候サミットにもかかわらず、
Yet despite dramatic headlines, apocalyptic documentaries and annual climate summits,

特にインド、中国、多くのアフリカ諸国のような急速に発展している国では、
炭素排出量は増え続けています。
carbon emissions continue to rise, especially in rapidly developing countries like India,
China and many African nations.


警戒心は、風力発電所とソーラーパネルを助成することにより、
炭素排出を削減しようとする一方的な気候政策の追求を奨励しています。
Alarmism has encouraged the pursuit of a one-sided climate policy of trying
to cut carbon emissions by subsidizing wind farms and solar panels.

しかし、今日、国際エネルギー機関によると、
世界のエネルギー消費の約0.4パーセントのみが太陽光発電と風車から来ています。
Yet today, according to the International Energy Agency,
only about 0.4 percent of global energy consumption comes from solar photovoltaics and windmills.


また、風力と太陽光の将来の展開について非常に楽観的な仮定を置いていても、
And even with exceptionally optimistic assumptions about future deployment of wind and solar,

国際エネルギー機関は、これらのエネルギー形態が
2040年までに世界のエネルギーのごくわずか2.2%を供給すると予想しています。
the International Energy Agency expects that these energy forms
will provide a minuscule 2.2 percent of the world’s energy by 2040.


言い換えれば、少なくとも今後20年間は、太陽光と風力エネルギーは、
気候変動にほとんど影響を与えない、単に高価で快適な手段です。
In other words, for at least the next two decades,
solar and wind energy are simply expensive,
feel-good measures that will have an imperceptible climate impact.

代わりに、グリーンエネルギーの研究開発への投資に重点を置いてコストを削減する必要があります。
そのため、中国やインドを含め、誰もがそれを望むでしょう。
Instead, we should focus on investing in research
and development of green energy to lower its costs,
so everyone will want it, including China and India.



賢明な選択を行い、実際に気候変動の修正に役立つ適切な気候政策を選択するためには、
よりバランスのとれた気候の会話が緊急に必要です。
We urgently need a more balanced climate conversation if we are to make sensible choices
and pick the right climate policy that can actually help fix climate change.


コペンハーゲン・コンセンサスセンターの社長であるビヨン・ロンボルグです。
I’m Bjorn Lomborg, president of the Copenhagen Consensus Center.




ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1757-3665469d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
19位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる