Powered By 画RSS 多言語歌詞(multilingual lyrics) |ジェイムズ・オキーフ「アメリカのメディアのソビエト的戦術」
FC2ブログ

Entries

ジェイムズ・オキーフ「アメリカのメディアのソビエト的戦術」

En:(grammar)



アメリカのメディアのソビエト的戦術
American Media, Soviet Tactics


ジェイムズ・オキーフ
James O 'Keefe










旧ソ連の共産主義者政府は、
The communist government of the former Soviet Union thought

情報へのアクセスを制御すれば市民を抑え込むことができると考えた。
that by controlling access to information,
they could keep their citizens in line.

そのオーウェル的性質を体現するかのように、
Consistent with the Orwellian nature of the Soviet Union,

ソ連の最も重要な新聞は「プラウダ(Pravda)」と呼ばれた。
the country's most important newspaper was Pravda.

プラウダとはロシア語で「真実」を意味する。
“Pravda” is the Russian word for “truth.”

しかし、プラウダ紙は真実ではなく嘘でいっぱいだった。
But Pravda was not truth. It was full of lies.

だが、注意してほしい。ソ連ではほとんどの人がだまされていることを知っていた。
But here's the thing: Almost no one in the Soviet Union was fooled.

彼らは嘘をつかれていることが分かっていた。
They knew they were being lied to.

皮肉なことに、ソ連のほとんどの市民とは異なり、
Ironically, unlike most citizens in the Soviet Union,

21世紀のアメリカ市民はそのニュース・メディアにだまされている。
citizens in 21st-century America are fooled by their news media.


私たちは主要メディアが真実のストーリーを語っていると考えているが、
We think we're getting the real story from our major media,

実はそうではない。
but we're not.

テレビのニュース・ネットワークにチャンネルを合わせたり、
When we tune into the networks,

ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストを読むとき、
or read the New York Times or the Washington Post,

私たちが手に入れているのは非常に偏ったニュース。
we're actually getting a sharply slanted version of the news.

左に偏ったニュースだ。
Slanted to the left.


これは、政治的に右か左かにかかわらず、人々が深く懸念すべきことがらだ。
This should deeply concern people on both sides of the political divide.

情報に基づく意思決定を下すために自由な社会が必要とするのは、
To make informed decisions,

あきれるほど偏向したメディアではなく、信頼できるメディアである。
a free society needs a press it can trust—not one that is hopelessly biased.


2017年、プロジェクト・ベリタスは、
特に新しく大統領に選出されたドナルド・トランプについて、
主要メディアが客観的な取材にどれほど真摯に取り組んでいるかを調べるため、
覆面レポーターを潜入させた。
In 2017, Project Veritas sent out undercover reporters to see how committed
the major media was to objective news gathering,
specifically as it regarded the newly-elected president, Donald Trump.

最初のレポートの対象となったのはCNNだ。
Our first report focused on CNN.

プロデューサーのジョン・ボニフィールドは、証拠がないにもかかわらず、
トランプ陣営とロシア政府を2016年の大統領選の不正に関連付けようと
CNNが頑張っていることを認めた。
A producer there, John Bonifield, acknowledged the lack of
evidence for his network's efforts to link the Trump campaign and the Russian government
in a plot to rig the 2016 election.


彼はこう言う。「大統領が “これは魔女狩りだ。
明白な証拠などないくせに”と言っても、
Bonifield told us, “I think the president is probably right to
say, like, ‘Look, you are witch-hunting me.

おそらくそれは間違いとはいえない」
You have no smoking gun; you have no real proof.’”

ならば、なぜCNNはあれほどまでにしつこくロシア共謀説を繰り返したのか。
So, why was CNN so relentless in hammering the Russia collusion narrative?

「選挙に正当性がなかった」というイデオロギー。そして視聴率だ。
Ideology—”the election wasn't legitimate”—and ratings.

ボニフィールドが認めるように、
トランプとロシアの共謀説は「カネになった」のだ。
As Bonifield noted, the Trump/Russia collusion story was “good for business.”


次に、私たちはニューヨーク・タイムズに関するレポートを公開した。
Next, we released another series of reports, these on the New York Times.

まず私たちは同紙の「オーディエンス戦略編集者」の肩書を持つ
ニック・デュディックに話を聞いた。
First, we heard from Nick Dudich, the paper's “audience strategy editor.”

彼が覆面レポーターに語ったところによれば、
Dudich told our undercover reporter he was responsible for choosing

彼は同紙のどの動画をFacebook、YouTube、Instagramに掲載するか選ぶ権限を持っている。
which New York Times videos go on Facebook, YouTube, and Instagram.


「私たちの全ての動画には私の刻印が付いている」と彼は自慢する。
Dudich boasted, “My imprint is on every video we do.”

その刻印とはどのようなものか。
And what was that imprint about?

オバマとヒラリーの選挙戦でスタッフを務めたこともあるデュディックは、
私たちのレポーターにこう語った。
As Dudich, who worked on both the Obama and Hillary
Clinton campaigns, told our reporter,

トランプ大統領をできるだけ困難な状況に置くために自分の地位を使いたいというのだ。
he hoped to use his position to make the president's life
as difficult as possible.

「客観的にやるさ」とあからさまな皮肉を込めた口調で言った後、
“I will be objective,” he told our reporter

彼は本心を明かした。
with undisguised sarcasm before revealing his true intentions:

「もちろん嘘だ。そのために私はここにいるんだから」。
“No, I'm not. That's why I'm here.”


ジャーナリズムの世界に戻ってきたのは、
引き続き政治的に活動するためだと彼は明かしたのだ。
Dudich told us he returned to journalism precisely
in order to remain politically active.

次に私たちは同紙編集者のデス・シューに会った。
Next, we met Des Shoe, an editor for the paper.

彼女は自分の立場を明確に語った。
She made it clear where she stood.

「おそらく報道関係者が考えていることの1つは、私たちがトランプについて、
彼の頭がどれほどおかしくて、
“I think one of the things that maybe journalists were thinking about is,
like, oh—if we write about [Trump], about how insanely crazy

彼の政策がどれだけ馬鹿げているか書けば、
読んだ人々はトランプには投票できないと思うだろうということだ」
he is and how ludicrous his policies are, then maybe people
will read it and be, like, oh, wow—we shouldn't vote for him.”


同紙の報道倫理ハンドブックには、ジャーナリストは
According to the Times's own handbook on journalistic ethics,

「政治と政府について報道する際、
厳格な中立性に関する本紙の評判を損なうことを一切行ってはならない」とある。
journalists “may not do anything that damages The Times's reputation
for strict neutrality in reporting on politics and government.”

本来なら、社内規範に違反したデュディックとシューを同紙は厳しく非難すべきだろう。
So, given such a breach of the Times's own standards,
we expected the newspaper to come down hard on Dudich and Shoe.

しかし、彼らが厳しく非難したのは私たちだった。
Instead, they came down hard on us!


編集主幹のディーン・バケイは、
社員の1人が真実を語るのを録画したことについて、私を「卑劣な人間」と呼んだ。
Executive editor Dean Baquet said I was a “despicable person”
for recording one of his employees telling the truth.

しかし、2012年に、共和党大統領候補のミット・ロムニーが
アメリカ人の47%は政府に依存しているため彼に投票しないだろうと
Yet, when the Times publicized a 2012 undercover video of
Republican presidential candidate Mitt Romney saying that 47 percent of

発言するところを隠し撮りしたビデオを同紙が公開したとき
同紙はこれを「(ロムニーの)個人的見解が垣間見られる貴重な」動画だと称賛した。
Americans wouldn't vote for him because they were dependent on the government,
they praised it as “offering a rare glimpse of [Romney’s] personal views.”


バケイは私たちを攻撃する中で、図らずも米国メディア全体の秘密をばらしてしまった。
In fact, in his attack on us, Baquet unwittingly gave the whole American media game away.

「真のジャーナリストは」と彼はナショナル・プレス・クラブで語る。
「社会を良くするという願いを心に持っている必要がある」
A real journalist, he told a panel at the National Press Club,
“has to have in his or her heart a desire to make society better.”


彼は間違っている。真のジャーナリストは真実を追求するのだ。
The Times's editor is wrong. Real journalists want to pursue the truth.

市民がより良い社会を構築する目的で、その真実を使えるようにするためにだ。
Then they let the citizens use that truth to build a better society.

ジャーナリストが良い社会だと信じるものに合わせてニュースを形作るなら、
彼らは職務を果たしていない。
When journalists shape news to fit their vision of a
better society, they're not doing their job.

主要メディアがその政治的動機を認めているのなら、これはそれほど悪いことではないかもしれない。
Perhaps this wouldn't be so bad if the major media would just admit their political motives.

しかし、彼らは認めていないのだ。
But they don't.

彼ら自身の狭量なアジェンダのために、彼らは嘘をつき、歪曲し、誇張する。
On behalf of their own narrow agenda, they lie, distort and exaggerate.

そして、私たちがそれを「プラウダ (真実)」と呼ぶことを期待する。
And they expect us to call it Pravda.

しかし、そんなことを喜んでするアメリカ人は、日に日に減っている。
But, with each passing day, fewer and fewer Americans are willing to do so.

プロジェクト・ベリタスの創設者/プレジデントのジェイムズ・オキーフでした。(了)
I'm James O 'Keefe, founder and president of Project Veritas, for Prager University.





ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1738-53b3036c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
24位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる