Powered By 画RSS 多言語歌詞(multilingual lyrics) |タッカー・カールソン「不法移民 すべては権力のため」
FC2ブログ

Entries

タッカー・カールソン「不法移民 すべては権力のため」

En:(grammar)



不法移民 すべては権力のため
Illegal Immigration: It's About Power

タッカー・カールソン
Tucker Carlson.










私は最近、ドナルド・トランプ大統領の移民政策を非難する抗議者の一団を目撃しました。
I recently watched a group of protestors, most of them young, denouncing President Donald
Trump 's immigration policies.

ほとんどが若者で構成されるこの集団は、
メキシコ国旗を振りながら、スペイン語で「シ・セ・プエデ」(Yes, We Can、やればできる)
と叫んでいました。
They were waving Mexican flags and shouting: “¡Si, se puede!”—
”Yes, we can!”


現在、これは、国境の往来の自由を求める左派のスローガンとなっていますが、
This is now the rallying cry of the open-borders left,

昔からそうだったわけではありません。
but it wasn't always.


抗議集団の中の1人でもこのスローガンの由来を知っている人は
いるのだろうかと私は不思議に思っています。
In fact, I wondered if a single person at the protest knew where it came from.

このスローガンを最初に有名にしたのは、
統一農業労働者組合の創設者であるシーザー・チャベスで、50年前のことでした。
The slogan first became famous fifty years ago, thanks to Cesar Chavez.
He was the founder of the United Farm Workers union.


彼はまったく異なる意味で「シ・セ・プエデ」と叫んでいました。
When Chavez said “Si, se puede,” he meant something very different:

「国境を封鎖することは可能だ」と主張していたのです。
“Yes, we can… seal the borders.”

シーザー・チャベスは不法移民を憎んでいました。
Cesar Chavez hated illegal immigration.


彼は明らかにヒスパニックでまぎれもない左派でしたが、
メキシコ人の不法移民の侵入を食い止めるために戦いました。
He was Hispanic, obviously, and definitely on the left,
but he fought to keep illegal Mexican immigrants out of this country.

彼には、ラテンアメリカの農業従事者が
アメリカ人よりも常に安い賃金で働くことを理解していました。
He understood that peasants from Latin America will always
work for less than Americans will.

だからこそ、雇用主はラテンアメリカ人労働者を好むのです。
That's why employers prefer them.

チャベスはこう説明しています。
Chavez knew that.

「カリフォルニアと国境を接する貧しい国がある限り、
労働争議に勝利することは非常に難しい」。
“As long as we have a poor country bordering California,” he once explained,
“it's going to be very difficult to win strikes.”

1969 年、チャベスは不法移民の農夫の雇用に反対して、
カリフォルニアの中央部を南下するデモ行進を組織しました。
In 1969, Chavez led a march down the center of California to protest the hiring of illegal
immigrant produce pickers.

民主党上院議員のウォルター・モンデールや、
長期にわたってマーティン・ルーサー・キングの右腕だった
ラルフ・アバーナシーが彼と共に行進しました。
Marching alongside him was Democratic Senator Walter Mondale, and the Rev.
Ralph Abernathy, the longtime aide to Martin Luther King.

10年後、国境をこっそりと超えようとするメキシコ人を襲撃するため、
チャベスは武装した組合員を砂漠に送り込みました。
Ten years later, Chavez dispatched armed union members into the desert to assault Mexican
nationals who were trying to sneak across the border.


チャベスの手下たちは、鉄条網でできた鞭やチェーンで移民を打ちのめしました。
Chavez's men beat immigrants with chains and whips made of barbed wire.

スト破りをしようとした不法移民の家には火炎爆弾が投げ込まれ、
彼らの車は焼かれました。
Illegal aliens who dared to work as scabs had their
houses fire-bombed and their cars burned.


チャベスは恥じるどころか、これを自慢しました。
Chavez wasn't embarrassed about any of this. He bragged about it.

しかし、彼は今でも進歩派の英雄です。
No matter. Chavez remains a progressive hero.

オバマ大統領は彼の誕生日を連邦の記念祝日にすると宣言し、
President Obama declared his birthday a commemorative federal holiday.

6つの州で休日となっています。
It's an official day off in half a dozen states.

1つの大学と数十の公立校に彼の名が付けられています。
There's a college named after him, and dozens of public schools.

彼の人生は、左派が短期間でどれほど変化したのかを表しています。
Cesar Chavez's life is a reminder of how much the left has changed—and how quickly.


ほとんどの民主党支持者は最近までチャベスに同意していました。
Until recently, most Democrats agreed with Chavez.

彼らは抑制のない移民に反対でした。
They opposed unchecked immigration

それがアメリカ人労働者のためにならないことを知っていたからです。
because they knew it hurt American workers.

そして彼らは正しい価値観を持っていました。
And they were right.


ハーバード大のある経済学者が、マリエル・ボートリフトと呼ばれる
1980 年のキューバ難民の大量流入の影響について調査しました。
One study by a Harvard economist examined the effects of the mass migration of Cuban
refugees to this country in 1980—the so-called Mariel boatlift.

彼の研究によれば、難民の到着後、
マイアミにおける高卒レベルのアメリカ人労働者の賃金は 30% 以上低下しました。
He found that American workers in Miami with a high school education
saw their wages fall by more than thirty percent after the refugees arrived.

需要と供給の関係から言えば、驚くことではありません。
If you believe in supply and demand, this is not surprising.


1975年のサイゴン陥落後、
After the fall of Saigon in 1975,

カリフォルニア州知事のジェリー・ブラウン(民主党)は、
既に貧しい人が大勢いるとして、ベトナム人移民に反対しました。
Democratic Governor Jerry Brown opposed letting Vietnamese
refugees into California on the grounds
that the state already had enough poor people.

このとき、彼はこう言いました。
As he put it at the time,

「カリフォルニアの100万人の失業者の面倒を見ることができないのに、
さらに50万人を入れようとするのはおかしなことだ」
“There is something a little strange about saying,
‘Let's bring in 500,000 more people'
when we can't take care of the one million Californians out of work.”


デラウェア州選出の一期目の上院議員だったジョー・バイデンも同じ考えで、
First term Senator Joe Biden of Delaware agreed;

ベトナム人の入国を抑制するための連邦法を導入しました。
he introduced federal legislation to curb the
arrival of the Vietnamese.

20年後も、民主党のリーダーたちは、大量移民、特に不法移民を警戒していました。
Two decades later, leading Democrats were still wary of mass immigration,
especially illegal immigration.

ビル・クリントンは一般教書演説で、
As Bill Clinton put it in the 1995 State of the Union address,

「我が国に入ろうとする大量の不法移民について、
アメリカ人が不安に感じるのは当然である。
“…Americans… are rightly disturbed by the large numbers of illegal aliens entering our country.

不法移民が就く職は、本来なら国民や合法的な移民のものだったはずだ。
The jobs they hold might otherwise be held by citizens or legal immigrants.

不法移民が利用する公共サービスは、納税者の負担となる」。
The public services they use impose burdens on our taxpayers.”


主要な民主党員が今、同じことを言ったとしたら、人種差別主義者と非難されるでしょう。
No prominent Democrat would say anything like that today without being denounced as a racist.

当時のクリントンはスタンディング・オべーションを受けたにもかかわらず。
Clinton got a standing ovation.

2006年になっても、合法・不法を問わず、
移民の経済的影響を懸念するリベラルはいました。
As late as 2006, there were still liberals who cared about the economic effects of immigration,
legal or illegal.

「移民と競争する国内労働者の賃金は低下する。
“Immigration reduces the wages of domestic workers who compete with immigrants,”

経済学者のポール・クルーグマンはニューヨークタイムズ紙でこう説明します。
explained economist Paul Krugman in the New York Times.



低スキルの移民の流入を減らす必要がある。
“…We'll need to reduce the inflow of low-skilled immigrants.

これは主に不法移民管理の強化を意味する」
Mainly, that means better controls on illegal immigration.”


同じ年、ヒラリー・クリントン上院議員はメキシコ国境での塀の建設に賛成しました。
That same year, Senator Hillary Clinton voted for a fence on the Mexican border.

オバマ、シューマーほか、23人の上院議員も同様です。
So did Barack Obama and Chuck Schumer and 23 other Senate Democrats.

しかし、状況は変わりました。
Not anymore.

米国民が不法移民を不安視するのは当然だとビル・クリントンが語った20年後、
Twenty years after Bill Clinton told Americans
they had the right to be upset about illegal immigration,

彼の妻は国境警備の強化を支持する国民を叱りつけます。
his wife scolded the country for enforcing border controls.

では、何が変わったのでしょう? 経済が変わったわけではありません。
So, what changed? Not the economics of it.

需要と供給の法則は今でも有効です。
The law of supply and demand remained in effect.

不法移民が増加すると共に、
アメリカ人労働者の賃金の伸びが止まったのは偶然ではありません。
It's not a coincidence that as illegal immigration surged,
wages for American workers stagnated.

では、変わったのは何か? 民主党がこうした労働者、
What changed is that Democrats stopped caring about those workers.

すなわち中産階級の味方であることをやめたのです。
About the middle class, really.


なぜでしょうか。4つのシンプルな事実で説明します。
Why? Here's the answer, in four simple facts.

1: エール大学の最近の研究によれば、
One: According to a recent study from Yale,

米国には少なくとも 2,200 万人の不法移民が暮らしています。
there are at least 22 million illegal immigrants living in the United States.

2: 2016 年の綱領によれば、民主党は彼ら全員に市民権を与えようと計画しています。
Two: Democrats plan to give all of them citizenship. Read the Democrats’ 2016 party platform.

3: 研究の結果、初めて投票する移民の圧倒的多数が民主党に票を入れることがわかっています。
Three: Studies show the overwhelming majority of first-time immigrant voters vote Democrat.

4: 米国大統領選の歴史で、最大の得票差は 1,700 万票に過ぎません。
Four: The biggest landslide in American presidential history was only 17 million votes.

その結果、民主党が得るものは、長期にわたる選挙の勝利です。
The payoff for Democrats: permanent electoral majority for the foreseeable future.

一言で言えば権力です。それが狙いです。
彼らが何を言おうと、苦しめられるのはアメリカ人労働者です。
In a word: power.
That's the point, no matter what they tell you; American workers be damned.

タッカー・カールソンでした。
I'm Tucker Carlson.




ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1741-40026b50

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
4位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる