Powered By 画RSS 多言語歌詞(multilingual lyrics) |news- もし日本が福島の放射能処理水を海に放出したとしてもそれは全くもってオーケーだ 2019/9/12 Forbes
FC2ブログ

Entries

news- もし日本が福島の放射能処理水を海に放出したとしてもそれは全くもってオーケーだ 2019/9/12 Forbes

En:(grammar)



もし日本が福島の放射能処理水を海に放出したとしてもそれは全くもってオーケーだ
It's Really OK If Japan Dumps Radioactive Fukushima Water Into The Ocean

Sep 12, 2019, 06:00am
Forbes. James Conca

ニュース一覧 List of News












今週初め、東京での記者懇談会において日本の原田義昭環境大臣は
「東京電力は動作不能となった福島原子力発電所の放射能処理水を
太平洋に放出しなければならないだろう」と記者たちに語った。
In a news briefing in Tokyo earlier this week, Japan's Minister of the Environment,
Yoshiaki Harada, told reporters that Tokyo Electric Power Company (TEPCO)
will have to dump radioactive water
from its crippled Fukushima nuclear power plants into the Pacific Ocean.


彼はそれは「たった一つの選択肢だ」とまで言ったが、これは実は事実である。
He went so far as to say it is “the only option”. Which is actually true.

東京電力には放射能処理水を貯蔵しておく余地が無いのである。
They just don't have any room left to store it.

そして放射能処理水を保存するというのはいずれにせよ間違った戦略である。
And storing it is the wrong strategy anyway.

東京電力は2011年に起きた東北大地震と津波によって原子炉設備が破壊されて以来、
燃料棒の溶融を防ぐために使われた後冷却パイプから出てきた汚染された冷却水
を2億5000万ガロン(9億5000万リットル)以上集積した。
TEPCO has collected more than 250 million gallons of contaminated water
from the cooling pipes used to keep fuel cores from melting
since the plant was destroyed by the Tohoku earthquake and tsunami in 2011.


妙な話だがこの水は海に入れてしまうことが実際には最上の取り扱いなのである。
The funny thing is that putting this water in the ocean is actually the best way to handle it.

そしてその理由はその水を汚染しているのは主としてトリチウムという、
あらゆる放射性物質の中で最も放射能が弱く、最も害が少ない物質だからである。
And that's because it's contaminated mainly with tritium, the least radioactive,
and least harmful, of all radioactive elements.

その他の放射性物質は全て化学処理によって貯蔵水から低レベルになるまで取り除かれている。
All of the other radioactive elements have been removed from the water
by chemical treatment down to low levels

そして貯蔵水中の他の放射性物質の総量は比較的少なく、
and the amount of other elements in the water is relatively small

ここまで希釈されたものが危機を引き起こす事は無いであろう。
and wouldn't pose a hazard, especially diluted to this level.


日本政府は最終決定を下すに先立って、専門家委員会からの報告を待ち望んでいる段階だったので、
The Japanese government awaits a report from an expert panel before making a final decision,

原田大臣の意見は彼独自のものであり
and quickly pointed out that Harada's opinion was his alone

政府としての決定を示すものではないと素早く言及した。
and did not indicate a policy decision.

東京電力は政府が決めたことは何であれ遵守するであろう。
TEPCO will abide by whatever the government decides.


グリーンピースのような批評家たちはいつも通り「原子力はみんな危険なのだ」と、
Critics, like Greenpeace, weighed in with the usual every-atom-is-dangerous

そして「この水は貯蔵されたまま永遠に面倒を見るべきである」と割り込んできた。
and this water should be stored and treated forever.

彼らはトリチウムの放射エネルギーと化学的物性を理解していないようだ。
They don't seem to understand the radiation and chemistry of tritium.

だが理解している人は少ないのだ。
But few do.

我々のようにきちんと理解している人間は「トリチウム混入水」を
Those of us who do understand have suggested slowly releasing the tritium-contaminated water

大体10年以上の期間に亘って太平洋に放出する事を提案してきた。
into the Pacific Ocean over about a ten-year period.

その水は施設内の1000個にも及ぶ良く知られた化学的手法を用いたタンク内に貯蔵されているのである。
The water is stored on-site in almost a thousand large tanks of known chemistry.


直感的に理解できるものではないが、これは非常に良いアイデアである。
Although not intuitive, this is a very good idea.

トリチウムとは緩やかな放射性をもった水素の同位元素である。
Tritium is the mildly radioactive isotope of hydrogen that has two neutrons and one proton,

これは2つのニュートロンと1つのプロトンからなっており、その放射性は非常に低いため、
それによって何か環境上の問題、人間への問題が起こることが無いのである。
with radioactivity so low that no environmental or human problems have ever come from it,

トリチウムが自然環境においてありふれた放射性物質であるにも関わらずである。
even though it is a common radioactive element in the environment.

核爆弾実験や原子力発電所においてと同様、
トリチウムは大気圏内生成過程によって自然に生成される。
Tritium is formed naturally by atmospheric processes as well as
in nuclear weapons testing and in nuclear power plants.


さあ、もう一度言おうじゃないか、トリチウムがかつて人間や自然環境に危機を運んできた事は無いのだ、
Let's say that again – no harm has ever come to humans or the environment from tritium,

例えどのような濃度であろうとどのような放射線量だろうと、とね。
no matter what the concentration or the dose.


トリチウムは強いて言えば超絶高レベル放射線量だと発癌性があると見られている。
Tritium is just assumed to be carcinogenic to humans at extremely high levels,

だがそれは仮設に基づいた主張に過ぎない。
although that claim is only hypothetical since adverse health effects

何故ならトリチウムによる健康を害する作用は人間や自然環境の中には見られないからである。
from tritium have never appeared in humans or in the environment.

研究室においてネズミを超絶ハイレベル放射線に当てた時のみ、
研究室の中においてのみ健康を害する効果が認められるに過ぎない。
Only laboratory studies on mice at extremely high levels have shown
any adverse health effects and even they were not fatal,

37,000,000 Bq /リットルの摂取を余儀なくされた後でも。
even after being forced to ingest 37,000,000 Bq/liter.



この(福島の)貯蔵水を海に流すことは疑いもなく貯蔵水を無くすベストな方法である。
Putting this water into the ocean is without doubt the best way to get rid of it.

貯蔵水を集積し、貯蔵する事は実際には人々、
Concentrating it and containerizing it actually causes

そして自然環境に対する潜在的危機の発生を高めるのである。
more of a potential hazard to people and the environment.

そしてそれはとても、とても高くつくものであるのに見返りはひとつも無い。
And is very very expensive with no benefit.


残念ながらいかなる種類であれ放射性物質を解き放つという考えは殆どの人々を縮み上がらせる。
Unfortunately, the idea of releasing radioactivity of any sort makes most people cringe.

だがそれこそが問題だ。「トリチウムは悪だ」というだけの認識、それは現実とは異なる。
But that's the problem, only the perception of tritium is bad, not the reality.

そして今の我々の(住む)「新しい反科学の世界」においては
こんな間違った考えが「為すべき正しい事は何か」を押しのけて支配し、
And in our new world of anti-science, such a wrong idea might rule over what is the right thing to do,

貴重な資源と時間を無駄にするのだ。
wasting precious resources and time.


トリチウムは非常に弱いベータ粒子を放出しますが、ベータ粒子は死んだ皮膚層によって簡単に止められます。
Tritium emits an incredibly weak beta particle that is easily stopped by our dead skin layer.

空気中ではわずか1/4インチです。
It only goes a quarter inch in air.

トリチウムの摂取でも何もしません。
Even ingestion of tritium doesn't do anything.

トリチウムで汚染された水の健康リスクは非常に低いので、
世界のすべての国は、それをどのような規制上の制限にすべきかを知りません。
The health risks of tritium-contaminated water are so low that
all the countries of the world have no idea what regulatory limits to put on it.


濃縮単位として1リットルあたりのベクレルを使用
Using Becquerel per liter as the concentration unit

(Bqは1秒あたり1つの核の崩壊です)、
(a Bq is a disintegration of a single nucleus per second),

米国は飲料水に740 Bq / Lを設定しています。
the United States has set 740 Bq/L for drinking water,

ただし、カナダには制限として7,000 Bq / Lがあります。
but Canada has 7,000 Bq/L as its limit.

スイスは10,000 Bq / L、オーストラリアはなんと76,103 Bq / Lに設定しました。
Switzerland set 10,000 Bq/L, and Australia a whopping 76,103 Bq/L.


しかし、これらの制限は薄い空気から取られただけです。
But these limits were just taken out of thin air.

彼らは健康に基づいていません。 彼らは簡単に達成できるため選ばれました。
They are not health-based. They were chosen because they were easy to achieve.

これらのレベルでも、またはこれらのレベルの100倍でも、有害という意味ではありません。
Meaning none of these levels, or a hundred times these levels, are harmful.


これはなぜですか?
Why is this the case?


水素は最小の原子であり、生体膜や細胞壁を含む微細な細孔を容易に通過します。
Hydrogen is the smallest of atom and easily gets through microscopic pores,
even biological membranes and cell walls.

化学的に水素であるトリチウムは、2つの水素原子と1つの酸素原子である水分子に含まれています。
Tritium, which is still hydrogen chemically,
can be found in water molecules, which are two hydrogen atoms and one oxygen atom.



トリチウムは、核内に2つの中性子があるため、通常の水素の3倍重いため、
Because tritium is three times heavier than normal hydrogen because of two neutrons in its nucleus,

トリチウムは水分子内の通常の水素に置き換わり、
tritium tends to replace normal hydrogen in water molecules,

体内および環境内のトリチウムを急速に希釈する傾向があります。
rapidly diluting any tritium in our bodies and in the environment.

トリチウムは、組織ではなく水の中にいるのが好きです。
Tritium likes to be in water, not in tissue.



私たちの体はほとんどが水素であり、それはほとんどが水中です。
Our bodies are mostly hydrogen, and that is mostly in water.

したがって、トリチウムの放射性半減期は12.3年ですが、
So while tritium's radioactive half-life is 12.3 years,

私たちの体内での生物学的半減期はわずか10日です。
its biological half-life in our bodies is only 10 days.

したがって、この弱い放射体を摂取しても、他のほとんどの摂取放射性核種と同じ効果はありません。
Therefore, ingestion of this weak emitter doesn't have the same effect as most other ingested radionuclides.


また、トリチウムからの非常に低エネルギーのベータが、
放射性核種とDNAなどの重要な分子との間の水、細胞壁、その他の物質を通過することも困難です。
It's also difficult for the extremely low-energy beta from tritium to get through the water,
cell walls and other materials in between the radionuclide and any critical molecule like DNA.

トリチウムからのゆっくりと移動するベータのエネルギーは、
主に非弾性衝突と制動放射効果によって他の分子の電子雲内に分散されます。
The energy in the slow-moving beta from tritium mostly gets dispersed
within the electron clouds of other molecules through inelastic collisions and the Bremsstrahlung effect.

これにより、ベータ放出の運動エネルギーが電磁的非イオン化エネルギーに変わります。
This turns the kinetic energy of the beta emission into electromagnetic non-ionizing energy.


最終的に、他の放射性核種とは異なり、トリチウムから大きな放射線量を得るのは不可能です。
In the end, it is impossible to get a significant radiation dose from tritium,
unlike any other radionuclide.

それは体から出て、あまりに速く希釈されます。
It exits the body and is diluted too quickly.


さらに重要なことは、大気中には自然のプロセスからのトリチウムが多く、
昔の核実験から残ったトリチウムがあり、
Even more important, there's more tritium in the atmosphere
from natural processes and that left over from old bomb testing,

商業用原子炉からこれまで以上に放出された、または放出されます。
than ever has been, or will be, released from commercial reactors.

宇宙線は毎年400万キュリー相当のトリチウムを生成します
Cosmic rays produce four million curies worth of tritium every year

(150,000,000,000,000,000 Bq)上層大気では、
(150,000,000,000,000,000 Bq) in the upper atmosphere,

その多くは地表水に降り注ぎ、最終的には飲み水になります。
much of which rains out into surface waters that we end up drinking.


海水中の典型的な宇宙線生成トリチウム濃度は約700 Bq / m3(19 pCi / L)で、
Typical cosmogenic tritium concentrations in seawater are

これらのほとんどの福島のタンクにあるものよりも高い。
about 700 Bq/m3 (19 pCi/L), greater than what is in most of these Fukushima tanks.


他の発生源からのこれらのトリチウムの量は、
These amounts of tritium from other sources are millions of times greater

福島のこれらのタンクからゆっくりと放出される量よりも数百万倍多い。
than what would be slowly released from these tanks at Fukushima.

これらの大規模なソースのいずれからも健康や環境への影響がなかったため、
Since there's been no health or environmental effects from any of these larger sources,

福島から海にこのような少量を投棄することに興奮するのは難しいです。
it's hard to get excited about dumping such a tiny amount from Fukushima into the ocean.


さらに、16,280,000,000,000,000,000,000 Bq(16×10^21)のカリウム40、
Besides, there are 16,280,000,000,000,000,000,000 Bq (16 sextillion) of potassium-40,

ルビジウム-87、およびすでに世界の海洋に存在する多くの放射性核種がある。
rubidium-87 and many more radionuclides already in the world's oceans.



とにかく、魚はこの福島の水が提供できる以上の天然の放射性物質を大量に泳いでいます。
So the fish are swimming in plenty of natural radioactive material anyway,
more than this Fukushima water could ever provide.



魚類および海洋生物の体内におけるトリチウムの半減期は人間の体内におけるそれよりも短く2日以下である。
The biological half-life of tritium in fish and marine life is even shorter than in humans, less than 2 days,

そして海水内におけるトリチウムの希釈は人々が体内に有意な量を摂取するには余りにも早いのである。
and the dilution in seawater is too rapid for any significant dose to get back to any people

何故ならトリチウムの物理的特性、化学的特性はそれが「食物連鎖において濃縮されない」
という事を意味しているからだ。食物連鎖の中で希釈されていくのである。
because the physical and chemical properties of tritium mean
it does not concentrate up the food chain - it dilutes up the food chain.


よって日本の漁業者はニュース的見地から(貯蔵水)放出という戦略を恐れているのだが
So while Japanese fishermen fear this strategy of release from a public relations perspective,

(放出したとしても)彼らが獲った魚は相変わらず食物放射線被曝という点では「なし」のままであろうし、
their fish will still test negative with respect to food radiation limits

彼らが市場に出荷するパックされた魚には相変わらず公式の「安全シール」が貼られている事だろう。
and their packaged fish sold at market would still carry the official 'safe' stickers.

いつものように、それはすべて知覚と恐怖に帰着します。
As usual, it all comes down to perception and fear.

科学者としての私たちはあなたに答えを与えることができますが、
We as scientists can give you the answers,

特に非科学者がこれらの決定を下すので、あなたが望むならそれらを無視することができます。
but you can ignore them if you want, especially since non-scientists make these decisions anyway.



福島におけるこの特殊な問題(貯蔵水問題)は本当に重要である。
This particular problem with Fukushima is really important

何故なら日本は2011年の地震以降止められてしまった沢山の原子炉をリスタートする必要があるからだ。
because Japan needs to restart most of their reactors that were shut down after the earthquake in 2011.

それらは地震や津波によって影響を受けて止まった訳ではない、
そして将来の地震や津波にも影響を受けないだろう。
They were not affected by the quake or the tsunami that followed, and wouldn't be by future ones.




原子力は地球温暖化に取り組むにあたって決定的に重要な意味を持つ。
Nuclear power is critical to addressing global warming,

日本の経済的沈滞に関しても重要であるのは論ずるまでもない。
not to mention the Japan's economic doldrums.

かつて日本は地球温暖化に対する戦いの最前線にいた。
Japan was once at the forefront in the fight against global warming

ところが今の日本の炭素放出量は飛躍的に上昇している。
but their carbon emissions have skyrocketed since the output

何故なら原子力で賄うはずだった電力が不必要に化石燃料由来のものに置き換えられてしまったからだ。
from their nuclear plants were unnecessarily replaced by fossil fuels.


科学者には意思決定を促す力など無いという事は私も理解している、
I understand that scientists have no decision-making power,

だが彼らの意見は絶対耳を傾けられるべきなのである。
but they really should be listened to.




ブログパーツ

スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1749-daeaf2c0

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
17位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる