Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |デリク・グリーン「レイシストはどっちだ?」Who are the racists?
FC2ブログ

Entries

デリク・グリーン「レイシストはどっちだ?」Who are the racists?

En:(grammar)



レイシストはどっちだ?
Who are the racists?

デリク・グリーン
Derryck Green

ジム・クロウ法: (ジム・クロウほう、英語: Jim Crow laws)は、1876年から1964年にかけて存在した、人種差別的内容を含むアメリカ合衆国南部諸州の州法の総称。











毎日のように、政治家、ケーブル局のニュース・キャスター、
Every single day someone of prominence on the left –a politician, a cable new host,

タレントなどの左派の有名人が、右派の誰かをレイシストだと非難する。
an entertainment figure –accuses someone on the right of being a racist.

例を挙げよう。
Here are typical examples:

MSNBC のキャスターであるクリス・マシューズは、こう言った。
MSNBC host Chris Matthews said this:

「ジム・クロウ法(差別的な州法)の時代が新たな居場所を見つけた。
“The age of Jim Crow managed to find a new habitat in the…

21世紀の共和党だ」
21st-century Republican Party.”


コメディアンのセス・マイヤーズは、司会を務めるレイト・ナイト・ショーで、
Comedian Seth Meyers told his late-night audience that

共和党員は “あからさまな人種差別主義” を煽っていると言った。
Republicans traffic “in open racism”.

テネシー州議会議員のロンドン・ラマ―は、
Tennessee state representative London Lamer,

テネシー州全体が「レイシスト」だと宣言した。
a black woman, announced that the entire state of Tennessee is “racist. Period”.

黒人である彼女が選挙に勝った直後に、
This was just after she was elected…in Tennessee!


左派が右派をレイシストと呼ぶのは今に始まったことではない。
The eft calling the right racist isn't new.

何十年も前からだ。
It's been going on for decades.


共和党の大統領だったニクソン、レーガン、ブッシュ親子は皆、レイシストと非難された。
Republican Presidents Richard Nixon, Ronald Regan, George Herbert Walker Bush, his son,
George W. Bush were all accused of being racists.

そして、もちろん、左派にとって “レイシスト” はドナルド・トランプのミドルネームのようなものだ。
And, of course, from the left's perspective, “racist”is essentially Donald Trump's middle name.


誰かをレイシストと呼ぶのは、非常に重大な告発だ。
To call someone a racist is a very serious charge.

レイシストとは、ある人種が他の人種に比べて本質的に劣っている、
または優れていると信じる人のことだ。
A racist is a person who believes that one race is inherently superior or inferior to another.

個人の価値を決めるのは、その人の知性、人格、価値観ではなく、
It's not intelligence, character or values that determine an individual's worth:

その人の肌の色だというのだ。
it's his or her skin color.

人種差別は、控えめに言っても、愚かでばかげたことだ。
To say tha racism is foolish and stupid –not to mention evil

邪悪であることは言うまでもない。
-is to understate the case.


しかし、ほとんどの民主党員によれば、共和党員はそれほど愚かで邪悪なのだ。
But according to most Democrats, Repubicans are that stupid and that evil.

では、保守派がほんとうにレイシストかどうか、その政策をいくつか見ていこう。
So, let's examine some conservative policies to see if they are, indeed, racist.

保守派がレイシストなら、左派の非難は正当だ。
If they are, then the left has a valid complaint.

レイシストでないなら、左派は嘘をついている。
And if they're not, then the left is lying.


まず、保守派はかなり前から反対している、アファーマティブ・アクションについて考えよう。
The longstanding conservative opposition to Affirmative Action is a good place to start.

民主党大統領のケネディーが1961年に初めて使った、
It was Democratic president John F. Kennedy who, in 1961,

「アファーマティブ・アクション」という言葉は、
first used the term “affirmaive action”.


しかし、今日のような形でのアファーマティブ・アクションが初めて採用されたのは 1970年のこと。
But Affirmative Action in the way we think
of it now wasn't implemented until 1970,

当時の大統領は共和党のリチャード・ニクソンだった。
Duringthe administration of a Republican president, Richard Nixon.

理屈はこうだ。
The theory was that,

過去の差別により、黒人は他の人種や民族に比べて競争上不利である。
Because of historical discrimination, blacks were at a competitive
Disadvantage to other races and ethnicities.

この不利な状況を是正するため、
To erase that disadvantage,

ほとんどの黒人が達成できないと思われる基準を下げる必要がある。
standards that most blacks presumably couldn’t meet had to be lowered.


最初に採用された時点では、この政策にもいくらか意味があったかもしれない。
One could make the case that this policy had some utility when it was first put in place.

しかし、これはずいぶん昔の話だ。
But that was a long time ago.

保守派の主張はこうだ。
基準を下げなくても、誰とでも競争できることを黒人は繰り返し実証してきた。
The conservative position is that blacks have repeatedly proven
they can compete with anyone without the benefits of lower standards.

あらゆる分野やレベルで、黒人が成功した例は限りない。
There are countless examples of black success in every field, at every level.

この政策はもはや必要ではない。
The policy is no longer necessary.


しかし、保守派の議論はこれだけにとどまらない。
But the conservative argument goes further.

大学入試において、アファーマティブ・アクションは黒人を助けるよりも傷つけることが多いことが、
さまざまな研究によって明らかになっている。
Study after study shows that, in the case of
college admissions, affirmative action hurts more blacks than it helps.

黒人 (および一部の他のマイノリティ) の受験生に対して入学基準を下げることで、
大学はこうした学生の多くに対して失敗のお膳立てをしているようなものだ。
By lowering admissionsstandards for blacks (and some other minority students),
colleges set many of these students up for failure.

彼らはその大学に通うには準備不足なのに入学を許可された。
They get placed in schools for which they are not prepared.

黒人の退学率の高さがこれを証明している。
And high black dropout rates confirm this view.

黒人でない場合はどうか。
How could it be otherwise?

学問的に準備不足の白人学生がアイビーリーグの大学に入っても、同じように失敗するだろう。
If academically unprepared white students were admitted to Ivy League schools,
they, too, would be set up to fail.



保守派は、黒人やその他のマイノリティは、
技術者/医師/警察官/実業家/弁護士/大学生として、
白人と同じくらい成功する能力があると信じている。
Conservatives believe blacks and other minorities are every bit as capable as whites of
succeeding as engineers, surgeons, policemen, businessmen, lawyers, and college students.

だから、黒人向けに基準を下げることは不必要であり、侮辱ですらあると考える。
And therefore, lowering standards for blacks is unnecessary as well as insulting.

ところが、こうした考えを持つせいで保守派はレイシストと呼ばれるのだ。
Yet for this belief, conservatives are called racist.

皮肉なことに、保守派をレイシストだと責める人々こそが、
黒人やその他のマイノリティは白人に比べて成功する能力が低く、
それゆえアファーマティブ・アクションが必要だと言うのだ。
The irony, of course, is that those who accuse conservatives of being racist believe blacks
and other minorities are not as capable as whites of succeeding and therefore still need
affirmative action

初めて採用されてからほぼ50年も経とうというのに。
—almost a half-century after it was first implemented.



保守派をレイシストと呼ぶ人たちと保守派との対比がさらに明確になる問題を見てみよう。
投票者身元証明カードだ。
Let’s look at another issue where this contrast between conservatives and those who accuse
them of being racist is even more starkly drawn: voter ID.


保守派は、欧州諸国と同様に、
アメリカでもすべての有権者が投票時に身元証明カードを提示すべきだと主張している。
選挙の公正性を維持するためだ。
Conservatives say America should require every voter to present an ID when voting, just as
European countries do to help keep their elections honest.


こうした民主国家はすべてレイシストなのか? もちろん違う。
Are all these democracies racist?

それでも、投票者身元証明カードが必要だと言う保守派はレイシストだと非難される。
Of course not. Yet the accusers say that conservatives who support voter ID are racist.


なぜ彼らはそう言うのか?
Why do they say this?

彼らによれば、これは、投票者身元証明カードを取得する能力がない
黒人や他のマイノリティの投票を阻むための計略なのだそうだ。
Because, they argue, it’s really a ruse to prevent blacks and other
minorities from voting since many of them just aren’t capable of acquiring an ID.


これほど人を侮辱にした話があるだろうか。
Can you get more condescending than that?


現実を見よう。
Let’s be real.

運転するにも、飛行機に乗るにも、酒を買うにも、
種類によっては風邪薬を買うときにすら身分証明書が必要だ。
You need an ID to drive, to fly, to buy a beer,
even to purchase some cold medicines.

白人にはできるのに、黒人にはできないのか?
Whites can do it, but blacks can’t?

もう一度聞かせてくれ。レイシストはどっちだ?
Tell me again who the racists are?

もう1つ例をあげよう。
One more example:


学校選択制を推進しているのは保守派だ。
この制度なら、富裕層だけでなく、すべての親が子供の通う学校を選ぶことができる。
it’s conservatives who push for school choice, which would allow all
parents, not just wealthy ones, to decide where their children attend school.

授業料クーポンやチャーター・スクールは保守派のアイデアだ。
Tuition vouchers, charter schools—these are conservative initiatives.

左派はこうした改革にことごとく反対する。
Those on the left fight these reforms at every turn.

マイノリティの保護者は子供のために適切な学校を選択できないと考えているのが左派だ。
It’s the left that doesn’t trust minority parents to select an appropriate school for
their children.

黒人の子供たちを問題のある学校に留めておこうとする人が、なぜ人種差別主義者と呼ばれないのか?
Why aren’t the people who keep black children in failing schools the racists?

私がそうだったように、ある時点であなたも自問を始めるだろう。
At some point, maybe you’ll start asking yourself, like I did:

人種に執着しているのは誰なのか?
Who’s really obsessed with race?

左派か、それとも右派か?
The left or the right?

黒人をほんとうに傷つけているのは誰の政策なのか?
And whose policies really hurt blacks?

それは、あなたが思っている人たちではないかもしれない。
Maybe it’s not who you think it is.

プロジェクト21のデリク・グリーンでした。プレーガー大学のために。
I’m Derryck Green, of Project 21, for Prager University.




ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1722-b228808d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
17位
アクセスランキングを見る>>

アクセス解析

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

>