Powered By 画RSS 多言語歌詞(multilingual lyrics) |クリスティナ・ホフ・ソマーズ「男女賃金格差の神話」
FC2ブログ

Entries

クリスティナ・ホフ・ソマーズ「男女賃金格差の神話」

En:(grammar)



男女賃金格差の神話
The Myth of the Gender Wage Gap

クリスティナ・ホフ・ソマーズ
Christina Hoff Sommers









米国や西欧の女性は、人類の歴史上、最も自由で解放されている。
Women in the United Stated and in Western Europe are freest
and most liberated in human history.

多くの分野で、女性は男性と同様に、
In many ways they are not merely doing as well as men,

それどころか男性以上に活躍している。
they are doing better.


女性の解放は西洋文明の栄光の1つであり、
Women's emancipation is one of the glories of Western civilization

自由の歴史における1つの偉大な章である。
and one of the great chapters in the history of freedom.


では、女性運動に参加している人々、
So, why then are those in the women's movement,

活動家集団の指導者やメンバー、
such as the leaders and members of activist groups

全米女性機構などの
like the National Organization for Women,

私たちの大学の女性学の教授、
the professors in Women's Studies departments at our colleges,

メディアの多くの女性は、なぜ今でもそれほどまでに不満を募らせているのか。
women in the media, why are they still so dissatisfied?


こうしたフェミニストたちは、女性の進歩をほとんど認めない。
These feminists hardly acknowledge women's progress.

若干の進歩があったことこそ認めるが、
Yes, they concede, that some advances have been made,

多くの女性がフェミニズムという活動家のブランドを拒否し、
but the fact that most woman reject

自分たちが自由だと考えているという事実については、
their activist brand of feminism and think of themselves as free is, for this crowd,

それこそが家父長制と不平等が強く定着している証拠なのだと言う。
proof of just how entrenched atiarchy and inequality truly are:

女性は強く抑圧されているので、抑圧されていることにすら気付かないというのだ。
women are so oppressed they don't even know it.


長年にわたって、こうした活動家は、その考えを補強するため、
Year after year these activists make claims

女性と暴力、女性と鬱、女性と摂食障害、
about women and violence, women and depression, women and eating disorders,

女性と職場の不当な仕打ちなど、さまざまな主張をしてきた。
women and workplace injustice –to support their views.


私は、何年もの間、こうした主張の多くを注意深く検証した。
Over the years, I have looked carefully at many of these claims.

わかったことは、主張を裏付ける証拠なるものの多くは
What I have found is that much of the supporting evidence,

(そのほとんどは犠牲者であることを示す統計だが)、
mostly victim statistics,

誤解を招くものであるだけでなく、まったくの間違いであることも多いということだ。
is misleading and often flat out wrong.


いわゆる男女の賃金格差の問題について考えてみよう。
Consider the issue of the so-called gender wage gap.

何回聞いたことがあるだろう、同じ仕事をしても、
How many times have you heard that, for the same work,

女性は男性の77%の賃金しか得ていないという主張を
women receive 77 cents for every dollar a man earns?


フェミニスト活動家とその支援者によるこうした非難は、
This charge is constantly repeated by feminist activists and their supporters,

ほぼ虚偽だと言っていいほどに、大きな誤解を招く言い方である。
yet it is so deeply misleading as border on outright falsehood.


23%の男女賃金格差は、
The 23-cent gender pay gap is simply the difference between the average

フルタイムで働くすべての男女の平均賃金の差に過ぎない。
earning of of all men and women working full-time.


職業、肩書、教育、勤続年数、
It does not take account for differences in occupations, positions,

週当たりの労働時間などの要素は考慮されていないのだ。
education, job tenure or hours worked per week.


米国大学婦人協会や
Now, wage-gap activists in groups like the American Association

米国女性法律センターなどの賃金格差是正活動家グループは、
of University Women or the National Women's Law Center they say,

いやいや、こうした要素を加味しても、
no, no –even when you control for these factors,

女性の賃金は低いのだと言う。
women still earn less.


しかし、彼らはいつも重要なデータを1つか2つ省略しているのだ。
Well it always turn out that they have omitted one or two crucial data points.


医師を例にとってみよう。
Take the case of doctors.

表面上は、
On the surface,

女性医師が賃金差別の犠牲者であることは明白のように見える。
it looks like female physicians are clearly victimes of wage discrimination-

同じ仕事をしても低い賃金しか得ていないように見える。
they appear to earn less for the same work.

しかし、もう少し掘り下げてみれば、女性は男性に比べ、
But dig a little deeper beneath the surface and you find that

高給の心臓外科医や麻酔医より、
more likely than men to enter lower paying specialties like

報酬の低い小児科医や家庭医になる可能性が遥かに高い。
pediatrics or family medicine than higher-paying cardiology or aneshesiology.


さらに、パートタイムで働く割合も高い。
They are also more likely to work part time.

フルタイムで働く場合も、
And even women who work full time put in about

女性医師の労働時間は男性よりも7%少ない。
7 percent fewer hours than men.


また、女性は、長期休暇を取る可能性が遥かに高い。
Women physicians are also far more likely to take long leaves of abasence

特に子供が生まれると、
-usually to start a family.

もちろん例外はある。
Now, there are exceptions,

しかし、こうした関連要素のすべてを考慮すれば、
but most workplace pay gaps narrow to the point of vanishing

ほとんどの賃金格差はほぼゼロにまで縮まる。
when one accounts for all of these relevant factors.


では、女性の権利を擁護する団体はこれにどう反応しているのか?
Now, how do the women's advocacy groups react to this?

彼らは、女性の選択は真の意味では自由ではないと主張する。
They insist that women's choices are not truly free.

子供と家にいる、短い時間働く、心臓外科医ではなく小児科医になる、
Women who decide, say, to stay home with children, or to work fewer hours,

などの選択を行う女性は、
or to become pediatricians rather than heart surgeons,

「目に見えない障壁」または内在化した抑圧に足を引っ張られているというのだ。
are held back by “invisible barriers”or internalized oppression.


全米女性機構によれば、
According to the National Organization for Women,

強力な性差別的なステレオタイプが、
powerful sexist stereotypes “steer”women and men

「異なる教育、トレーニング、キャリアパス」や
“toward different education, training, and career paths”

「家族における役割」に女性と男性を「誘導」しているのだそうだ。
and “family roles”.


しかし、女性の職業の選び方や子供への特別な愛着を説明するのは、
But is it really social conditioning that explains women's vocationl preference

本当に社会の条件付けなのだろうか。
and their special attachment to children?


おそらく、幸福の追求という点において、
Perhaps in the pursuit of happiness,

男と女はいくらか異なる道をたどる。
men and women take somewhat different paths.

庇護者のように振舞っているといえるのではないか?
And, isn't it more than a little patronizing to suggest that

アメリカ人女性のほとんどが自由ではないと示唆するのは、
most American women are not free?


彼女達は自分で意思決定できる人間ではないのか?
They're not self-determining human being?


男女の賃金格差は真実ではないことを示す常識に基づく証拠もある。
And here is a common sense proof that the male-female wage gap is untrue.

仮に、まったく同じ仕事に対して
If it were really true than an employer could get away

男性より安い賃金を女性に支払っても雇用主が刑務所送りにならないとしたら、
with paying Jill less than Jack for the exact

ほとんどの雇用主は男性社員の多くをクビにして女性を雇い、
same work, wouldn't most emplyers fire as

many of their male employees as possible,

大きな経済的利益を得るはずではないのか。
and replace them with females, and enjoy a huge market advantage?


大学で講義することが多い私は、
As a regular campus lecturer,

フェミニストのプロパガンダを完全に受け入れた学生によく出会う。
I routinely encounter students who have fully accepted the feminist propaganda.


アメリカの女子大生は、地球上でおそらく最も自由で開放された存在だ。
American college women are arguably the most fortunate,
liberated beings on the planet

それでもフェミニスト理論の授業では、
-yet in their feminist theory classes they are likely to learn that

女性は男性によって不当に扱われ、しいたげられていると教わる可能性が高い。
they are put upon and tyrannized by men.


そして、エリート校になればなるほど、学位が上がれば上がるほど、
And the more elite the school, the more advanced

こうしたフェミニストのプロパガンダを真剣に受けとめる可能性は高くなる。
the more likely they are to take such feminist propaganda seriously.

しかし、これをこのままにしておかなければならない理由はない。
But this doesn't have to continue.


若い女性がフェミニズムを取り戻す時が来た。フェミニズムを改革しよう。
The time has come for young woman to take back feminism.

改革しよう、行き過ぎた部分を修正しよう。犠牲者プロパガンダを拒絶しよう。
Reform it. Correct its excesses. Repudiate the victim propaganda.

「女は金星から、男は地獄から来た」的な話は一掃しよう。
Get rid of the “women as from Venus, men are from hell”storylines.

ほぼ30年間にわたるフェミニストの偽情報を正すという難しい作業を始めよう。
Begin the arduous task of correcting almost three decades of feminist misinformation.


職場の不正義や性的暴力に苦しむ女性を救うのは、
Women who are plagued by workplace injustice or sexual voilence will be best helped by

ヒステリーや大げさな反応ではなく、真実やしっかりとした研究である。
truth and solid research –not by hysteria and hype.


最後に、若い女性に対して私から個人的なアドバイスを1つ。
And final piece of personal advice for young women:

あなたが持つ史上最大の自由の真価を理解し、十分に活用してほしい。
appreciate, and make good use of, the unprecedented freedom that you have.

アメリカン・エンタープライズ・インスティチュートのクリスティナ・ホフ・ソマーズでした、プレーガー大学のために。
I'm Christina Hoff Sommers of the American Enterprise Institute for Prager University.




ブログパーツ
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1708-dccd7e9f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
13位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる