Powered By 画RSS 多言語歌詞(tagengo lyrics) |Alone Again by Gilbert O'Sullivan

Entries

Alone Again by Gilbert O'Sullivan

(grammar)

再び孤独
Alone Again

song by Gilbert O'Sullivan
英語 歌手一覧








1.
今から少しの間、もし私が少しでも辛さを感じていないなら
In a little while from now, if I'm not feeling any less sour

私は こうすると自分と約束する、そして近くの塔に居る
I promise myself to treat myself, and visit a nearby tower

そして頂上へ登っている、そして自分の身を投げるだろう
and climbing to the top, will throw myself off

誰かの為に それを鮮明にする成果の中
In an effort to, make it clear to who

それが似ている事を常に知りたがる、貴方が粉々になった時、
ever wants to know what it's like. When you're shattered

困っている時に教会に置き去りにされた時
[left standing in the lurch], at a church
[leave sb in the lurch=leave]

人々は「神よ!」「大変だ」と言っていた、彼女は彼との約束を破った
Were people saying, My God, that's tough. She [stood] him [up]
                       [=refused]
私たちが残っていても仕方ない
No point in us remaining

私たちは家に帰るようだろう、私は私だったように
We may as well go home, as I did on my own

再び孤独、自然に
Alone again, naturally


2.
昨日の事だけを考える、私は元気で明るかった
To think that only yesterday. I was cheerful, bright and gay

前を見ていた、誰もしないだろう事、私が演じようとしていた役割
Looking forward to, who wouldn't do. The role I was [about to] play
[=will]
でも もし私が倒されるなら、現実はやってくる。
But as if to knock me down. Reality came around

多くはない、触るだけ。私の中に小さな破片が入り込む。
And without so much as a [mere] touch. Cut me into little pieces
           「mIa'」[=small]
私に疑いを残したまま。話して! 彼の慈悲の中に居る神よ、
Leaving me to doubt. Talk about, God in His mercy

おお、もし彼が本当に実在するなら、なぜ彼は見捨てたの?
Oh, if he really does exist, why did he [desert] me
                  「dizA':t」[=leave]
必要の時間の中、私は本当に、本当に、
In my hour of need. I truly am indeed

再び孤独、自然に
Alone again, naturally


それは私にとって 世界の中の より傷ついた心が
It seems to me that there are more hearts, broken in the world that

癒せない、好き添われないまま
can't be mended, left unattended

私たちは何をするの?
What do we do, What do we do

再び孤独、自然に
Alone again, naturally


3.
歳月を振り返る、そして現れる何か
Looking back over the years. And whatever else that appears

私は思い出す、私の父が死んだとき 私は泣いた
I remember I cried when my father died

決して涙を隠さなかった
Never wishing to hide the tears

そして私の母親を65歳で、神は彼女の魂を休ませる
And at sixty-five years old. My mother, God rest her soul

なぜ独りなのか、理解できなかった
Couldn't understand why the only man

彼女は愛した、取った
She had ever loved, had been taken

彼女は傷ついた心のまま始めた
Leaving her to start, with a heart so badly broken

私からの激励にも関わらず
Despite encouragement from me

言葉は無かった
No words were ever spoken

そして彼女が去った時
And when she passed away

私は一日中泣いた
I cried and cried all day

再び孤独、自然に×2
Alone again, naturally×2

ブログパーツ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://alic152.blog123.fc2.com/tb.php/1288-2e085904

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

rku912

Author:rku912
pixiv 始めました。

This site is link free.

このブログは在特会東トルキスタンを応援しています。

In Deep-地球最期のニュースと資料
小林よしのり「ウソ・詐欺全集」
世界の国名を直訳した地図

発音記号についての解説は(grammar)のリンクから飛んでください。

河野談話見直しを求める国民運動がついに始まる!

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
23位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる