Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |アンディー・パズダー「最低賃金 15 ドルは誰を助けるのか?」
FC2ブログ

Entries

アンディー・パズダー「最低賃金 15 ドルは誰を助けるのか?」

En:(grammar)



最低賃金 15 ドルは誰を助けるのか?
Who Does a $15 Minimum Wage Help?

アンディー・パズダー
Andy Puzder

ラリー・エルダー「高い最低賃金を求める奴はレイシストだ」











進歩派の政治家は、最低賃金を上げることに熱心だ。
Progressive politicians love to talk about raising the minimum wage.

彼らは気遣いと思いやりと配慮にあふれているように見える。
It makes them sound caring, compassionate, concerned.

労働者の味方であり、強欲な雇用主と戦っているように見える。
They’re on the side of the worker, standing against the greedy employer.

彼らが現在要求しているのは、全米で最低賃金を15ドルに設定すること。
The current call is for a national $15-an-hour minimum wage

これは、現在の 7.25 ドルの2倍以上である。
– more than double the current federal rate of $7.25.

ニューヨーク、カリフォルニア、ワシントンDC、シアトルなど、多くの都市と州でこの最低賃金が既に採用された。
A number of cities and states are already there – including New York, California, Washington D.C. and Seattle.

現在検討中の都市や州もある。
Others are considering it.

左派は、最低賃金に関する論争は、雇用主と従業員の間の戦争であると見なす。
The left casts the minimum wage debate as a war between employee and employer.

しかし、ほとんどの雇用主は、できうる限りの給料を従業員に支払っている。
But most business owners pay their workers as much as they can.

優れた人材を見つけて引き留めることは、雇用主の仕事の中で最も難しいものだ。
Finding and keeping good people is the hardest part of any employer’s job.

私は知っている。私は、17年間にわたって、カールスジュニアやハーディーズの親会社であるCKEレストラン社を経営したからだ。
I know. For 17 years, I ran CKE restaurants, the parent company for Carl’s Jr. and Hardees.

私たちの会社やフランチャイズ・レストランでは、75,000人を超える人々を雇っている。
Our company and franchised restaurants employed over 75,000 people,

しかし、ほとんどの小売業と同様に、私たちは非常に薄い利益幅で事業を営んでいる。
but, as with most retail businesses, our profit margins were razor thin.

私の経験から言えば、15ドルの最低賃金を採用することで、以下のようなことが起こる。
Based on my experience, if we adopt a national minimum wage of $15, here’s what will happen:


1. 多くの人が職を失うか、労働時間を減らされる。
A lot of people will lose their jobs or have their hours reduced.

2014年の連邦議会予算事務局の調査によれば、
According to a 2014 Congressional Budget Office study,

最低賃金を10ドルにしただけで50万人が職を失う。
just a $10 minimum wage would cost half a million jobs as businesses terminate employees.

時給が15ドルになれば、さらに多くの人が職を失うことになる。
Obviously, far more jobs would be lost at $15 an hour.

生き残るために、職を失わなかった従業員の労働時間も減らされる。
To survive, employers would have to reduce hours even for workers who manage to keep their jobs.

これは賃金カットである。
That’s a pay cut.



2. 廃業する会社が増え、雇用が失われる。
Businesses will close, and the jobs they created will disappear.

ハーバード大学ビジネス・スクールの最近の研究によれば、
A recent report from researchers at the Harvard Business School

最低賃金が1ドル上昇するたびに、
found that each $1 increase in the minimum wage

レストランが店を畳む可能性が 4 ~ 10%上昇する。
results in a 4-10% increase in the likelihood of restaurants closing.

時給を7ドル以上上げて15ドルにすれば、
An over $7 an hour increase, to $15,

飲食店だけでなく、小企業のオーナーや従業員にも非常に悪い影響が出る
would be devastating not only for restaurants, but for small businesses and their employees.


3. 若者が最初の仕事に就くチャンスが失われる。
Young people will lose that entry-level job opportunity.

私の最初の職は、オハイオ州クリーブランドのサーティワンでのアイスクリーム売り。1960年代の話だ。
My first job was scooping ice cream at a Baskin-Robbins in Cleveland, Ohio in the 1960s.

時給はたった1ドル。
I was paid just $1 an hour.

しかし、私は貴重な教訓を得た。
But it taught me valuable lessons

たとえば、時間を守ること、チームワーク、顧客をハッピーにする接客をすることの重要性だ。
– like the importance of showing up on time, teamwork, and presenting a happy demeanor to customers.

最初の仕事に就くチャンスがないなら、それより良い仕事に就くチャンスもない。
No one can get that better job until they have their first job.


4. すべての従業員の人件費が上がる。
The cost of all workers will have to go up.

皿洗いのスタッフを時給15ドルで雇ったら、料理人は自分の給料に満足しなくなる。
If you hire a dishwasher at $15 an hour, your cooks will be unhappy with their wages.

全員の給料を上げる必要がある。これにより、会社全体の人件費が上昇する。
You’re going to have to pay everybody more, which increases labor costs across the board.

これが利潤をさらに圧迫する。限度を超えれば、事業を畳むしかない。
That’s more pressure on profits. Too much pressure and you’re out of business.


5. 事業を始める人が少なくなる。時給15ドルというのは急な坂である。
Fewer people will open businesses. $15 an hour is a very steep hill to climb.

起業を計画する人は人件費を計算し、リスクを取る価値がないと判断する。
Would-be entrepreneurs will do the math on labor costs and realize it’s just not worth the risk.

これは測ることのできない現実の経済的損失である。
This is a real cost to the economy that we can’t measure.

存在しない企業が雇用を生み出すことは絶対にない
A company that never exists never employs anyone.


6. 事業主は高騰する人件費を価格に転嫁するため、物価が上昇する。
Prices for everything will go up as businesses pass higher labor costs along to consumers.

次の2つのうちいずれかが起こる。
One of two things will happen:

顧客が高い料金を支払わないので会社は従業員を解雇するか廃業するか、
Either consumers won’t pay the higher prices and businesses will lay off workers or close,

顧客は高い料金を支払うが、他の場所で使えるお金が減る。
or consumers will pay higher prices and have less money to spend elsewhere.

どちらにせよ、最低賃金が上がれば経済全体にマイナスに作用する。
Either way, the higher minimum wage will represent a drag on the overall economy.

これは悲観的な見通しのように聞こえるかもしれない。
Now, this may sound like doom and gloom.

しかし、最低賃金を上げた都市や州で働く雇用主や従業員にとって、これは既に現実となっている。
But it’s already a reality for many business owners
and workers in the cities and states that are raising the minimum wage.


サンフランシスコのAQは、2012 年のジェイムズ・ビアード賞最優秀新規開店レストラン賞の最終選考に残ったレストランだ。
In San Francisco, AQ, a 2012 James Beard Award finalist for the best new restaurant in America,

しかし、人件費の上昇により、2012年には8.5%だった利益幅が2015年には1.5%に減少したため、
saw rising labor costs drive its profit margins down from 8.5% in 2012 to 1.5% by 2015.

店を閉じてしまった。
So, it shut the doors.


ジェレミー・メリンはニューヨークでキューバ料理レストランを何店舗か経営しているが、
最低賃金の上昇のため2店舗を閉じ、
Jeremy Merrin’s chain of Cuban restaurants in New York closed two locations because of
minimum wage increases

残りの店でも価格を上げた。
and has raised prices at the restaurants he’s still operating.

彼はこう言う。「最低賃金の上昇が急激すぎるので、息をつく暇もない」。
The minimum wage, he said, “is going up too fast… We can’t catch our breath.”

ケビン・マクナミーはカリフォルニアで診療所を営むカイロプラクターだ。
Kevin McNamee is a chiropractor in California.

「経営する2つの会社をロサンゼルスから移転するつもりだ。」
“I’ll be moving my two companies out of Los Angeles,”

彼はニューヨーク・タイムズ紙への読者投稿でこう書いた。
he wrote in a letter to the New York Times.

市は最低賃金を時給15ドルに定めたが、これではとてもやっていけない。
“When the city compels me to pay employees $15 an hour, it comes out my pocket.

昨年、社員の給料は私よりも高かった」
Last year, my employees made more than I did.”


こうしたケースは既に数多く発生している。
These stories are already all too common.

15ドルの最低賃金を採用する都市や州が増えれば、こうした事例もさらに増えるだろう。
Expect them to become more so as cities and states pile on the $15 minimum wage bandwagon.


15ドルの最低賃金が、雇用主にも従業員にも役に立たないとしたら、
So…if a $15 minimum wage doesn’t help workers, and doesn’t help employers,

誰を助けるのか?
who exactly does it help?


それが良いことだと有権者に信じ込ませることができた進歩派の政治家の得にはなるのかもしれない。
Well, maybe just the progressive politicians who manage to mislead voters into
believing that it’s the right thing to do.

気遣いと思いやりと配慮にあふれる人だと思われること。それもいいだろう。
Sounding caring, compassionate and concerned is all well and good.

しかし、職があるというのはもっと素晴らしいことだ。
But having a job is better.


アンディー・パズダーでした。(了)
I’m Andy Puzder for Prager University.




ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1731-b3dd2968

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
82位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
16位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>