Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |ジェイ・スティーブンズ「大学が私を保守派にした」
FC2ブログ

Entries

ジェイ・スティーブンズ「大学が私を保守派にした」

En:(grammar)



大学が私を保守派にした
College made me a conservaive

ジェイ・スティーブンズ
Jay Stephens









「リベラルが強盗に遭うと保守になる」という古い言葉を聞いたことがあるか?
Have you ever heard the old saying that
a conservative is just a liberal who go mugged?

私も強盗に遭った、1年に6万ドルも取られた。
Well I got mugged –to the tune of $60,000 a year.

それは授業料とも呼ばれる。
It's called tution.

騙されて一般教養学部に入った、他の人々と同じように
Like everyone who cons themselves into atending a liberal arts college,

私は世界を変えるという思想に取りつかれた。
I was captivated by the idea of changing the world.

私は多様な学問の思想、理論、実践に身を投じようとした。
I would immerse myself in a diverse pool of academic thought, theory, and action.

しかし実際にはそうはならなかった。
Well, it didn't quite work out that way.

大学にいた4年の間に、私は闊達(カッタツ)で、自由な考えと精神を持つ人間から
Over the course of four years, I was transformed from a plucky,

気難しく不寛容な保守へと変身した。
free-thinking free spirit into a cranky, get-off-my-lawn conservative.

その変化は東海岸のエリート大学に入学してまもなく始まった。
The process started not long after I arrived at my elite East Coast school.

私は大学で世界に関する知識を広げ、
偉大な思想を論ずるものと思っていた。
I thought I was there
to expand my knowledge of the world; to debate the great ideas.

しかし私はすぐ、教授たちの考えは
期待するのとは違うと気づいた。
I soon realized, however, that
my professors had something else in mind.

どの授業も単調な儀式の繰り返しだった。
Invariably each class followed the same monotonous ritual:

ある問題を取り上げては人種差別だと非難し、
identify a problem – say, racism;

話を誇張しては白人支配の文化のせいにし
blow it up beyond all proportion;
blame the problem on the white majority culture;

政府の関与を強める類の実行不可能な解決策を提案した。
and then offer an unworkable solution
– usually involving the government.

周りはどこを見てもポリコレだらけだった。
Everywhere I turned, I saw political correctness.

最初は、私もその流れに従っていた。
At first, I just rolled with it.

でも徐々に嫌になった。
Then, I got annoyed.

ついに我慢できなくなった。
Then, it started to tick me off.

私は洗脳されていた。吹き込まれていた。
I was being brainwashed. Indoctrinated.

私は特権のためにお金を払っていた、借りたお金で
And I was paying for the privilege – with borrowed money!

キャンパスに来たほぼ全ての講演者は
Almost every speaker who came to campus was a leftist journalist,

左翼ジャーナリスト、左翼活動家、
a leftist activist, or a leftist

あるいは他の学校から来た左翼教授だった。
professor from another leftist school.

左翼でなければ単なる変人だった。
The ones who weren’t leftists were just weird.

ある時は、下半身不随のアダルト映画スターから、
One time, I attended a film lecture given by a

彼女の「アート」を見せられた。
very skilled paraplegic adult film star who showed us some of her “art.”

またある時は、カーテン裏で自慰行為をする
Another time, I went to a performance given

女性のパフォーマンスを見せられた。
by a woman who engaged in auto-eroticism behind a curtain.

私はポリコレ文化の一面的で
I couldn’t deal with it – the PC culture,

常軌を逸した考え方に付いていけなくなった。
the mono thinking, the weirdness.

私には対処法が必要だった。
I needed some way to cope.

だから私はハイな気分になった、ほぼ毎日。
So, I got high – almost every day.

当時周りにいた悪い奴らは今、
Parenthetically, most of the worst stoners

金融か政治の道に進んでいる。
I knew are now working in finance or politics.

だから私は小さな政府を支持するようになった。
In fact, this is what made me first realize
that I was a fan of limited government.

私はあのバカどもに政治を任せられない。
I do not trust these goofs to make policy.

彼らに大きな権力を与えてはいけない。
Their power must be constrained.

大学で経験したもう一つの闇は役に立たない専門である。
This brings me to another black hole in the college experience:
useless majors

マリファナと無責任な未来の指導者よりも害が大きい。
– the only thing
more pervasive than marijuana and irresponsible future leaders.

これは根拠のない批判ではない
I’m not being judgmental here:

私は映画・メディア学と政治学の学位をもっている。
I have a degree in film and media studies and political science.

なぜそれらを専門に選んだか?
Why did I choose them?

単にそれが好きだったからだ。
Because they’re subjects I like talking about.

実用性は?正しかった?
Practical, right?

でも私は独りではない。
But I was not alone.

私の同級生のほとんどは、YouTubeか
Most of my peers also chose to spend their student loan money on

Turner Classic Movies を見たほうが
よほど勉強になるもののためにお金を借りて払った。
subjects better learned on YouTube or Turner Classic Movies.

卒業が近づいても、
By the time graduation approached,

私たちには実際の仕事に必要なスキルは何も身についていなかった。
none of us had developed any actual job skills.

なのに、誰もが無料で大学に行けるように増税するだって?
And people want to raise taxes to pay for free college for everyone?

私を馬鹿にしてるの?
Are you kidding me?

それは絶対にダメだ。
No. Just…no.

無料の教育を提供するなら、私の学位とは
全く違う専門に進むと約束する
頭のいい子供に限定するべきだ。
I’d only give a free education
to a smart kid who promised to get a degree in
whatever the exact opposite of my degree is.

私にとって学位は高くついた。
And that degree didn’t come cheap.

私は何万ドルもの借金をしたのに、
I took on tens of thousands of dollars of debt,

それをどう管理するかは1分も教わらなかった。
but never spent a minute learning how to manage it.

そんな授業はなかった。
No such classes were offered.

それがあれば、もう少し意味のある知識が身に付いたかもしれない。
I might have actually learned something useful if they had been.

私は税についても学ばなかった、
I didn’t learn about taxes either,

お金持ちが「公正な負担」をしていないということ以外は。
other than that the rich didn’t pay their “fair share.”

卒業後、幸運にも最初の仕事を得て初めて、
It was only after college, when I was lucky enough to get my first job,

私は真実を知った、
that I discovered the truth:

政府が貴方の稼ぎからたくさん税金を毟(ムシ)り取るということを。
the government takes away a lot of your money.

正直、衝撃を受けた。
Frankly, it’s shocking.

学生ローンの月額400ドルの借金返済の控除(コウジョ)は
その勘定に入っていない。
And that’s not
even counting the mandatory $400 a month deduction for my student loans.

私は恐らく死ぬまで、この苦しみに耐えねばならない。
I’ll probably
have that albatross around my neck for the rest of my life.

今では信じられないことだが、
Really, I can’t believe my peers and

昔、私と同級生たちが、減税を望む保守派をいつも罵(ノノ)っていた。
I spent so much time shaming conservatives for wanting to lower taxes.

昔の私は、自分の稼いだものを手元に残そうとするのは
利己的考えだと思っていた。
A past version of myself would call this desire to keep what I earn “selfish.”

現在の、陽気で現実的な私は知っている。
The current, cheerfully realistic version of me knows this:

政府を動かす攻撃的なポリコレたちより、
I can spend my money much better than the politically-correct

私のほうが遥かに有益なお金の使い方ができることを。
stoners who are running the government can.

だから、私は遠回りではあるが、
So, I guess – in a roundabout way –

大学の教養教育を通して学んだものがある。
I did get something of value out of my expensive liberal
arts education after all:

常識。
Common sense.

ジェイ・スティーブンズでした、プレーガー大学のために。
I’m Jay Stephens for Prager University.




ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1725-11ff86db

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
17位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>