Powered By 画RSS 多言語歌詞(multilingual lyrics) |リチャード・リンズン「気候変動: 科学者はどう考えているか」
FC2ブログ

Entries

リチャード・リンズン「気候変動: 科学者はどう考えているか」

En:(grammar)



気候変動: 科学者はどう考えているか
Climate Change: What Do Scientists Say?

リチャード・リンズン
Richard Lindzen









私は大気物理学者です。
I'm an atmospheric physicist.

私は200以上の学術論文を発表してきました。
I've published more than 200 scientific papers.

30年以上、私はMITで教えていましたが、
For 30 years I taught at MIT,

その間の気候変動は非常にわずかでした。
during which time the climate has changed remarkably little.

しかし「地球温暖化」の叫びははるかに激しくなっており、
But the cry of “global warming” has grown ever more shrill.

実際には気候変動が小さくなればなるほど、
In fact, it seems that the less the climate changes,

気候のことを騒ぎ立てる人の声が大きくなっているようです。
the louder the voices of the climate alarmists get.

それでは皆さんの誤解を解き、
So, let's clear the air and create a more accurate picture of where

温暖化あるいは今は「気候変動」と呼ばれている問題で、
私たちが実際にどのような立場にあるかについて、もっと正確に説明してみましょう。
we really stand on the issue of global warming or,
as it is now called—“climate change.”


この問題に携(タズサ)わっている人々には基本的に3つのグループがあります。
There are basically three groups of people dealing with this issue.

第1と第2のグループは科学者です。
Groups one and two are scientists.

第3のグループの殆どは政治家と、
Group three consists mostly, at its core, of politicians,

環境保護主義者とメディアです。
environmentalists and the media.


第1グループは国連の気候変動に関する国際パネル、
Group one is associated with the scientific part of the United Nation's International Panel

つまりIPCC(第1作業部会)と結びついています。
on Climate Change or IPCC (Working Group 1).

これらの科学者は大部分が最近の気候変動は主に人間が化石燃料、
つまり石油、石炭、そして天然ガスを燃やしているためであると信じています。
These are scientists who mostly believe that
recent climate change is primarily due to man's burning
of fossil fuels—oil, coal and natural gas.

これにより大気中にCO2、二酸化炭素が放出され、
やがては地球が危険なレベルまで温暖化すると信じています。
This releases C02, carbon dioxide, into the atmosphere and, they believe,
this might eventually dangerously heat the planet.

第2グループは、これを特に深刻な問題として見ていない科学者から構成されています。
Group two is made up of scientists who don't see this
as an especially serious problem.

私はこのグループに属しています。
This is the group I belong to.


私たちは通常、懐疑論者と呼ばれています。
We're usually referred to as skeptics.

私たちは気候変動には多くの理由があると指摘しており、
それには太陽、雲、海洋、地球の軌道の変動や他の無数の情報があります。
We note that there are many reasons why the climate changes—the sun, clouds, oceans,
the orbital variations of the earth, as well as a myriad of other inputs.

これらは全く理解されておらず、
None of these is fully understood,

CO2の放出が主要な原因であるという証拠はありません。
and there is no evidence that CO2 emissions are the dominant factor.


しかし、実際に両者の科学者グループには多くの意見の一致があります。
But actually there is much agreement between both groups of scientists.

そのような一致点は以下のようなものです。
The following are such points of agreement:

気候は常に変動している。
1)The climate is always changing.

CO2は温室効果ガスであり、それなしでは地球上の生命はあり得ないが、
大気に加えられるとある程度の温暖化をもたらす。
2) CO2 is a greenhouse gas without which life on earth is not possible,
but adding it to the atmosphere should lead to some warming.

大気中のCO2レベルは19世紀の小氷河期以来、増加している。
3) Atmospheric levels of CO2 have been increasing
since the end of the Little Ice Age in the 19th century.

この期間(過去2世紀)
4) Over this period (the past two centuries),

地球の平均気温はわずかに、そして不規則に上昇しており、
the global mean temperature has increased slightly

それは華氏1.8度、摂氏1度ぐらいだが、
and erratically by about 1.8 degrees Fahrenheit or one degree Celsius;

人間の温室効果ガスが影響を及ぼすほどであったのは、
1960年代以降でしかない。
but only since the 1960's have man's greenhouse emissions
been sufficient to play a role.

気候は複雑であるため、
5) Given the complexity of climate,

未来の平均気温やその影響について確信をもって予測することは不可能である。
no confident prediction about future global mean
temperature or its impact can be made.


IPCCは2007年の報告書で
「未来の気候の状態に対する長期的な予測は不可能である」と認めています。
The IPCC acknowledged in its own 2007 report that
“The long-term prediction of future climate states is not possible.”

もっとも重要なことは、化石燃料の燃焼が破滅を齎(モタラ)すという話は、
どちらのグループが断言してることでもないということです。
Most importantly, the scenario that the burning of fossil fuel leads
to catastrophe isn't part of what either group asserts.

ではなぜ多くの人が実際この問題について心配し、パニックに襲われているのでしょうか?
So why are so many people worried, indeed, panic stricken about this issue.

ここで出てくるのが第3グループ、つまり政治家、環境保護主義者、
そしてメディアです。
Here's where Group Three comes in—the politicians,
environmentalists, and media.


地球温暖化をことさら騒ぎ立てることで、彼らが欲しいものが、
他のどんな問題よりも手に入るのです。
Global warming alarmism provides them, more than any other issue,
with the things they most want:

政治家にとってそれは金と権力です。
For politicians it's money and power.

環境保護主義者にとってそれは自分たちの組織のための金であり、
For environmentalists it's money for their organizations

また人間が自然に影響する破壊的な勢力であるという考えに対する、
彼らの殆ど宗教的な傾倒に対する確証でもあります。
and confirmation of their near religious devotion to the idea that man is a
destructive force acting upon nature.

そしてメディアにとって、それは思想であり、金であり、見出し、
And for the media it's ideology, money, and headlines.

つまりは、この世の終わりという話を売り込むことなのです。
Doomsday scenarios sell.

一方これまで数十年以上、気候物理学者を除いて科学者たちは世の中の勢いに乗って
Meanwhile, over the last decade, scientists outside of climate physics
have jumped on the bandwagon,

ニキビからシリア内線に至るまで全てを地球温暖化のせいだと
論文を発表してきました。
publishing papers blaming global warming for everything
from acne to the Syrian civil war.

そして縁故資本主義者たちは、政府が気前よく提供する補助金をしきりに得ようとしてきたのです。
And crony capitalists have eagerly grabbed for the subsidies that governments have
so lavishly provided.

残念なことに第3グループがこの議論で勝利しつつあります、
Unfortunately, group three is winning the argument

なぜなら彼らが継続されるべき深刻な討論を消し去ってしまったからです。
because they have drowned out the serious debate that should be going on.

しかし、政治家、環境保護主義者、メディアが大金を浪費し、多くの人々を脅しても、
But while politicians, environmentalists and media
types can waste a lot of money and scare a lot of people,

真実を覆い隠すことができません。
they won't be able to bury the truth.

気候がそれに対する最終決定を下すことでしょう。
The climate will have the final word on that.

リチャード・リンズン。MITの大気科学科名誉教授。
I’m Richard Lindzen, emeritus professor of atmospheric sciences at MIT,

プレーガー大学のために。
for Prager University.







ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1753-6560a677

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
19位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる