Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |オリビア・リガスピー「大学よりマクドナルドのバイトでより多くのことを学んだ」
FC2ブログ

Entries

オリビア・リガスピー「大学よりマクドナルドのバイトでより多くのことを学んだ」

En:(grammar)



大学よりマクドナルドのバイトでより多くのことを学んだ
I Learned More at MaDonald's Than at College

オリビア・リガスピー
Olivia Ligaspi











ハヴァフォード大学の新入生オリエンテーションでこう言われた。
Here's what I was told during my freshman orientation at Haverford College:

必要があれば助けを求めなさい。
Ask for help when you need it.

不快に思ったら声を上げなさい。
Speak up when you feel uncomfortable.

何よりも自分の満足を優先しなさい。
Place your own well being above all other concerns.


つまり、学校は常に私を守る準備があるというのだ。
In short, the school was ready to protect me

私が直面しうるどんな個人的な軽蔑や心の傷からも、
from any personal slights or hurt feelings I might suffer.

何か軽蔑、あるいは心を害することに当たるかは、すべて私が決めていいと言う。
What counted as a personal slight or similar offense was up to me to define.


これは私を驚かせた。
This surprised me.

なぜなら私は学校が始まる前、
私は学費を稼ぐためマクドナルドで働いていた、
It surprised me because at McDonald's, where I worked before I started school,

マクドナルドで同じようにふるまえば、おそらくクビになるからだ。
acting in this way would have probably cost me my job,

a job I needed in order to go to college.

マクドナルドで最も大事なことは、私ではなく客がどう思うかだ。
The most important thing at McDonald's was not how I felt but how my customers felt.

私も同僚も皆、客を文字通り幸せにするのが仕事だった。
It was my job and the job of everyone working there to make others
- namely, the customers - happy.


私はフロント・カウンターで仕事をした。
I worked at the front counter.

注文に問題があれば、私が対処せねばならなかった。
That meant that if there was a problem with an order, I had to deal with it.

問題はそれほど複雑ではなかった。
The issues weren't complicated.

ダブルバーガーにチーズがなかったり
It was usually something like a missing piece of cheese from a McDouble,

ミルクシェイクに必要のないクリームを乗せてしまったり。
or whipped cream on a milkshake when they hadn't wanted any.

いずれにせよ苦情を忍耐強く聞いて、それをよく記憶し、
Whatever it was, I had to listen patiently and mentally take notes so that

担当者に詳細を報告せねばならなかった。
I could report the relevant details to someone who could actually correct the problem.


不思議なことに、客が苦情を言うとき、
Oddly enough, customers were not interested in carefully crafting

私の気持ちに配慮はしなかった。
their complaints in such a way as to spare my feelings.

客は仕事に早く戻る必要があったり、
They were in a rush to get back to work,

泣き叫ぶ子供を抱えていたり、
or they were dealing with their screaming kids,

必要から細かく食費代を計算せねばならず
or they had calculated the cost of their meal down

間違いを許す余裕はなかった。
to the cent out of necessity and could not afford a mistake.


そして彼らには注文通りに食事を提供させる権利があった。
And they had a right to have their meal served the way they ordered it.

間違いがあれば、我々は口答えせず、できるだけ早く問題を解決した。
If a mistake was made, we fixed it as quickly as possible and didn't talk back.

客側に一部勘違いがあったり、
Even if I believed the customer had misunderstood some aspect of their order

事実間違った注文をしたとの確信があっても、
and was actually the one at fault,

疑わしきは罰せずの方針をとるよう指導された。
I was instructed to give the person the benefit of the doubt.

客の感情が私に優先した。
Their feelings mattered more than mine.


マクドナルドでは客が怒鳴りだす前に事前の警告はなく、
At McDonald's there was no "trigger warning"

for when a customer was about to start yelling,

逃げ隠れするための避難所もなかった。
no safe spaces to go to when the restaurant would get so busy that

注文の合間に息をつく暇もなく忙しくなったからと言って、
I barely had time to breathe between orders.


男の集団がドライブスルーで私をからかって、そのまま立ち去っても、
When a group of men in the drive-thru would whistle and catcall me as they pulled away,

私を宥(ナダ)め、安心させる大学当局の担当者のような人はいなかった。
there was no university administrator for me to run to for soothing and reassurance.

こうした様々な経験を通じて私は成長した。
And from these experiences - the good, the bad, and the flat out ugly, I grew.

あるいは最近あまり見ない言葉を使えば私は成熟した。
Or, to use a word one doesn't see much anymore, I matured.

私は他人に不便をかけないように自分の身を処する術、そして
I learned to take care of myself in ways that didn't inconvenience anyone...

自分が過分な注目を浴びない術、
Or draw unnecessary attention to myself...

更に仕事に自分の私的な問題を持ち込まないようにする術を身に着けた。
Or let my personal problems interfere with the work that had to be done.

つまり、私は自分の仕事をし、他人に頼りにされるようになった。
In short, I had a job to do and people counted on me to do it.

私がマクドナルドの店長に私が苦情を言ったら、
Had I complained to my McDonald's manager that I became anxious

店が混んだり客の苦情を聞いたりして不安になったと、
when the restaurant was crowed or that hearing complaints fromcustomers made me nervous,

彼は私をすぐ解雇しただろう。
he would have politely handed me my paycheck and shown me the door.


そうなれば、学生金融支援制度に組み込まれた夏期講習の自己負担分を
支払うことができなくなっていた。
I would have gone home and been unable to pay the student contribution
from summer work that is built into my financial aid package.

だから私はマクドナルドで仕事できたことに感謝している。
So, I'm grateful to have worked at McDonald's.

不安にどう対処し、
It aught me how to better handle my anxiety;

共通の目標に向かって他の人とどう協力するのかを教えてくれた。
how to work with others in pursuit of a common goal.

それは私の人格、職業倫理、
It strengthened my chaacter, my work ethic,

そして立ち直る力を強化してくれた。
and my sense of my own resilince.

これはハヴァフォード大学の「避難所」では決して得られないものだ。
These are lessons that cannot be learned in the “safe spaces”of the Haverford campus.


そしてもう1つ学んだことがある。
Here's one more thing I learned:

自分を最優先するのは特権の本質だ。
putting oneself first is the essence of privilege.

それでは人格や人間性は全く育たない。
But putting oneself first does not develop character or lead to personal growth.

それは他人を優先することで育つ。
Putting others first does.

その点で、マクドナルドは大学より遥かに優れた教育機関である。
McDonald's is a far better teacher or that lesson than college.


ハヴァフォード大学のオリビア・リガスピーでした、
I'm Olivia Ligaspi of Haverford College

プレーガー大学のために。
for Prager University.




ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1719-18740905

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
14位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる