Powered By 画RSS 多言語歌詞(multilingual lyrics) |グレタ・トゥーンベリの大西洋横断に関するよくある質問 2019/8/10
FC2ブログ

Entries

グレタ・トゥーンベリの大西洋横断に関するよくある質問 2019/8/10

En:(grammar)


グレタ・トゥーンベリの大西洋横断に関するよくある質問
Frequently Asked Questions on the transat with Greta Thunberg

10. August 2019

https://www.borisherrmannracing.com/news/frequently-asked-questions-on-the-transat-with-greta-thunberg/

【気候変動】少女革命グレタ・トゥーンベリまとめ【スウェーデンのゆたぼん】










チーム・マリツィアは、グレタ・トゥーンベリ、父親のスヴァンテ・トゥーンベリ、
映画製作者のネイサングロスマン、チーム・マリツィア・ピエールカシラギの創設者であり、
船長のヨット・マリツィアIIのスキッパーボリスヘルマンとの大西洋横断について、多くの質問を受けています。
Team Malizia has been receiving a number of questions regarding the upcoming Atlantic crossing with Greta Thunberg, her father Svante Thunberg, filmmaker Nathan Grossman, founder of Team Malizia Pierre Casiraghi and skipper Boris Herrmann on board racing sailboat Malizia II.


以下に、この交差を考慮して行われた多くの質問のいくつかを見つけることができます。
Below you can find some of the many questions that have been asked in view of this crossing.



チーム・マリツィアは環境保護にどのように関与していますか?
How is Team Malizia involved in environmental protection?



チーム・マリツィアおよび関連するマリツィア・オーシャン・チャレンジは、セーリング、科学、教育という3つの主要な柱に基づいています。
Team Malizia and its associated Malizia Ocean Challenge is based on three main pillars: sailing, science and education.

すべての航海旅行とレース中、海洋研究に積極的に貢献し、船内の実験室で海洋CO2およびその他の海面データを測定することにより、
海洋環境に対する気候変動の影響を研究しています。
During all our sailing trips and races, we contribute actively to ocean research and study the impact of climate change
on marine environments by measuring ocean CO2 and other sea surface data with our on-board laboratory.

結果は公開され、科学者に公開され、公開されています。
The results are published, made available to scientists and are public.

これに関連して、私たちは毎年数千人の学童を対象とした大規模で適切に構成された教育プログラムを実施し、
環境および海洋保護の重要性、大気および世界の海洋における二酸化炭素の影響に注意を向けています。
In this context, we run an extensive and well-structured education programme engaging thousands of school children every year
and drawing attention to the importance of environmental and ocean protection,
the impact of carbon dioxide in the atmosphere and the world's oceans.

チーム・マリツィアは最近、国連主導の「気候行動スポーツ」に参加し、
環境への責任、気候への影響の軽減、積極的な気候保護に関するチームの真剣な取り組みを改めて証明しました。
Team Malizia have recently joined the UN-initiative “Sports for Climate Action” proving once more the team's serious commitment when it comes to environmental responsibility, reducing climate impact and active climate protection.

最後に、中古のヨットをリサイクルし、プラスチックの使用を避け、完全にペーパーレスのキャンペーンを実施します。
Finally, we recycle our used sails, avoid using plastic and run a completely paperless campaign.

チームの[*カーボンフットプリント]評価を処理しました。現在検証中であり、今後公開されます。
*二酸化炭素などの温室効果ガスの出所を調べて把握すること。炭素の足跡。
We have processed a carbon footprint assessment of our team, which is currently being verified and will be subsequently published.



チーム・マリツィアは横断中にボートのエンジンを使用する予定ですか?
Is Team Malizia going to use the boat's engine during the crossing?



マリツィアは、IMOCAクラスルール2019 V.1.1、番号C.6.1(a)に従って、非常用燃焼エンジンを搭載しています。
Malizia carries an emergency combustion engine on board in accordance with the IMOCA Class Rule 2019 V.1.1, number C.6.1 (a):

「モーター[…]を恒久的に設置し、ボートに恒久的に取り付け、移動させないものとします」
“A motor […] shall be permanently installed, permanently attached to the boat and not moved”.

これは、国際モノハル・オープン・クラス協会(IMOCA)が規定する安全対策です。
This is a safety measure prescribed by the International Monohull Open Class Association (IMOCA).

通常の季節には、エンジンを最小限の範囲でのみ使用します。つまり、ドックとマリーナに安全に近づいて出発するためです。
During the normal season we use the engine only to a minimum extent, namely, to safely approach and leave the dock and marinas.

現在、グレタの大西洋横断旅行では、持続可能性と環境保護に関するグレタのチームマリジアのメッセージと一致するように、
エンジンはまったく使用されません。
Now, for Greta's transatlantic trip, the engine will not be used at all so as to be consistent with Greta's as well
as Team Malizia's message of sustainability and environmental protection.

実際には、エンジンは(大西洋)横断に向けて出発する前に公式に封印されます。
In fact, the engine will be officially sealed before setting off for the crossing.

エンジンは常にオフのままですが、IMOCAクラスルールを尊重するために、
緊急事態が発生した場合に完全に動作し、使用できる状態を維持します。
Although the engine will stay turned off at all times,
it will remain fully operational and ready to use in case of an emergency situation, in order to respect the IMOCA Class Rule.

乗組員とボートの安全性は、私たちにとって常に最も重要です。
The safety of crew and boat is always of prime importance for us.



マリツィア IIには、(大西洋)横断中に他の支援船が同伴しますか?
Will Malizia II be accompanied by other support vessels during the crossing?



渡航中、私たちと一緒に旅行したり、海に同行する支援船はありません。
We will not have any support vessels travelling with us or accompanying us at sea during the crossing.

開始および終了時には、電気エンジンを搭載したTorqeedo RIBを使用して、
ドッキング操作中に支援したり、マリツィアを出港して港に戻したりします。
At the start and finish, we will have Torqeedo RIBs powered by electric engines to assist us during docking manoeuvres
as well as to tow Malizia out of and back into port.

マリツィアの巡航速度は16ノットを大きく上回り、イギリスからニューヨークまでの距離は3000海里を超え、
北大西洋の海域で2週間以上ノンストップで航行します。
動力船が私たちと一緒に旅行することは難しいですが不可能ではありません。
Malizia's cruising speed is well above 16 knots, the distance from the UK to New York is over 3000 nautical miles long
and we will be sailing non-stop over two weeks time in the sea area of the North Atlantic Ocean,
making it very difficult if not impossible for a power-driven vessel to travel with us.



生成されたすべてのボートのシステムを実行するには、どのように電気が必要ですか?
How is the electricity needed to run all the boat's systems generated?



マリツィアには、最先端の1,3kWソーラーシステム(詳細についてはこちらを参照)と、
船尾に恒久的に設置され、IMOCA 60向けに特別に設計された2つの水力発電機が装備されています。
Malizia is equipped with a state-of-the-art 1,3kW solar system (see here for more information)
and additionally with two hydro-generators, which are permanently installed
on the stern of the boat and were specifically designed for IMOCA 60s.

これら2つの独立したシステムにより、実際に必要な電力よりも多くの電力を生成します。
With these two independently working systems, we generate more electricity than we actually need on board.

両方のエネルギー源により、航海計器、自動操縦装置、水メーカー、SubCtech海洋研究所など、
すべてのシステムと電子機器を継続的に搭載することができます。
Both energy sources allow us to run all the systems and electronics on board continuously
– navigation instruments, autopilots, watermakers as well as our SubCtech ocean laboratory.

そのため、大西洋横断旅行を完全に無排出で完了することができます。
So, we will be able to complete the transatlantic trip fully emission free.



チーム・マリツィアは、特にグレタを乗船させるための財政的支援を受けていますか?
Has Team Malizia received financial support particularly for taking Greta on board?



チーム・マリツィアとしては、大西洋横断を行うための追加資金を受け取っておらず、
グレタにチームを含めて支払いを依頼していません。
We as Team Malizia have not received any additional funding to do the transatlantic crossing
and we have not asked Greta including her team to pay for it.

私たちは、化石燃料を使用せずに英国からニューヨークへの航海サービスを提供し、
この大西洋横断旅行に時間と注意を捧げることに決めました。
We have decided to offer our services sailing from the UK to New York without use of fossil fuels
and dedicate our time and attention to this transatlantic trip.

私たちはグレタの原因とメッセージを完全にサポートします。
We fully support Greta's cause and message.

チーム・マリツィアは比較的小さなチームで、5〜8人のスペシャリストがさまざまなレース期間でフルタイムで働いており、
IMOCAクラスでは小さな予算の1つがあります。
Team Malizia are a relatively small team with 5 to 8 specialists working full time at different race periods
and we have one of the smaller budgets in the IMOCA class.

また、チーム・マリツィアは、2016年にドイツの所有者が中古品として購入したマリザII、
IMOCA 60というドイツの登録ボートをリースしていることに注意する必要があります。
Additionally, it has to be noted that Team Malizia lease the German-registered boat named Malizia II,
an IMOCA 60, which has been purchased 2nd hand by a German owner back in 2016.


ボートはもともと2015年にフランスのヴァンヌにあるMultiplastによって建造されました。
The boat was originally built in 2015 by Multiplast in Vannes / France.



グレタが60フィートのカーボン・ファイバー・レーシン・グヨットに乗船することを考えると、大西洋横断は本当にゼロカーボンですか?
Is the transatlantic crossing really zero carbon, given that Greta will be sailing on board a 60ft carbon fibre racing sailboat?



フランスの大手航海雑誌Voiles et Voiliersは、最近IMOCA 60を構築する際の環境への影響について
MultiplastボートヤードとCDK Technologiesのトップに尋ねました。
The leading French sailing magazine Voiles et Voiliers has recently asked the heads of Multiplast
boatyard and CDK Technologies about the environmental impact when building an IMOCA 60.

この種のレースボートを組み立てるには、3トンのカーボンファイバー、
船体とデッキ用の型、多くの建設資材とさまざまな樹脂(建設プロセス中に120°で焼いた)が必要です。
To build this type of race boat, 3 tons of carbon fibre, moulds for hull and deck,
a number of construction materials and various resins (baked at 120° during the construction process) are needed.

両方のボートヤードは、ボートの建設中に生じる、議論の余地のない環境への影響を十分に認識しているため、
持続可能な建築プロセスを非常に重視しています。
Both boatyards are well aware of the resulting and indisputable environmental impact during boat construction
and therefore attach great importance on a sustainable building process:

金型はリサイクルされた乾燥炭素繊維で構築され、複数の新しいボートの船体とデッキの構築に再利用されます。1つだけではなく、
古い炭素繊維材料は粉末になり、さらなる建設のために樹脂に再利用されます。
ボート建造分野での持続可能な開発、特に天然繊維の使用を継続的に追求しています。
Moulds are built with recycled dry carbon fibre and reused for building the hulls and decks of several new boats
– not just one, old carbon fibre material is turned into powder and reused in resins for further construction,
all sorts of construction materials are recycled and reused on new boats, in addition to continually
pursuing sustainable developments in the boat building domain, notably the use of natural fibres.

最終的に、IMOCAは一度建設されると風で動作し、1マイルごとの二酸化炭素排出量を削減します。
In the end, once constructed, an IMOCA works with the wind, reducing its carbon footprint with every mile sailed.



マリツィア IIは、今後の大西洋横断旅行のために特別に変更されていますか?
Has Malizia II been specifically modified for the upcoming transatlantic trip?



マリツィアの内部は非常にむき出しで、高速オフショアレース向けに完全に最適化されています。
The interior of Malizia is very bare and fully optimised for high-speed offshore racing.

これには、ボートとそのすべての機器の重量を最小限に抑えることが含まれます。
This includes keeping the weight of the boat and all its equipment down to a minimum.

ニューヨークへの旅行に関しては、寝台の前にカーテンを取り付け、
寝心地を良くするために快適なマットレスを追加する以外、大きな変更は行っていません。
We have made no major alterations in view of the trip to New York except for fitting curtains in front of the bunk
as well as adding comfortable mattresses for better sleeping.

トイレ、固定シャワー、調理設備、適切なベッドはありません。
Note that there are no toilet, fixed shower, cooking facilities and proper beds.

ボートの内部は快適さの欠如によって特徴付けられます。
The boat's interior is characterised by lack of comfort.

グレタと彼女のチームは、船上で期待される生活条件を完全に認識しています。
Greta and her team are fully aware of the living conditions to be expected on board.



大西洋横断はチーム・マリツィアにとって、どの程度安全ですか?
How safe is the Atlantic crossing with Team Malizia?



まず、マリツィアはチームの創設者であり経験豊富な船乗りのピエール・カシラギと、世界を3回航海し、
訓練航路やトランザスレースを含む数え切れない大西洋横断を完了したプロの世界クラスの船乗り
ボリスヘルマンにスキップされます マリツィアに乗って。
First of all, Malizia will be skippered by team founder and experienced sailor Pierre Casiraghi and professional,
world-class sailor Boris Herrmann, who has already sailed around the world three times
and has completed countless transatlantic crossings, including training passages as well as transat races on board Malizia.


グレタと乗組員との横断の全時間を通じて、陸上からの24時間の旅を一緒に監視し、
最も経験豊富で準備の整った海岸支援チームの一部を迎えます。
During the entire time of the crossing with Greta and the crew, we will be having some of the most experienced
and best prepared shore support teams accompanying and monitoring the journey around the clock from land.

旅行に関わるすべての人とチームは、何ヶ月もの間最大限の注意と注意を払って横断を計画しています。
All persons and teams involved in the trip have been planning the crossing for many months with utmost care and attention.

マリツィアは、IMOCAクラスに正式に登録されており、厳密なIMOCAクラスルールに従って運営されている、
完全装備の完全に維持された安全で信頼できるレーシングボートです。
Malizia is a fully-equipped, perfectly maintained, safe and reliable racing boat,
which is officially registered in the IMOCA class and consequently operates in accordance with the strict IMOCA Class Rules.

今シーズンの初めに、クラスガイドラインで規定されているように、艇はその構造全体、
リギング、付録、および搭載コンポーネントの厳密かつ広範囲なテストを受けました。
Earlier this season, the boat underwent rigorous and extensive testing of its entire structure,
rigging, appendices and on-board components as prescribed by the class guidelines.


グレタの食事は機内でどのように見えますか?
How will Greta's meals look like on board?


グレタは、ボートでさまざまな凍結乾燥および真空パックされたビーガンミールを食べます。
これは、あらゆる努力で最小限の労力と最小限のエネルギー消費で準備できます。
Greta will be eating a variety of freeze-dried and vacuum-packed vegan meals on the boat,
which can be prepared in all weather conditions with minimum effort and minimum use of energy.



マリツィアとグレタの旅行を追跡できますか?
Will we be able to follow Malizia and Greta's trip?

はい、両方のウェブサイトからライブ追跡をライブで追跡できます。ライブトラッカーは、途中で他の多くの情報を提供します。
Yes you will be able to follow the trip live from both our websites, on a live tracker which will give you lots of other information along the way.




ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1756-0346ff5c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
19位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる