Powered By 画RSS おすすめの〇〇コミック |再生可能エネルギーが惑星を救えない理由
FC2ブログ

Entries

再生可能エネルギーが惑星を救えない理由

En:(grammar)



再生可能エネルギーが惑星を救えない理由
Why Renewables Can't Save the Planet

【悲報】太陽光発電の国民負担、年間2.4兆円(消費税1%分相当)もコスパ最悪。ドイツ「再生可能エネルギー法は、電気代を高騰させるだけで何の役にも立たなかった」
http://www.moeruasia.net/archives/49627134.html


【気候変動】少女革命グレタ・トゥーンベリまとめ【スウェーデンのゆたぼん】
https://matome.naver.jp/odai/2156999167516138301










私が少年だったとき、両親は時々私の妹と私を砂漠でキャンプに連れて行きました。
When I was a boy, my parents would sometimes take my sister and me camping in the desert.

多くの人が砂漠は空っぽだと思っていますが、
A lot of people think deserts are empty,

私の両親はタカ、ワシ、カメなど、私たちの周りの野生生物を見るように教えてくれました。
but my parents taught us to see the wildlife all around us, including hawks, eagles, and tortoises.



大学卒業後、私はカリフォルニアに移り、環境キャンペーンに取り組みました。
After college, I moved to California to work on environmental campaigns.

私は州の最後の原生林の森を救うのを手伝って、
I helped save the state's last ancient redwood forest

砂漠のために提案された放射性廃棄物処分場をブロックしました。
and blocked a proposed radioactive waste repository set for the desert.



私が30歳になった直後の2002年、私は気候変動への取り組みに専念したいと決心しました。
In 2002, shortly after I turned 30, I decided I wanted to dedicate myself to addressing climate change.

地球温暖化が、人々が保護するために一生懸命働いていた多くの自然環境を破壊することになるのではないかと心配でした。
I was worried that global warming would end up destroying many of the natural environments that people had worked so hard to protect.



私はその解決策がかなり単純明快だと思いました:あらゆる屋根の上のソーラーパネル、あらゆる私道の電気自動車など。
I thought the solutions were pretty straightforward: solar panels on every roof, electric cars in every driveway, etc.

私が思うに、主な障害は政治的なものでした。
The main obstacles, I believed, were political.

それで私はアメリカ最大の労働組合と環境団体の連合を組織するのを助けました。
And so I helped organize a coalition of America's largest labor unions and environmental groups.

私たちの提案は、再生可能エネルギーへの3,000億ドルの投資です。
Our proposal was for a $300 billion dollar investment in renewables.

私たちは、気候変動を防ぐだけでなく、急成長しているハイテク分野でも何百万という新しい雇用を創出します。
We would not only prevent climate change but also create millions of new jobs in a fast-growing high-tech sector.




当時の大統領候補のバラク・オバマ氏が私たちのビジョンを受け入れたとき、私たちの努力は功を奏しました。
Our efforts paid off in 2007 when then-presidential candidate Barack Obama embraced our vision.

2009年から15年の間に、米国は再生可能エネルギーおよびその他の形態のクリーン技術に1,500億ドルを投資しました。
Between 2009–15, the U.S. invested $150 billion dollars in renewables and other forms of clean tech.

しかし、すぐに我々は問題に遭遇した。
But right away we ran into trouble.



最初は土地利用でした。
The first was around land use.

屋根のソーラーパネルからの電気は、ソーラーファームからの電気の約2倍の費用がかかりますが、
Electricity from solar roofs costs about twice as much as electricity from solar farms,

ソーラーファームとウィンドファームには膨大な量の土地が必要です。
but solar and wind farms require huge amounts of land.

それは、太陽と風力発電所が長い新しい送電線を必要とするという事実と共に、
That, along with the fact that solar and wind farms require long new transmissions lines,

野生生物、特に鳥類を保護しようとしている地域社会と自然保護論者によって反対されています。
and are opposed by local communities and conservationists trying to preserve wildlife, particularly birds.


もう1つの課題は、太陽エネルギーと風力エネルギーの断続的な性質です。
Another challenge was the intermittent nature of solar and wind energies.

太陽が輝いて風が吹いて止まると、あなたはすぐに別のエネルギー源を立ち上げることができなければなりません。
When the sun stops shining and the wind stops blowing, you have to quickly be able to ramp up another source of energy.


幸いにも、解決策に取り組んでいる人がたくさんいました。
Happily, there were a lot of people working on solutions.

1つの解決策は、カリフォルニアのダムを大きな電池に変えることでした。
One solution was to convert California's dams into big batteries.

そのアイデアは、太陽が輝いていて風が吹いているときには、上り坂で水を汲み上げ、後でそれを貯め、
そして必要なときにそれをタービンにかけて電気を作ることができるということでした。
The idea was that, when the sun was shining and the wind was blowing, you could pump water uphill,

store it for later, and then run it over the turbines to make electricity when you needed it.


詳しく調べてみると、他の問題はそれほど大きな問題ではないようです。
Other problems didn't seem like such a big deal, on closer examination.

例えば、飼い猫が毎年何十億もの鳥を殺すことを私が学んだ後に、
風力タービンによって殺されたおよそ100万羽の鳥が視野に入れられました。
For example, after I learned that house cats kill billions of birds every year

it put into perspective the nearly one million birds killed by wind turbines.



太陽エネルギーと風力エネルギーの拡大による問題のすべてではないにしても、
そのほとんどは技術的な革新によって解決できると私には思えました。
It seemed to me that most, if not all,

of the problems from scaling up solar and wind energies could be solved through more technological innovation.


しかし、年が経つにつれて問題は解決せず、場合によってはさらに悪化しました。
But, as the years went by, the problems persisted and in some cases grew worse.

例えば、再生可能エネルギーに関して言えば、
カリフォルニアは世界のリーダーですが、地理的な理由もあり、ダムをバッテリーに変えていません。
For example, California is a world leader when it comes to renewables

but we haven't converted our dams into batteries, partly for geographic reasons.

あなたは正しい種類のダムと貯水池を必要とします、そしてそれでもそれは高価な改造です。
You need the right kind of dam and reservoirs, and even then it's an expensive retrofit.



もっと大きな問題は、ダムの背後に溜まる水の他の用途、すなわち灌漑や都市があることです。
A bigger problem is that there are many other uses for the water that accumulates behind dams, namely irrigation and cities.

そして私たちの川や貯水池の水は希少で信頼性が低いので、
他の目的のためのダムからの水はますます貴重になっています。
And because the water in our rivers and reservoirs is scarce and unreliable,

the water from dams for those other purposes is becoming ever-more precious.


太陽エネルギーをバックアップするための大規模な方法がなければ、
カリフォルニアは太陽が晴れているときには太陽熱発電所から来る電気を遮断するか、
近隣の州に送って私たちからそれを取り出さなければなりませんでした。
Without large-scale ways to back-up solar energy California has had to block electricity coming from solar farms

when it's extremely sunny, or pay neighboring states to take it from us so we can avoid blowing-out our grid.


あなたが聞いたことにもかかわらず、よく知られている技術的および経済的理由のために、途中で「バッテリー革命」はありません。
Despite what you've heard, there is no “battery revolution” on the way, for well-understood technical and economic reasons.

飼い猫については、彼らは大きく、まれな、脅かされた鳥を殺しません。
As for house cats, they don't kill big, rare, threatened birds.

飼い猫が殺すのはスズメ、コマドリ、カケスのような小さくて普通の鳥です。
What house cats kill are small, common birds, like sparrows, robins and jays.

タカ、ワシ、フクロウ、コンドルのように、大きく、絶滅の危機に瀕した絶滅の危機にある鳥を殺すのは風力タービンです。
What kills big, threatened, and endangered birds—birds that could go extinct—like hawks, eagles, owls, and condors, are wind turbines.


事実、風力タービンは重要な鳥類にとって数十年で出現する最も深刻な新たな脅威です。
In fact, wind turbines are the most serious new threat to important bird species to emerge in decades.

急速に回転するタービンは、大きな鳥が対処するために進化したことのない頂点捕食者のように振る舞います。
The rapidly spinning turbines act like an apex predator which big birds never evolved to deal with.


ソーラーファームも同様に大きな生態学的影響を与えます。 ソーラーファームを構築することは、他の種類のファームを構築することによく似ています。
Solar farms have similarly large ecological impacts. Building a solar farm is a lot like building any other kind of farm.

あなたは野生生物の全域をきれいにしなければなりません。
You have to clear the whole area of wildlife.


カリフォルニアで最大のソーラーファームの1つを建設するために、
開発者は生物学者を雇って、脅かされた砂漠のカメを彼らの穴から引っ張り出し、
それらをピックアップトラックの後ろに置いて運びました。
In order to build one of the biggest solar farms in California the developers hired biologists

to pull threatened desert tortoises from their burrows, put them on the back of pickup trucks,

transport them, and cage them in pens where many ended up dying.


私たちがこれらの影響を知っているうちに、
再生可能エネルギーに関する根本的な問題を解決することができるほどの技術革新がないことが次第にわかりました。
As we were learning of these impacts, it gradually dawned on me that there was

no amount of technological innovation that could solve the fundamental problem with renewables.


ソーラーパネルをより安価にし、風力タービンをより大きくすることはできますが、
太陽をより定期的に照らすことや風をより確実に吹くことはできません。
You can make solar panels cheaper and wind turbines bigger,

but you can't make the sun shine more regularly or the wind blow more reliably.


エネルギー物理学の環境への影響を理解するようになりました。
I came to understand the environmental implications of the physics of energy.


弱いエネルギーの流れから大量の電気を生み出すためには、
In order to produce significant amounts of electricity from weak energy flows,

それらを巨大な地域に広げるしかない。
you just have to spread them over enormous areas.

言い換えれば、再生可能エネルギーに関する問題は基本的に技術的なものではなく、当然のことです。
In other words, the trouble with renewables isn't fundamentally technical—it's natural.


本質的に信頼性がなく、大量の土地を必要とするエネルギー源に対処することは、高い経済的コストがかかります。
Dealing with energy sources that are inherently unreliable,

and require large amounts of land, comes at a high economic cost.


ソーラーパネルと風力タービンのコストがどのように下がったかについて多くの宣伝がありました。
There's been a lot of publicity about how solar panels and wind turbines have come down in cost.

しかし、中国の大規模工場で製造することによる一時的なコスト削減は、
信頼性の低さに対処するためのコストが高いことに勝っています。
But those one-time cost savings from making them in big Chinese factories have been outweighed by the high cost of dealing with their unreliability.


カリフォルニアを考えてみましょう。 2011年から17年の間に、ソーラーパネルのコストは約75%減少しましたが、
それでも私たちの電気料金は米国の他の地域よりも5倍高くなりました。
Consider California. Between 2011–17 the cost of solar panels declined about 75 percent,

and yet our electricity prices rose five times more than they did in the rest of the U.S.


太陽エネルギーと風力エネルギーの世界的リーダーであるドイツでも同じです。
It's the same story in Germany, the world leader in solar and wind energy.

再生可能エネルギーの規模が拡大したため、2006年から17年の間に電力価格は50%上昇しました。
Its electricity prices increased 50 percent between 2006–17, as it scaled up renewables.

私はかつて気候変動への対処には費用がかかると考えていました。
I used to think that dealing with climate change was going to be expensive.

しかし、ドイツとフランスを見た後、私はもはやこれを信じることができませんでした。
But I could no longer believe this after looking at Germany and France.


再生可能エネルギーの重い電力網への2025年までの5兆8000億ドルの投資にもかかわらず、
ドイツの炭素排出量は2009年以来横ばいでした。
Germany 's carbon emissions have been flat since 2009, despite an investment of $580 billion by 2025 in a renewables-heavy electrical grid, a 50 percent rise in electricity cost.


一方、フランスはドイツと比較して電力1単位あたりの炭素排出量の10分の1を生産し、その電力の半分以下を支払います。
Meanwhile, France produces one-tenth the carbon emissions per unit of electricity as Germany and pays little more than half for its electricity.

どうやって? 原子力を通じて。
How? Through nuclear power.


その後、ドイツの圧力を受けて、フランスは過去10年間で再生可能エネルギーに330億ドルを費やしました。
Then, under pressure from Germany, France spent $33 billion on renewables, over the last decade.

結果はどうでしたか?
What was the result?

その電力供給の炭素原単位の上昇、そして電力価格もまた上昇した。
A rise in the carbon intensity of its electricity supply, and higher electricity prices, too.


高価な原子力と安い太陽と風に関するすべての見出しはどうですか?
What about all the headlines about expensive nuclear and cheap solar and wind?

これは、原子力発電所の建設費用の70〜80%が先行投資であるのに対し、
太陽光や風力発電にかかる費用には送電線、新しいダム、他の形のバッテリーなど、
高額の費用が含まれていないためです。
They are largely an illusion resulting from the fact that 70 to 80 percent of the costs of building nuclear plants are up-front, whereas the costs given for solar and wind don't include the high cost of transmission lines, new dams, or other forms of battery.

原子力が安全であるかどうか、そしてその無駄がどうなるかを尋ねるのは合理的です。
It's reasonable to ask whether nuclear power is safe, and what happens with its waste.

科学者たちは1960年代からさまざまなエネルギー源の健康と安全性を研究してきました。
It turns out that scientists have studied the health and safety of different energy sources since the 1960s.

最近のイギリスの医学雑誌Lancetによるものも含めて、すべての主要な研究で同じことがわかりました。信頼できる電気を作るための最も安全な方法は原子力です。
Every major study, including a recent one by the British medical journal Lancet, finds the same thing: nuclear is the safest way to make reliable electricity.


奇妙なことに、原子力発電所は核兵器がとても危険であるのと同じ理由でとても安全です。
Strange as it sounds, nuclear power plants are so safe for the same reason nuclear weapons are so dangerous.

発電所の燃料や爆弾の材料として使用されているウランは、その化石燃料や火薬同等物よりも、その質量あたり100万倍多くの熱を発生させる可能性があります。
The uranium used as fuel in power plants and as material for bombs can create one million times more heat per its mass than its fossil fuel and gunpowder equivalents.



それはプロセスほど燃料についてではありません。
It's not so much about the fuel as the process.

化学結合を破壊するよりも多くのエネルギーを破壊する原子を放出します。
We release more energy breaking atoms than breaking chemical bonds.

ウラン原子について特別なことは、それらが分裂しやすいということです。
What's special about uranium atoms is that they are easy to split.



原子力発電所は火なしで熱を発生するので、煙の形で大気汚染を放出しません。
Because nuclear plants produce heat without fire, they emit no air pollution in the form of smoke.

対照的に、世界保健機関によると、化石燃料やバイオマスの燃焼による煙は年間700万人の死亡を早めます。
By contrast, the smoke from burning fossil fuels and biomass results in the premature deaths of seven million people per year, according to the World Health Organization.


最悪の事故の間でさえ、原子力発電所は熱を作るために分裂した少量のウラン原子から少量の放射性粒子状物質を放出します。
Even during the worst accidents, nuclear plants release small amounts of radioactive particulate matter from the tiny quantities of uranium atoms split apart to make heat.

80年の寿命にわたって、最悪の原子力事故であるチェルノブイリによる放射線で死亡する人は200人未満で、
福島から逃げた少量の放射性粒子状物質で死亡する人はゼロ人です。
Over an 80-year lifespan, fewer than 200 people will die from the radiation from the worst nuclear accident, Chernobyl, and zero will die from the small amounts of radiant particulate matter that escaped from Fukushima.



その結果、気候科学者のJames Hansonとその同僚は、原子力発電所がこれまでに大気汚染で失われていたであろう、
これまでに約200万人の命を救ったことを発見しました。
As a result, the climate scientist James Hanson and a colleague found that nuclear plants have actually saved nearly two million lives to date that would have been lost to air pollution.


そのエネルギー密度のおかげで、原子力発電所は再生可能エネルギーよりはるかに少ない土地を必要とします。
Thanks to its energy density, nuclear plants require far less land than renewables.

日当たりの良いカリフォルニア州でも、ソーラーファームは原子力発電所と同じ量のエネルギーを生産するために450倍以上の土地を必要とします。
Even in sunny California, a solar farm requires 450 times more land to produce the same amount of energy as a nuclear plant.


エネルギー密度の高い原子力は、エネルギーの希薄な太陽光や風力発電と比較して、材料としての必要量がはるかに少なく、廃棄物としての発生量がはるかに少ない。
Energy-dense nuclear requires far less in the way of materials, and produces far less in the way of waste compared to energy-dilute solar and wind.


1つのコーラ缶に相当する量のウランは、最も大食いのアメリカ人またはオーストラリア人のライフスタイルが必要とするすべてのエネルギーを提供します。
A single Coke can's worth of uranium provides all of the energy that the most gluttonous American or Australian lifestyle requires.

プロセスの終わりに、原子力発電所が作り出す高レベル放射性廃棄物は、ウラン燃料の(使用済み)コークス缶とまったく同じです。
At the end of the process, the high-level radioactive waste that nuclear plants produce is the very same Coke can of (used) uranium fuel.

原子力が環境の観点から最良のエネルギーである理由は、それが廃棄物をあまり生成せず、汚染として環境に入るものがないためです。
The reason nuclear is the best energy from an environmental perspective is because it produces so little waste and none enters the environment as pollution.


45年間のスイスの原子力計画からのすべての廃燃料は、すべての使用済み核燃料と同様にバスケットボールコートのような倉庫に入れることができます。
All of the waste fuel from 45 years of the Swiss nuclear program can fit, in canisters, on a basketball court-like warehouse, where like all spent nuclear fuel, it has never hurt a fly.


これとは対照的に、ソーラーパネルは、原子力発電所よりもセメント、ガラス、コンクリート、鋼鉄の形で17倍多くの材料を必要とし、200倍以上の廃棄物を生み出します。
By contrast, solar panels require 17 times more materials in the form of cement, glass, concrete, and steel than do nuclear plants, and create over 200 times more waste.


私たちは太陽電池パネルをきれいだと考える傾向がありますが、真実は、20年から25年の寿命の終わりに太陽電池パネルを取り扱う計画がどこにもないということです。
We tend to think of solar panels as clean, but the truth is that there is no plan anywhere to deal with solar panels at the end of their 20 to 25 year lifespan.


専門家らは、アフリカやアジアの貧しい地域社会によって破壊されることが多い、
ソーラーパネルが他の形態の、鉛、カドミウム、クロムを含む、
電子廃棄物と一緒に出荷されることを恐れている。
Experts fear solar panels will be shipped, along with other forms of electronic waste, to be disassembled—or, more often, smashed with hammers—by poor communities in Africa and Asia, whose residents will be exposed to the dust from toxic heavy metals including lead, cadmium, and chromium.


私が世界のどこを旅行しても、私は一般の人々に原子力や再生可能エネルギーについてどう思うか尋ねます。
Wherever I travel in the world I ask ordinary people what they think about nuclear and renewable energies.

彼らは何もないことを知っていると言った後、彼らは核が強く再生可能エネルギーが弱いことを認めています。
After saying they know next to nothing, they admit that nuclear is strong and renewables are weak.

彼らの直感は正しいです。 私たちのほとんどが間違っているのは(当然のことながら)弱いエネルギーがより安全であるということです。
Their intuitions are correct. What most of us get wrong—understandably—is that weak energies are safer.


でも再生可能エネルギーは安全でしょ?
But aren't renewables safer?

答えはノーだ。
The answer is no.

風力タービンは、驚くべきことに、原子力発電所よりも多くの人々を殺します。
Wind turbines, surprisingly, kill more people than nuclear plants.

言い換えれば、燃料のエネルギー密度はその環境と健康への影響を決定します。
In other words, the energy density of the fuel determines its environmental and health impacts.

より広い土地に、より多くの鉱山とより多くの機器を広げることは、より大きな環境と人間の安全への影響をもたらすでしょう。
Spreading more mines and more equipment over larger areas of land is going to have larger environmental and human safety impacts.


あなたが太陽電池パネルの隣に大きな害を与えることなく立つことができる間、あなたがフルパワーで原子炉の隣に立つならばあなたは死ぬであろうというのは本当です。
It's true that you can stand next to a solar panel without much harm while if you stand next to a nuclear reactor at full power you'll die.

しかし、何十億もの人々のために電力を生み出すことになると、ソーラーとウィンドコレクターを作り出して、それらを広い地域に広めることは、人間と野生生物に同様に非常に悪い影響を及ぼします。
But when it comes to generating power for billions of people, it turns out that producing solar and wind collectors, and spreading them over large areas, has vastly worse impacts on humans and wildlife alike.


日光が薄すぎるという私たちの直感的な感覚は、映画に現れることがあります。
Our intuitive sense that sunlight is dilute sometimes shows up in films.

そのため、最近の続編の「Dystopian SF」の続編「Blade Runner」が、カリフォルニアの砂漠の薄暗いシーンと、砂漠のカメを間引いたものと同じソーラーファームで舗装されて開かれたとき、誰もショックを受けなかった。
That's why nobody was shocked when the recent sequel of the dystopian sci-fi flick, “Blade Runner,” opened with a dystopian scene of California's deserts paved with solar farms identical to the one that decimated desert tortoises.


過去数百年の間に、人間は物質が密集した燃料からエネルギーが密集した燃料へと移行してきました。
Over the last several hundred years, human beings have been moving away from matter-dense fuels towards energy-dense ones.

まず私たちは、木、糞、風車のような再生可能燃料から、石炭、石油、そして天然ガスの化石燃料へ、そして最終的にはウランへと移行します。
First we move from renewable fuels like wood, dung, and windmills, and towards the fossil fuels of coal, oil, and natural gas, and eventually to uranium.


エネルギーの進歩は、人と自然にとって圧倒的に前向きです。
Energy progress is overwhelmingly positive for people and nature.

木材を燃料として使うのをやめると、草原や森林が成長し、野生生物が戻ってくることができます。
As we stop using wood for fuel we allow grasslands and forests to grow back, and the wildlife to return.


木を燃やすのを止めて家の中で糞をしたので、もはや有毒な室内の煙を吸ってはいけません。
As we stop burning wood and dung in our homes, we no longer must breathe toxic indoor smoke.

そして、化石燃料からウランに移動するにつれて、私たちは屋外の大気汚染を取り除き、地球をどれだけ暖めるのかを減らします。
And as we move from fossil fuels to uranium we clear the outdoor air of pollution, and reduce how much we’ll heat up the planet.


このように、原子力発電所は革命的な技術であり、それ以前の木材から化石燃料への産業移行と同じくらい重要な化石燃料からの歴史的なブレークです。
Nuclear plants are thus a revolutionary technology—a grand historical break from fossil fuels as significant as the industrial transition from wood to fossil fuels before it.


核の問題は、それが不人気であり、化石燃料による50年間の協調的努力の犠牲者であるということです。
The problem with nuclear is that it is unpopular, a victim of a 50 year-long concerted effort by fossil fuel,

再生可能エネルギー、反核兵器開発運動者、そして人間工学的環境保護主義者たちが技術を禁止
renewable energy, anti-nuclear weapons campaigners, and misanthropic environmentalists to ban the technology.


それに応じて、原子力産業はボロボロの妻症候群に苦しんでおり、その廃棄物から安全性まで、常にその最高の特質を謝罪している。
In response, the nuclear industry suffers battered wife syndrome, and constantly apologizes for its best attributes, from its waste to its safety.


最近、原子力産業は、気候変動に対処するために、太陽、風力、および原子力を含む「クリーンなエネルギー源の混合が必要」という考えを促進しています。
Lately, the nuclear industry has promoted the idea that, in order to deal with climate change, “we need a mix of clean energy sources,” including solar, wind and nuclear.

それは私が以前から信じていたことであり、それは人々が聞きたいものだからです。
It was something I used to believe, and say, in part because it's what people want to hear.

問題はそれが本当ではないということです。
The problem is that it's not true.


フランスは、主に原子力から原子力と再生可能エネルギーの混合への移行は、より多くの天然ガスの使用、およびより高い価格のせいで、太陽光および風力の信頼性の低下により、より多くの炭素排出をもたらす。
France shows that moving from mostly nuclear electricity to a mix of nuclear and renewables results in more carbon emissions, due to using more natural gas, and higher prices, to the unreliability of solar and wind.


石油とガスの投資家はこれを知っています、それが彼らが再生可能エネルギー会社と政治的提携をした理由です。
Oil and gas investors know this, which is why they made a political alliance with renewables companies,

そしてなぜ石油・ガス会社は太陽を宣伝する広告に何百万ドルも費やしてきた、
and why oil and gas companies have been spending millions of dollars on advertisements promoting solar,

そして、広報活動のために数百万ドルを環境団体に寄付しました。
and funneling millions of dollars to said environmental groups to provide public relations cover.


何をやるべきでしょうか?
What is to be done?

最も重要なことは、科学者や環境保護論者が再生可能エネルギーと原子力、そしてエネルギー密度と環境影響の関係について真実を語り始めることです。
The most important thing is for scientists and conservationists to start telling the truth about renewables and nuclear, and the relationship between energy density and environmental impact.


コウモリの科学者たちは最近、風力タービンは1種、Hoaryコウモリ、渡り性のコウモリ種を絶滅させようとしていると警告しています。
Bat scientists recently warned that wind turbines are on the verge of making one species, the Hoary bat, a migratory bat species, go extinct.


カリフォルニアの砂漠に巨大なソーラーファームを建設するために働いた別の科学者は、High Country Newsに次のように語った。
Another scientist who worked to build that gigantic solar farm in the California desert told High Country News,

誰もが砂漠のカメの移動がうまくいかないことを知っています。
“Everybody knows that translocation of desert tortoises doesn't work.

ブルドーザーの前を歩いたり、泣いたり、動物を動かしたり、邪魔にならないように注意を払ったりするときには、
When you're walking in front of a bulldozer, crying, and moving animals, and cacti out of the way,

このプロジェクトは良い考えだと考えるのは難しいです。」
it's hard to think that the project is a good idea.”



気候変動に積極的になった私たちの人々が再生可能エネルギーに引き寄せられたのは当然だと思います。
I think it's natural that those of us who became active on climate change gravitated toward renewables.

彼らは人間社会を自然界と調和させる方法のように見えました。
They seemed like a way to harmonize human society with the natural world.

まとめると、私たちは「すべて自然」というラベルの付いたスーパーで商品を購入するように導くものと変わらない自然に対する魅力の誤謬(ゴビュウ)に苦しんでいます。
Collectively, we have been suffering from an appeal-to-nature fallacy no different from the one that leads us to buy products at the supermarket labeled “all natural.”

しかし、地球の保護者を任命した私たちの誰かが科学をもう一度見直して、私たちの行動の影響に疑問を投げかけるべきです。
But it's high time that those of us who appointed ourselves Earth's guardians should take a second look at the science, and start questioning the impacts of our actions.


今、再生可能エネルギーは地球を救うことができないことを私たちは知っている、
Now that we know that renewables can't save the planet,

私たちは本当に待機し、彼らにそれを破壊させるつもりですか?
are we really going to stand by and let them destroy it?







ブログパーツ

スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1699-1a7f6b6e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
22位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる