Powered By 画RSS 多言語歌詞(multilingual lyrics) |ナンシー・ロメルマン「危険人物になる方法」
FC2ブログ

Entries

ナンシー・ロメルマン「危険人物になる方法」

En:(grammar)



危険人物になる方法
How to Become a Dangerous

ナンシー・ロメルマン
Nancy Rommelmann










あなたの目の前にいるのは危険人物だ。
You are looking at a dangerous person.

私の存在自体に、あなたは危険を感じているかもしれない。
脅されていると感じるかもしれない。
You may feel unsafe—even threatened—by my very existence.


私が持つこの力は何なのか?
What is this power I possess?

それは、「言論の自由」と呼ばれるものだ。
It's called…“free speech.”

その存在についてはもちろん知っていたが、私がその本当の価値を理解したのは最近のことだ。
While I always knew it was there, I recently discovered its true value.

私の体験を話そう。あなたの身に起こるかもしれないことだ。
Here is my story. It could easily be yours.


私はジャーナリスト兼、作家で、ポッドキャストを配信している。
I'm a journalist, an author, and a podcaster.

住んでいるのはオレゴン州ポートランドだ。
I live in Portland, Oregon.

私の夫は、数軒のコーヒーショップとリストレット・ロースターズという小さな焙煎所を経営している。
My husband owns a few
local coffee shops and small coffee roasting business called Ristretto Roasters.


2018年12月、私は「#MeNeither」というタイトルでYouTube配信を始めた。
In December 2018, I started a YouTube podcast entitled #MeNeither.

番組の説明欄にはこう書いた。
The show's “about” page reads,

「#MeNeither は、最新の文化的な問題について、ほぼ週に1回会話する場であり、
“#MeNeither is an almost-weekly conversation about the cultural issues of the day,

気まずくなりがちな話題について語りながら考える方法を見つけるためのスペースを作ろうという試みでもある」
and an attempt to create a space where people can find ways to think out loud through
uncomfortable topics.”


取り上げたトピックの1つは、#MeToo 運動だった。
One of those topics is the #MeToo movement

私利のために #MeToo を利用する有名人など、私がやり過ぎだと感じることについて話した。
and what I see as some of its excesses, including celebrities who exploit #MeToo for personal gain.


性的暴力やセクハラは現実に存在する。
Sexual assault and harassment are real,

しかし、女性(男性でも)による告発は、
疑問を持たずに信じるべきだという考え方には、
but the idea that any charge any woman—or man—brings must be believed without question…

何の理屈もない。
where's the logic in that?


ハラスメントの申し立ても、他の申し立てと同じように、
それぞれに評価して判断すればよいと私は考える。
I believe we are better off judging any claim of harassment,
like any other claim, on its own merits.

しかし、これは好まれる態度ではないことがわかった。
This, I would learn, is not a popular position.


私が始めた番組の視聴者の中に、夫のコーヒー・ビジネスの元従業員がいた。
It turned out, one of the people tuning in to my new show was a former employee of my
husband's coffee business.

彼女は、私の考え方が「不快で、危険で、大きく間違っている」と述べ、
She claimed my views were “vile, dangerous, and extremely misguided” and,

マスコミに送った電子メールで、
in an email to the press,

私の意見は「従業員の士気を挫く険悪な環境」を作り出したと主張した。
claimed my opinions created a “demoralizing and
hostile environment for employees.”


経営者の妻の意見がなぜ従業員の士気を挫くのか?
Why would the opinions of the wife of the boss demoralize an employee?

誰もそんな質問はしなかった。
No one bothered to ask that question.

私が#MeTooの議論の間違った側にいるように見えること。
彼らが知りたいのはそれだけだったのだ。
That I appeared to be on the wrong side of the #MeToo debate was all
people needed to know.


瞬く間にTwitterで炎上が始まり、夫の店に対して不買運動が起こった。
By the time you could say “Twitter,” a social media mob formed to say they would never spend
another penny at my husband's business.

大学生ぐらいの年齢の女性が店に飛び込んできて、あたりかまわず叫び出した。
A college-age girl stormed into one of the cafes screaming, variously,

バリスタは危険に直面しているとか、
彼らがカフェで働くことがコミュニティに脅威を与えているとか。
that the baristas were in danger and that their working at the cafe posed a threat to the community.



以前は安心して働いていた従業員が神経質になり、職場を去った。
Employees previously secure in their jobs grew jittery and quit.

そのうちの1人は、私の夫は会社を売り、
手遅れになる前に私が公に謝罪するべきだと言った。
One suggested that my husband sell the company and that I offer
a public apology before it was too late.


これらはすべて、最初の48時間以内に起こったことだ。
This all happened within the first 48 hours.

騒ぎが大きくなると、
As the outrage grew,

夫の事業の売り上げにおいて大きな割合を占める地元の商店が大急ぎで逃げ始めた。
local businesses that make up a big part of my husband's base cut and run.

卸売客は、#MeToo の十字砲火に晒されることを恐れ、大口の口座をキャンセルした。
Wholesale customers cancelled large accounts,
afraid they'd be caught in the #MeToo crossfire.


スタッフたちは、リストレット社が廃業を余儀なくされたら職
(および健康保険)を失うのではないかと心配し、
Staff now worried that they'd lose their jobs
(and health insurance) if Ristretto were forced to close;

以前は完璧に良好な関係にあった私が、
that I—a person with whom they'd heretofore had a perfectly congenial relationship—might,

実はレイプ文化の擁護者という隠れたモンスターなのではないかと不安に思うようになっていた。
in fact, be a secret monster, a rape culture apologist.


感情を害したと主張した人々の多くは、私のポッドキャストを見ていなかった。
Many of those who claimed to have been offended had not seen the podcast.

1人の女性はこう書いた。「クリックして、” Bad”ボタンを押し、
One woman wrote, “I clicked, down-voted,

コミュニティガイドラインに違反しているとYouTubeに通報した。
then reported on YouTube that it violates community guidelines:

ヘイトでいっぱいだ。聴きはしなかった。
でもそれは、あの ***(罵倒語)を追っ払う1つの方法だ」
hateful… I didn't listen, but it's one way to make that [expletive] go away.”


知識の足りないインターネット上のこうした攻撃は、私の目には子供っぽく映った。
This kind of uninformed, virtual attack strikes me as childish—the behavior of a toddler whose

癇癪を起こして、構ってもらえるまでディナー・パーティーを中断させてしまう幼児のようだ。
tantrum brings a dinner party to a halt until it's placated with the attention it seeks.


私を批判する人々に対話を呼びかけた。#MeNeitherの肝は、議論を促すことなのだ。
I invited my critics to speak with me—the whole point of #MeNeither is to provoke discussion.

しかし、誰も私の呼びかけに応じなかった。
No one took me up on my offer.


私と誠実に向き合うよりも、フェミニストにとっては、
私の夫に離婚しなければ事業を失うことになるぞと言う方が簡単だったし、
It was evidently easier for so-called feminists to tell my husband
to leave his wife or lose his business,

どこかの見知らぬFacebookユーザーにとっては、
for some random dude on Facebook to send me the message,

「お前はクズだ。この薄汚い…(ご想像におまかせします)め」というメッセージを送る方が簡単だったのだ。
“You are scum. Rot in hell you dirty...”
—just use your imagination—than to honestly confront me.



私が考えるに、こうした行動を取る人々は、
永遠の不幸せの海に船出しようとしており、
I can't help but think that those who engage in this kind of behavior
are steering themselves into perpetually unhappy waters,

何もかもが彼らをやっつけに来るのではないかとビクビクしているので、
先に攻撃を仕掛けてしまうのだ。
that they live in fear that everyone and everything is out to get them,
so therefore they must strike first.

それとも、正しいことをしているという感覚に病みつきになっているのだろうか?
Or are they addicted to the feeling that what they are doing is righteous?

寛容の名の下に不寛容を無視するのは恐ろしい矛盾であり、何も解決しない。
Not considering intolerance in the name of tolerance is a frightening
contradiction and solves nothing.


それとも、彼らにとってはこれが進歩なのか?
Or maybe they think they are making progress.

しかし、これが進歩なら、誰のための進歩なのか、という問いは当然出てくる。
But if this is progress, one might reasonably ask, for whom?

そして、その目的は何なのか?
And to what end?

これは、すべての市民が声を上げ、
公開の場で意見を表明する同等の権利を持つという、米国の根幹に反することでもある。
It's also contrary to what is most fundamental to America:
that every citizen has the equal right to voice his or her opinion,
and to express these opinions in a public forum.

私の体験は、文化戦争に巻き込まれた人々の数多い教訓の1つだ。
My story is one of many, another cautionary tale for those who get pulled into the culture wars.

多くの人がこれに距離を置こうとする理由はわかる。
I understand why most people want to stay out of it.

自由のために暴徒と戦うのは怖い。
It's scary to fight for liberty and against a mob.

何をしても消耗するだけだ。
The whole thing is exhausting.

微妙なテーマについてニュアンスに富んだ会話を交わすのはもうやめるのかと何度も聞かれた。
I have repeatedly been asked, usually in “you should have known better” tones,

多くの場合、「もっと利口になればいいのに」と言わんばかりの口調で。
if I am going to stop having nuanced conversations about sensitive subjects.

そんなことは絶対にしない。
The answer is absolutely not.

それを危険に感じる人がいたら? それはお気の毒に。
And if that makes you feel unsafe? Too bad.


ジャーナリストで作家のナンシー・ロメルマンでした。
I'm Nancy Rommelmann, journalist and author, for Prager University.




ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1734-068fcc9e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
24位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる